Archives ( 2006-10 )

援農ボランティアの実習が終了しました

農業&ガーデニング

今日で援農ボランティアの実習が完了しました。
9月から11回木下さんの畑に通いました。
あっと言う間でなんだか寂しいです。

Read more

種蒔き、苗植えをしてきた野菜たちはスクスクと育って、小さな苗だったブロッコリーは蕾がではじめて、あと2週間ほどで収穫できるそうです。
この2ケ月見守ってきた野菜たちを最後まで世話できないのは悲しいけど本当にいい経験になりました。
たくさん野菜を頂いて食費もかなり浮いて感謝しています。
都会にいて長靴を履いて軍手して鎌を持つ姿というのは不思議な感じでしたが、やっぱり自分は泥だらけの手が似合うのだと再確認しました。
誰にでも居心地のいい好きな場所がありますよね。渋谷や銀座、人混みが落ち着くという人もいるだろうし、秋葉原が好きな人もいるし、私は土の匂いがして木があって虫がうろうろしているようなところが落ち着きます。
収穫の時は声をかけて下さいねって木下さんにお願いしたけど、呼んでくれるかなぁ。

人間が食べる前に虫に食われた

農業&ガーデニング

毎年ゴーヤの種を植えているけど、大きく育ったためしがない。
せいぜい親指くらいまでしか育たない。
しかし、今年は違った。お店で売っているのと見劣りしないくらい大きく育っている。
毎日、もっと大きくなれ、もっと大きくなれと眺めていたのに・・・

Read more

昨日の夕方までは、いつも通りの姿のゴーヤ君でした。そして今朝、息子が『お母さんゴーヤが食われてるよ!』そんな馬鹿な、昨日まで何ともなっていなかったのに・・・と見てみれば『オーノー!!』青虫がついていてグルリと一周して食べまくっているじゃないの。
もっと大きくなったら食べようと思って待っていたのに青虫に先を越された。ガクッ・・・。
もう1本もカタツムリに食べられかけていたので、切りたくはなかったけど泣く泣く切って、今晩のおかずのゴーヤの卵焼きになりました。
あと2本残っているゴーヤは朝昼晩監視してます。今度は絶対虫に先を越されないぞ。


仮装コンテストがありました

子育て&学校

阿佐ヶ谷のパールセンターでハロウィンの仮装コンテストがありました。
今年は参加しなかったけど、去年は息子と二人で忍者の衣装を着て参加しました。3年前にはじめて参加した時は参加者が少なくて、商店街の中を歩くのがちょっと恥ずかしかった思い出があります。

Read more

商店街を盛り上げるために毎年一生懸命やっているみたいだったけど、ハロウィンの仮装コンテストなんて定着するのかなぁと心配していた。ところが去年参加した時は参加者の多さにびっくり仰天。
商店街の中で人が渋滞してしまうくらい仮装した子どもや大人で溢れかえり大騒ぎでした。お菓子をくれるお店の人も困っていたみたい。
クリスマスだバレンタインだと外来のイベントをなぜ日本人がやっているのか謎。ハロウィンなんてもっと謎。だけど日本人は地味で暗いというイメージをぶっ飛ばすためにも、変な格好をして練り歩くというのはいいかも。忍者の服をわざわざ作って、それを着て息子と二人で歩いた時は結構快感でしたよ。

工芸祭に行ってきました

子育て&学校

水道橋にある工芸高校の工芸祭に行ってきました。
娘の受験の志望校なので、学校説明会にも出席して来ました。
公開授業など何回か見学しているけど、設備が充実していて本当に羨ましいかぎり。私が受験して入りたい学校です。
私はデッサンや基礎的なことは何もしないで、いきなりアニメーターになってしまったので今でもすごく劣等感がある。

Read more

ちょっと画が描けるというくらいで、未経験者でも可能というのでアニメーターになってしまった。それで何ともう27年もアニメーションの仕事をしているのだ。
人の描いたものを同じように描いて描いて、自分の描く絵など忘れてしまった。というか、もしかしたらオリジナルなんてなかったのかもしれない。
学生達が自分の描きたいものをのびのびと描いているのを見て、羨ましいし尊敬してしまう。
画を描いたり、物作りの好きな人たちが集まる場所は、とても居心地が良くて大好きだ。娘がこの高校に入ってくれたら、私もとっても嬉しいかも。

