Category (文化&芸術&芸能 )

新喜楽座改め劇団美松です。全国の皆さん覚えて下さい(^ω^)

文化&芸術&芸能

IMG_2192.gif
浅草木馬館に劇団美松の6月の予約を取りに行って参りました。10時受付でジャスト9時に到着。すでに大勢の方が並んでおりました。
一番最初に並んでいる方に「何時に来られたんですか?」と聞くと「4時半」と・・・。マジっすか。
この6月の木馬館は劇団美松の大事な一か月なのです。ここで良い結果を残さないと来年につなげない。全国の皆さん、どうか、美松を助けると思って6月木馬館に観劇にいらして下さい。一人でも多くの方に来て頂きたい。私はもうヤケクソで取りあえず18公演の予約をした。余力があれば行けるところは行きたいと思っている。
IMG_2193.gif
私の隣に並んでいた女性のメモを見てギョとした。どう見ても初日から千秋楽まで前日予定が書きこまれている。思わず「あのぅ。もしかして、それ、全部いらっしゃるんですか?」と聞いた。そしたら「はい!」と。4月の立川も初日から千秋楽までほぼ皆勤で行ったそうだ。「仕事してないので」と言っていたが、なんと羨ましい。私の今一番の夢は初日から千秋楽まで制覇することだ。だけど夢の夢。一度でいいからやってみたい。
IMG_2185.gifIMG_2187.gif
過去に好きな役者さんがいたけど、わざわざ有給を使って予約に来たり、有給を使って初日と千秋楽に行こうと思ったことはなかった。それほど思い入れがなかったのかもしれない。人手が足りないので有給が使い辛い。休むと罪の意識を感じる。だけど、そんなの関係ねぇ。小祐司座長のために有給を使うのだ。ぜーんぜん気にしない。下手すると有給を捨てることになる。それなら小祐司座長のために使い果たしてもいいぞ。
予約を終えて浅草寺でお参りをした。朝から何も食べずに予約に並んだのだ、お腹減った。ダンゴを食べる。美味しっ!そして浅草と言えば揚げ饅頭でしょう。アツアツのを頬張る。
つうわけで、皆さんも浅草木馬館に観劇に来れば浅草寺でお参りも出来て揚げ饅頭にもありつけます。6月は劇団美松の観劇にGO!
IMG_2190.gifIMG_2191.gif

篠原演芸場行ったどぉ~!!橘劇団新喜楽座二座合同特別公演

文化&芸術&芸能

IMG_2070.gifIMG_2135.gif
篠原演芸場5月10日の合同公演に行って参りました。
小祐司座長を拝見できて感無量であります!!
もう、登場した瞬間、涙を堪えるのが大変でした。ありがたいよ~!!
夜の部は「お伊勢参り」というお芝居で、大五郎座長が長屋で一番ブサイクな亭主役、そして長屋で一番ブサイクな女房役が小祐司座長で両座長があえてのブサイクメークで登場。もう爆笑の嵐でした。歩夢君のバケモノのようなメイクもすごかった。翔也君が緊張で汗だくで、「出汁が出てるぞ」と何度も大五郎座長に汗を拭いてもらっていた。大五郎座長貫禄ですなぁ。
IMG_2102.gifIMG_2099.gif
舞踊がさぁ、小祐司座長がドレスで美女と野獣の曲でミュージカル風に踊るのよ。もう涙出た。美し過ぎるっしょ。隣に座っていた姪御さんを連れていたマダムと仲良くなったのだけど「あら、泣いてるの?」と言われ「(´;ω;`)ウゥゥ・・・ごゆうじざぢょうがぁ・・・美じいんでずぅ。まだぁ・・じばらぐみられないんでずぅ・・・・(ノД`)・゜・。」と泣いた。「そうよねぇ。こんなに綺麗な人いないわよねぇ」と納得していた。
ラストショーでは私の大好きな鬘で登場。今回は必至に写真を撮りまくり撮ったどぉ~!!
この人、すごいですよ。役者さんでここまで変化できる人いないと思うよ。とても同じ人物とは思えないよ。
それにしても本当に嬉しそうに笑っている小祐司座長を見て、私もとても幸せな気持ちになりました。
IMG_2119.gifIMG_2154.gif
ラストショーの後で大五郎座長が新喜楽座のメンバーの紹介をしていた。その時に舞台の袖で心配そうに見ているさなえさんが見えた。もはや、役者の親でも太夫元でもなく本当にお母さんの顔だった。授業参観の母親の顔である。大御所の大五郎さん相手に二人の息子が粗相がないようにやれるか、ただ二人を真顔でじっと見ていた。いつもは盛り上げるためにお茶目なさなえさんだが、やっぱりお母さんなんだよね。
新喜楽座は翌朝の一番の新幹線で三重に戻る。そしてまたすぐに三重の舞台に立つ。休み無しだ。ただただ体を労わってほしいと願う。かくいう私も11時頃家に帰り4時半には起きて仕事だ。ご老体にはキツイが、劇団の皆さんのことを思えば屁のツッパリですばい。
フワフワした気持ちで家路に向かう。ここで野垂れ死んだらすごく幸せな気持ちで天に召されると思った。フランダースの犬のネロのようにきっと天使が降りて来る・・・。ネロはルーベンスの絵を見て天に召されるが私は小祐司座長を見て天に召される。
し、しまった、パトラッシュ不在
IMG_2146.gifIMG_2140.gif

