Archives ( 2006-11 )

野菜の廃棄が辛いです

農業&ガーデニング

このところ連日野菜の廃棄のニュースを見ます。
先日はピーマン、白菜。今日は『萩で大根の廃棄・涙が止まらない』と言う記事を目にしました。
日本のあちこちの農家で悲しい顔をした人がいると思うととても心が痛みます。
美しい国何て言ってる場合じゃないですよ、変な国日本ですよね・・

Read more

私の口癖が『もったいない』のせいか、子どもたちも『もったいない』が口癖です。
太るのを気にしてダイエットしている娘も、おかずが残って『これもう捨てなきゃ駄目かもね』と聞こえよがしに私が言うと『もったいない!捨てるくらいなら私が食べる』と言って綺麗に食べてくれます。
時には『吐きそう・・・』と言いながら残飯整理してくれて、『無理して食べなくてもいいんだよ』と言うと『せっかく農家の人が作ったものを捨てたら罰が当たる』と言って食べています。
仕事で使う鉛筆はボンドで着けて100%使い切ります。チラシは絶対捨てないし、当然コピー用紙は裏表使います。学校から出るプリントも裏が印刷していない物はシナリオのラフを書く時に使います。
貧乏くさいと笑う人もいるかもしれないけど、こういう資源も食べ物と同じで大切にしないといけないと思います。




アニメーターはつらいよ⑧

アニメ

27年前、生まれてはじめて描いた作品が『タンサー5』でした。
確かサンライズの仕事だったと思います。
『原画を清書して絵と絵の間だの動きを描いて下さい』と言われたものの・・・

Read more

3人のキャラが同時にほんの少し頷くというカット。
よりによってアニメーター殺しの小さな絵で、その上2ミリくらいしか動いていないのに、中割が3枚というもの。
どんなに必死に集中して描いても手が震えて上手く描けない。何度も消すと動画用紙が彫れてしまうので、紙を替えて書き直す。
で、結局5枚の絵を描くのに3日間かかった。一枚100円のギャラでしたから300円のために3日間!!
当時、アルバイトが時給350円くらいでしたら、3日で300円なんて馬鹿みたいな仕事してました。
『あんたそんな変な仕事早くやめた方がいいよ』と母に毎日言われていましたね。
『取りあえず3ケ月は続けてみるから』と納得させていました。
しかし、3日で100円稼いだ私も、朝から晩まで描き続け家に仕事を持ち帰り、ひたすら書き続けたら数ケ月後には一ケ月1000枚描くアニメーターになっていました。

大根4本をどうするか

農業&ガーデニング

先週、援農ボランティアでお世話になった木下さんに頂いた2本の大根と一昨日の縁農で頂いた2本の大根で計4本・・・。
おでんはやってしまった。鍋も何度もやってしまった。漬け物も作って子ども達はさすがに飽きてしまった。
どうやって食べたら良いのだろうか・・・と悩んでいたら

Read more

一昨日の帰りのバスの中でおばちゃんが
『あんた何言ってんの!!細かく切って干したら切り干し大根になるじゃない。そしたらいくらでも保存できるわよ!!』
って、え~!!切り干し大根て家で作れるの?とびっくり。
『お店で売ってる干からびてるやつしか知らないから、自分で作るなんて発想なかったです』というと
『あんなの刻んで干すだけだもの、それに店で売ってるのより全然美味しいわよ。甘みが違うんだから。大根1本刻んでも乾くともの凄く小さくなっちゃうからね。1本まるまるやっちゃっていいわよ』と教えてくれました。
明日は晴れそうなので、さっそく今晩のうちに刻んで明日すぐに表に出して干してみようと思います。
今晩、一本は煮物にしたので残りはあと2本。そうだキャベツも2玉あったのだ・・・。

ガンバレ!!農家!

農業&ガーデニング

昨日、縁農でお世話になった加瀬さんに農業の現状をいろいろ伺って勉強になりました。加瀬さんのところは息子さんが農家を継いでいて、一緒に農作業をしているということですが、やっぱりどこの農家もなかなか後継者がいなくて大変なようですね。
千葉も茨城も神奈川も、どこの農家に行っても、みなさんの笑顔がとっても好きです・・・

Read more

昨日はお昼にセンターの婦人部の方々が豚汁、漬け物、サラダetcとご馳走を用意して下さって、もう美味しくて家で留守番している子ども達に食べさせてあげたいと思いながら頂きました。
そういう人の温かさがたまらなくて、また産地訪問や縁農に行きたくなっちゃうんですよね。なんだかいろいろな土地に親戚が出来たみたいで一度訪ねた土地には愛着がわくし、その土地で採れた野菜が届くと嬉しくなったりします。
アニメーターを長い間やってきて計算高い人やずる賢い人に会って、酷い目にあって人間不信になったことは何度もあります。でも、農家に行ってそういう人に会ったことは一度もありません。確かに農業の現状は厳しいけど、それでも一生懸命必死に泥まみれになって働いている姿は本当に心が打たれます。
私が書いた農業をテーマにしたシナリオが映画になったら本当に嬉しいし、日本の農業の現状をみんなに知ってほしいです。
今、その作品を売り込んでいるけど、ボツになっても断られても絶対通します。いつもお世話になっている農家のみなさんに必ず恩返ししますよ!!