ナメクジを料理するとこだった

農業&ガーデニング

昨日木下さんの畑から頂いた間引きした大根の葉。
早く料理しないと大根の葉はすぐしなびてしまいます。
と思ってたら、あらまぁもうしなびてる。

Read more

慌てて刻んでザルに入れて何度も洗って土を落とした。
これくらい洗えばいいだろうとフライパンに入れようとしたら『ん?』
葉っぱに何か黒っぽいものがついている。よくよく見てみると小さいナメクジだ。『キモっ!』気が付いて良かったよ、危なく料理しちゃうとこだった。
気を取り直して、フライパンに大根の葉を入れて火を付けた。『ん?』
ちょっと待って、今何か見えた。よくよく見ると、またもっと小さいナメクジがいた。『うそ~』その葉っぱを捨てて、今度はしっかり確認して炒めた。
危なくナメクジ入りの料理を食べるとこだった。こんな事娘に言ったら気絶するよ。これは内証の話。
だけど、無農薬の野菜を使ったら、いくら何度も洗っても虫ってついてるよね。きっとたまに知らずに食べてたりすると思うよ。虫なんかちょっとくらい口に入っても平気なんだよね。

ビニールハウスのトマトの片付け

農業&ガーデニング

10回目の木下さんの畑の実習がありました。
今日はビニールハウスの中のミニトマトの片付けです。
乾燥していて埃っぽく鼻の穴の中が真っ黒になりました。

Read more

9月から種を蒔いたり、苗を植えたりして、畑は作物でいっぱいになりました。あとは収穫を待つばかり。
だんだん作業が無くなってきたので、今日はビニールハウスの中の干からびたミニトマトの片付けをしました。だいぶ寒くなってきたとは言えハウスの中は暑いくらいでした。
トマトを残すと種が残って、芽が出て困るということで、一つ残らずトマトを拾い集めてハウスの中をきれいにしました。
このあとハウスの中には来年収穫できるように、ほうれん草の種を蒔くそうです。
帰りに先日種を蒔いたラディシュと小松菜と辛み大根の間引きしたものをビニール袋いっぱい頂ました。
本当に畑って魔法みたいで、大好き!!ありがとう大地!

頑張る人の努力が報われますように

文化&芸術&芸能

今日は陶芸家の友人の作品展に行って来た。
ギャラリーには次々にお客様が訪れる。私は陶芸のことはよく分からないけど、どの作品も本当に素晴らしい。
頑張っている彼女をみているとすごく励みになる。去年の作品展に行った時も、『彼女が頑張ってるんだから私も頑張ろう』と励まされた。

Read more

同年代の周りの人達は子育ても一段落して落ち着き始めている。
今更、生きるためにガムシャラに何かするとか、人生を賭けるなんてあり得ない世代なのだ。
老体に鞭打って必死に頑張っていると『何で私だけ?』って虚しくなって投げ出したくなる。だけど、彼女のように一人でも同じようにひたむきに頑張っている人がいると、一人じゃないぞ腐らないで頑張ろうと思える。
何とか結果を出して彼女にいい報告をしたい。そして、彼女の努力が報われる日が来ることを心から祈る。

落選しても書きたいものを書くよ

シナリオ&映画&ドラマ

脚本家の矢島正雄氏が某月刊誌に書いていた。
『コンクールでは画に撮りやすいという理由だけで、おもしろくもオカシクモない作品が入賞したりもする』
私も以前から気になっていた。入選作品を見ると、結構地味で普通の話なのだ。私が書くものは突飛な話が多いので、コンクールに出すためにはノーマルな当たり障りのないものを書かないといけないかもしれないぞ。方向転換しなくちゃいけないのか・・・。

Read more

と、迷ったけど。矢島氏のお話を読んで自分流を貫こうと思った。
某公共放送のシナリオコンクールの審査では演出家が『これは画に撮れませんねぇ』を連発するらしい。大掛かりなものや、突飛な話は制作費がかかるし、名もない無名な作者の作品に金や時間を使えないということだと思う。
矢島氏はコンクールの審査員の一人で『画に撮れなくても、これはシナリオコンクール。シナリオとしておもしろければいいんです。第一、画に撮れるかどうかはプロの演出家のあなた方の技量の問題でしょう』と抵抗したが却下されたらしい。
私も何度か『話はおもしろいけどねぇ。これ映像にするのたいへんでしょう』と言われたことがある。そうかなぁ?話は突飛だけど別にSFでもないし、ホラーでもないし、撮れると思うんだけど。
まぁいいや、『おもしろいから撮ろうよ』と賛同してくれる人や制作会社が現れることを祈って、やっぱり自分の書きたいものを書こうっと!

