2017-11-22 (Wed)

要注意!使うと年寄り認定される「昭和言葉」ランキング

未分類

P2184013.gifP2184010.gif
1位ナウい
2位アベック
3位あたり前田のクラッカー
4位よっこいしょういち
5位チャンネルを回す
6位許してちょんまげ
7位衣紋掛け
7位シミーズ
7位ももひき
10位冗談はよしこちゃん
  *  *  *  *
さすがにこれはねぇ・・・・。言いました。この中では一個。
ブレイクの時の会話で「アベック」と言ったらみんなに笑われた。「やだぁ、今時アベックなんて言わないよ~」と言われ「じゃなんて言うっけ?」と聞くと「カップルじゃん」と言われた。確かにカップルですね。無意識に昭和言葉が出ていた。
チャンネルを回すって言うでしょ。だって他に何て言い方ある?チャンネル変えてとか言うし、「チャンネルはそのままで」って言うよね。
「よっこいしょういち」はクレヨンしんちゃんでしんちゃんが言うセリフ。昭和の人は知ってるけど、平成生まれは分からないで聞いてるんだろうな。
ここには入ってないけど「乳母車」と言ってやっぱり笑われた。「乳母車はないでしょう。ベビーカーですよ」と言われた。そうか・・・そうだよな。乳母車って・・・こうして書いてみると乳、母、車ってなんかすごいよね。つか、平成生まれの人乳母車って読めてないかもしれない。ちちははくるまじゃないからね。うばぐるまって読むんだよ~。
あと「ねんねこ」って分かる?今はママコートって言うんだよね。「おぶりひも」も今は「抱っこひも」って言うの。確かに背中におんぶしているお母さんみないもんね。私はご飯の支度をするときはおぶって、出かける時は抱っこしていた。懐かしいねぇ。
P2184031.gifP2184035.gif

2017-11-21 (Tue)

ドドドトドド田舎!!

未分類

田舎3田舎2
とあるtweet
都会の人が考える田舎 ・田舎とはいえ夜中ちょっと歩けばコンビニに行ける ・夜に居酒屋などで飲んでも交通機関を使って家に帰れる ・バス停で多少待てばバスが来る ・ネットスーパーを活用すれば快適 ・駅には売店があり、1時間に何本か電車がくる 実際の田舎 ・そのようなものはない。
  *  *  *  *  *  *
私は東京生まれ東京育ち。だけど、両親は宮城のド田舎出身なので田舎はよーーーーく分かってますよ。
最寄駅というのか新幹線のくりこま高原駅から車で1時間半から2時間くらい。
コンビニは途方もなく遠い。街まで車で1時間くらいかなぁ。バスも通ってません。夜は山と田んぼしかないので街灯もありません。漆黒の闇です。懐中電灯か提灯を持っていないと田んぼに落ちます。
納豆一つ買いに行くのに2キロくらい歩いていかないといけませんからね。村に1軒だけあるお店。夏休みに遊びに行くと婆ちゃんに「まゆみ!納豆買って来い!!」とたたき起こされて、田んぼの真ん中を歩きながらプラプラ買い物に行かされたもんです。
将来、田舎暮らしをしたいとずっと思っていて、田舎暮らしツアーに何度も参加しました。
しかし、うちの田舎がド田舎と思っていたけど、ハンパなかったね。歩いて買い物に行けるのはまだいい方だと知った。私が住みたいと思ったところが、全く何もないドドドドドト田舎だった。納豆一つ買いに行くのにたぶん10キロとか車で移動しないと無理な場所。
心が折れた。車の免許を持ってないと田舎暮らしをするのは無理と分かっていたけどチャリでも無理でしょ。
どうしても住みたいところだったんだけどなぁ。結局、東京の片隅で天に召されるのかぁ。
私の未来は二つに分かれている。一つは車の運転が出来て田舎暮らしに賛同してくれるパートナーに出会って見事に夢を叶えて田舎暮らしをする。そして、もう一つは終の棲家を十条にして死ぬまで観劇に通う。
そんなに遠くない未来だ。・・・・十条の物件探すか・・・・。
田舎4田舎1

2017-11-20 (Mon)

TV司会者が1年間同じスーツを着たら…何が起きた?