房総食料センターに縁農に行きました

農業&ガーデニング

お天気が心配でしたが、時々日も射すなかなかいい天気でした。
苦手な早起きをして、今日は一人で参加しました。
早め早めに行動するせっかちな性格が災いして50分も早く集合場所の錦糸町に着いてしまいました。
遅刻してきた人がいたので1時間も『サンチくん』の中で待つ羽目に。参加したみなさんに笑われてしまいました。

Read more

現地に到着すると受け入れ生産者の方がお迎えに来てくださり、私は同じ杉並から参加したおばあちゃんと加瀬さんのところに伺いました。
私たちの仕事はトマトのビニールハウスの中の雑草取り。
外の作業で寒いと思って厚着して靴下は3枚も履いてきたのに、暑いこと暑いこと。汗だくで作業しました。
そしてまた援農ボランティアの実習の農家さんと違って規模がデカイので、果てしない広さのところを重い鍬を使って雑草取りまくりました。
あまりに大きい雑草は手で引っこ抜きました。すると大根くらいの根っこが付いていて、まるで野菜の収穫をしているようでした。
以前は除草剤を使っていたので雑草取りの仕事はなかったそうです。でも除草剤の散布をしてはいけないということで、雑草取りの作業が増えたわけです。
約4時間かけて全ての雑草を取ってきました。明日は腰痛と肩胛骨痛で仕事にならないかもしれません。
でも農家の方の少しでもお役に立てたかな?そしたらいいのですが。
帰りにまた野菜をたっぷり頂いてきちゃいました。大根も2本増えて今我が家には大根が4本になってしまいました。頑張ってたべます!!

アメ横に行きました

旅&おでかけ

今日は久しぶりに上野のアメ横に行って来ました。
梅島に住んでいた小さい頃は、買い物と言えば上野アメ横でした。
バレンタインのチョコレートも上野に買いに行ったものです。
家を出て杉並で一人暮らしをするようになってからは、全然行かなくなりましたね。

Read more

自分への誕生プレゼントを買おうと思って、洋服を見て回ったけどあまりお安くありませんでした。
バックはなかなかデザインが豊富で、お店のお兄さんが500円もまけてくれると言うのでバックを一つ買いました。他の店では同じものがもっと高く売っていたので本当に特しました。
娘が『洋服は日暮里で探そうよ』と言うので、そのまま日暮里に行きました。
やっぱ日暮里は安いです。お店の中に入れないくらい混んでいたけど、何とか根性で安くていいものをゲットしてきました。
199円のジャンパーとか売ってたけど、大丈夫なのでしょうか?
私はカットソーとセーターのセットを699円で買いました。他に派手なカットソーも799円だったし。
『お母さん私も着るから貸してね』と娘が言うけど、そのまま娘のものにされてしまうので気を付けないといけません。

今日は私の誕生日です

未分類

わたくし事ですが、本日は私の誕生日です。
何かもう誕生日って言ってもねぇ・・・。別に何もしなくてもいいかなあと思ったものの、それじゃあんまり自分が可哀想かと思い、仕事を早めに切り上げて、パールセンターのぶどうの木でケーキを買って来ました。

Read more

自分でケーキを買って料理を作るなんて、独身の頃なら絶対しなかったと思う。あんまり誕生日に執着なかったし、歳を取ることに何も感じていなかったから。
一人なら別に何も食べなくてもいいけど、子どもがいたら毎日食事の支度をするのは当然だしね。だったらせめて自分の誕生日くらい少しおいしいものを作ろうかなと思ったりして。
あっと言う間に、こんなに早く歳を取ると思わなかったなぁ。若い頃は時間は永遠に続くような錯覚があったから。
だけど砂時計でいったら、もう砂が半分くらいしか残ってないって感じで、残った時間が愛おしく思えます。
子どもを産んでからでしょうか、すごいスピードで砂が落ちていくみたいです。生活の大半が子どものために時間を費やしているので、自分は後回し置き去りのままです。最近は『ちょっと待って~!!』って感じで半べそ状態。
でも時間にも年齢にも負けないぞ!!ガンバレあたし!!



山口観音に行ってきました

旅&おでかけ

山口観音は西武球場前駅で降りて徒歩5分くらいのところにあります。
ここだけの秘密の話ですが、この山口観音は必ずお願いが叶うんです。
これ本当ですよ!!でも有名じゃないから全然人が来てないですけどね。
今日は西武ファン感謝デーとかで西武球場の回りは凄い人の数でした。
こんなに大勢の人が来てるんだからお参りに行ってお賽銭を落として行ってくれるといいのになぁ。
それにしても『西武ファンて、こんなにたくさんいるんだぁ』と関心したけど・・・

Read more

考えてみたら松坂を見られる最後ということで、人が多かったみたいです。私と子どもたちは全く西武ファンではありませんが、多分仲間だと思われたでしょうね。
アニメーターになって最初のスタジオが下井草で、西武線を利用していたので、当時は西武を応援していました。その頃は今の楽天なみに弱くてスタジオでラジオの中継を聞いていると『ライオンズ弱いなぁ』とスタジオのみんなが呆れていました。
西武線の中吊りはライオンズのポスターがたくさん貼ってあって、その中の西武球場前にある山口観音の広告ポスターがありました。
もう27年も前です。会社の人にストーカーされて困り果てていた時に『そうだ山口観音というところに行ってみよう』と思いつき行ったのが最初でした。お茶畑の中をのんびりと電車が走り、そののどかさがすっかり気に入ってしまいました。
お参りしてからしばらくしてから状況が一変して悩みは解決しました。それ以来、どんなに自分が努力しても難しい時や困ったことがあるとお参りに行って力を貸して貰っています。これまで100%願いが叶っているので、今回のお願いが叶うと嬉しいのですが・・・。
どうなりますか、こうご期待!!