本を出しませんかと言われて③

シナリオ&映画&ドラマ

いろいろ手は尽くしたけど、結局本は出し損ね、せっかく書いた物はお蔵入りになった。資料を集め、毎晩コツコツ書いた時間を返せ!!
しかし『骨折り損のくたびれ儲け』が大嫌いな私はまだ諦めなかった。今度は原稿をシナリオに書き換えたのだ。

Read more

最初は長い原稿を見て、どうやってシナリオにすればいいんだろう?と途方に暮れていた。でも物語は完全に出来上がっていたので、あとはシナリオに書き起こすだけの作業なので、楽と言えば楽な作業だった。
そしてそのシナリオは昨年のイルミナシオン映画祭に送った。正直言って、もうヤケクソで。そうしたら、最終選考に残ったのだ。
結果は落選だったけど、おかげでちょっと自信がついたのでイルミナシオン映画祭には感謝している。
いつか勇気のある映画会社が映画化してくれて、この作品が日の目を見る日が来ると信じている。
JKローリングがハリーポッターを売り込んだ時、断った会社は今頃後悔していると思うよねぇ。私の作品も買い時だと思うんだけどなぁ~早い者勝ちだよっ!!

房総秋まつりに行ってきました

農業&ガーデニング

昨日は茨城の収穫祭。今日は千葉の房総食料センターの秋まつりに行って参りました。田畑や山や池に囲まれたそんなに広くない広場で行われていましたが、ものすごい人の数でした。

Read more

行きのバスはディズニーランド渋滞にはまり、現地に着くのが1時間も遅れてしまいました。
お祭りの前にゴボウ堀体験があって、生まれて初めてゴボウ堀をしました。特殊なトラクターで引き抜きやすいようにしてあって、簡単に引っこ抜くことができました。渡されたビニール袋に詰め放題で、袋がパンパンになるまで無理矢理突っ込みました。こんなにたくさん家では食べそうにもないので近所にお配りします。
お祭りでは、つきたてのお餅を3つ食べたらお腹いっぱいになってしまい食べようと思っていたダンゴや焼き芋が食べられませんでした。
でも、地元酪農家のアイスクリームというのは30分も待って、ゲットして食べることができました。
古代米リースやワラ細工を体験したかったけど、ものすごく混んでいたのでパスしました。
約3時間でしたが、なかなか楽しめました。池の周りを散策して里の秋を楽しむこともできたし、最後の紅白もち投げでは、本気モード全開ですごい人混みの中をかき分けて紅白もちをゲットしました。ヤッター!

八郷体験田の収穫祭がありました

農業&ガーデニング

営農流通センターの倉庫前で行われました。私は今年で2回目の参加だけど、この体験田は18年くらい続いているらしいです。田んぼを提供して下っている宮部さんに感謝感謝。

Read more

今年のお米の収穫はやはり少なかったみたいで、4回参加した我が家は15㎏のお米をいただけます。前回は確か25㎏頂いたと思うので、今年が不作だと言うことがよく分かります。
豚汁とおにぎりと焼き肉をたっぷり食べて、職員の人と替わって焼き肉焼係をやったけど、全身が焼き肉臭くなりました。帰りの電車で『こいつ焼き肉食ったな』と思われたことでしょう。
収穫祭の後は収穫体験がありました。今年は天候が悪くて体験田の帰りにある収穫体験が一度もできませんでした。最後の今日はやっとサツマイモ堀とニンジン堀できました。
サツマイモには目がない私。でも子どもたちはサツマイモを好きではありません。だけど息子は掘るのが楽しいらしく次々掘り出して『もういいよ』と止めても堀続け、結局3・5㎏も掘り出してしまいました。
帰りに担いで帰るのは私なんだけど・・。
ニンジンもニンジンそのものは数本でも葉の部分がものすごくかさばって、袋から葉っぱが溢れ出してすごいことになるのです。これも帰りの駅でも電車でもみんなにジロジロ見られました。
八郷は山も畑も田んぼもすっかり秋の景色になりました。あの景色を見ていると一瞬でも悩みや嫌なことやストレスを忘れることが出来るんです。そしてまた絶対何度でも行きたくなるんですよね。
勝手に八郷を第二の故郷だと思っています。JA八郷のみなさん、八郷のみなさんこれからもよろしくお願いしま~す!!

