Category (子育て&学校 )

姉妹差別

子育て&学校

七五三七五三まゆみ2
浅田真央さんの姉の浅田舞の告白が波紋を呼んでいる。母・匡子さん(享年48)から、「妹に会わないで」と言われた過去を明かした。舞が7才、真央が5才の時に一緒にスケートを始めると、当初は舞の方が成績がよかった。しかし、全日本ジュニア選手権で16才の舞を追い抜いて14才の真央が優勝すると、舞は「真央ちゃんのお姉さん」と呼ばれるようになった。
. 「その後、舞さんがスケートへの情熱を持てなくなると、母親の関心は真央に集中しました。漫画喫茶やクラブに出入りする舞さんに『お願いだから真央に迷惑かけないで』と言ったそうです。たしかに遊びを我慢して、極限の緊張状態で競技に臨んでいる真央にとって、舞さんは集中を妨げる存在だったかもしれません」とはいえ、「妹に会わないで」と母親から通告された心中はいかばかりだったか。この告白に、母からの姉妹差別で苦悩したと共感の声を上げる人は少なくなかった。
. 「同じ姉妹なのになぜ?」と疑問を口にするが、「残酷ですが動物的行動でいうと、母親が姉妹に格差をつけて接するのはとても合理的なことなんです」と話すのは、動物行動学研究家の竹内久美子さんだ。. 「“母親の愛情はきょうだいに平等に注がれる”というのは人間が作り出した幻想にすぎません。子孫を残すという生物学的な目的に照らせば、より優秀な個体が優先的に育てられるのはごく自然なこと。体力があったり、賢かったり、異性を惹きつける魅力があったりする子の養育により力を注ぐのが母親の本能なんです」母親による“愛情差別”は当然のことというのだ。竹内さんはまた、「それによって能力的にいまいちな子も幸せになれる可能性が高まる」と指摘する。「生物の目的は“一族の繁栄”ですから、平等に育てられて平均値の姉妹ができるより、片方が飛び抜けた能力を持つ方がいいんです。
  *  *  *  *
生物学って面白いよね。私は6人姉弟でまさに母親にとって眼中にない子でした。姉を溺愛し、弟に至ってはモンスターマザー状態でした。だけど愛情差別とか感じなかった。いくらマンガを描いていても文句言われないし、干渉されなかったことが逆に良かったと思う。
自分が親になって、上記の動物的行動は私には当てはまらないと思います。娘も息子も同じくらい天才で才能あると思っているし尊敬している。もしも、貧乏でなければ100人くらい子供を産みたいと思った。たぶん、100人とも天才を産む自信がある。(どうだ。この奇跡のバカパワー)そしたら世界に100人の天才を解き放つことになるんだよ。すごいじゃん。まぁ、2人で終わっちやったけど。2人でもこの功績は大きいと思うよ。
劇団美松の小祐司座長と翔也君を産んださなえさんの功績もデカイ。やっぱさぁ、日本人は類まれな才能のある人が多いんだから、じゃんじゃん天才を産もうよ。
七五三 二人2