心電図を誉められる

未分類

今日、毎年受けている健康診断を受けて来た。
杉並区では健康診断を無料で受けられるのだ。
取りあえず夢が叶うまでは生きたいし、子どもが成人するまでは元気でいなくちゃと思っているので健康は気にしている。
いつもお世話になっている先生は私の心電図を見て・・・

Read more

毎年必ず『毎年言ってるけど本当にいい心電図してますね。年齢に比べたらすごく若い心電図ですよ』と言われる。
素人の私には『いい心電図』というのの見分けが分からないけど、この年になって誉められることは滅多にないので嬉しいものだ。
それにレントゲンも誉められます。
『しかし、しっかりした骨してますねぇ。心臓の位置がいい!歳を取ると心臓が下がってくるものだけど、心臓の位置が全然下がっていないですよ。本当に若いですね!』
う~ん。なるほどそういうものなのですか。毎日寝る前に30分のストレッチをしているし、身体に良いと言われるものは片っ端から食べているので、その成果なのかもしれません。
70才になっても80才になっても100回の腹筋をするというのが私の目標。その頃も『いい心電図ですね』と誉められるように頑張りたいと思います。



アニメーターはつらいよ⑦

アニメ

今、描いている作品は昔ばなしです。
なんだかんだ言って昔ばなしはアニメーターになりたての頃から関わっています。
もう20年以上前、映画版だったかテレビスペシャルだったか記憶が定かではないのですが『おばけ』という作品をやりました。
どこかのホテルで打ち上げがあって、そこにおじいちゃんがいました。このおじいちゃんは誰?と思っていたところ、な!な!なんと!

Read more

あの有名な川内康範先生だったのです。正直全く知りませんでした。
当時まだ二十歳そこそこで脚本もアニメも興味がなかった私は『あの方は川内康範先生と言って、とても偉い人なのだぞ』と制作の人に説明されてもピンときませんでした。
いつも鬼のような顔をしていた、スタジオの社長も川内先生の前では、ガチガチで作り笑顔でぺこぺこしまくっていました。
それを見て『よっぱど偉い人なのね』くらいにか思わなかった。
そんなおじいちゃんのことより、目の前の高級中華のことで頭がいっぱいで、スタジオの貧乏絵描きたちで『一食浮いた』と言いながら、みっともないくらいガツガツ食べまくりました。
それから随分たって、シナリオを書くことに興味を持ち始めて脚本家の名前など目にするようになって川内先生のことを改めて知って、どえらい人と会っていたのだと今更ながらびっくりしました。
これがホントの昔ばなしですね!なんちって!




畑の様子を見てきました

農業&ガーデニング

今日は援農ボランティアの実習でお世話になった木下さんの畑の様子を見に行ってきました。
朝から大雨と風の中、カッパを着て自転車に乗り、五日市街道で大型トラックに引かれそうになりながらも根性で行ってきました。

Read more

畑は見違えるようでした。すくすくと成長して畑一面緑で青々していました。
最初に実習で伺った時は、ナスと里芋意外はほとんど何もなくて、終わったトマトときゅうりを片付けたら土だけでした。
大根やニンジンの種を蒔いて、キャベツとブロッコリーとはくさいの苗を植えて、お正月用のほうれん草や小松菜や春菊の種を蒔き、それらが見事に育っていました。
素人の作業でちゃんと作物が生らなかったら責任問題だ。と内心ハラハラしていたけど安心しました。
1時間ほど農業の話をして帰りました。
帰りに木下さんが『味をみてやって下さい』と言って畑からどんどん野菜を取って来て『もう充分です。本当にいいですから』と言っても袋に詰め込んでくださいました。
結局、大根2本ブロッコリー2つキャベツ春菊ほうれん草カブ小松菜をどっさりと頂ました。自転車のカゴは前も後ろも野菜の山になってしまいました。
さっそく夕飯にカブはシチューにほうれん草は炒めて食べました。
木下さんありがとうございました。


ドラマの未来は・・・

シナリオ&映画&ドラマ

今のテレビドラマは超保守的と言われています。
出演者はいつも同じ顔触れ、中身も同じ、映画のリメークや続編が無難に視聴率が取れるのでオリジナリティのあるものや斬新な作品はさけているようです。
テレビ局が一企業である限り、制作側は視聴率を取らなければならないと言うけど、本当にそれでいいのかな・・・

Read more

『太陽にほえろ』は企画の段階で随分叩かれたそうです。局の保守的なおじさんたちや偉い人たちに『こんなものやっても無駄だ。視聴率なんか取れっこない!!』と言われたそうです。
しかし、蓋を開けてみたら高視聴率を取って長寿ドラマになりました。
『傷だらけの天使』も、アニメで言えば『ルパンⅢ世』なんかもそうですよね。
何かのコラムで『このまま縮小再生産を続けていけば、ドラマの未来は暗澹たる物になるのは間違いない。制作側は斬新かつ視聴率も取れる鉱脈を常に探していかなければならない』と書いてあった。
というわけで制作会社のみなさ~ん鉱脈はここにありま~す!!怖い物見たさ、勇気のある制作会社は是非とも私に仕事をくださ~い!!
斬新かつオリジナリティのある作品を多数取りそろえておりま~す!!