実習もあと2回で終わり

農業&ガーデニング

木下さんの畑の農業実習もあと2回で終わり。
今日で9回目になりました。自分で言うのもなんだけど、なかなか板についてきたと思う。

Read more

今日はお正月用の小松菜とほうれん草と芥子菜とミニ青梗菜の種を蒔きました。
今、蒔くと丁度お正月に出荷できるらしいです。ちゃんとずらして、種を蒔いているのですねぇ。
芥子菜というのは、私は食べたことがないけど、おつけ物によく使う野菜らしいです。ミニ青梗菜は木下さんもはじめて蒔いてみると言ってました。10センチから15センチくらいの大きさになるらしいです。
隣りには木下さんが蒔いたネギが7センチくらいのヒョロヒョロの芽が出てきています。これが出荷されるのは何と来年の秋ですって。1年がかりで育てるなんて気の長い話ですね。

本を出しませんかと言われて②

シナリオ&映画&ドラマ

危なく詐欺にひっかかるところだった。それでも書いた物をなんとかしたいと思った私は、大手出版社S社の関連出版社に漫画の原作とその短編を持ち込みに行った。そこに出てきた編集者が・・・。

Read more

シナリオ形式の漫画の原作を持って行った私に『僕はシナリオスクールに行っていた』と自信満々に話した。
『シナリオスクールではこう言ってた』『シナリオの常識ではこうじゃない』『シナリオスクールに入らないとやっぱり駄目』終始シナリオスクールの話。
この人、シナリオスクールの回し者?なんといっても天の邪鬼の私。逆に絶対スクールになんか入るもんかと心に決めた。
制作会社で動画チェックをしていたころ、こんなセリフをよく聞いたなぁ。そうだ、アニメスクールを出た新人がよく言ってたセリフだ。
『先生はこういうふうに描けって言いました』『学校ではそういうやり方じゃなかった』って現場の人間の言うことを聞けよ!!と言う感じで『学校でどう習ったか何て関係ないの!実際の作画はこうなの!!』と当時よく怒っていたっけ。
結局、原作の方は『面白いけど漫画にしづらいね』の一言で終わった。
で、ついでに持ち込んだ短編の話も『面白いかもしれないけど、知名度のある人じゃないと今は本にならないでしょ』と断られた。
家に帰って『いつか見てろよ。もし有名になって”うちから本を出して下さい゛って頼まれても絶対あの出版社から出さないからな』と娘に愚痴ったら、呆れ顔で『またそんなこと言ってる』と言われた。

本を出しませんかと言われて①

シナリオ&映画&ドラマ

3年前、某出版社から本を出しませんか?と言われた。
シナリオの勉強はしていたけど、私が小説を書くなんて無理に決まっているので断った。それでも何度も勧められて短編の話を書いてみることにした。
出版社の方は『これは素晴らしい面白い!!』と誉め殺し。じゃ、出版してくれるのかと思いきや・・・。

Read more

『それでは共同出版ということで250万かかります』って・・・・
えぇ~!!なんじゃそりゃ~!!
『そんなお金はありません』と言うと、『分割でもかまいませんから本を出しましょうよ』ですって。もちろん断りました。
よくよく調べたらこの出版者は素人相手に汚い手を使ってあこぎな商売をしているらしくて、危うく騙されるところだった。
それにしても4ケ月かけて書いたのに・・なんかこのままお蔵入りでは書いた物が可哀想と思い、知り合いの出版社に見てもらったら『うちなら150万で作ります』と言われた。やっぱりお金を取るのね。
また、別の出版社で聞いたら、『どんなに面白くても知名度の全くない人の本を出版社は出しませんよ。○○さんが有名人ならすぐに出せると思いますけどね』と言われた。
なるほど本を出すなら有名人になってからなのね。承知しましたよ!有名人になったら1円も出さずに出版していただきましょう!

