Category (子育て&学校 )

俺が芋食って、お前の尻から

子育て&学校

P2183948.gifP2183964.gif
息子とはかれこれ4年くらい絶縁状態だ。反抗期と思春期で思い切りぶつかった。
高校の卒業式には参加したが、どこの会社に勤めてどこに住んでいるのかも知らなかった。住所は最近知ったが、役所の諸々の事情があるので連絡してもメールしても手紙を送ってもスルーされている。完無視である。
その息子のTwitterを偶然発見した。共通の知り合いが息子のツイートをリツィートしたのを見て一瞬で「これはもしや息子の・・」と勘づいた。親ってすごいなと思った大当たりだった。そして何が驚いたってフォロワーの多さだ。700人以上いる。有名人みたいじゃん。中学の頃からちょっと有名だったけど、スゲーなと驚いた。
何気に見ていたら「母のブログを見つけた。やっぱり母は俺のことをわかっていない」のようなことが書かれていた。それを読んだ母「はぁ?じゃ、お前は私のことがわかるのかよ!」とパソコンに突っ込んでいた。
寅さんの有名なセリフにもあるだろ。
「お前の気持ちなんか分かるか!俺が芋食って、お前の尻からプッと屁がでるか?」
幼い頃は別だが、どんなに血がつながっていようと、自我が確率してしまったら例え親でも子供の気持ちは掴めない。血がつながって親子であろうとも分からない時は分からないのだ。
親父が酒を飲んで暴れた後でしょんぼり肩を落として、泣きじゃくる姉と私に「お前たちに俺の気持ちは分かんねぇだろうなぁ。大人になった時に分かってくれればいいよ」とつぶやいたのを今でも鮮明に覚えている。本当に大人になって親父の気持ちが痛いほどわかった。そんなもんだ。
私は別にわかって貰いたいとも思わない。私の気持ちなど取るに足らないつまらんもんだ。私のことなど忘れてくれていいよ。(あっ、でも役所のことはちゃんと始末をつけてね。マジ困るから)お前の生活、仕事、友人、時間を大事に生きていけばそれでいいのだ。
それにしても昔なら本当に音信不通で全く分からないものだが、今はブログだのTwitterだのといろいろあるので、知らない間に絶縁した親子がお互いの近況を知ることができるのだ。とりま、真面目に働いているのは確認できたので母ホッとする。
P2184039.gifP2184041.gif

男の子の反抗期、「くそババア」と暴言を吐くのはなぜ?

子育て&学校

あっ、これ橘大五郎座長であります。グレております。
P9202501.gifP9202500.gif
●ママがいないと生きていけない…反抗期がない子どもの怖さ
その反面、男の子は小さい頃は女の子よりも甘えん坊で、“ママっ子”になる傾向が強い。和久田さんによるとその理由は「女の子に比べると『オキシトシン』というホルモンの分泌量が少ないため」だという。
オキシトシンはスキンシップをすると分泌されるホルモンで、別名「愛情ホルモン」「幸せホルモン」とも呼ばれるそうだ。男の子はそれをより欲するので小さい頃はママにたくさん甘えるが、反抗期になって突然豹変して暴言を吐く。そのギャップにママは深く傷ついてしまうのだろう。
「幼少期とのギャップが激しい親子ほど、絆が深かったということです。でも傷ついているのはママだけではありません。子どもも反抗することで痛みを感じているのです。逆に反抗期がないと、大きくなってもずっとママの価値観のなかから抜け出せていないことが考えられます。これでいいのでしょうか?」
ママの価値観から抜け出せないと、子どもはひとりで何かを決めることができなくなるという。何を行動してもママの存在や声が気になり、結果的に子どもは苦しむことになってしまう。つまり「うるせーくそババア」は、子どもが親の価値観から抜け出して自立を目指す健全な証拠。むしろ喜ぶべきことなのだ。
子どもはいつまでも親の価値観の中で生きてはいけない。それを心に留め、来るべき反抗期に備えたい。
  *  *  *  *  *
「幼少期とのギャップが激しい親子ほど、絆が深かった」
まさに私と息子ですね。人間てこんなに風に変わってしまうんだって、我が子ながらその豹変ぶりは理解できなかった。
小さな虫も殺せない優しい子で、部屋の中に入っているのを見ると手に取って表に逃がしてあげていました。私は手ではたいて抹殺してたけど。
シナリオで結果が出せず落ち込む私に「お母さんなら大丈夫。きっと夢は叶うよ」と励ましてまれたものです。私を励ましてくれた優しい息子は遠い国に旅に出たと思うことにしています。
街でまだ小学生くらいの男の子とお母さんが仲良く歩いているのを見ると泣けてきます。「あんな時もあったなぁ」と。そして、その子にもいずれ来る反抗期。お母さん、今のうちうんとお話しして遊んで仲良くしておいてね。と心の中で思う。
母は母の価値観で生きるし、お前はお前の価値観で生きて行くのだ。縁があったらまた会おうぜ、あばよ!!
product_img_f_724911.gif0f977347b67dc347a0194d83c67210c2.gif