学校をはしごしました

子育て&学校

今日は午前は娘の受験校の公開授業に行って、午後は息子の学芸会を見て来た。
駆け足で、ゆっくり観てあげられなくて可哀想でした。こういう時カラダが二つ欲しいと思う・・・

Read more

前回見学に行った時の相談コーナーで娘の成績で受験してどうなのか聞いてみた。すると担当の先生はニコニコしながら『そのくらいの成績があるなら全然大丈夫ですよ』と言ってくれた。
娘も私も少しホッとして楽観的な気分になったのもつかの間・・・。
その後すぐに行われた中学の三者面談では担任に『この高校だとギリギリのラインでで無理かもしれないからランクを下げて別の高校を探してきなさい』と言われた。娘も私もショック!!
そしてまた今日、再び高校の相談コーナーで担任にそういうふうに言われたので迷っていると言うと『担任というのはそんなふうに言うものですよ。生徒の将来云々よりも取りあえず全員合格させないと都合が悪いですからね。先生の言うことを聞くよりも自分の進みたいところに進んだ方がいいですよ』と言われた。
う~む。こうなったら取りあえず娘にはギリギリまで勉強を頑張ってもらうしかない。
頑張れ全国の受験生!!

アニメーターはつらいよ⑥

アニメ

アニメーターになったきっかけは新聞の求人欄だった。
**アニメーター募集未経験者可**
としか書いてなかった。
当時、漫画家になりたかった私。アニメの仕事には興味もないし、アニメの仕事って何なの?という感じでアニメ知識ゼロ・・・

Read more

たぶん絵を描く仕事だろうと勝手に推測した。
『絵を描いてお金が貰えて、絵の勉強にもなるなんて一石二鳥じゃないか』と何も考えないですぐに電話をして面接を受けた。
下井草のスタジオに行ってみると、息をしただけで死にそうなくらい臭くて汚いところで、狭い部屋に机がギューギューに並べられていた。
何も見なかったことにして、ドアを閉めてUターンしようと思ったが、
『面接の人ね。そこに座って』と薦められて観念して椅子に座った。
そこではじめてアニメーションというものを見た。
『これって漫画家の人が描いてるんじゃないんですか!?』と驚くと
『未経験者可で募集を出したけど本当に君、何も知らないんだね』と呆れられた。
『君、足立区から来たの?遠いじゃない。うちは交通費も出ないし保証もないしやめた方がいいね』とあっさり断られた。
面接しないで帰りたいと思ったはずなのに『やめた方がいい』と言われると、断然やりたくなる天の邪鬼な性格の私。
『交通費が出なくても遠くてもやります!!やらせて下さい!!』
鼻息の荒い私を見て、引き気味の社長は仕方なく採用してくれたのだった。

モルモットが実験に使われる理由

動物&昆虫

去年の大晦日にスキー旅行の貸別荘で死んでしまったモルモットのコブちゃん。(ゲージをストーブの前に置いたのが原因の事故でした)
3年目で亡くなったのですが、実際モルモットの寿命は7年くらいだそうです。
本当はもう少し生きられたのかもしれませんが、実はコブちゃんは病気を持っていてお医者さんから、そんなに長生きできないかもしれないと言われていたのです。

Read more

去年の夏頃、爪を切ろうとして抱き上げてお腹を上にしたところ、お腹に大きな腫れが二つできていました。
すぐに近くの犬猫病院に連れて行ったら『うちは犬と猫しか診ませんから診ません』と冷たく言われた。動物病院は近くにないし、何とか診てもらえないかとお願いすると、渋々診てくれた。
お医者さんがコブちゃんのお腹を診ると『これは腫瘍ですね。手術してとらなくちゃだめだけど、結構高額な手術費がかかると思いますよ』
私は心の中で葛藤していた。『高額な手術費か・・・でもコブちゃんには生きて欲しいし・・う~ん』
悩む私を見てお医者さんが言った。
『可哀想ですが正直言うと手術しても無駄かもしれませんし』
『なんで、ですか?』
『モルモットってこういう腫瘍が出来やすいんですよ。だから実験なんかによく使われるんです。手術して腫瘍をとっても、結局また出来ちゃう可能性が高いと思います。体が小さくて麻酔に耐えられるか分からないし、そんなに寿命が長いわけじゃないんですから、このままにしておいた方がいいかもしれません』
結局、手術はしませんでした。よく、モルモットを飼ってると言うと『あの実験に使うやつ?あれってペットなの?』と言われる。可哀想なモルモット。新しく我が家に来たボンちゃんには何とか長生きしてほしいものだ。

