Archives ( 2007-06 )

MADE IN 足立47

連載物語 MADE IN 足立

20070630000535.jpg

『月謝が欲しければお母さんと手をついて頭を下げろ』と父に言われた二日後には高校を辞めた私。
どうもこの頃から『うやむや、中途半端が許せない白黒はっきりしなくちゃ嫌』と言う極端な性格になったような気がする。
何も知らない父は、荷物を纏めて学校から帰って来た私に
『おう、真由美。月謝どうする?』
とからかうように言ってきた。
『学校なら今日辞めて来たよ』
父の表情がガラリと変わった。
『辞めた?辞めたって・・お前本当に辞めちゃったのか?何で辞めちゃったんだよ。相談もなしに・・』
『お父さん自分で言ったでしょ?頭を下げたくないなら自分で働いて学費を稼げって。働いて学校に行くなんて無理だよ。だから学校辞めて働くから』
父、茫然・・・。
父はこのときはじめて娘に対して取り返しのつかないことをしてしまったと思ったらしい。↓

Read more

用意していた夏の制服に袖を通すこともなく高校を辞めることになった私はさっそく仕事を探しました。
春に中学を卒業したばかりの15才でしたからねぇ、仕事なんてないんですよ。
なかなか15才の子どもを雇ってくれるところはありません。
結局、逆に歳をサバ読んで18才と偽って五反田にある某百貨店のプティックで働くことになりました。
それまで働いたことのない15才が、いきなり大人の中に入って、それもブティックですからねぇ、必死でしたよ。
でも、何も分からない子どもの私に他のテナントの人達は優しくて親切で、とっても可愛がってもらいました。
なんでしょうね。当時は人情があったのかな?周りの大人の優しさのおかげでちっとも辛くなかったです。
大人のような格好をして化粧をして
『とってもお似合いですよ!』
と心にもないことを言っているうちに三ヶ月が過ぎた。

モデルになりませんか?って?

子育て&学校

この猫は近所のチンチラです。
いつもはフサフサなのですが、夏になると下の写真のようなざまになっちゃうんです。情けねぇ~!
CIMG0013.jpg

自分の子どもは誰しも可愛いものです。
私も子どもを産むまでは自分が大好きで、地球より私の命の方が無限大に大事だと思っていました。
ところが実際、自分の分身が出来てみると全く考えが変わりました。
それまで大好きだった自分の命など子どもの命に比べたらほこりくらいの重さしかないと思うようになりました。
親バカと言われてもいい。本当に私の子どもは可愛いと思います。
で!そんな可愛い息子ですから、街を歩いていると、声をかけられることがあるんですよね、怪しい人に・・・
『あのう、突然呼び止めてごめんなさい。こちらのお子様はお嬢様でしょうか?』
『いえ、男です』
『えぇ~!!あんまり可愛いからお嬢さんだと思っちゃいましたぁ』
ふん。そりゃそうよ。うちの子は可愛いんだからさ↓
CIMG5061.jpg

Read more

『実は私こういうものでして・・』
名刺をくれました。どこかの劇団のスカウトらしい。
ここで普通の親は舞い上がって引っ掛かるのでしょうが。
声を掛けた相手が悪かったようです。
私は内心「あんたねぇ、うちの息子をスカウトするなんて百万年早いんだよ!」と思いつつ、にこやかに
『そういうのは全く興味がありませんので』と丁寧に断ります。
以前も阿佐ヶ谷の商店街で声を掛けられて、
『こんなに素敵なおぼっちゃまなのにもったいない。是非、うちのモデルになりませんか?』
商店街で誰彼構わず声をかけていると見た!!
名刺をくれて、是非連絡して下さいと言われたけど、怪しい匂いがプンプン。
それからしばらくして、そのAプロモーションが脱税でニュースに出てるのを見ましたよ。
登録させてお金だけ取って仕事なんか無いと言う、ありがちな会社みたいでした。
先日、阿佐ヶ谷の商店街を歩いていたら、若いお母さんが引っ掛かっているのを目撃しました。
舞い上がっちゃって、住所と電話番号を教えてたみたいです。
Aプロモーションは破産したと書いてあったので、別の同じような怪しい会社なんでしょうね。
自分の子どもが可愛いのは分かるけどお母さんたち引っ掛からないように気を付けてね。

アニメーターはつらいよ48

アニメ

CIMG5427.jpg

*番外編恋愛玉砕物語②*
前回もお話したように、アニメーターだって恋をします。
たいへん恐縮ですが、私の玉砕物語を聞いて下さい。
前回はせっかく運命の人にめぐり会えたものの、何の展開もなく終わったと言う話でしたが、ところが奇蹟が起きたのです。
ピーターパンじゃありませんが、奇蹟と言うのは時々どこかで起こったりするんですよ、本当に。
仕事を早めに切り上げてスタジオを後にした私はコンビニのアルバイトに向かいました。
いつものように8時にカウンターに入り、鉛筆をモップに持ち替えて掃除をしたりレジを打ったりして4時間の肉体労働。
0時5分前、まさにシンデレラの時間です!
そろそろ帰り支度をしようかな・・・とロッカーから荷物を出そうとしたその時、
『あの~・・』
と言う声がしました。
お客さんだと思った私は、その人を見て固まりました!!↓

Read more

先日の王子様ですよ。白馬ではなく白い車に乗った王子様が現れたのです。
何の展開もなく終わった出会いだと思っていましたが、終わっていなかったのです。
『この間、車にこれを忘れてたみたいだから・・』
小さなヘアピンがキラリとひかりました。
まさに、シンデレラじゃないですかぁ~!!
これは私に神が与えたビッグチャンスだと思いました。
『バイトが12時に終わるってこの間言ってたから・・もう帰るんですよね』
『は・・い・・か・・か・・かえります』
『じゃ、迷惑でなければ、これからお茶でもどうかな・・』
『行きます!!全然OKです!!』
心の中でガッツポーズをとる私でしたが、いかんせんその日の服装の汚いことと言ったら目も当てられない格好でした。
その日はどうせバイトで汚れるからと、捨ててもいいようなどうでもいい服を着ていたのです。
シンデレラは12時に魔法がとけて汚い格好に戻ってしまったけど、私は最初から汚い格好で12時過ぎても汚い格好だったのです。
『でも・・私のすごく汚い格好なんですけど・・』
『そんなの気にしなくていいよ』
確かに。服装なんてこの際どうでもいい。このチャンスを逃すものか!
私は闘志に燃えていました。
            つづくっ!!