奇跡のバカ親子の野望・大衆演劇防衛軍

文化&芸術&芸能

IMG_2023.gifIMG_2055.gif
篠原演芸場に行って参りました。さっすが大五郎さんチョー満員。予約席でいっぱい。この日は土曜日に来るおばちゃんに会いたいがために混んでいる土曜日、それも仕事帰りに来たのです。GWのせいかおばちゃん来ていなかった。体の具合でも悪いのかな?心配である。おばちゃんに会いたいよ~!!!
私は一人で来たが、娘は会社の同僚とそのお母様を連れて4人で観劇に来た。ふふふ・・着々と我々奇跡のバカ親子のミッションが遂行されているのだ。
大衆演劇を観劇するようになったのはスランプがきっかけだ。何も書きたくなくなった。何も思い浮かばなくなったのだ。そんなときに昼寝していたら「大衆演劇・・・」というキーワードの幻聴を聞いた。「大衆演劇って何よ・・・・」と次の瞬間ハッとした。死んだ親父が大好きだったやつじゃん。田舎の祭りで旅役者さんが舞台で踊るのを親父はずっと見ていた。幼い私もみていた。「親父ありがとよ!じゃ、さっそく劇場に行ってみようじゃないか」と3年前の2月から観劇を始めた。
IMG_2045.gifIMG_2063.gif
初めて観劇した時は胸が震えた。「懐かしい・・小さいときに観たやつだ。あぁ・・親父が生きていたら観せてやりたかったなぁ」大衆演劇に出会うのが遅すぎた。親父が死んで30年だもん。
調べているうちにいろいろと大衆演劇の現状を知る。次々に小屋が減り、劇団の数も減っている。お客様の年齢層の高く、このままいけば絶滅してしまうかもしれない。
私の野望は大衆演劇を設定にしたシナリオの映画化だ。これをきっかけに一人でも多くの人に大衆演劇の存在を知ってほしい。近頃では大衆演劇を知らない人もいる。大衆演劇の知名度を上げるのだ。それから若いお客さんを増やしたい。
そこで、手っ取り早く身近な娘を洗脳した。闇金ウシジマ君洗脳方式である。これが思いのほかあっさりとハマってくれた。というか、娘は私よりも濃い大衆演劇ファンになった。「お客を増やす!!」目から炎がメラメラである。そいで、会社の男の子を次々に劇場に連れて来た。クリエイターなので若干普通の男の子とは違うけど、クリエイターゆえに感触がいいのだ。中年の人を誘うと「大衆演劇ねぇ・・・」って感じで変な先入観があるみたいで敬遠される。「それなら歌舞伎かミュージカル」と言われてしまう。GW妹のところに行ったら甥っ子も興味を示してくれて6月の木馬に行きたいと申し出てくれた。「ふふふふ、翔太、10回は観ろよ」オバちゃんの命令。
この日も娘は新たな刺客を一人といつも来るT君の母君まで連れて来た。「6月は社長を連れて来るから」と鼻の孔を膨らませていた。大衆演劇バカ三代。野望は大衆演劇を消滅の危機から救うこと。取り合えず6月は倒れるまで木馬に通う。さぁ、コックピットに着座しました。スタンバイは出来ております。行くぜ娘!!まゆみ行っきま~す!
IMG_2047.gifIMG_2048.gif
IMG_2035.gifIMG_2038.gif
大五郎さんの貫禄がすごい。余裕だね。小祐司座長も年齢を重ねたら貫禄出るんだろうな。楽しみだぁ~。老後の楽しみ増えたね。