たくさん「恥」をかいた子どもが「雇われる力」を身につける

子育て&学校

CT2JgsxVEAA_Hhi.gifCT2I62fUEAAtymS.gif
教育改革実践家・藤原和博氏の最新刊『10年後、君に仕事はあるのか?』の内容から、「恥」をかくことの重要性を解説。
● 無謀に生きて経験値を貯めよう
10代、20代は、いっぱい恥をかかなきゃダメなんだよと、ことあるごとに生徒には語るようにしています。学校でも、大学でも、会社でも、海外に行ったときも。なぜなら、恥をかけばかくほど、君の「経験値」が上がり、クレジットが蓄積されるからです。実際のロールプレイング・ゲームでも、何度も対戦して攻撃方法を覚え、経験値を積みながら次のステージに行くでしょう。君たちには、できるだけ「間違うと恥ずかしい」「叱られちゃいけない」「失敗するのは恥だ」という感覚を捨ててもらいたいのです。ただし、なんでも好き勝手にしていいという意味ではありません。「できるだけ他人には迷惑をかけない」とか「人が嫌だと思うようなことはしない」とか「その場の空気を読む」というような、学校の先生が生徒指導でよく指摘することは、できないより、できたほうがいいです。
でも、そのメッセージを過剰に受け取って「恥」の感覚を強くしすぎちゃうと、何もチャレンジできない人になってしまうリスクがあります。大事なので繰り返しますが、もっと間違っていいし、叱られていいし、失敗していいんです。そうして恥をかきながら「経験値」を積んで、自分の世界観を広げていきましょう。敵と対戦しながら、ゲームのステージを次々に登るのと一緒です。
  *  *  *  *  *  *
ハハハハハハ・・・・・。「恥」って何?日本語?って言うくらい恥をかいて半世紀。先生に言われなくても恥をかいてきましたよ~!エッヘン!!<(`^´)>
「間違うと恥ずかしい」「叱られちゃいけない」「その場の空気を読む」なんて思ったこともありませんよ~。だって間違うでしょ人間だもの~。叱られても右から左だし~。(-_-)zzz
だからいつも娘に叱られるのよ~「少しは気にしろ」「反省しろ」とね。アワワワワ、\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
あと「知らないことを恥ずかしいと思う」のも日本人の悪いとこ。私、全然恥ずかしくないもん。「マジでーーー知らなかったよーーー!!」と正直に言います。「ホントに知らなかったの?」と驚かれることもあるけど、スーパーコンピューターじゃないんだからさ、何でも知ってたらおかしいでしょ。それに自分に興味のないことはだいたい知らないし。
うちの死んだ親父も「女はバカなくらいで丁度いい」と言ってたけど、足りないくらいが妬まれないし、逆に「この人大丈夫かしら」と心配されるくらいだからいいと思うよ。
後悔はするが反省はしない・・・それが私の生き方。シャキーン!!
CTePJUvUEAAGSch.gifP0175624.gif

親は千里行くとも子を忘れずの

子育て&学校

CIMG9470.jpgCIMG9471.jpg
親というものは、遠く離れている子供程より一層可愛いもので、我が子の身の上を心配しているという意味。
人生が舞台だとすると娘役もやった。嫁役もやった。(失敗したけどね(ФωФ)フフフ・・・)そして、母役もやった。どれも経験しないとその心理というのは分からない。娘と息子には親にならないと分からないことをいっぱい勉強させて貰った。
例え絶縁状態であっても親は親であって、そこから逃げられないのだ。
ある時、埼京線に乗っていたら息子にそっくりの男の子が座っているのが目に入った。本当にとても似ていたのだ。ずっと見ていたが、服装が違う・・・息子じゃない。だけど、涙が出てきた。勝手にポロポロとこぼれてくるのだ。「ちゃんとご飯たべてるか。相変わらず痩せっぽちなのか」「病気してないか」心配になる。出来損ないのポンコツだけど自分はやっぱり親なのだと思った。
息子は柳楽 優弥君に似ている。ドラマに彼が出ていると他の役者が目に入らない。ずっと目で追っている。
たまたまテレビをつけたら「おんな城主 直虎」の龍雲丸役の柳楽君が出ていた。つい見てしまったら何と敵に背中を刺されるシーンだった。
まるで自分の息子が刺されたように胸が苦しくなって涙が止まらなかった。「死なないで・・死なないで・・」と祈っていた。なんという感情移入なのだ。
これが一緒に暮らしていてダラダラした毎日を送っていたら、そんな感情は湧かないと思う。何年も音信不通でどうしているのか分からないから心配なのだ。まぁ、親というのは悲しい生き物だということを学習させて貰った。
人生は死ぬまで学習だ。これからどんなことが起きるのか未来は霧の中だけど、娘と息子には勉強させて頂こう。
CIMG9478_20110107172913.jpgP5022944.jpg