プレイス・イン・ザ・ハート

シナリオ&映画&ドラマ

下の写真は棉花です。白い棉とブラウンの棉の種を撒いて、現在ここまで育ちました。
1984年に公開された『プレイス・イン・ザ・ハート』という映画があります。
吉祥寺のバウスシアターと言う小さな映画館の招待券が当たって、喜び勇んで観に行きました。
ところが!!なんと観たかった映画が変更になり、この『プレイス・イン・ザ・ハート』と言う映画がかかっていました。
映画館の前でガッカリして、そしてしばらく迷いました。
観たくない映画のために2時間を棒に振るか、タダだから取りあえず観てみるか。
結局、タダだし暇だし観てみることにしました。
突然夫を亡くしたサリーフィールドが演じる未亡人が、家族を守るために流れ者の黒人と盲目の男と棉を育て収穫して家を守ると言うお話でした。
おすぎさん風に言うなら、すっばらしい映画でした!今まで観てきた映画の中で5本の指に入るくらいいい映画でした。↓
CIMG5532.jpg

Read more

殺人、人種差別、不倫、人間の愚かさ。
出演者全員の演技が素晴らしい。誰かが主役と言う気が全くしない作品でした。
気がつくと映画の中に引き込まれてしまい、リアルで人種差別の描写では何度も胸が苦しくなりました。
ラストシーンは賛否両論で納得できない方もいるそうですが、私は号泣しました。
監督さんの意図は分かりませんが、私には優しくて暖かくて、あのラストシーンでOKだと思います。
本当は観る予定じゃなかったのに、映画の神様が私にこの作品に出会わせてくれたんだと思って、映画の神様に感謝しています。
アカデミー賞の主演女優賞、監督賞、脚本賞、助演男優賞etcたくさんの賞を受賞している作品です。是非、観てほしいです。
そんなわけで、この映画に影響されて?以前から棉花にとても興味があって、花屋さんで綿を見つけると買って来て種をとり、酪農体験で牧場に行って牛のエサの中から綿の種を頂戴して植えています。
今年はどれだけ綿がとれるか楽しみですが、いつか棉花畑を作ってみたいと夢見ている私です。

まゆみの事件簿其の弐

未分類

いつもは3粒くらいしか生らないグミが今年はたくさん生ったので漬けてみました。
CIMG5539.jpg

最近はご近所のトラブルで事件がありますね。
実は我が家から少し離れたお宅の柴犬が半端なく吠えるので近隣の方々が怒っているのです。
朝の5時頃から凄い勢いで吠えていて、家の前に人が通ると、よその犬が吠えると、車が通と・・日がな一日吠えています。
我が家にも聞こえますが直接まともに聞こえるわけではないので、気にしていません。
でも近隣の方々にはかなりの迷惑かと思われます。
話好きのいつもニコニコしている優しいお爺ちゃんが飼っていて、とっても可愛がっているので、叱ったりしないんですよね。
柴犬も可愛い子なんですけど、噛み癖もあるのでちょっと危険です。
この間も近所のお爺さんが
『うるさいんだよ!黙らせろ!』
と怒っていました。
そして先日も、別のご近所のお爺さんが杖をブンブン振り回しながらこう叫びました↓
CIMG5538.jpg

我が家の渋くてまずいグミ。もっと実があったのに、早く収穫してあげればよかったです。

Read more

『うるさいんだよ!いい加減にしろ!』
頭から湯気が出ていそうなくらい怒っています。
『てめぇ、撃つぞ!撃つぞ!』
撃つ?撃つって何を?
私は思わず聞き耳を立ててしまいました。
犬の飼い主のいつもは優しいお爺ちゃんも逆ギレして反論しています。
『そんな言い方しなくても、もうちょっと言い方があるでしょう!』
『うるせい!てめ、撃つぞ!本当に撃つぞ!』
杖をブンブン振り回しながら『撃つぞ!』を連呼していました。
いったい何を撃つんでしょうか?
私はとっても気になっています。
勢いで何となく言ったのならいいのですが、この頃はシャレにならない事件に発展しますからね。
お爺さん、お願いだから撃たないで下さい。

みんな同じが正しい?

子育て&学校

CIMG5572.jpg

娘の高校の授業参観に行ってきました。
体育の授業を参観しました。この高校は9階建てですが、体育館は7階にあるので7階の窓から写真を撮ってみました。
近代的と言うか都会ですよね。カッコイイ!!
私は子どもの通う学校が苦手でした。学校が、と言うより保護者のみなさんが苦手なのかもしれません。
セレブな地域ということもあるのでしょうが、私とは別世界なんです。
決定的だったのが、娘がまだ低学年のとき、お母様方との会話の中で図工の時間の絵の話になりました。
子ども達の絵に個性がないと言うか、友達同士で合わせたようにみんな同じような絵を描いているのが気になったので
私 『自画像じゃなくてテレビ漫画のキャラクターを描いてるみたいですよね。その上なぜかみんな同じ絵を描いてるし・・』
と言った一言でその場の空気が凍りました↓

Read more

Aさん『あなた何をおっしゃってるの!!』
Aさんが凄い剣幕で怒りました。
Aさん『人と違う絵を描いたら変に思われるでしょう?』
えっ?何で?Aさんは続けます。
Aさん『みんな同じ絵を描いていれば安心じゃない。個性なんてない方がいいのよ!変に個性何てあると変わっていると思われて仲間外れになるんだから!!』
Bさん『みんなと同じものを持って、みんなと同じものに興味を示していれば安心でしょう』
他のお母さんたちも大きく頷き、私の考えが間違っていると責められました。
そしてとどめは
Bさん『それに図工何て受験に関係ありませんからねぇ』
だそうです。私はそれ以降保護者の集まりでは貝になっています。
だけど、娘の高校は美術系なので、水を得た魚、餅は餅屋?とっても居心地が良いです。
個性のぶつかり合い、それぞれが描きたい絵を描いていて、作りたい作品を作って、保護者のみなさんも自分の子どもの才能を疑ってない!自分の子どもを誇りに思っているんですよね。
みんな3年間頑張って勉強して立派なプロフェッショナルになってもらいたいです。

阿佐ヶ谷バイト物語③

未分類

阿佐ヶ谷のみーちゃん
CIMG5093.jpg

高校生でもクールな子がいるし大学生でも甘えん坊タイプの子もいる。
今日は大学生のバイトの女の子の話。
甘えん坊タイプでフリフリのワンピ大好きエビちゃん風。
だいたい男の子はこういうタイプの女の子が大好物でして、バイトの仲間の中でも狙っている男の子が数人いました。
もちろんエビちゃん自身も、ちゃんと自覚していて、みんなに気のあるそぶりをしていました。
ある日、私と同じ時間帯になったエビちゃんが、
『お姉さ~ん。聞~いてくださ~い』
と甘え口調で話しかけてきた。
その話の内容を聞いた私は唖然!!↓

Read more

エビちゃん『Kさんたちと昨日飲んだんですけど~。帰りにアパートまで送ってくれるって言うから~送ってもらったんですよぉ~』
K君と言うのはバイト仲間の中で真面目で優しい背の高い男の子。
エビちゃん『アパートのドアを開けて中に入った瞬間、Kさんが襲いかかってきたんですよぉ~』
私『え・・・・・』
それってあんた送り狼ってやつじゃないですか?
私『あの真面目なK君が信じられない・・。それでどうしたの?』
エビちゃん『酔っぱらってて、あんまり覚えてないんですよねぇ~』
ん~・・・・?襲われたなら問題なんだけど、彼女の口調だと悩んでいるわけじゃなさそう。
だけど、ちょっとショックでしたね。K君は本当に気持ちの優しい良い子だったんですよ。
私『男って見た目じゃわからないもんね。あのK君がねぇ。それにしてもあなたしっかりしないと駄目よ。知らないうちに出来ちゃったなんてこともあるかもしれないんだから』
エビちゃん『は~い!気をつけま~す!』
その後も彼女は一事が万事そんな調子でした。
あれから20年。彼女は今頃どうしてるんでしょうねぇ。

