2018-04-21 (Sat)

4人に1人が「自社はブラック企業」だと思っている

未分類

129606084256016314514.gifab6d37c6150b88f8c09e4875050bda1b.gif
4人に1人が自社を「ブラック企業」と認識している。MS&AD基礎研究所の調査でこんな結果が出た。
年代別に見ると、20代の31.0%が自社をブラック企業と認識。年齢が上がるごとに割合は減少し、50代では12.0%まで下がる。
業種別で割合が最も高かったのは、福祉関連従事者(50.0%)だった。同社は「業務の特性として負わなければいけない責任が大きい一方、責任と報酬がアンバランスとなっていることがたびたび指摘されており、そういった現状が反映されている」と分析している。
勤め先に対する不満として最も多かったのは「給与水準」(46.1%)。他には、「昇給制度」(25.6%)、「有給休暇の取得のしやすさ」(21.3%)、「人間関係・職場の雰囲気」(20.9%)――などが多く挙がった。 
  *  *  *  *
うちの会社もブラックだよ。給与水準ね。転職してみたものの想像以上に安い給与で自分が生活していることが奇跡だと思う。私が節約家ゆえに生きていけているのだ。求人誌を見たらうちの会社が募集を出していた。人手不足のために時給がクソ上がっている。オイオイ、それ可笑しいでしょ。同じ仕事なんだから一律に時給上げなさいよ。後から入ったヤツ得は殺生な。
ホントにこんなに激安に働かしといて本社は現場に責任丸投げ。その現場も元クソ上司が手柄は自分でクレームはワシらに押し付け。元上司のミスも尻ぬぐいって最低だろ。
それを考えるとアニメーターの時は良かったと思う。フリーだったから全て自己責任だったもん。結果は全て自分に返ってくる。アニメーターで食っていけたなら死ぬまでやっていたかった。無念である。
a0175772_20491441.gif20110512_1463217.gif

2018-04-20 (Fri)

なぜ、現代の若者は横一列に並びたがるのか? 

未分類

横並び・・・・
yojinbo_05.gif
20世紀少年_1600x1200
ノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』 いったいなぜ、現代の若者は横一列に並びたがるのだろうか。最近、横一列の光景にいたるところで出くわす気がする。
「横一列になる気持ち、よくわかりますよ。一歩前に出ても目立つし、一歩遅れても目立つ。それを避けるには、横一列に並ぶしかないんですよ」
若い友人がこう解説してくれた。つまりあの高校生たちは、傲慢さゆえに道を塞いでいたのではなく、小心さゆえに横一列に並んでいたというわけか。
  *  *  *  *
という記事。私も思わずふーーーんと納得した。
高校生に限らず横一列に並ぶ集団がいる。「お前らアホなのか?道ふさいだら通れないじゃん」とイラッとしていた。
たぶん、同じ心理なのでしょう。
我々世代は目立つとか目立たないとか一切なかった。そんなことより、道を歩く時は横並びしない。マナーを重んじる時代だった。足立区は道が狭かったしね。
小心か・・・私のような野蛮人もどうかと思うけど、そんなに人の目を気にして生きるのはイヤだな。粗野で教養がないと言われても野蛮人の方がいいや。
P5280106.gif無題16
田植えも横並び                    ピーポファミリーも横並び

2018-04-19 (Thu)

「女の子の服選びには『ピンク期』と『水色期』がある」投稿に共感の声、その後は「モノトーン期」?

子育て&学校

このワンピ私の手作りだからね。パニエも手作り。ツインテールだし。すでにコスプレ。
バラワンピ2モルモット2
女の子の服選びに関する投稿がSNS上で話題になりました。きっかけは「女児にはピンクしか着ない時期があり、その後にピンクを避けて水色しか着ない時期がやってくる。グレーや紺は子ども受けしない」ことを、衣料品メーカーに訴えたいとの投稿。これに対し「ほんとこれ」「今まさに水色期」「ピンク期と水色期に配慮した商品展開を望みます」「中学生になるとモノトーンばっかり着るようになるよ」といった声が上がりました。
色彩心理の観点では、個人の性格や心理状態とその人の好きな色には密接な関係があり、ピンクを選ぶ女の子はかわいがられたい願望の強い子が多く、水色が好きな女の子はシャイで控えめ、モノトーンや落ち着いた色を選ぶ子は「人と同じこと」が嫌いで、個性を発揮したい傾向があるそうです。
うちの娘はデザインの可愛い服は色を問わずに着せていました。五人姉妹で次女の私はお古ばかりだったので、娘には可愛い服を着せてやりたかった。
ただ、保育園の通園の服は汚れてもいい服。そして、二人目は絶対に男を産むと決めていた私は男の子でも着られる服と青や黄色の服を買ってました。見事に男の子を産み、お古をバッチリ着せた。
娘の同じクラスのお姉ちゃんのいる男の子がセーラームーンのお古を着せられているのを見て、あれはいかがなものかと心配になつた。やっぱ虐められてたもん。
小学生になって可愛い服を拒否されるようになり、中学ではモノトーンの服ばかり着る子になった。まさに上記にピッタリ当てはまる。ちなみに私はモノトーン以外の色は全部好き。派手な色は大好き。親子で真逆なのである。
娘3タヌキ
フリフリとかモコモコとか着せ替え人形みたいにしてたな。