mission12少女漫画から大衆演劇まで・限りなくホワイトな役者求む

文化&芸術&芸能

小祐司座長が大衆演劇界の中でも一番ホワイトだと思う。真面目な人がホントに好き
IMG_1485.gifIMG_1490.gif
女遊びは芸の肥やしなどと言いますが、歌舞伎界でも大衆演劇界でも、まぁ皆さんお盛んなようですね。
別に自分の男でもないですし、お好きなようにやって頂いて結構なのでございます。
私はシナリオを書いている。どんなに馬鹿にされても無理だと言われても息の根が止まるまで書くつもりだ。そして、それが映画化されているのを妄想する。今、書いているものは劇団新喜楽座の小祐司座長をイメージして書いている。
あの大きなスクリーンに美しい女形の小祐司座長がバーンと映る。観客はその美しさに圧倒される。「一度、劇場に行ってみたい」と思わせたら私の勝ちだ。
この3年間、ひたすら私の頭の中のスクリーンに登場する役者さんを探し求めて来た。そして、遂にみつけたイメージ通りの役者さん。私は妄想する。私の作品が映画化する。それは最高なことだけど、ちょっと待て。
最近の芸能界は出家騒動や海外に逃亡しちゃった成宮寛貴君や不倫や大麻騒動などで映画の上映が危ぶまれると言うことがありますよね。狩野英孝の女性スキャンダル、ベッキー、ゲス、渡辺謙さんの不倫。昔は芸の肥やしで済まされたものが、数億円の賠償金など今はシャレにならない問題に発展してます。
それを考えると、せっかく出来た映画がお蔵入りなんてことになったらたまったもんじゃない。だから、どこまでも白い人を希望する。大衆演劇歴3年の新参者の私だ。現在のところ私の№1役者さんは小祐司座長である。まだまだ拝見していない劇団がいっぱいある。我こそは小祐司座長を超えられるという役者さん待っております。あっ、ホワイトな人ね。さてさて0.1秒で瞳孔開く人は現れるかな?
IMG_1504.gifIMG_1553.gif
私、酒、たばこ、女、賭け事好きな男性NGなの。(たぶん親父のトラウマ)役者さんでそういう人は珍しいと思うけど。小祐司座長のクッソ真面目なそこも好き。

立川けやき座行ったどぉーー!!新喜楽座・ペンネームを美松真由美に変えようかと検討中

文化&芸術&芸能

5月の三重まで新喜楽座は続きますが、私としては劇団幕(ふんどし幕ともいうらしい)はこれで見納め。6月から劇団美松の劇団幕になります。
IMG_1976.gifIMG_1962.gif
IMG_1978.gifIMG_1973.gif
実は篠原の時からずっと気になっていたのだ。お客さんがスーパーのビニール袋にタッパーのようなものを入れて渡しているのを何度も目撃していた。いったいあれは何なのだろうとすごく気になっていたのだ。そういうことだったのだ。
さなえさんは二人座長にして劇団松の名前に戻すのが夢で、6月に翔也君が座長に昇進。二人座長になり、劇団名も劇団美松に改めることになった。夢が叶ったと幸せそうに笑っていた。次の夢は木馬館に10年乗ることと言った。
その夢に少しでも役に立てるように私も一肌脱がせていただきます。こうなったら6月は浅草に行きまっせ。
なんかさぁ、いろいろ合点がいった。小祐司座長や翔也君と同世代の人気のある役者さんがいっぱいいる。だけど、ゲームとかアニメとかマンガとかに心酔していて幼いんだよね。
小祐司座長を初めて拝見した時に芸に対する凄まじい気迫というか執念というか迫力に圧倒された。オーラがパないのである。やっぱさぁ、バックストーリーが深い人って重みが違うんだよね。
ファンの皆さんはそんな劇団の事情を知っていたから翔也君の座長昇進の発表の日、号泣したんだと思う。
私はよくこのブログでも書くけど、「平凡がいい」「普通がいい」と思ったことがない。そりゃ、楽な道の方がいいかもしれないけど退屈でしょ。地獄を見ることがあってもドラマチックな方が面白い。あえて茨の道を選ぶのだ。冒険心なのか好奇心なのか分からないが10代の頃からそうだった。どんなに辛くても結果オーライで最後に笑った者の勝ちなのだ。
それに地獄を見ただけ収穫はある。エピソードに事欠かない。物を書く世界を選んだ私には都合がいいのだ。松川親子も地獄を見た分、表現に説得力を増すことが出来ただろう。
これからどうなっていくのか。この親子から目が離せない。つか、劇団美松なんですけど、私の本名を知っている人は分かると思うけど、私の名前の二文字なの。この際、織田真由美から美松真由美にペンネーム変えようかな。なんか美松のオーナーみたいじゃん。でも美が二つあるのがウザイでしょうか?
IMG_1981.gifIMG_1954.gif
IMG_2004.gifIMG_2005.gif
イヤーーーン、小祐司座長のピースがカワイイ。そして、この鬘を初めて見たんだけど、メッチャカッコイイ。舞踊の時に写真を撮ろうと努力したけど動きが激しくて撮れなかった。なので送り出しの時に横向きの鬘を撮らせてもらった。わがまま言ってごめんなさい。でも、これお宝。