織田真由美の由来

未分類

CIMG5006.jpg

私がペンネームを織田真由美にして、かれこれ十年になります。
それまで投稿は全て本名で送り、ペンネームを使うなんて一度も考えたことがありませんでした。
それが、集英社の漫画原作に応募するにあたり、内容がノンフィクションだったので実名はまずいと思い、その場しのぎに適当に付けたのがはじめでした。
この原作がまぐれで佳作をとって10万円の賞金をゲットすることになりました。
郵便屋さんが書き留めを配達しにきましたが、集英社さんがペンネームの織田真由美で書き留めを送ってきたのです。
郵便屋さん『ポストに書いてある宛名と違うんですけど・・』
私『この織田真由美はペンネームなんです』
郵便屋さん『でも宛名が違うので集英社さんに戻して送り直してもらわないと駄目かもしれませんね』
えぇ~!!めんど臭っ!!
私は慌ててその女性漫画誌を持ってきて、
私『これ!これ私のペンネーム!そしてこれは賞金なんです!』
何となく腑に落ちないようでしたが、納得してくれて書留を受け取ることができました。
それで、なぜ織田真由美にしたかと言うと!!↓

Read more

すみません。単に織田裕二さんのファンなんです。
それで『織田でいいや』と言う軽いノリと、もし有名脚本家になって、私の作品に織田さんが出て字幕スーパー織田裕二と織田真由美で出たら夫婦みたいじゃん・・キャ~!!恥ずかしい!!完全に妄想しまくってました。
姓名判断の本で調べたら、これまた本名より運勢がよいのです。
あれから10年。最近になって、ペンネームを使うと説明がややこしいので、ペンネームを使うのをやめて、名刺からペンネームを外して本名だけに戻そうかなと思いました。
でも不思議ですね、いざとなると10年間名乗ってきた名前なので織田真由美を捨てられないのです。
いつの間にか織田真由美が一人歩きしていたみたいです。
新しく名刺を作りましたが、ペンネーム織田真由美はやはり付けておきました。
グラビアアイドルで織田真由美さんと言う方がいらっしゃったみたいですが、私とは全く関係ありません。
でもご要望があればグラビアやりますけどぉ~。

あさがやたがやせ其の八

農業&ガーデニング

*まゆみのアメリカ生まれ杉並育ちアピオス実験栽培*
CIMG5530.jpg

まゆみのアピオス実験栽培・・とは言うものの浜田山農園の方は、あまり代わり映えがないので、家で植えたゴーヤとキュウィと枝豆の写真を載せました。
上の写真はゴーヤで去年農援ボランティアでお世話になった木下さんから頂いた種を植えました。
種が良いからでしょうか、元気の良い芽が出てきて、すくすく育っています。
下の写真の真ん中は枝豆です。先月、八郷の農業体験で頂いてきた苗を植えたものです。
枝豆っていきなり枝豆が出てくるんでしょうか?
私が観察している限りでは、どうも花が咲いた様子がなくて、いきなり実が生っているんですけど。
そして枝豆の左右はキュウィフルーツで東都生協で苗を買いました。
やっとここまで育ちました。↓
CIMG5531.jpg

Read more

この成長の様子をみると、実が生って食べられるまで、あと4・5年かかりそうですね。いや、もっとかな?
時々、キュウィがたわわに実っているお宅を見ます。
『あんなに実ったらわざわざ買わなくてすむのに・・・』
と、いつも羨ましく思っていました。
果たして私がキュウィを食べられる日は来るのでしょうか?
それを報告できる日までブログは続いているのでしょうか?
乞うご期待!!

シュレック3を観てきました

シナリオ&映画&ドラマ

CIMG5555.jpg

シュレック3の試写会に行ってきました。
やっぱりこういう映画が最高ですね。
馬鹿馬鹿しくて笑い過ぎて涙が出ました。
映画館だから我慢していましたけど、自宅で観ていたら1㎞先まで私の馬鹿笑いが聞こえていたことでしょう。
映画は笑える映画が一番好きです。
邦画なら寅さんとか釣りバカとか、見終わった後に『あぁ~くだらなった』と笑ってスッキリできるやつ。
暗い話や救いのない話は、わざわざ映画で観なくても自分の毎日の生活で十分味わっていますから。
あと、病気で死んじゃうとかワンパターンのやつも個人的には観たくありません。↓


Read more

今日の試写会は息子と二人で行きましたが、一昨日あった『ドルフィンブルー』の試写会も当たって娘が行ってきました。
もちろんマツケン命(松山ケンイチ)の娘は大喜びで、友人と観に行きました。
帰ってきて感想を聞くと
娘『マツケンが格好良かった』
私『で・・』
娘『それだけ』
私『はぁ?』
娘『私って、イルカとか全然興味ないじゃん。イルカの好きな人にはいい映画だと思うよ』
と言うことでした。娘はニワトリが大好きなので、誰か彼女の好きなニワトリ映画を作ってあげて下さい。
写真は仙台で有名な仙台四郎さんです。商売の神様?です。我が家にも飾ってあります。
仙台幸子のグッズもあります。栗駒高原駅では買えないのでわざわざ仙台に行って買いました。

宮城ふるさとプラザへGO!!②

旅&おでかけ

CIMG5552.jpg

昨日に引き続き池袋の宮城ふるさとプラザのお話。
私も伊達政宗の鎧兜の試着をしましたよ。
何でもやってみないと分からないものだと思いましたが、これが想像以上に重かった。
足や腕につける防具も動き辛くて窮屈だし、鎧兜は滅茶苦茶重いし、戦国時代の人達はこんなもの身につけて馬に乗ったり闘ったり、本当にしたのでしょうか?信じられないくらい思いし動きにくかったです。
その上伊達政宗は眼帯を付けていましたからね。私も実際眼帯を付けて頂きましたが、これでもっと伊達政宗を尊敬しました。
『ラストサムライ』など時代劇ではベテランは本物に近いレプリカを身につけてエキストラはダンボールでできた鎧を付けるそうです。
ちょっとまた時代劇を観る目が変わりました。
CIMG5558.jpg

これは仮面ライダーずんだ餅です。

Read more

一階の牛タンコーナーには限定の牛タン定食なんかも食べられるスペースがあります。
私は並んでも食べたかったのですが、息子は食わず嫌いで『牛のベロを食べるのは無理』と言い張り、説得しましたが断念しました。
結局、お子様の好きなマクドナルドに行かされました。今度行くときは絶対牛タン定食いただきマックス!!
週末には御当地戦隊ヒーローがお店に来るそうです。
それに、伊達政宗の鎧兜だけでなく、石ノ森先生の009の衣装も着させてもらえますよ。
観光コーナーには鎧兜を試着した人達の写真が飾ってあります。私と息子の写真も飾ってあると思います。
宮城出身の方は行ったら感動すると思うし、石ノ森先生のファンもいろいろグッズが売っているので感動しますよ。


宮城ふるさとプラザへGO!!