2018-04-18 (Wed)

つるの剛士「あの可愛かった息子が…」反抗期長男に困惑しきり

子育て&学校

稲刈り忍者1
つるの剛士さんが中学2年の長男が反抗期を迎えその変貌ぶりに驚きの声を上げたという記事。
つるのは「今は幸せで、何も問題ない」としたが「強いて言えば中二の息子が反抗期」と告白。「めちゃめちゃ可愛かったんですよ。一緒に山登りしたり、サーフィンしたり。いつも一緒だったのに、急に『あぁん?あぁん?』って…。部屋もガーンとドア締めたり…」と、急に返事もろくにしなくなったと困惑の表情。
「あの可愛かった息子がね、殺し屋なんですよ、目が…」と鋭い目つきとなってしまった息子の変化も報告。最近ではスマートフォンばかりいじっていることから、つるのが取り上げたところ、家中を駆け回り「Hey!Siri!」と、スマホに内蔵されている質問などに答えてくれるアプリに呼びかけていたという。「Siriが立ち上がる設定にしていたようで、そういうときだけ悪知恵が働く」「めっちゃ頭いいな、こいつって」と、息子の“悪知恵”に白旗を揚げていた。
  *  *  *  *
反抗期の息子を持つ人の話しを聞くとホッとする。私の友人は娘だけという人が多く、男の子の反抗期を分かって貰えない。うちは娘がいるが女の子と男の子の反抗期は全く違う。男の子にはどう対応していいのか分からない。
つるのさんと同じくいつも一緒でバカなことも楽しんでいた。親子と言うよりは同士という感じだった。
親子仲が良ければ良いほどその反動がデカイと聞いた。見事にその通りだ。
反抗期は子どもが親の価値観から抜け出して自立を目指す健全な証拠というのは重々分かっています。子どもを信じましょうとか言うけどきれいごとだ。そんな次元じゃない反抗期もあるのだ。
永遠の反抗期というのもあるかもしれない。何はともあれ人さまに迷惑をかけず生きていてくれればそれでいい。
私たちは親子だけど、私も娘も息子もみんな違う。みんなちがってみんないい。

わたしと小鳥とすずと

わたしが両手をひろげても、
お空はちっともとべないが、
とべる小鳥はわたしのように、
地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴るすずはわたしのように
たくさんのうたは知らないよ。

すずと、小鳥と、それからわたし、
みんなちがって、みんないい。
七五三仮面ライダー

2018-04-17 (Tue)

ダムマニアのきっかけ

未分類

ダムCIMG8131_20100331172940.jpg
私はダムが好きだ。なんで好きなんだろ?好きなものに理由なんかないと言うのもあるが、きっかけはあったんじゃないのか?
たまたまアド街ック天国を見ていた。大井川鉄道。私の大好きなSL。
日本唯一のアプト式 電車、南アルプスあぷとライン。大井川水系のダム建設・・・。あれ?これだ、きっかけはここだ!!記憶が蘇って来たぞ。最初に行った時はまだ水没する前で、車掌さんの説明で「この線路も水の底になります。日本一の高さの鉄道橋を建設中です」と説明していた。
「えっ・・・こんなに渋い線路が沈んじゃうの?」なんとも悲しい気持ちになったのを覚えている。よくニュースでダムに沈む村とか取り上げられていたけど、直接自分には関係ないと見流していた。でも、好きな景色が見られなくなるという現実に直面して初めて他人事じゃない気がしたのだ。この景色をしっかりと目に焼き付けておこうと思った二十歳の頃の私だ。
ダムを意識するようになったのはあれがきっかけだった。
3度目に行った時は新しい線路を走っていた。娘がまだ4歳くらいの時。
息子とも数え切れほどダム見学に行った。無意識に娘と息子にダムを見せていた母。
まだ黒部ダムには行っていない。お愉しみは残しておかなくちゃね。
みなさんも是非、ダム見学に行ってみて下さい。日本は普通に蛇口から水を飲める貴重な国なんですよ。
CIMG8139_20100331172954.jpgCIMG8144.gif