FC2ブログ

2018-10-19 (Fri)

Ⅱ自分が想ったこと、口にしたことは現実になる

未分類

IMG_0441.gifIMG_0467.gif
「潜在意識は無抵抗に想いや言葉を受け入れる」というのが本当なのであれば、自分が発する言葉にも耳を貸しているというわけで、そうなると自分の日頃の言葉や想いを通して世界が見え、行動をしているということになります。これが私の考える、「願望や言葉が現実のものになる理由」です。
 *  *  *  *
映画をたとえにお話ししていますが、私が映画に込める想いというのはこれです。
こんな時代ですから心が病んでボロ雑巾のような人も多いと思います。
そういう人が一人でも笑って「あぁ、楽しかった。生きててよかった」と思える作品を描きたい。
それでいくとチャップリンの映画はドンピシャ。
自分はすごく格好悪くてダサいけど、そんなダサダサな自分も愛すべき人間の一人なんじゃないか。と錯覚させてくれる。
異常なほどに行動だけはしているので、あとは「願望や言葉が現実にもの」になってくれれば良いのです。
何はともあれ心が闇に引っ張られないように、明るい方へ進んでゆきたい。
IMG_0466.gif

2018-10-18 (Thu)

Ⅰ自分が想ったこと、口にしたことは現実になる

未分類

IMG_0454.gifIMG_0455.gif
肥後庵の黒坂さんのお話しです。
強い想いや言葉が現実のものになる理由、それは「知らず知らずのうちに願望や言葉通りに行動するから」が真の理由ではないでしょうか。
人間には潜在意識と顕在意識があります。簡単に言うと、自覚している意識とそうでない意識の2つを持っているということです。あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、この潜在意識というのはものすごい力を持っており、一説によると人間の90%の行動や思考の源泉になっているといいます。このへんの話はオカルトではなく、脳科学の世界でもメスが入れられている「科学のお話」です。
これは最近の研究で分かってきたことですが、この潜在意識というのは無抵抗に何でも受け入れるといいます。自分や人が発した言葉や、置かれた状況などをそのままスッと受け入れると。誰しも悲しい映画を見た後は、悲しい気持ちになりますよね?私もタイタニックを見た後はまあ…なかなかひどい号泣をしたものです。一時的に悲しくなって「ああ、いい映画だったなあ」で終わればいいのですが、なんとなく世の中が悲観的に見える経験をしたことがないでしょうか?
もちろん、その逆に明るく、楽しい映画を見た後は気分もルンルンで、前向きになっているものです。
私も実際、この経験があります。コメディ映画や楽しいドラマを見た後は、なんとなく街を歩いていても楽しそうなものばかりが目に飛び込んできます。笑顔で笑っている人を見て「ああ、世の中やっぱり明るくて、楽しいことに満ち溢れているんだなあ」と。気持ちを入れ込んで鑑賞をしたドラマとか映画を見た後って、その作品のトーンに合ったものが目に飛び込んで来る経験をあなたもしたことがないでしょうか。これが潜在意識の力だとするとすごいものじゃないですか。つまり、いいものばかりを入れておけば、世の中がキラキラして見えて輝き出すわけですから。
IMG_0452.gif


2018-10-17 (Wed)

無事貰い手がみつかる

未分類

IMG_0714.gif
新しいコピー機を買ったけど、前のコピー機とインクが残された。
果たしてこの子たちをどうしてくれようか・・・。
コピー機は粗大ごみに出せば済むことだが、どうにもこうにも未使用のインクを捨てるのが忍びない。
たま~にポストに入ってくるリサイクル業者のチラシ。何かの時にとどこかに取っておいたはず。
あさってみたら見つけた。さっそく問い合わせしてみた。
コピー機は壊れていても引き取ってくれると、インクも引き取ってくれると。
イエ~い!!
きっと破棄はしないと思う。インクはネットで売ってくれて誰かが使ってくれるでしょう。
更に引っ越しの時に整理できずに大量に持って来てしまった鉄製品。ネジやボルトや工具。
これも全部引き取ってくれた。ホントに助かった。
使いようの無い物は気持ち良く捨てられるが未使用で使える物を捨てるのはホントに心苦しい。
こうして私の断捨離は着々と進んでいる。不要な物がなくなっていくのは実に気持ちいい。
例えるなら大きな耳垢が出た感じ?へそのゴマが取れてスッキリみたいな。
P9232536.gif
以前住んでいたところは玄関先に『ご自由にお持ちください』とおいておくとみんな持って行ってくれたので助かった。今の住まいはそれが出来なくてつらい。

2018-10-16 (Tue)

意志の弱い女

未分類

IMG_2590.gif
翌日、会社の帰りにヨドバシに寄った。店員さんにこの一件の話しをした。
「というわけで私はエプソンのコピー機を絶体に買いません」と宣言した。
私の怒りっぷりを理解しながらも「お客様のコピーの利用頻度を考えますとこちらのエプソン製品が一番よろしいかと思います」とエプソンを薦められた。
私は意地っ張りである。「いや、エプソンは買いたくありませんな」
あっちこっちのコピー機を説明してくれるが、確かに私は一般の人よりコピーをたくさんする。家庭用のコピー機はインクが高価なのだ。
その上、コストは安くなるけど本体が高い。予算をはるかにオーバーしている。
値引きの交渉する。5000円のキャッシュバック。お高いインクを全色付けてくれる。値引きなどの結果20000円くらいの割引に成功した。
二度とエプソンを買わないと誓ったのに結局買ってしまた。
以前は一度に何百枚もコピーを取るのであっという間にインクが切れてしまったが、今回のコピー機は全然減らないのでコスパだった。ヨドバシの店員さん、怒るBBAによくぞ説得してくれた。サンクス。
それにしても会社も対応を考えた方が良いと思う。「破棄」という言葉はいかんだろ。
芸術の神様がいるとしたら叱られるぞ。罰が当たるぞ。
続く
IMG_2591.gif

2018-10-15 (Mon)

コピー機が天に召された日

未分類

IMG_2593.gif
コピー機が壊れた。コンクールに出す原稿をあと数枚印刷するというところで突然壊れた。
何をしてもどうしても言うことを聞いてくれない。
新しいコピー機を買わねば・・・。
それにしても4色入りインクを買ったばかり。それにバラの未使用のインクも残っている。
コピー機のインクは高価だ。買い取ってくれとは言わないが、使える物を処分したくない。小さい頃から鉛筆1本でも文房具を無駄にすると芸術の神様に怒られるような気がしていた。勝手な妄想だけどね。
取りあえずエプソンに電話してみた。
ワイ「コピー機が壊れてしまったんですけど、未使用のインクを引き取って頂けませんか?」
エプソン「大変申しわけございませんが破棄して下さい」
ワイ「買い取って下さいとかじゃなくて、買ったばかりで未使用なので」
エプソン「お客様で破棄して下さい」
ワイ「お宅の商品ですよね」
エプソン「お客様で破棄して下さい」
ワイ「分かりました。もう結構です」
電話を切って「お前の会社のコピー機は二度と買わない」と誓った。
自社の製品に対する愛はないのか?仮にも新品の製品だぞ。エプソンで破棄してくれてもいいからなぜ「お引き取りします」と一言言ってくれなかったのだ。
続く
IMG_2592.gif