旅&おでかけ

CIMG5547.jpg

じゃ~ん!!
池袋にある宮城ふるさとプラザに行ってきました。
前にも書きましたが、私の両親は宮城出身なので宮城は私のルーツでもあるわけです。
『スッキリ』と言う番組で紹介していたのを見て、こりゃ絶対行かなくちゃと思って、息子の振替休日を利用して今日行ってきました。
二階にある観光情報コーナーでは伊達政宗の鎧兜を試着して写真を撮らせてくれます。
息子は恥ずかしいと言って嫌がりましたが私は全部付けて写真を撮りました。
伊達政宗は身長が159㎝しかなかったそうで、この鎧兜も伊達政宗の体型に合わせて作ったレプリカなので私が着て丁度いいくらいでした。
息子の名前は宮城にゆかりのある名前で、それを話たら↓
CIMG5548.jpg

Read more

店長さんがいらして
『いや~それは素晴らしい。本当にすごい』
と言ってたいそう喜んでくれました。
そのうち偉そうな人達の一団がやってきて会議室のようなところに入っていきました。しばらくしてその一団が出て来ると店長さんが
『この子の名前が○○君て言うんですよ。すごいでしょ』
とそのうちの一人の方に言いました。
『いや~、立派な名前だねぇ。君の将来は安泰だよ』
と言って息子に握手しました。
その一団が帰って行くと、店長さんが教えてくれました。あの方々は仙台から視察にみえた仙台の議員さんだと言うことです。
なんだかよく分かりませんが、息子は議員さんに将来は安泰だと太鼓判を押されたようです。
CIMG5560.jpg

こちらでは宮城県中田町の漫画の神様石ノ森章太郎先生のグッズも販売しています。
写真は仮面ライダーとロボコンの金太郎アメで、他にも沢山商品がありますから興味のある方は是非一度遊びに行ってみて下さい。

MADE IN 足立46

連載物語 MADE IN 足立

20070617233856.jpg

母親と二人で手をついて頭を下げないと月謝を渡せないと父に言われた私は高校を辞めることを決意した。
本当は頭を下げること何か簡単なのだ。本当に大好きな高校だったからしっかり勉強して卒業したかった。
でもそれは違うと思った。子どもが独り立ちできるまで心配させないで見守るのが親だと思う。
それを毎月手をついて頭を下げないと月謝を渡さない父親なんておかしいし、子どもを守ることより夫の浮気のことで頭が一杯の母親と言うのもおかしいと思った。
『私、高校辞める。こんなのおかしい』と言うと母は
『辞めるなら自分で先生に言って自分で手続きしてね・・』と言った。
翌朝、登校すると私はまっすぐに職員室に向かった。
担任に事情を話すと真っ青になって
『ちょ、ちょっと待ちなさい。早まらないで。別の部屋で話ましょう』
と言って個室の部屋に連れて行かれた↓

Read more

先生『事情はわかりました。でも辞めないわけにはいかないの?』
私『父は冗談で言ったつもりかもしれませんが、こういうことが3年間続くのは嫌です。辞めて働きます』
先生『あなたはとても真面目だし頑張っているじゃない。先生はどうしても学校に残ってほしいと思います』
私『私、決めたんです。辞めます』
私の決意は固かった。
その日はクラスメートには黙っていつものように授業を受けていた。
ただ、一番仲良しだった二人にだけに『明日で学校辞めるから』と話していた。
翌日は普通に授業を受けて、母が下校の頃学校に来て最後の手続きをして、私はロッカーの荷物を紙袋に詰めて学校を去った。
私が辞めることを知っていた二人の友人が号泣しながら『急だったからこんな手紙しか書けなくて』と言って手紙をくれた。
ー短い間だったけど、ずっとずっと友達だからね・・・-
彼女たちどうしてるかな。もちろんちゃんと卒業して今頃いいお母さんになっているでしょうね。
今、お礼が言いたいです。たった二ヶ月ちょっとの友達のこんな私のために泣いてくれて、本当にとってもとっても嬉しかったよ。
優しかった二人に心から感謝します。
家庭環境がボロボロのこういう状況の時、親を恨んだり環境のせいにして文句を言いながらも親に依存している人がいるけど、それはやっぱり違うと思う。
そこで、親に見切りを付けて自分で生きて行く努力をした方が全然人生が拓けるし幸せだと思います。

学校に行こう!!

子育て&学校

CIMG5541.jpg

今日は息子の通っている小学校の授業参観の日。
土曜日だし勘違いしていつものように寝坊してはいけないと、前の晩あれだけ注意していたのに・・・。
やっちまいました。
息子はいつも8時過ぎには家を出ます。そして今日起きたのは何と7時50分でした。
私は目覚ましを止めた記憶が全くなくて、目覚めて時計を見て卒倒しそうでした。
10分で食事をさせて歯を磨いて送り出したので遅刻はさせませんでしたが、本当に危機一髪でした。
上の写真は廊下に貼り出された作品で、寿司桶だけか印刷された紙に寿司のネタを調べて描くと言うものです。
息子の絵を見て他の保護者の方が、みなさん誉めてくれます。
『寿司の並べ方をアレンジしているのもすごいけどわざわざ寿司桶の柄まで描いてるの○○君だけよぉ。やっぱりお母さんが絵を描くからなのねぇ』
確かにそこまで丁寧に描いているのは息子だけでした。
誉められるのは嬉しいけど、図工だけで成績が評価してもらえるならねぇ・・・。
家に帰ってこの写真を娘に見せると
『ちょっと!やばい!この絵!』↓
CIMG5540.jpg

写真はお蚕さんです

Read more

『これ、私が描いたのとほとんど同じだよ!!』
怖いですねぇ、血が繋がってるんですねぇ。
娘も同じ小学校の卒業生で5年前5年生の時に全く同じ授業があったそうです。
その時描いた絵が弟と同じらしいんです。
『この寿司桶の柄も同じ鳥の模様を描いたの。寿司桶にまで絵を入れたの私だけだったんだよ。怖~い、やっぱり姉弟だから同じこと考えるのかなぁ』
今度娘の描いたものも出してみて、見比べてみようと思います。
写真のお蚕さんは廊下に置いてあったもので、虫の嫌いな方がいたらごめんなさ~い。
3年生の授業でお蚕さんを育てると言う授業があるのです。
娘も息子もこれをやりました。週末は家に持って帰ってくるので、桑の葉を探しに行ったことを思い出しました。
虫嫌いのお宅は大変でしょうね、きっと。

アニメーターはつらいよ47

アニメ

CIMG5008.jpg

番外編『恋愛玉砕物語①』
アニメーターだって恋をします。
アニメーションの話じゃなくて恐縮ですが、私の人生最悪の玉砕物語を聞いて下さい。
何股も掛けられてアパートの入居金を半分とられ、そのアパートを追い出され阿佐ヶ谷で一人暮らしを始めた23才の私。
その半年後、フリーのアニメーターになりコンビニでアルバイトまで始めて充実していると言うより自分を追い込んで全てを忘れようとしていました。
バイトで若い子たちと遊んでいると『な~んだ、人生楽しいことがまだまだ一杯あるじゃん』と前向きな気持ちになれました。
それで十分楽しかったので、別に恋愛をする必要はないと思っていました。
秋のある日、阿佐ヶ谷に住む同じアニメーターのRがディズニーランドに誘ってくれました。
確か開園して結構たっていたのに私は行ったことがなかったので
『行く行く絶対行く!!』私は行く気マンマンでした↓

Read more

友人Rの知り合いの人が車で連れて行ってくれると言うことで、足代が浮きました。
約束の時間に阿佐ヶ谷の中杉通りに行くと車が止まっていました。
車から降りてくる人を見て
『運命の人だ・・・』
と直感しました。
古いけど松田聖子のビビビです。
その人もやはりアニメーターで有名な方らしかったのですが、私は疎くて全く知りませんでした。
生まれてはじめてのディズニーランドは最高でしたね。
夢のような1日が終わって何も起こらず、お礼を言って阿佐ヶ谷で降ろしてもらいました。
せっかく王子様をみつけたのに・・何も言えなかった・・。
二十歳の私なら積極的に押しまくったと思いますが、女も23になるとさすがに臆病になります。
『まぁ・・・縁がなかったと言うことで・・・』
と思って諦めていた私にチャンスが訪れました!!
                  続く!!!