アニメーターはつらいよ⑤

アニメ

もう4年くらい前だと思うけど、随分長い期間『キャプテン翼』を描いていた。
新作に『キャプテン翼』が決まったと聞いた時は、サッカーには興味ないし、ワールドカップとか言われても、何か大勢で走ったり蹴ったりするアニメなんだろうなという感じで全然ピンとこなかった。

Read more

ところがよくよく過去の資料を調べたら10年前の『キャプテン翼』の作画にも関わっていたのだ。恐ろしいことに何も記憶がない。
新しい作品は主人公の翼が成長しているお話だった。
実際、仕事が動き出してみると、やっぱり来るカット来るカット、大勢で走ってボールを追っかけてるか、ボールを蹴っ飛ばしているかで、果てしなく走りのカットをやっていた。
走りのカットは苦手なので正直すごくしんどかったなぁ。
あとユニホームにも泣かされた。本物のユニホームと同じデザインを描いていて、線が複雑でイライラしながら色分けして描いていた。色分けがきちんと出来てないと仕上げに怒られるのだ。
1年くらいは描き続けていたと思うけど、ラストカットが終わった時はもう走りを描かなくていいんだ『試合終了~!!』って感じだった。
また10年後、大人になった翼君で『キャプテン翼』は復活するのだろうか。さすがにその時は私は関わっていないと思う。

手術台で十字を切られる

未分類

もう20年くらい前、体調を崩して婦人科系の病気になった。でも若かったので婦人科の病院に行くのが恥ずかしくて女の先生のいる病院を探して診てもらった。
さっそく行ってみるとひどい設備の胡散臭い病院で『今すぐ手術しなくちゃ駄目!』といきなり女医に言われた。
当時、いい加減な病院で子宮をとられたという事件もあって友人に『お医者様も設備もすごくいい病院があるからそこで診てもらいなさい』と言われ薦められたのが荻窪にある衛生病院だった。
この病院はキリスト教の病院で敷地内には教会もある。私は無宗教なのだけど関係なく診てもらえる。
『すぐに手術しなさいと言われたのですが、本当に手術しなくちゃいけませんか?』と事情を話して診察してもらうと・・・・

Read more

『別にどこも問題ありませんよ』と言われた。
危ねぇ~!!意味もなく手術されてしまうところだった。女性のみなさん、婦人科の病院はちゃんとしたところに行きましょうね。
それ以来、衛生病院では二人の子どもの出産もお世話になり、出産意外でも2回手術でお世話になった。
ちなみに入院すると枕元の小さなスピーカーから聖書が流れてきたりもします。手術の時は麻酔を掛ける前に先生と看護婦さんが頭の回りに集まり、お祈りをしてくれて『○○さんの手術の成功を祈ってアーメン』と言って十字をきります。
頭の回りで十字を切られると、そのまま永遠の眠りについちゃいそうで怖かったけどおかげさまで無事に手術は成功して、卵巣膿種の手術をした時は、牛の目玉のような物が出てきました。
今も毎年1回は検診に行ってます。とってもいい病院なので出来れば娘にもこの病院で子どもを産んでほしいなと思っています。

踏み倒された思い出

アニメ

27年間のアニメーター生活で、いくつものスタジオの仕事に関わって来た。
その中で倒産寸前の会社や危なっかしい会社というのもあって、踏み倒されそうになったことが何度かある。
私は泣き寝入りするタイプではないので、どんなに少ないギャラでもトコトン粘って回収してきた。
しかし、たった1回だけ取り損ねたことがあった・・・。

Read more

杉並にあったTと言うスタジオ。
そこの社長とは結構長い付き合いだつたので信用していたし、羽振りがよさそうにしていたからまさか逃げられるとは思わなかった。
サクラ大戦とかっていう急ぎの作品を手伝って、支払い期日になっても全く入金がない。
忘れているのかなぁと思ってスタジオに電話すると『社長は留守です』の一点張り。知り合いのアニメーターに『あそこのスタジオやばいらしいよ』と噂を聞いて慌ててスタジオに電話したらトンズラしていた。
私の被害額は少なかったけど、中には百万単位の人もいたらしい。踏み倒されたのは後にも先にもこれ1回だけ。
もしかしたら今も会社の名前を変えて、ちゃっかり仕事をしているかもしれない。もう随分昔の話で、撮影会社の社長がお金に困って強盗か何かやらかしちゃったんだけど、刑期を終えてすぐ仕事に復帰していたから、悪いことしても寛容な業界なのかもしれないね。

フリーマーケットしてきました

未分類

区民センターまつりでフリーマーケットをやってきました。
売り上げは大したことなかったけどダンボール3箱分の物が売れたので物置がスッキリします。
息子の同級生の女の子AちゃんとBちゃんとその弟C君が遊びに来ていました。そこで笑える会話を耳にしましたよ・・