男の子の反抗期、「くそババア」と暴言を吐くのはなぜ?

子育て&学校

VXUG8HGXQ7ZLZvi_R9NnZ_3.gifimage60.gif
こんな記事を発見↓
「今はかわいいけど、あと何年か後には絶対『うるせーくそババア』とか言われるんだろうね…」
子どもがまだ小さいうちから男の子ママの間で、こんな冗談のような愚痴を聞いたことはないだろうか? 
子どもが思春期になると同時に突入するのが「反抗期」。特に男の子の場合は「くそババア」という汚い言葉を吐いたり、まったく親と口をきいてくれなかったりすることも珍しくなく、子が小さいうちから戦々恐々としている男の子ママは少なくない。そして親から離れていき、もう関わりを持ちたがらない。男の子は、そんなイメージだ。
親離れは健全なことだが、その一方で女の子は大きくなっても友達のように母親と仲良くできるイメージが強いのも事実。そう考えると、男の子ママは反抗期をキッカケにより寂しさを感じてしまうことになるかもしれない。
●反抗期は親の価値観から抜け出すために起こる反動
「女の子の反抗期もけっこうキツイですよ(笑)。女の子は口が達者なので親が言い負かされることもしばしばですが、男の子は逆にムスッとする傾向にありますね」
こう語るのは、自身も女の子の親である子育てアドバイザーの和久田ミカさん。さらに和久田さんは男の子にありがちな「うるせーくそババア」系暴言を吐く理由として、次のように指摘する。
「そもそも反抗期というのは、子どもが親の価値観から抜け出すために起こる反動。価値観から飛び出すためには、男の子は女の子よりも勢いが必要で、だから『うるせえ!』とか『くそババア』という言葉を使って、なんとか抜け出せるようにもがくのです」
  *  *  *  *  *
「うるせーくそババア」は言われてないけど、もっとハートがズタボロになったセリフを言われました。「俺、お母さんに何かあってもなんとも思わないから」直球ではありませんが、つまりお母さんが死んでもなんとも思わないからと言うことです。
階段から落ちて脳震盪を起こして動けない私を見て見ぬふりされた時は本気で「この子悪魔に魂売ったな」と思った。
それまで姉妹や友達がうらやむほど仲が良かった私と息子。私は少年の心を持ったまま大人になった人なので、虫とりや釣りや泥んこや一緒に男の子の遊びが出来るのが嬉しくて仕方なかった。
それが彼女が変わったと同時に人が変わった息子。まさに親の価値観から抜け出したというこです。「俺はもう大人なんだから虫とりとかしてられっか」ってことですな。ちぇ、せっかく遊び仲間が出来たと思ったのに。去る者は追わずということで、一人で虫とりして釣りして泥んこ遊びします。
51B7gH7D6RL__SX230_.gif20111119144935[1]