くじ運のいい男

未分類

下の写真はうちのビリケンさんです。私は無宗教ですが、ビリケンさんは愛嬌があって大好きです。
昨日のブログで私はタダと割引が大好きだと言う話をしました。
そして今日、当たりましたよ『シュレック3』の試写会が。
息子の名前で出して当たりました。
実は息子は頭は弱いのですが、くじ運にはめっぽう強いんです。
縁日のくじ引きでも毎年特等を引くし、郵便局のイベントのくじ引きでも一等を取って陶器製の巨大ポスト型傘立て(多分買うと5万円くらいしたと思う)も当てました。
だからプレゼントには息子の名前で送ることが多いんです。
5名にしか当たらない試写会プレゼントだったんですよ、さすがに息子の名前で出しても絶対当たらないと思ってました。
しかし、日本語吹き替えでなく字幕スーパーと言うのがちょっと困りますね。
息子はボーとしているので多分読み切れないと思います。
『字幕で大丈夫?』と聞くと
『う~ん。字幕が読めなくても何となく話が分かればいいと思う』
本人がこんな感じなので問題ないでしょう。↓
CIMG5537.jpg




Read more




下の写真はうちの水槽。先日つかみ取りで取って来た金魚と前からいた金魚たちです。
今のところ1匹小さな金魚が死んだだけでみんなとても元気です。
連れてきた当初は怯えていましたが、この頃は私のことをちゃんと分かっています。
私が水槽の前を通ると『いつもエサをくれるオバハンだ!!』とばかりに写真のようにドォッー!!と一斉に寄って来ます。
言葉の分からない同士(?)が意志の疎通が出来るのって、ミラクルで最高に嬉しいです。
子どもの世話だけでも手一杯なのに水槽の手入れやエサやりと大変だけど、かわいいから許す。
そうだ。くじ運と言えば、私もサミットのプレゼントで1000円分のお買い物券が当たりました。
あぁ~すごい幸せ。(ちっちぇ~!!)
CIMG5534.jpg


無料と割引が好き!

未分類

CIMG5517.jpg

朝、娘の弁当の卵焼きを作るために卵を割りました。
『わぁー!!スゴイ!黄身が二つ!二つ!すごいよ、これ!!』
台所で大興奮。皿を持って娘に見せに行きました。
別にだからどうしたと言うわけではないのですが、何かすごく得した気分でした。
ずっと貧乏暮らしをしているので、そんなことさえもラッキーニュースになっちゃうんですね。
得したと言えば、先日予約した温泉ロッジもお得でした。
宿泊場所を決めるのに色々と迷っていました。
民宿は襖一枚でプライバシーがないし若い人に馬鹿騒ぎされて去年の二の舞になるのは嫌だし。
ホテルは夏料金でべらぼうに料金が高い。
あの宿泊施設の特別料金はやめて欲しいですよね。稼ぎ時と言うのは確かに分かりますが、倍の値段は酷いでしょ。
ブツブツ言いながらインターネットで調べていると、温泉ロッジというところを見つけました。↓

Read more

CIMG5519.jpg

ここが良心的なんです。一年中料金が変わらないって言うんですから。
問い合わせて直接聞いてみたら、宿の人がそう言ってましたから間違いないです。
それでも信じられなくて聞き直しちゃいましたよ。
んなわけで、何の迷いもなくここに予約を取りました。
ホテルに泊まることを考えたら4万くらい浮きました。ヤッター!!
船は勤労福祉協会の割引が出来るしラッキー。
やっぱり無料と割引最高!!
今年はカゴメさんは『食育探検ツアー』をやらないのでしょうか?去年のようにタダでつれて行って欲しいです。
サミットさんの地引き網ツアーが当たるように、神棚のビリケンさんに毎日お願いしてます。
ちなみに上の写真は今年はたくさん生ったグミの木です。
タダで美味しいデザートになってくれれば良いのですが、これが渋くてマズくて食べられません。目で観て楽しんでいます。



まゆみの事件簿其の一

未分類

一昨年まで飼っていたコブちゃんですぅ(正式名コブラ)
CIMG1909.jpg

女子プロの女の子がチカンを捕まえたと言う話題をワイドショーが取り上げているのを見て私も思いだしました。
まだ実家で暮らしていた頃の話ですから、私が二十歳くらいだったと思います。
動画のUPで忙しくて帰りがかなり遅くなってしまいました。
その日は制作のFさんと喧嘩になり腸が煮えくり返るほど怒っていたため自転車も暴走気味でした。
すると後ろから自転車が来る気配がしました。
ぶつかっては危険だと思い少しスピートを弱めた時事件は起こりました↓

Read more

スピードをゆるめた私の横に付いた自転車の男が私の胸を触ってダッシュで逃げたのです。
このブログを読んでいる方なら後察しでしょうが、私は曲がったことが大嫌いです。どんな相手でも噛みつきます。
その日は特にFさんと喧嘩をして頭に血が上っていたので完全にキレました。
『この野郎!!ちょっと待て~!!』
私の暴走は止まりません。
自転車の若い男はまさか追ってくるとは思わなかったみたいで、恐怖に振り返りました。
こっちも必死でしたが、相手も必死で、なかなか追いつきません。
あんまり腹が立って持っていたショルダーバックを投げつけましたが届きませんでした。
『もうすぐ交番がある。交番に飛び込めばお巡りさんが助太刀してくれる』
と思って交番に行き着くと、なんと交番は無人。
男には逃げられるしお巡りさんはいないし、交番の前でくずれ落ちました。
最近は相手によっては逆ギレされて刺されたりするので危険なので、さすがにあんなマネはしませんが、当時は怖い者無しで肩で風斬ってましたからね。
娘も年頃になったので心配していますが、彼女は空手二段なので
『倒す自信がある』
と言ってます。

担任が訪ねてきました

子育て&学校

*桜坂ヤックンカミロボと旅する其の二*
CIMG5022.jpg

シナリオの手直しをしていた夕方、眠気と闘っていた時、突然電話が鳴りました。
電話に出て見ると、息子の担任の先生からです。
『○○君のことでお話したいことが二点ほどあるので、今から伺ってもよろしいでしょうか?玄関先で簡単にすむ話しです』
ひぇ~!!先生がわざわざ訪ねて来て話さなくてはいけないような何を息子はしでかしたのでしょうか。
一瞬にして眠気が覚めました。
息子はどちらかと言うとマイペースなせいか無害な子で保育園から現在まで、人を傷つけたり意地悪をしたり問題を起こしたことは一度もありませんでした。
心臓をバクバクさせながら玄関先で待っていると、担任の先生がやってきました。
そして言われた言葉は!!↓

Read more

私がよほど不安な顔をしていたのでしょう、先生は
『お母さん不安そうな顔をしてらっしゃいますけど、あのそんな大それた話ではないんですよ。ただ・・・・実を言うと○○君が給食を食べるのがとても遅いんですよ』
出たぁ~!!その話ですか~って感じでした。
うちの子は号泣したくなるくらい食べるのが遅いんです。
姉の方も保育園の頃から面談のテーマはいつも『食べるのが遅い』で5年生になるまで、毎年『食べるのをもっと早くするように努力して下さい』と先生に言われてきました。
弟も保育園の時から、やっぱり同じように『食べるのが半端なく遅い』と言われて注意されてきました。
私は大家族の中で育ったせいか早食いで5分から10分で食事をすませてしまう派なので、ゆっくり食事をする人の気持ちがまるで分からないんです。
放っておくとほんの少しの食事を2時間でも3時間でもかけて食べてるんです。お前らフランス人か!(すみません食事に時間かけるの何処の国でしたっけ?)
『それと漢字テストの点数が低い。このままだと完全にビリになりますよ。家でもテスト勉強をするようにさせてください』
もう、頭を下げっぱなしでした。
私に似たんだと思います。勉強大キライですから。頭の中の99%は工作のことで一杯ですから。
どうやって本人に自覚させればいいのでしょうか?誰か助けてくださ~い!!