Read more

無料のおやつ作りに参加していた3人。AちゃんBちゃんは先に調理室から出てきました。
Aちゃん『あの女の子と上手くいってるのかな?』
Bちゃん『でもCより女の子の方がすごく背が高かったよ』
Aちゃん『だけどいい雰囲気だったじゃん』
Bちゃん『メアドの交換したのかな?』
ってオイオイ!!二人の会話から推測すると、おやつ作りに参加していた別の小学校の女の子と弟のC君がいい感じになっていて、終了しているのに調理室で二人の会話が弾んでいるらしいのです。
AちゃんBちゃんは小学4年生で弟のC君は小学3年生ですよ。メアド交換ですって!びっくりですよね。
私の小学3・4年の頃なんて、バケツと網を持ってため池でザリガニだのカエルだの捕まえて喜んでいましたからねぇ。現在も子どもと和田堀池に行ってバケツに網持って泥まみれですから、何か進歩ないというか永遠の子どもなんでしょうか、私って・・・。

スキーの予約をしようと思ったら

動物&昆虫

毎年年末にスキーに行くんだけど、貸別荘の予約を忘れていた。
ん・・・でも、待てよ・・・。
そうだ!!娘が受験生だということを忘れていた。今年はおとなしく狭い自宅で我慢しよう。
年末のスキーといえば、去年の悲しい思い出がよみがえる。

Read more

毎年、スキーの時はペットのモルモットのコブちゃんを家に置いていけないので連れて行っていた。もちろん去年も連れて行った。
3度目だしコブちゃんも慣れたもので、みんながスキーに行っている間だも部屋の中でおとなしく留守番していてくれた。
12月31日大晦日。年越しそばを食べて除夜の鐘を聞いて就寝。
その晩はいつもにも増して寒くて、娘はコブちゃんが寒くて可哀想だと言ってストーブの前にカゴを置いて寝た。
そして朝。日の出を見るために私が一番早く目覚めた。私が起きるとコブちゃんはすぐに反応して鳴くのに鳴き声がしない。変だなぁと思いカゴを見ると動かないコブちゃんが・・・。
『コブちゃんが死んでる・・・』
たぶんストーブの前で熱中症のような状態で死んだのだと思う。娘はよかれと思ってストーブの前に置いてあげたのだけど、自分が死なせてしまったと思ってショックを受けていた。
2006年幕開けの元旦の朝なのに悲惨な幕開けだった。3年間みんなに可愛がられてどこに行くにも一緒だったのに、本当に残念だった。
東京に戻って大きな植木鉢を買ってそこに埋めた。引っ越ししても連れて行けるように。やっぱりペットが死ぬというのは辛い。寂しい。冷たいコブちゃんを抱いて泣けて泣けて泣きました。


坊主頭の王子様

子育て&学校

来週息子の学芸会がある。毎日練習している様子。
学芸会で思い出すのは弟が幼稚園の時の学芸会。
弟は生まれたときから髪をのばしたことがない。つまりずっとずっと坊主頭。当然、幼稚園の時も坊主頭だった。
学芸会の演目はシンデレラ。なんと弟は主役の王子様に選ばれたのだ。
選ばれた理由はクラスで一番背が大きいから。

Read more

学芸会は足立区梅島の大きい公会堂で行われた。私は仕事を休んで見に行った。(私は弟と12離れていて、その頃すでに仕事をしていた)
弟は5人姉妹の後の6番目に生まれた貴重な男の子で、5人の姉は仕事を休み、学校を早引けしてまで、弟の雄志を見に行ったのだ。
ところが、学芸会は前代未聞の爆笑劇だった。いきなり出てきた王子様は坊主頭で、観客席からクスクス笑い声が、そして何とクラスで一番オデブちゃんの女の子がドレスを着てシンデレラ役で登場。劇場は爆笑の渦。
ラストの坊主の王子とオデブちゃんのシンデレラの踊るシーンは本当に腹を抱えて笑った。踊りが終わってシンデレラを抱きかかえるところで女の子の重さに弟が踏ん張ってぷるぷるしていた。
もう28年も前なので、当時はホームビデオなんてなかったし、映像が残っていないのが悔やまれる。あれが残っていたら末代まで笑えたのに本当に残念。
ちなみにうちの息子は保育園の学芸会の時『おむすびころりん』の主役のお爺さん役をやった。うちの息子は赤ちゃんの時からロンゲなので、ロンゲのお爺さんだった。

目に見えないものに心の目を凝らす

農業&ガーデニング

瀬戸内寂聴さんが話ておられたこと。
『日本がこれほど駄目になったのは戦後ただ目に見えるものだけを追っかけてきたからである』
納得。
『目に見えないものとは神仏、宇宙の生命、人の心』
また納得。

Read more

どうも私は天の邪鬼なところがあって、ブランド好きとか景気のいい話ばかりしてる人とか苦手だ。ブランドの服とかバックとかマネキンだって身につけているし、やっぱ大事なのは中身でしょう。
はじめて農業体験でお世話になった八郷の荒木農園の夫婦に会った時は衝撃だった。
泥だらけのジャージとヨレたTシャツ姿で夫婦でニコニコ満面の笑みで迎えくれて、その様子がなんと言っていいのか本当に後光が差しているみたいに見えた。
農業をすることが喜びで他のことに無欲なのだ。私のような駄目人間でも、この人たちの透き通るような心が見えるような気がした。
年賀状には里の風景をバックの家族写真。やっぱりジャージにTシャツ姿で赤ちゃんとニコニコ。それを見た時、ちょっとウルウルしてしまった。なんともほのぼのとして幸せな写真なのだ。年賀状の写真を見て暖かい気分になったのははじめてだった。
『生き延びるためには、目に見えないものにもっと心の目を凝らしていくしかない』と寂聴さんは語った。
子どもたちには、ブランドの服を着てみんなと同じ格好をして同じ物を持って自分を誤魔化すような大人にならないようにいつも話ている。
目に見えない物を見える心の目を持ってほしいと思う。