“親子のことわざ”共感ランキング

子育て&学校

この作品「おおかみこども雨と雪」は、1位から5位までのことわざが全て入っているお話ですね。
8fcfb84c518af90766e1debf60da1096.gif201207310518570fb.gif
■父親になった今、腑に落ちることわざTOP5
1位 親の心子知らず 202pt
2位 子に過ぎたる宝なし 167pt
3位 親は千里を行くとも子を忘れず 147pt
4位 蛙の子は蛙 115pt
5位 一姫二太郎 113pt
これは父親になった男性に聞いたアンケート結果ですが、母親の私も納得です。奇しくも今日は息子の誕生日。二人目を流産したので無事に生まれるまで怖くて怖くて生まれた瞬間「ミッション終了!!」と言って号泣しました。お腹を痛めて産んだんですけどねぇ。
1位の「親の心子知らず」は、痛感してます。この数年間息子の反抗期やら思春期やらでドツボにハマっていました。卒業して家を出て行きました。なりふり構わず必死に育てて来たけど、人格も人相も変わってしまった息子が悲しいです。
獅子は自分の子を深い谷に投げ落として、這い上がってくる者のみ育てるという「獅子の子落とし」ということわざがあります。わが子に厳しい試練を与え、その器量を試すことで一人前に育てることができるというたとえなわけですが、私も心を鬼にして突き放すつもりです。一人になって自分の甘さを体感しないと分からないですからね。
「蛙の子は蛙」は、我が家はそのまんまです。私は生まれた時から美術バカで、娘も息子も美術バカですから。ただ、鳶が鷹を生んだというように彼らは天性の才能があるのでうらやましいです。
「一姫二太郎」は確かにそうかもしれないと思います。女の子は丈夫で大人しいし育てやすいと言います。息子は丈夫でしたが、何しろ想像もつかない飛んでもないことをしでかしてくれて寿命が縮まりました。ボタン電池食べた事件。ゴキブリ食べた事件。猫の糞食べた事件。二階から階段落ちた事件。そのたびごとに病院に駆け込みました。
まぁ、結局、なんやかんや言っても、離れて暮らそうと二度と会うことがなかろうと「子に過ぎたる宝なし」「親は千里を行くとも子を忘れず」です。とにかく全力で生きて、自分のいる場所で活躍してくれさえすれば親はそれで良いのです。 
main12.gifmain02.gif

続・“普通”の求めすぎが子を疲弊させる

子育て&学校

娘のピアス。「私は造形よりも営業に向いている」と言い出して、現在慌てて拡張した穴をふさいでいる。確かにこの耳で営業はマズいと思う。
PB231449.gifPB231450.gif
私はこのブログでも何度か紹介したけど、小学校の時の担任の先生に強い影響を受けて今の自分がいます。
「人と同じものを欲しがるな」「人と同じことをするな」「面白い人生を歩め」と言う先生でした。常識に捕らわれずに自分をしっかり生きろと言いたかったのだと思います。
おかげで、「普通」とか「みんなと同じ」が大嫌いな大人に育ちました。俗に言う「安全な道よりも危険な道を選んだ方が面白い」というやつです。安全な道は退屈です。危険な道はリスクがあるけどドラマチックでわくわくします。
昨日紹介した記事にあるように、自分を持っていない人は、自分の行動の軸がないため、気持ちがグラグラしてしまい、空気を読むことで心が疲弊するわけですが、私の場合、自分を持ち過ぎてブレないため、空気を読まないという大迷惑な真反対な人にるわけですね。「普通じゃない親」というのも考えものというわけですね。
こんな私が親になり娘と息子には「人と同じものを欲しがるな」「人と同じことをするな」と耳タコで言ってきました。おかけ様で二人とも変わり者のアーチストに成長してくれました。
けれど娘は常識を重んじます。そして、空気を読まない私はよく叱られます。
成人して大人になった彼女は「普通が一番良い」と言います。
面白いよねぇ。昨日の記事は「普通を求め過ぎて子が疲弊」だったけど、うちの場合、普通アレルギーの私が「普通は悪だ」と言ってきたのを子供は疎ましく思うんだから。
大人になったら自由ですから娘も息子も好きなように生きてくれて良いと思っています。
私は、ずっとブレないで生きたいと思う。外野の雑音など気にせずに自分を貫きたいと思います。まだまだレースは終わってないよ。最終コースで巻き返してやるぜ!!
P7130005_201409192108591a3.gifP8270493 - コピー
今はコスプレを卒業しましたが高校生時の息子。クオリティが高いでしょ。私に無理矢理これを持たされて撮影。