阿佐ヶ谷バイト物語②

未分類

CIMG5373.jpg

動画のUPでどうしてもバイトを休まなくてはてけない時があると、他のバイトの子に交代してもらいます。
バイト仲間の中で一番真面目そうなで堅物な大学生のH君にお願いしてみることにしました。
ただH君は、水に手をかざして真顔で『僕の力でこの水は美味しくなるんです』とか『僕の力で食べ物は腐りません』とか言う少し変わった子でした。
他の子には変わってもらえず背に腹は代えられずH君に頼みました。
H君『別にいいっすよ。でもそのかわり僕も○○さんにお願いしてもいいですか?』
私『お願いって何?』
H君『今度着いて来て欲しいところがあるんです』
何となく察しは付きました。↓

Read more

バイトを変わってもらった後日、私はH君に連れられて某所に行きました。
H君は道場と言っていたと思いますが、畳が敷き詰められた大きな部屋に沢山の人が横になっていて、H君の言う『力を持っている人』がその人に手をかざしています。
たぶんオウムではなかったと思いますが、宗教だったのは間違いないと思います。
道場の入り口にある置物が神様と言うことでおじぎをして入って行きます。
中に入ると横になるように言われて、仕方がないので言われるままに横になりました。
まだ20代の若い女の人が『どこか悪いところはありませんか?』と聞きます。
いきなり言われて考えましたが、悪いところと言えば、しいて言えば頭が悪いことと男運が悪いことくらいです。
私『悪いところはとくにありません。しいて言えば頭くらいで・・』
女の人『偏頭痛とかですか?』
私『いえ、頭が悪いんです!』
女の人『・・・・』
H君は勧誘するために私を連れてきたのでしょうが、とんだ女を連れて来てしまったと後悔しているようでした。
女の人『それは治せません・・・』
と言うわけで、私はさっさと帰されました。
H君は二度とその道場に私を誘うことはありませんでした。
まぁ、そういうところに連れて行かれてあっさり勧誘される人もいるのでしょうが、私を誘ったのは本当に間違いでしたね。
ごめんねH君、今頃何してるのかな・・。

海か温泉か

旅&おでかけ

CIMG1704.jpg

今日、夏休みの船の予約とロッジの予約を取りました。
夏が近いから間食をやめよう・・・・・と言いながらダラダラしていた私ですが、行くことが決定してはじめてお腹の肉のだぶつきがかなりヤバイと言うことに気が付くんですよね。
今年の夏はどうするか、娘と息子に意見を聞いたところ、息子は式根島に行きたいと言うし、娘は温泉に行きたいと言います。
娘はもともと生き物が嫌いなので磯遊びは大嫌いだし、海は好きではなかったのです。
で、いろいろ見当しましたが、息子が磯遊びをしたがるのも今年か来年まででしょう。温泉はその先ずっといつでも行けるし、夏に海に行かないでいつ行くの?と言うことで海に行くことに決定しました。↓

Read more

私『ビキニを着るのにこの体はまずいだろ』
娘『・・・・』
以前なら『いい加減ピキニなんてやめてよ!!』と言う娘も、諦めてもう何も言わなくなりました。
なぜならずっとずっとビキニだからです。
それも20年以上前に買った若い頃着ていたビキニを今も愛用しているのです。
さすがに区民プールに行く時にはオバサン臭いワンピースの水着を着ていますが、やっぱり海はヒキニでしょう。
私の叔母は60過ぎて孫がいてもビキニ派で頑張っています。
私も叔母を目指して孫ができてもビキニで頑張るつもり。
娘に『見たくない人のことも考えなさい!!』と言われたこともありましたが、人の迷惑なんて関係ありません、着たいだけなんです。
寒天ダイエットで1年かけて4㎏落とした体重が、たった2日で1㎏増えました。
減らすのにはこんなに苦労して大変なのに何でいとも簡単に増えるのでしょうか・・・。
明日から頑張って間食を我慢します。新島で男の子を連れたビキニを着た肉のはみ出てるオバサンがいたらそれは私です。
もしも見かけても『目が腐る!!』とか小学生みたいなこと言わないでねっ。



ムツゴロウさんみたいに・・・

動物&昆虫

20070609005028.jpg

この間の写真はヒョウだったけど今度はトラですよ。
息子の顔は引きつっていますが、私はニッコニコ。
とってもとっても嬉しかったです。
本当はムツゴロウさん見たいに『よーし、よしよし!』と思い切り抱きついてグリグリしたいところだけど、変に動いたり首の上を触ると噛みつきますと言われたので我慢しました。
私どんなに大きい動物でも基本的にオールOKです。爬虫類とかも大丈夫ですし。
この世で苦手なものはゴキブリだけかな。↓

Read more

小さい頃からいろんな生き物に囲まれて育ってきました。
犬、猿、キジ(うわっ桃太郎じゃん)猫、ウサギ、インコ、オウム、ハムスター、モルモット、ハツカネズミ、伝書鳩、シャモ、トカゲ、ヘビetc
田舎で馬や牛や鶏に囲まれて育った父は東京で暮らしていても生き物に囲まれていたかったんでしょうね。
キジとヘビは宮城の田舎からとっ捕まえてきたもの。猿は姉がせがんでペットショップで買ってもらいましたが、寒さに弱くてすぐに死んでしまいました。とっても可哀想でした。
伝書鳩はほとんど私が面倒見ていました。
怖い者知らずの父でしたが、人には一つは苦手があるんですね、父の苦手は『ねずみ』でした。
あんなに小さい生き物なのに本気で怯えてました。
学校の裏門で売っていたハツカネズミをどうしても飼いたくて、こっそり隠れて飼っていたら、たまたま父にみつかってしまいました。
その時の父の姿ったらなかったです。
もの凄い悲鳴を上げて裸足のままで表に逃げて行きましたから。
当然処分されました。泣きました。

MADE IN 足立45

連載物語 MADE IN 足立

20070607232556.jpg

希望した高校に合格して毎日学校に行くのが楽しくてバラ色の高校生活を送る私だった。
準備していた夏の制服を着るのが楽しみで毎日眺めていた。
ところが入学して二ヶ月くらいたったある日のこと・・。
『お父さんに月謝を貰ってきて』
と母が私に命じた。
その頃、家庭内別居で母は父と口を聞いていなかったので、用件は全て子どもを通していた。
命ぜられた私は一階の父のところに行って
『お父さん月謝をお願いします』
と頼むと父は不敵な笑いを浮かべてこう言った。↓