未分類

img10412984863.gifitem-067.gif
面白い記事を発見したので紹介します。
カール・ステファノビッチは、オーストラリアの朝の番組『Today』で活躍するTVプレゼンターのひとり。彼は、男性である自分が服装に関して全く指摘を受けないのに対し、女性共演者たちに向けられたファッションに関する批判や酷評に腹を立てていたらしい。そこで彼は1つの実験を試みた。その実験内容とは「同じスーツを1年間着続けること」。すると、彼の読み通り、視聴者は「誰ひとりとしてそれに気づかなかった」のだそう。
一方で彼の共演者であるリザ・ウィルキンソンは、実験の期間中も「今日の服装は特に目障りで最悪。なんとかしてほしい」など、服装に関するコメントを頻繁に受け取っていたそうだ。つまり視聴者は、(男である)カールの服装には、これっぽっちも注目していなかったことになる。 「誰も気づかなかったし、誰一人として僕を非難しなかった」とステファノビッチは<Fairfax Media>に語っている。
「でも女性は似合わない色の服を着ると吊るしあげられる。ちょっとでも的外れなことを言うと、Twitterで拡散される。女性は“何をしたか・何を言ったか・何を着ているか“に注目され、より厳しい批判にさらされている」
この実験の結果、ステファノビッチは自身の疑念を確証し、日常に潜む性差別についてとても重要なことを証明した。著名人の服装やファッションについて興味を持つこと自体は全く問題ないが、その人が持つ“何か“よりも見劣りしてしまった途端、問題化されてしまうということ。例えば、仕事だったり、肩書きであったり…そしてこれらは女性に対して“のみ“なのだ。
「僕は基本的にはインタビューの出来やユーモアのセンス、つまり仕事に基づいて評価されている。その一方で、女性は頻繁に服装や髪型によって評価されているんだ」
  *  *  *  *  *
確かにねぇ、毎日見ているニュースの男性の服装は全く興味がないというか意識していないけど、女性キャスターを見て「ん?なんでこの人こんなデザインの服着てるの?」とか思ってしまう時があるから。
2ちゃんは今まで見なかったんだけど、観劇をするおば様方に見た方がいいと薦められてたまに見ますが凄まじいですな。女の罵り合い、容姿の叩き合い、女恐るべし。
話しを元に戻すと、制服のある職場はみんな同じ服を着ているから服装で批判されることはありませんね。うちの職場も制服があるので、ちゃんと仕事を評価して貰えます。アパレルショップの店員さんとかは大変だろうな。まさに服装で評価されるんでしょうね。伊賀観光協会で働いたら忍者の衣装で仕事が出来るから私はとてもやりたい。365日忍者の衣装を喜んで着ましょう。
PC062822.gifPC062826.gif
ぜーんぜん、山手線も乗っちゃうよ。

2017-11-19 (Sun)