直売所が死んで幼虫残す

動物&昆虫

茨城県八郷の直売所で捕まえたカブト虫のメス、直売所(名前)が、とうとう天に召されました。
最後まで元気いっぱいで、良く食べて動いていたのに残念・・。

Read more

息子と二人で、カブト虫たちがいなくなった虫かごの土を全部取り出して、幼虫がいないか丁寧に探して見た。
2週間くらい前に、表面の土をほじくっていたら、干からびて死んだ幼虫が2匹いたのを発見。息子ががっかりしていたのだけど、今回はどうだろう。
土をかき分けてみると、幼虫発見!!テカテカした体が元気に生きている証拠。『やったぁ!!』と二人で喜び合いました。
そして、いました、いましたもう1匹。干からびて死んでいたやつが生きていれば4匹だったのに残念。
『でも、2匹いるんだもん。良かったよ!!』息子は大喜び。
しかし・・一抹の不安が・・これは本当にカブト虫の幼虫だよね。まさかカナブンの幼虫ってことはないよね。腐葉土に卵が紛れていたとか。
取りあえず大切に育てて、来年の夏のお楽しみということで。

野菜は人間より賢いかも

農業&ガーデニング

今日も畑に実習に行った。先週の木曜日に、大根と白菜と人参の間引きをしたけど、何とたった4日でシャッキっとして一回り大きくなっていた。
栄養を独り占めすると、成長がこんなに違うというのがはっきりと分かった。

Read more

先週間引きした時、変な方向を向いたり倒れていた大根が心配で『この倒れた大根は、このまま放っておいて大丈夫なんですか?』と木下さんに聞いてみた。
すると『放っておいて大丈夫ですよ。全く問題ありません。ちゃんと自分で態勢をかえて真っ直ぐになるんですから』とのこと。
で、今日見てみると、あら不思議!どの大根もピシッと起立して真っ直ぐになっていましたよ。
う~んエライぞ野菜!!手足があるわけでもなく、父や母や先生が教えてくれているわけでもないのに、自分でいい形になるために向きをかえるなんて大したもんだ。
人間なんか一度斜めになったり、道を誤ってしまうと、そう簡単に真っ直ぐには戻れないものなのに。あの建築家や何度もチカンをしたあの人とか、ダメダメ人間には、この野菜達を見習ってもらいたいもんだね。

ぶどうの木に実がならない

農業&ガーデニング

もう5年くらい前に葡萄の苗木を買った。
季節になると葉が繁るのだけど花は咲かない当然実もならない。
なんで?葡萄農園に産地訪問に行った時、聞いてみた。

Read more

『家は貸家で庭も狭いので鉢植えに葡萄を植えているのですが』と聞いてみると。
『鉢植えじゃ絶対実はなりませんね。無理だと思って諦めて観賞用に葉っぱを楽しむしかありません。地植えにしてもなかなか実が付くものではないですから難しいんですよ』という答え。
ガ~ン・・。いつかきっと花を咲かせると信じて、今年こそはと期待して眺めていたのに、そんなぁ・・。
葡萄農園の方が言っていた通り、我が家の葡萄の木は今年もまた花も咲かず実も生りません。青々と葉っぱが繁っております。
『葉っぱは確かに葡萄の葉だ・・・』としみじみ見つめて観賞しております。

若いっていいね

子育て&学校

娘の中学校の運動会がありました。
無気力、無感動、無関心の若者が多い中、全身全霊ガチンコの熱い戦いだった。
何度も変質者に会いながらも公園の広場で練習した甲斐あってムカデ競争は勝った。

Read more

寂しいことに少子化の影響か、1年から3年までクラスはA組とB組しかないのでA組B組の紅白に分かれての戦いになった。
どの競技も本当に真剣勝負で、負けては号泣しているシーンもあった。私が中学の頃、運動会の種目でクラスが負けたからと言って号泣することなどなかったので、ある意味関心してしまった。
年のせいか、必死に頑張っている人をみると涙腺がゆるんでしまう。
全く関係ない話だけど、以前に食育講座で『現代の子は肥満か痩せすぎのどちらかに二極化している』というのを聞いた。今日、見ていて確かにそうだと実感した。とにかくものすごく肥満か痩せすぎて猫背の子のどちからで中肉中背とか真ん中がいないのだ。あと気になったのは身長が極端に低い子が多いこと。今の子は偏食なのがいけないのか、牛乳嫌いが多いのか?理由はわからないけど心配になった。
うちの子も背の低さではずっと1番か2番なので、何とかたくさん食べて大きくなって欲しい。牛乳は大好きなので水のように飲んでいるんだけどなぁ・・。

自衛隊1日体験

旅&おでかけ

3月に自衛隊の女性1日体験というのに参加した。
それまで自衛隊に興味はあったけれど『迷彩服や戦車が格好いい』くらいの気持ちで、今回もへリコプターに乗れるという公募に引かれて応募した。
現在の日本の自衛隊の状況を勉強したり、朝霞駐屯地の中の見学して、女子寮や規則や話を聞いて自衛隊のイメージが変わった。
そして輸送ヘリコプターに乗って私は開眼した!!