Read more

『出してもいいが、お母さんと一緒に頼みに来い。お母さんと手をついて頭を下げてお願いしろ』
当時、羽振りが良くて愛人が何人もいたわけだからお金はあったのだ。
父は母がどう出るか試したかったのだと思う。
二階に行き母にそれを告げると母は逆ギレした。もちろん絶対NOだと言う。
再び父にそれを告げると
『じゃ金は出せん。高校に行きたければ働いて行けばいい』
『働けって、定時制じゃないもん。無理に決まってるじゃん!!』
『そんなことは知らん。本当に行きたい学校なら出来るだろう』
と冗談ぽく言った。
私はプッツンと切れた。
面白半分に勢いで言ったのは薄々気が付いていたが、勝ち気な私には冗談は通用しなかった。
私は二階に上がって母に言った。
『学校やめる。明日やめる』
母は驚きもせずに
『お母さんは知らない。やめるのなら自分で全部手続きしてね』
とボソッと言った。
『分かった。明日、先生に話して来る』
父はお金で人生が狂い、母は父のことで頭が一杯。
こんな面倒くさい親から自立しなくちゃいけないと子ども心に決心した瞬間だった。

これも夢でした

動物&昆虫

20070606234230.jpg

一昨年、サミットの夏休みツアーが当たって明治製菓の工場見学と群馬サファリパークに連れていってもらいました。
小さい頃から一度でいいからサファリパークというところに行ってみたいと思っていて夢が叶いました。それもタダで。
滞在時間がとっても短くて駆け足だったので、ちょっと残念でしたが、その短い時間の中で動物と一緒に写真撮影をすることができました。
チョー感激でした。首から上を触ると噛むので気を付けて下さいと係の人に言われてオシッコちびりそうでした。
私は噛まれてもいいけど、息子が噛まれるのは困るので、最悪の場合野獣と闘わなくちゃと覚悟していました。
息子は少し怯えていましたが、なかなか出来ない体験なので説得してトラとヒョウと写真を撮りました。
確か大蛇もいたと思うのですが、時間がなくてそれは撮ることができませんでした。↓

Read more

明治製菓の工場見学も楽しかったです。
工場中にチョコレートの香りがして、チャーリーとチヨコレート工場みたいでしたよ。
チョコレート工場にいると思いの外チヨコレートの香りが体に染みつくそうで、工場内にはお風呂があって、従業員の人はちゃんとお風呂に入って帰るそうです。
カールがポンポン出て来るところも圧巻だったし、出来たての暖かいカールを試食させてもらえて親子で良い体験が出来ました。
帰りにはお土産まで頂けて、至れり尽くせりのツアーでした。
しかし、このサミットの夏休みツアーは当たらないんですよ。
4年間毎年送っていて当たったのはこの1回。今年もめげずにライオン地引き網コースか雪国まいたけコースかに応募してみるつもりです。
参加は小学生に限ると言うことなのでチャンスはあと2回。当てて下さいサミットさん。

アニメーターはつらいよ46

アニメ

息子の作ったカミロボ(桜坂ヤックンカミロボ)と旅しました。
CIMG5011.jpg

監督、演出家さんもいろいろです。
自分の思い通りじゃないと絶対嫌!!で、次に進まなくて作業が滞って最後はグズグスになるタイプ。
懐が深くて余裕があって絵描きさんを信用して任せるタイプ。
私が知っている監督さんはそんなに大勢いるわけではありませんが、中でも芝山努さんが一番尊敬できました。
だいたい絵コンテが素晴らしい。
そのまま書き写せばいいんじゃんてくらい完璧で分かりやすくて何しろ絵が可愛い。
当時、フレーベル館の絵本をアニメ化したシリーズの絵コンテは今でも大切な宝物です。↓

Read more

芝山さんは、よくいる気分屋の監督と違って、いつも笑顔で絵描きを信頼して任せて描かせていましたね。
そして任せているようだけど全体を見ているから、良くないところはちゃんとチェックしていて、無駄がないので完成した作品も素晴らしい。
芝山さんの描くキャラクターは古くさくないしシンプルに纏めていて洗練されているので、描く側も描いていてとても楽しかったです。
ガンバの冒険、天才バカボン、ド根性ガエルなんて最高でしたね。
私のアニメーター人生の中で芝山さんの作品に関わった時が一番楽しかった思い出かもしれません。
監督さんはやっぱりこうじゃなくちゃ。
自分の才能に惚れ過ぎている監督で『何で僕みたいに描けないの!!』って原画の人を怒る人もいるけどねぇ、原画の人は萎縮してのびのび描けないし、結局それがフィルムに全部出てきちゃうから出来上がった物がグスグスになっちゃうんだよね。
やっぱり男はどっしりして器が大きくなくちゃね。

お金は確かに欲しいけど・・・

未分類

CIMG5174.jpg

私が23才の頃通っていた美容院の見習いの女の子のお話。
まだ18くらいの女の子で、私のことをすごく慕ってくれていました。
ある時、
『お姉さんの家に遊びに行ってもいいですか?』
と聞かれたので、一日中部屋にこもって仕事をしているから、いつでもいらっしゃいと返事していた。
そして、しばらくしたある日のこと、彼女はアパートに訪ねて来た。
しかし、見知らぬ女の人を連れて二人でやって来た。
私の経験上、この場合、宗教の勧誘か怪しい話に違いない。
追い返すわけにもいかず、とりあえず上がってもらうことにした。
美容院の女の子はニッコニッコの上機嫌で、一緒に来た女の人は挨拶もそこそこにテーブルの上にノートを広げ始めた。↓
CIMG5521.jpg

Read more

どうも『ねずみ講』のお誘いのようだった。
電化製品を知り合いに一台売ると、あなたに○○%入って・・・。
ノートに仕組みを書きながら説明し始めた。
私は全く興味もないし、とても不愉快なので、はっきりと断った。
すると美容院の女の子は『えっ?何で?』と言う表情で私を見た。
『私の知り合いの夫婦はこれをやって、すごく儲かって高級マンションに住んで外車に乗って、いい暮らしをしてるんですよ?お姉さんもいい暮らしがしたいでしょ?私は美容院なんか辞めてこれをやって儲けようと思ってるんです』
と彼女は瞳を輝かせて言った。
『そりゃ体を壊してまで働いて貧乏暮らしだけど、私は人を騙すようなことをしてまでお金を欲しくない!まだ貧乏暮らしの方が好きだ!』
と言うと、
『私の知り合いはみんな喜んでこの話に乗ってくれたんですよ。貧乏が好きだと言った人はお姉さんが初めてです』
美容院の女の子は落胆し、女性は当てが外れて不機嫌になりながら帰って行った。
彼女があの後どうなったかは知らないけど、あの手のことをして親戚や友人から信用を無くし、今は生活保護を受けて暮らしている人を何人か知っている。
そりゃお金は欲しいけど、真っ当なお金じゃなくちゃねぇ。やっぱり。



高橋克也イラストレーション展

旅&おでかけ

CIMG4991.jpg

L25のイベント情報を見ていたら高橋克也イラストレーション展と言う記事とイラストが載っていました。
そのイラストがとっても素敵でこれは是非他の作品も見てみたいと思い土曜日に息子と二人で行ってきました。
ところが前にも書いた通り、私は恐ろしく地図の読めない女でして、外苑前で降りたものの地図の意味がさっぱり判りませんでした。
実は駅からとても近いところにあったのに関わらず、全く反対側へどんどん歩いて行ってしまい完全に方向が分からなくなり、ガソリンスタンドのお兄さんに地図を見せて聞いてみました。
ところがガソリンスタンドのお兄さんも
『この地図だとわかりませんねぇ』
と悩んでしまい分からなくて、仕方がないので青山墓地の方まで行ってみました。
『みつからなかったら諦めてお昼を食べて帰ろう』と息子に言うと呆れてました↓