Twitterで知る息子の近況(笑)

子育て&学校

これは中学の時。
P2194080.gifP2194097.gif
たまたま知人のTwitterのリツィートを見てハッとした。
たった一つのパーツの写真なんだけど、「これは息子が作ったものだ」とすぐにわかった。長年、息子が造形をしているのを見て来たから反射的にわかった。親ってすごいなと驚いた。
思秋期と反抗期が重なって絶縁状態になって3年になる。「俺のこと信じてよ」と言っては裏切られて「チクショー!!バカ野郎!!」とブチ切れたもんだ。
住んでいるところも働いている会社も知らず面倒なこともあったりして、どんな暮らしをしているのか全く知らなかった。
それが、Twitterで知る息子の近況。笑ってしまう。真面目に生きているようで安心した。
それよりも何よりも驚いたのはフォロワーの多いこと。役者さんでもこんなにいないというフォロワーの数。息子は中学の頃からちょっと有名だったけど、なんか悔しい。
しばらくして今度はニコニコニュースを見て「これは息子だ」と思った。チェックしてみたらやっぱり息子だった。ニコニコニュースにまで出てるよこいつ。
どんなに絶縁したと言っても親バカなのである。すぐに娘や知り合いに教えた。そして私もリツィートした。娘も「あのバカ」と弟を怒っていながらリツィートしていた。姉バカである。
絵を描くことも造形もやめてしまっていた息子が物づくりを再開してくれたのが本当に心から嬉しいのだ。娘も息子も私も作って書いてナンボの人生だ。
「クソババァ俺のツィートをリツィートしやがった」と怒っているかもしれないけど、気にしないで作り続けてちょ。
P7040414.gifP7040417.gif
これは高校の時。

育休取得しなかったパパの7割「後悔していない」

子育て&学校

logo_20160529223719d7c.gif160105_selfikumen-different.gif
子どもが産まれたら、パパだって可能な限り育児にかかわりたいもの。しかし、厚生労働省が発表した2014年度の「雇用均等基本調査」によると、女性の育児休業取得率が86.6%なのに対し、男性の取得率はたった2.3%だ。では、当のパパたちは、育休を取得しなかったことについてどんな思いがあるのだろう? 休暇を取得しなかった(できなかった)114人に聞いた。
〈「育児休暇を取得すればよかった」と後悔している?〉
後悔している 30.7%
後悔していない 69.3%
  *  *  *  *  *  *
これはもう国民性の話しだよね。もともと日本の男性は家事や育児に参加しないんだから、育休取る意味がない。
ごくまれ~にイクメンとか言って頑張っている男性もいます。しかし知っての通り日本の男性が育児・家事をする時間は先進諸国の中で最低水準です。それが育休取っていきなり家事・育児すると思います?
下手すると育休取って家でゴロゴロしてゲーム三昧なんてあり得ますからね。逆に奥さんキレてノイローゼになりますよ。
うちはだいぶ前に離婚しましたが、離婚する前からずっと母子家庭状態でした。本人がママ~、パパ~って感じで親離れ出来ていないから親という自覚ゼロ。子供が産まれても全く無関心。仕事もせず。
夫の収入だけでは厳しいからと共稼ぎ世帯が増えて待機児童が問題になっている昨今。仕事は夫婦でと言いながら家事も育児も奥さん任せ。そこだけ昭和の親父の感覚のまま。
いつまでも時代遅れの感覚だと日本は世界に遅れをとりますよ。妊娠うつや育児ノイローゼで乳児殺害なんてあってはならないことです。子供を産んで育てるってホントに大変なんです。もっともっと日本の男性はヘルプしてあげて下さい。
私は乗り切ったけど、これからお父さんになる男性は親という自覚をしっかり持ってね。
o0300040710435379473.gifイクメン-thumb-400x541-224