大事なゴーヤを食べました

農業&ガーデニング

大事に育ててきた我が家のゴーヤちゃん。
最後の2本のうち巨大な方がとうとう裂けはじめてきたので本日収穫しました。
我が家に生っているゴーヤを見た近所のおばちゃんが・・・

Read more

おばちゃん『奥さんゴーヤ好きなの?』
わたし『好きなわけでもないけど、まぁ体にいいから食べますよ』
おばちゃん『私は駄目だわ。食べられない。いくら体に良いったって、だったら薬飲んだ方がいいわ』
ですって。思わず笑ってしまった。
ゴーヤチャンプルにして食べたら、ちっとも苦くないし、子ども達も『美味しい。美味しい』と言って食べてくれた。
毎日眺めていたゴーヤちゃんだし、やっぱりひと味違いますね。
今年は大きいのを生らせたから自信がついた。来年も頑張って挑戦するぞ!!

さつよおはばのお話

文化&芸術&芸能

時間のある時は、散歩がてら阿佐ヶ谷の駅前の書楽によく行く。
ときどき面白そうな本をみつけると衝動買いしてしまう。
ー雪と欲ぁ、積もるほど道忘れるー
『さつよおばば おらの一生、貧乏と辛抱』草思社
表紙を見て手にとり中を開いて思わず声を上げそうになってしまった。宮城県登米市佐沼、石越、中田・・・うちのばぁちゃんの住む土地の地図が載っていた。

Read more

この本は聞き書きで、97歳のさつよお婆ちゃんの半生を東北弁のままつづられている。
小さい頃から子どもが出来た現在まで毎年遊びに行っている、聞き慣れた方言と知っている町の名前が次々と出てきて何度も田舎のばぁちゃんを思い出しながら一気に読んでしまった。
内容はさつよお婆ちゃんの苦労の話だけど、つまらないドラマや映画を観るより何百倍も感動した。
こんなことがあっていいのか?信じられないような辛いお話に、何度も胸が苦しくなった。
自分も死にたくなるくらい辛い時があるし、しんどくて逃げたくなることもしょっ中ある。きっとそういう人はたくさんいると思うけど、この本を読んだら恥ずかしくで土下座したくなると思うよ。
うちのばぁちゃんもさつよお婆ちゃんと年齢的に変わらないので、同じ時代を生き抜いて来たのだと思います。あんまり頑固で田舎に行くたび喧嘩になるけど、今度行くときは大目に見てあげようと思いました。
東北弁が分かりにくいかもしれないけど、この本はお薦めです!!参っている人、凹んでいる人、希望を失いそうな人読むべし!!

新米はやっぱ美味い!!

農業&ガーデニング

八郷の体験田で収穫したお米を食べました。
やっぱり美味しい!泥まみれで田植えしたことや、滝のように汗をかいて草刈りしたことを思い出しながら味わいました。
素人が植えた米ですが、JAの職員の方々がお世話して下さっていたおかげだと感謝しています。

Read more

実は収穫祭の後、なるべく早く届けますと言われて待っていました。でも、なかなか届かなくてとうとう米が底をつきました。
いつ届くのか聞きたいけど、東都の伊藤さんは忙しそうだし、催促して急がせるのは悪い気がする・・・。
仕方ない。米を買いに行こう。しかし今、米を買ってもしも新米が届いたら買った米を後回しで食べることになる。ということは、いい米を買うのはやめよう。安くてどうにもならないような米を買ってこよう。
というわけで、阿佐ヶ谷のパールセンターの中のTに行って何と5㎏1100円という安い米を買って来た。
素人目に見ても米の悪さがよく分かる。I県S産の米らしいが粒が小さくてまばら砕けているものも多い。時々石ころも入っていた。食べてみると不思議な食感。
『やっぱり安いだけはある』と妙に関心していたら、その時何と宅急便がやって来ました。嫌な予感が・・と思ったらやっぱりそうでした。新米が届きましたよ。
『そんなぁ~・・・』トホホでした。あと半日早く届いてくれたら、こんなまずい米を買わずに済んだのに。でも食べ比べて、米の違いを子どもたちに実感させることが出来たからよかったかな?

親子酪農教室の話

旅&おでかけ

毎年4月に東都生協の親子酪農教室が行われる。
去年は抽選で落選。今年は落選の後、キャンセルが出て参加できることになった。
以前にもお世話になったことのある千葉の高橋さんの牧場に今回もお世話になった。
4組くらいの親子のうち『匂いが気持ち悪い』と言ってずっと半ベソをかいてた男の子がいた。お母さんもタオルで口を押さえていて、何で参加したの?という感じで謎だった。

Read more

男の子は『帰ろう帰ろう』と泣き続けてお母さんは困っていた。それより受け入れ牧場の人に失礼だと思うんだけどね。
それでもお終いの頃にやっと少し慣れたのか、牛舎の掃除を我慢してやっていた。笑顔を見せるときもあって、何でも慣れればなんとかなるもんだと思った。
冷凍保存された牛の精子を見せてもらった。細~いストローみたいのにちょろっと入ってるやつが何万から何十万もすると聞いてびっくり。
もしもメスがこれで妊娠しないで失敗しても何の保証もなくておじゃんなんですって。
メスを妊娠させるためにはお尻に腕を肘くらいまでつっこんで、その精子をいれるらしいんですが、その様子を見た奥さんが1ケ月くらい口を聞いてくれなかったそうです。
ガンバッて高橋さん!!