Read more

うちの娘とたいして変わらない女の子が、厳しい規則とスケジュールをこなして頑張っているのを見て、ヘリコプターに乗りたいなんて軽い気持ちで参加したことを大反省。
この人たちが命がけでイラク派遣や災害の現場で活躍してくれているんだと思うと思わず手を合わせて拝んでしまいそうになりました。
最後に大型輸送ヘリコプターCHー47Jに乗せてもらいましたが、乗るに当たって誓約書を書きます。もしも墜落するようなことがあった場合の連絡先とか、血液型とか、いろいろ。絶対落ちるようなことはないだろうけど、万が一ということもありますから。
丁度この頃、私には深刻な悩みがあって、最悪の場合落ちて死んでもまぁ仕方ないか・・という気分だった。
実際ヘリに乗って飛びだってみると、在り来たりの感想だけど、小さな人や家並みを見て、『ほ~んと人間てちっちぇなぁ』と思えた。
悪く言えば『やけくそ』よく言えば『開眼』。落ちて死んだつもりで、明日から恥も外聞もかなぐり捨てて、やってみようと思えた。
それで、翌日から自分のシナリオの売り込みをはじめたのだ。

人も野菜も同じかも

農業&ガーデニング

木下さんの畑に行きました。今日の作業は間引きでした。
何本かある中の一番育ちのいいものを残して、残りは全部引き抜いてしまいます。
いい人材だけを残して落ちこぼれは切り捨てる、人間も野菜も同じなのかな・・・悲哀を感じた。

Read more

大根は『青首大根』なので、土から根が見えてだいたいの育ち具合が分かるので間引きしやすいのだけど、人参は土の中に隠れて育ち具合が見えないので選ぶのに苦労した。
白菜は、この間苗を植えたばかりなのに結構立派に育っていた。2つずつ苗を植えたので1つを切らなくてはいけない。ほとんど変わらない大きさなのに切ってしまうのは忍びない感じがした。
山積みになった引き抜かれた野菜たちを見て『食べられるのに廃棄するのはもったいない持って帰って食べよう』ということになり、みんなで袋に詰め込んで持って帰った。
こんなに大量の葉っぱをどうやって食べるか思案中。
人参の葉っぱはモルモットのボンちゃんにちょっとあげた。

女の子に間違えられる息子

子育て&学校

なぜか赤ちゃんの時から女の子に間違えられる息子。娘は男の子に間違えられていた。
間違えられる服装や髪型にしているわけでもないのに・・。
息子が生まれた時『ほ~らお兄ちゃんが来てくれたわよ』と看護婦さんに娘が言われた。娘はキョトンとしていたが、いつものことなので否定はしなかった。

Read more

先日もファミレスで食事をして帰ろうとしたら、他のテーブルの赤ちゃんがオモチャを落とした。息子が拾ってあげると『お姉ちゃんありがとう』と言われた。空手の大会の帰りで空手着まで着てたのにねぇ。
そういえば、春に行った旅行でホテルの砂風呂に入った時も、男子の更衣室に息子が入ろうとしたら『女の子は向こうだよ』と係のおじさんに言われてしまった。一緒にいたお友達の男の子が『この子男だよ』と言うとおじさんびっくりしていた。
浴衣のしたはスッポンポンだったので、『浴衣を脱いで付いてるとこをおじさんに見せればよかったのに』と私が言ったら息子は『今度はそうする』と言っていた。
姉の方は中1くらいまで男の子に間違えられていたから、弟もまだしばらく間違えられることがあるんでしょうね。

子どもに空手を習わせた理由

子育て&学校

自分に子どもができたら絶対空手を習わせたいと思っていた。
なぜならアクション俳優になって欲しかったのさ。
娘には志穂美悦子のように、息子には真田広之のように世界に通用するアクション俳優になって欲しいのだ。