Read more

いろんなところで道を訪ねながら、本当は10分もかからずに行ける場所を40分かけてスペースユイと言う画廊に到着しました。
お洒落な画廊の中に入ってみると高橋さんご本人が画廊にいらっしゃいました。とても穏やかそうな方でしたよ。
高橋さんの絵は全て色鉛筆だけを使って描きだしているもので、どの作品も暖かみがあって優しい絵ばかりです。
本当は作品を載せたいところですが、勝手に載せてはいけないでしょうから、興味のある方は高橋克也さんのホームページをご覧になって下さい。
うちの娘は色鉛筆描きは好きだけど絵の具が苦手な子なので、
『高橋さんのような手法もあるんだよ』
と薦めておきました。
息子もとても興味を示していて
『お母さん、今度高橋さんみたいに色鉛筆で絵を描いてみようよ』
と張り切っていました。
そして私がいつものように
『お母さんが有名作家になったら高橋さんに挿し絵を描いてもらっちゃお~と』
と夢を語ると
『出た!お母さんのいつもの妄想!!』
と娘が呆れていました。
いいじゃん!夢を語るのはタダなんだからさ!

あさがやたがやせ其の七

農業&ガーデニング

*まゆみのアメリカ生まれの杉並育ちアピオス実験栽培*
これがアピオスのイメージキャラなんですよぉ~。
20070602234940.jpg

5月26日にJA東京中央のセンター長さんが浜田山農園に支柱を届けてくださいました。
最初の話では、グリーンセンターまで取りに行くことになっていたのですが、3mちかい長さの支柱を20本も自転車で運ぶなんて絶対不可能なので無理を言って車で運んで頂きました。
本当に本当に助かりました。センター長さんありがとうございました。
さて、アピオスの芽はやっとこ6個くらいに増えていました。
一番よく育った一本が下の写真です。↓
CIMG5492.jpg

Read more

センター長さんが簡単に指導してくれたので助かりました。
報告会の時に支柱の立て方を説明してくれて、ノートもちゃんととったのに実際その場で指導してもらったら私はかなり勘違いをして聞いていたみたいで、危なく滅茶苦茶な畑になってしまうところでした。
そして浜田山農園の相棒のTさんとTさんのご主人も助っ人に来て下さって、3人で支柱を立ててネットを張りました。
もう少し丁寧にやりたかったのですが、何せ炎天下だしTさんはお稽古事があってお急ぎだったので、かなり大ざっぱな感じの仕上がりになりました。
後はとにかく全ての種芋が芽を出してくれて、すくすく育ってくれれば万々歳です。
帰りにTさんにぜんまいの煮物を頂きました。お袋の味最高ですね。
Tさんの帰った後、少し残って雑草とりをしました。
アピオスの芽はなかなか出てこないくせに雑草の芽は頼みもしないのにわらわらと生えてきます。
農家のみなさんはご苦労様ですよね。
CIMG5493.jpg


阿佐ヶ谷バイト物語①

未分類

この写真の猫様こそ、ポチたまにも登場したことのある阿佐ヶ谷のみーちゃん様でございます。
確か年齢は『化け猫じゃん』と言うくらい長生きをしている猫様です。
CIMG5096.jpg

前回アニメーターをやりながらコンビニで2年くらいバイトをしていたと書きましたが、実際、学生の中で社会人23才の私は浮いてましたねぇ。
でも本人はバイトに行くたびに新しい発見があって刺激になって楽しかったです。
全員私より年下で『お姉ちゃん』と呼ばれてました。
それぞれ個性のある良い子ばかりで、私は年上なだけで逆にみんなに遊んでもらいました。
冬のある日、高校生のMちゃんと大学生のT君と3人でおでんパーティをやろうと言うことになりました。↓
CIMG5374.jpg

Read more

私のアパートでやればよかったのですが、確かT君がMさんに好意を持っていて、きっかけ作りをするためにT君の部屋でやろうと言うことになったのだと思います。
東京で一人暮らしする学生と言うだけあって、確か、四畳半くらいの狭い部屋でした。
買い出しして、さっそく電気コンロと鍋を用意して、おでんの準備をしました。
ところが、電気コンロを使いはじめるとすぐにブレーカーが落ちてしまいました。
唯一の暖房のこたつを消しても何度もブレーカーが落ちます。
しまいにアパートの別の部屋から苦情がくる始末で、生煮えのおでんを寒い部屋でつつき、散々なおでんパーティになりました。
その上、MさんはT君に全く興味がなくて、T君の努力は無駄に終わりました。
そんな様子を見ながら、若いっていいなぁとしみじみ感じていた23の冬でした。

私から届いたハガキ

旅&おでかけ

これは娘の魚の目だぁ!!
今は便利でいいですねぇ。ちゃんと魚の目取りの絆創膏があって、それをしばらくつけていると、あら不思議!本当に魚の目玉みたいのがポロリと取れるんですよ。見事な魚の目でした。
誰が名付けたか知らないけど、魚の目って本当に魚の目の形なんですよね。
CIMG4784.jpg

去年の5月27日に千葉の木更津に潮干狩りに行きました。
潮干狩りって神秘的だと思います。
だって、本当は海の中のはずの海の底を歩いちゃうんですよ。
その海の底をトコトコ歩いていると、引き潮の時に逃げそびれたエイとか魚があちこちにいたりしてまるで水族館。
極めつけはシャコですよ。寿司のネタになっている姿はグロくて私は食べられませんけど、生きている奴は可愛いのなんのって、家に持って帰って飼ってみたくなりました。
その木更津に行くために、観光バスは海ほたるを通ります。
海ほたるにはタイムカプセルポストがあるのを知っていますか?↓

Read more

確か3階か4階にポストがあって、そのポストに手紙を入れると一年後に手紙を届けてくれるのです。
私も息子もそのポストの存在を知っていたので、あらかじめハガキを書いて用意しておいて、当日海ほたるでのトイレ休憩の時間にダッシュでポストにハガキを突っ込んできました。
息子『本当に一年後に届くのかなぁ』
二人ともちょっと疑っていました。
そしたらこの間、少し早かったけど23日にちゃんとハガキが届きました。
海ほたるさん疑ってごめんね。
息子の自分宛のハガキにはケロロ軍曹のドロロの絵とともに
『一年後の自分、絵がうまくなってる?漢字うまくなってる?テストで100点とれた?工作うまい?』
と書いてありました。
私の方はと言うと一年前は修羅場で、子どもがいるから生きていたようなもんで、もしも一人ならどうなっていたか分からないくらい辛い時期でした。
『一年後の私が今と違って輝いていてくれたら嬉しいです。自立して子どもたちと自由を掴め!頑張れ私!!』
と書いてありました。
なんだかウルウルしちゃいました。死にたいくらい苦しくて辛いはずなのに一年後の自分を励ましているんですから。
もしも海ほたるを通る予定のある人は是非タイムカプセルポストに自分宛の手紙を書いて自分を励ましてあげましょう。お薦めしますよ。