ミモザの木に黄色い何かが・・・

動物&昆虫

3連休はどこに行っても混んでいるので、どこにも行きません。
そんなわけで、ほったらかしだった庭の木や花の手入れをすることにした。
一つ一つの鉢をチェックしていたらミモザの木に黄色い物体がぶら下がっている。何だろ?

Read more

よくよく見てみたら羽化したての蝶々が羽根を乾かしているところだった。黄色い蝶々です。
もっとよく観察してみると、たくさんの羽化して旅立ったさなぎの抜け殻が付いていて2度びっくり。毎日ミモザの蕾の様子を見ていたのに全く気が付かなかった。
だけど今11月ですよ。こんな時期に蝶々って羽化するの?
さっそく子どもの昆虫の図鑑で調べてみた。この蝶々は『きちょう』の秋型で、黒いもんがなくて全体が黄色。夏型は黒いもんが広いのだそうです。ねむやはぎに付くらしいけどミモザにも付くのかな?
ジャスミンの木の手入れをしていたら緑色の幼虫がいました。あれは蛾の幼虫かもしれません。可哀想なのでそのままにしておきました。
カメムシや毒蛾の幼虫はお断りだけど、ほかの虫たちは大歓迎です。また来年も羽化してくれると嬉しいな。


農業祭がありました

農業&ガーデニング

杉並区役所で農業祭がありました。
援農ボランティアの実習でお世話になった木下さんの畑の野菜も品評会に展示されました。

Read more

開始時間から少し遅れて行くと、区内産の野菜の販売には長蛇の列でした。たまたま準備で来ていた木下さんにばったり会うと『これでも大夫落ち着いたんですよ。もっと長い列だったんですから』と嬉しそうでした。
野菜がたくさん売れるといいですね。
球根のつかみ取りに挑戦したけど、私は手が小さいので6個ぽっちしか取れませんでした。スーパーボールすくいをした息子は周りの人がびっくりするくらい沢山取ったのに。
野菜で作った宝船は写真に撮っておきました。ここにも木下さんの野菜が使われています。
農業高校の生徒が販売していたネギと葉牡丹を買って帰りました。大根が売れなくて困っているみたいだったけど、我が家には2本大根があるので買ってあげられませんでした。ごめんね。
明日ももう一日農業祭があるので、大勢の人が来てくれるといいな。

死ぬかと思ったこと

未分類

丁度去年の今頃、体調を壊して救急車で運ばれた。
家のことでゴタゴタしていて精神的に追いつめられていたことと、シナリオで何とかしたいと必死で、昼はアニメーション夜はシナリオを書くという無理をして体が悲鳴を上げていたのが原因だと思う。

Read more

朝から頭がクラクラして吐き気もした。なんとか子どもを学校に送りだして朝一番で病院に行こうと思っていた。
あと少し我慢すれば病院だと時計を見ていたら、突然目の前がグルグル回りだして横になってもグルグルと吐き気が止まらない。
今度は全身がしびれ出し、心拍数が凄いことになってる。息も苦しくなってきて口も回らなくなってきた。
『これはただごとじゃないぞ。心筋梗塞とか・・。死ぬのか?だとしたら人間簡単に死んじゃうもんだな』と結構冷静だった。
救急車を呼んで近くの救急病院に運ばれた。
で、どうなったかというと、点滴を打ってもらって1時間くらい横になっていたら少し良くなった。医者はひどい低血圧の上、ストレスと過労で三半規管か自律神経に問題があるんじゃないかと言われた。
大騒ぎしたけどマジで死ぬかと思ったよ。あれ以来、体調には気を付けるようになりました。まだもうちょっと頑張りたいからね!

リリーフランキーさんが言ってたこと

文化&芸術&芸能

以前何かの番組でリリーさんが、将来絵本作家になりたいという女性ににアドバイスした。
『それ明日にでもなれますよ。仕事は何ですか?って聞かれたら絵本作家ですって言えばいいんだから』と・・・

Read more

『代表作は?って聞かれたら、売れてないですけど何か?って言えばいい』
なるほどねぇ。そしてこう続けた。
『イラストレーターとか絵本作家とか別に免許があるわけじゃないし、
言わなきゃ駄目だよ。言わなきゃなれないですよ』
目から鱗でした。
自分も代表作とかあるわけでもないし、自分でシナリオライターというのは、おこがましいよねぇと遠慮していた。
でもこのリリーさんのお言葉を聞いて、その日から肩書きをアニメーター兼シナリオライターと名乗ることにした。(単純でしょう私って)
アニメーターだって全くの未経験で、入ったその日から何の迷いものなくアニメーターって名乗ってたわけだし。
だけどアニメーターは近頃では専門学校出てないとなれないみたいだから、免許がいるのかもね。