Read more

志穂美悦子のようなアクション女優は、たぶんもう出てこないような気がする。『2代目はクリスチャン』は最高だったな。
大掃除をしている時、中学校の頃に友達とやっていた交換日記が出てきた。もう30年以上前のもの。自分のページを見てびっくり!!
何と、『子どもは女の子と男の子を一人ずつ欲しい。そして、子どもには絶対空手を習わせたい』と書いていた。自分がそんなことを思っていたなんて全く記憶がないのだけど、きっとずっと潜在意識の中に残っていたのかもしれない。
その日記を見た娘が『へぇ、思ったことが現実になることってあるんだね』と関心していた。
結局、黒帯まで頑張ってくれればいいと思っていたが、娘は2段にまでなってしまった。息子も4年生で現在初段、中学まで頑張って姉と同じ2段までいってほしいと思っている。
娘はアクション女優になる気などサラサラない。母の夢は破れた。
息子はまだ子どもなので『将来アクション俳優になるんだ』と言っているが、どうだか・・・。でもまぁこんな物騒な世の中なので、護身のために習わせてよかったです。

アニメーターはつらいよ④

アニメ

アニメランキング100という番組を子ども達が見ていたので、私も何気なく見てしまった。恐ろしいことに次々に作画に関わった作品が出てきた。

Read more

懐かしいというよりは、この作品は楽だったとか、この作品は辛かったとか、そんな思い出ばかりが甦る。
『うる星やつら』は結構描くのが好きだった、あられちゃんも大変だったけど楽しんで描いていた。あさりちゃんがランキングされていたのは意外だったけど、この作品は長く関わっていたので、ちょっと嬉しかった。キャプテン翼もランキングに入っていたいた。この作品も最初の方から終わりまで長期に制作していて、ひたすら走りのカットばかりやらされた思い出がある。
『ぼのぼの』と『キョロちゃん』が入っていなかったのは悲しい。この作品は描くのが好きだった。
しかし、27年も作画をやっていると、随分と沢山の作品と関わってきたのだとしみじみ思う。

空手の大会がありました

子育て&学校

今日は息子の空手の大会がありました。
うちの子は生まれてくる時に『闘争心』を私のお腹の中に忘れてきてしまったので、勝ちたいとか俺がNO1になるとか言う気が全くありません。

Read more

保育園の頃から空手を始めて、現在初段黒帯まで頑張って来ましたが、大会で活躍したことは皆無です。
今日の結果としては、組み手は1回戦で負けました。形は1回戦だけ勝って2回戦で負けました。
私としては一度でいいからトロフィーや盾とか家に飾ってみたいなぁと夢見ているのですが・・・試合いで賞をとらなくても組み手が強くなくても、取りあえず稽古を続けてくれればそれでいいと願っています。
うちの空手の会の生徒は形も上手く組み手も強いので、いつも優勝圏内に入っています。師範も先生も教え甲斐があるわけで、教え子の入賞を誇らしく思っているだろうし、何よりとても嬉しそう。うちの子は活躍しなくて申し訳ないのでとになくお友達の応援を必死にするばかり。お世話になっている先生の喜ぶ顔は、こちらも本当に嬉しいものです。
ところが今日の試合では、どうもうちの会の生徒には審判が渋くて技が入っているのに点数が入らず、みんな涙をのみました。毎回、1位から3位をかっさらっていくのが面白くないのでしょうか?納得のいかない大会でした。
師範と先生の笑顔が見られず、なんだか消化不良の気分で会場を後にしました。春の大会は頑張れ!!

わたあめを150個作りました。

子育て&学校

今日は子どもがお世話になっている学童の行事がありました。
私は実行委員だったので朝から綿アメ作りをしました。

Read more

『全身綿アメだらけになるから覚悟して下さい』と言われていたけど実際やってみて本当にすごかったです。
髪の毛も綿アメだらけ、顔面綿アメだらけ、まつ毛も綿アメでパリパリになってしまい、まばたきすると目が重かったです。
機械をONしたら作業が終わるまで機械を止めちゃいけないという注意があって(なぜなら機械を止めてしまうと冷えてザラメが固まってしまうから)150個作り終えるまで機械を止められないので、大学生のボランティアのお姉ちゃんと交代で、延々割り箸をグルグル回していました。たぶん明日あたりに右腕の筋肉痛が来ると思います。
それにしてもテキ屋の綿アメ屋のおっちゃんをちょっと尊敬した1日でした。