5歳未満の子供を入店禁止にしたレストラン、予約が殺到

未分類

yjimageDKGJAB2T.gif無題
米ノースカロライナ州ムーアズビルにあるイタリアンレストランで、「5歳未満の子供はお断り」という新たなルールを発表した。批判はあったもののそれ以上に称賛の声があがり、現在では予約が殺到しているという。
普段は子供といるからこそ時には落ち着いたレストランでゆっくりと美味しい食事を味わいたいという人、その一方で“高級”と名乗るレストランに幼い子を連れてきて周りの客に迷惑をかける家族もいる。そんな子連れ客にうんざりしたレストランが苦渋の決断を下した。高級レストラン「Caruso's」はウエブサイトにて「本格的なイタリアン料理が楽しめる、高級でロマンチックなレストラン」と謳うように、地元では人気で評価も高い。しかしここ最近は子供連れの客の態度が問題となり、複数の常連客からの苦情が相次いでいた。
ある日のこと、「Caruso's」を訪れた一家が子供にiPadを使用させており、その大音量にスタッフは両親に注意を促した。しかし親は周りの客を気にすることもなくそのままにしていたため、最終的にはその家族へ退店するように伝えなければならなくなった。この件を対応したマネージャーのヨシ・ヌーニャスさんは「以前にもやんちゃな子が来たことはありますが、今回は親も態度がなっていないと思いました。こちらの退店のお願いに家族は不快感を露わにしていましたが、我々としては他のお客様のことも考慮しなければいけません。親に子供のしつけについて店側が口出しすることなどできませんから」と話している。そしてこの出来事によって、今年1月以降「5歳未満の子供の入店禁止」にした。
カルーソさんは「このような結論を出すことに躊躇しました」と述べたうえで「私は全てのお客様に喜んでもらえるように心掛けてきました。友人やカップルが素敵な夜を過ごして頂きたいという思いがあったからです。ところが幼い子が来るようになってからは床に食べ物が落ちたり、子供らが大声で走り回ったりして、来店者や売り上げもダウンしました。最終的には何がベストかを考え、このような決断を下しました」と語っている。実はこのルールを設けて以来、「Caruso's」には予約が殺到し一日50人ほどだった客が80人くらいまでに増えたそうだ。
「Caruso's」だけでなく、イタリア、オーストラリア、韓国、米ペンシルベニア州やテキサス州、カリフォルニア州など各地に「子供はお断り」としているレストランは存在するようで、そうした店は珍しくもないという日が来るのかも知れない。
  *  *  *  *  *
私もこのブログでよく書くけど、親のしつけがなってないのよ。子どもは悪くないよ。親のせいでそういう無作法な子に育った子ともが可愛そう。一生その行儀の悪さは治らないからね。
産地訪問が大好きで楽しみにしていた私だけど、最近申し込みに迷う。とにかく行儀の悪い子連れが多いのだ。不快な気分で帰宅することが多くなった。せっかく産地の人が説明をしているの「つまらない。帰りたい」と泣き叫んだり「臭い」(肥料)と大声で言ったり、大声を出して走り回ったり、しかし、注意する親は皆無だ。馬鹿じゃないのか。
以前は多いときは年に12回とか参加していたのが、去年は2回だ。3歳の子供が農業の話しをまともに聞けるわけがない。せめて小学3年生くらいからの参加にしてほしい。
MCguK.gifDarla1.gif

2017-11-18 (Sat)

私は美味しくないかもしれませんが・・・

未分類

大好きな虹が出ていたので歩きながら写真を撮っていたら墓場だった。虹と塔婆。
P8024314.gifP8024313.gif
チベット高地に住むチベット人にとって、最も一般的な方法が鳥葬。葬儀に相当する儀式により、魂が解放された後の肉体はチベット人にとっては肉の抜け殻に過ぎない。その死体を郊外の荒地に設置された鳥葬台に運ぶ。それを裁断し断片化してハゲワシなどの鳥類に食べさせる。これは、死体を断片化する事で血の臭いを漂わせ、鳥類が食べやすいようにし、骨などの食べ残しがないようにするために行うものである。宗教上は、魂の抜け出た遺体を「天へと送り届ける」ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎない。多くの生命を奪ってそれを食べることによって生きてきた人間が、せめて死後の魂が抜け出た肉体を、他の生命のために布施しようという思想もあるらしい。
その鳥葬がイランで禁止になった。現在も使用されている沈黙の塔はインドのムンバイにあるものだけなった。もともと沈黙の塔は人里離れた場所に建てられていたが、近年の人口増加に伴い、塔のすぐそばまで町が拡張してきたことが鳥葬禁止の主な原因だ。遺体の匂いや衛生面での問題が出てきたためだ。
丘のふもとで、以前、塔に遺体を運んでいたという老人は鳥葬が禁止されるまでの8年間に、週に2~3人の遺体を塔の上まで運び安置した。鳥葬のしきたりがなくなった今も、沈黙の塔の番人として、敷地内にある小屋で寝泊まりしている。現在は土葬に変わったが、この老人にとって葬儀の方法はあまり重要ではないようだ。彼は言った。
「鳥葬だろうが、土葬だろうが関係ない。生きている時に良いことをしたかどうかが大切なんだ」
全くその通りなのだ。最高の人生のみつけ方という映画の中で「人生の価値とは何で決まるのだろう。残された家族や友人だという者もいる。信仰で決まると言う者も。愛だと言う者も。人生に意味などないという者も・・私はこう思う。どれだけ周囲に影響を与えられたかどうかだと・・・」というセリフがある。そう、生きている時が大事なのだ。
このブログで何度も言ってきたけど、私の本当の希望は山で野垂れ死だ。それで獣や山のみんなに食べて貰って骨になりたい。私も死んだら人はただの抜け殻だと思う。私も多くの生命を奪ってそれを食べることによって生きてきた。せめて死後の魂が抜け出た肉体を他の生命のために布施したいと思う。あんまり美味しくないと思うけどね。日本も鳥葬を認めてほしいなぁ。
030815Osore.jpg80805yuno1.jpg