大塚の映画館

シナリオ&映画&ドラマ

もう20年以上前、大塚のアニメ制作会社で仕事をしていた。
大塚の南口の方に、小さな映画館があって仕事をさぼっては一人で映画
を見ていた。

Read more

夜など3本で600円くらいだったと思う。ほとんど客がいなくて、時間つぶしのサラリーマンなんかが寝ていたりした。
お金がなかったし、とにかく安くたくさん映画が観られたので頻繁に通っていた。
ふら~と会社を出て、散々映画を観て、しれ~と会社に戻ると必ず、制作の人が『長く席を外す時は一言声をかけて下さい』と机の上にメモが置いてあった。
セントエルモスファイヤーを見た時は、感動して映画館を出て、踊るようにして会社に戻ったのを覚えている。
この間家で、そのセントエルモスファイヤーのビデオを観たら、とても単純な物語で『なんであんなに感動したんだろう?』と不思議な気分だった。
『青春』『友情』ものの映画に弱いのもあるけど、あの頃は若かったから若い感性にはあの映画がグッときたのだろう。
その映画館が潰れてしまった時はショックだったなぁ。制作の人は仕事をさぼらなくなってホッとしてたと思うけど。

クワガタが死にました

動物&昆虫

8月に式根島に行った時に捕まえたクワガタ、メスの式根(名前)が亡くなりました。とっても元気だったのに残念。

Read more

茨城の八郷で捕まえたカブト虫のオスの集会所と田んぼは1週間ほど前に亡くなりました。南無・・。
今日、メスの直売所の姿が見えないので、とうとう直売所も死んでしまったのかと土をほじくってみたら、まだ元気に動いていました。
ついでに息子と二人で土をほぐしていたら、何と幼虫がいましたよ!2匹は干からびて死んでいたけど、1匹元気なのがいました。
『この時期に幼虫っているの?』私は疑問だったのだけど、息子は『これは絶対カブト虫の幼虫だよ!』と信じているので、取りあえずそういうことにしておきました。
大切に育ててカナブンだったら怒るよ。

締め切りが近いのに

シナリオ&映画&ドラマ

エイベックスのシナリオの締め切りは今月末。
仕事の合間にコツコツ進めてはいるものの、なかなか書き上がらない。

Read more

昼間はアニメーション。夜はシナリオ作成。
夜、洗濯や家事を全て済ませて子どもを寝かして、やっと作業に入る。でもパソコンの前に座って文字を見ていると急に眠気が襲ってくる。
んでもって気が付くと机に平伏して寝ているわけで、今日も作業が進んでいないのだ。
フジもテレ朝もシナリオ大賞も応募をやめた。今年はこのエイベックスとイルミナシオン映画祭だけに賭けているのに、あぁやばい・・。
体がいくつもあればいいのに。働く主婦はみんな思っているよね。全国の働くお母さん頑張ってね!
チックショー気合いを入れてもうひと頑張り!

腐っても鯛、弱くても楽天

未分類

昔から阪神ファンの気持ちが全く理解できなかった。なんでそんなに弱いのに好きでいられるのか?(最近は強いのか)

Read more

幼い頃の記憶では、父が巨人好きで弟も巨人が好きで少年野球をやっていた。私はあまり興味がなかったけど。
しかし、楽天ゴールデンイーグルスが登場して一変した。元々、両親とも宮城県出身。私は東京生まれとはいえ、新幹線が通る前は、仙台で乗り換えておばあちゃんのところに毎年行っていたので親近感がある。
な、わけで楽天ゴールデンイーグルス誕生とともにファンになった。
野球場に足を運ぶとかテレビを見て応援するとか、そういうことはしないけど、スポーツニュースなので楽天がでると一喜一憂してしまう。
たとえ連敗しようともドンケツだろうと、楽天が頑張っていればそれでいいと暖かい心で見守ってしまう。いいんだよ弱くてもビリでも楽天が存在していてくれれば・・・。そうか、これが阪神ファンの気持ちなのか。というわけで、こうして阪神ファンの気持ちを知ることができたのでした。
今年はもういい!来年頑張れ楽天!

露出狂出現!

子育て&学校

娘が近くの広場で運動会の練習をしていたら露出狂に遭遇した。
いきなりズボンを降ろして・・・。

Read more

なんと一昨日の練習の時にも出没。同じようにズボンを降ろして、丸出しだったらしい。
今日も、やはりズボンを降ろしてニコニコしながら丸出し。ついでにお尻も見せたらしい。『チョー気持ち悪かった』とげんなりしていた。
一昨日の時点で警察に言ったのに、同じようなところをうろうろしていたみたいで、お巡りさん、しっかり捕まえて下さい。
毎日のように嫌な事件があるし、だいたい変な奴は、いつか大きな事件を起こすんだから早いうちにとっ捕まえてお縄にしてほしいものです。