Archives ( 2007-11 )

埼玉産直センターに行きました③

農業&ガーデニング

CIMG6504.jpg

セクシーダイナマイツニンジンのみなさんです。
このニンジンたちは埼玉産直センターの体験農園で子供たちが植えたニンジンです。
畑に取り残したニンジンの収穫をお手伝いして、このニンジンはいただきました。
下の写真の野菜は同じ畑で出来た野菜で、袋に詰め放題200円で、畑で自分で引き抜いてきました。
カブが12個、大根、キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草。
こんなにたくさん頂いちゃいました。
さぁ、これをどう料理しようかな?↓
CIMG6502.jpg

Read more

CIMG6499.jpg

昨日のメニューはカブトマトスープとカブの浅漬け、大根とニンジンのペペロンチーノ、カツオのたたきのサラダ。
今日は、鍋にしてとりあえず野菜をどしゃどしゃ入れました。
娘いわく、
『なんか家って、野菜ばっかり食べてるよね。まぁ野菜大好きだから別にいいんだけど』
気づいちゃったかなぁ~。
うちの子たちは、骨のある魚は嫌とか、堅い肉は嫌とか、贅沢を言うので、気がつくと野菜ばっかりになってました。



埼玉産直センターに行きました②

農業&ガーデニング

CIMG6492.jpg

この機械はミニトマト大きさを選別する機械です。
『よりこ』というネーミングに思わず笑ってしまいました。
たぶん選り分けると言う意味で『よりこ』と言う名前なのでしょう。
私からグッドネーミング賞をあげましょう。
なんとこの機械10通りの大きさにミニトマトを選別できるすぐれものなんですよ。
だけど、使っていないみたいでしたけど。
下の写真でも分かるとおり、地元お母さんたちが目で見てチェックしていました。
傷のあるもの、ヘタのないものは、弾かれます。ヘタがついてないと規格外れなんですって。
ヘタなんかなくても入れていいと思うんだけどなぁ。↓
CIMG6493.jpg

Read more

人参の収穫をして分かったのですが、このあたりの土がとっても堅いのですよ。
昔、利根川が氾濫した時に流れてきた土と地形のせらしいのですが、かぶ以外の野菜は引っこ抜けません。
人参もスコップで土を掘らないと取れないのです。
ほうれん草は引っ張ると葉っぱだけが千切れて、根っこが残ってしまうんです。
この土地で農家やっている方々は、本当にご苦労様です。
2週間前に行ったやさとの人参農家さんの畑は、フカフカで軽く引っこ抜いて取れました。
土地によって土がこんなに違うということが勉強できました。


埼玉産直センターに行きました①

農業&ガーデニング

見よ!このピカピカのミニトマトちゃんを!
CIMG6489.jpg

東都生協の『農家の一日体験ツアー』に参加してきました。
埼玉産直センターは深谷市にあります。
池袋からマイクロバスで2時間掛かりました。
昨年の今頃、千葉の援農に行った時はハウストマトの雑草とりをして、すごい肉体労働をして3日間腰痛で苦しみました。
私はたまに行ってそんな状態なんですから、毎日畑に出ている農家の方は本当にご苦労様です。
そんな記憶があるので今回も覚悟して参加しました。
こちらでは、人参の収穫と選別と洗浄の手伝いということだったのですが、実際現地に行ったら人参の収穫だけで終わってしまいました。
みなさん私よりお年を召した方ばかりでしたが、手際がよくてあっという間に終わってしまい、拍子抜けしてしまいました。↓
CIMG6486.jpg

Read more

人参の選別の仕方を教わりました。
いやぁ、規格の厳しさに驚きました。
上の方が青いと×、切り人参は今の時期だと80グラム以下の小さいのも×、350グラム以上の大きいのも×。
変形、割れ、股割れはA品になれない。
食べちゃえばみんな同じなのにねぇ。
『世の中の人がみんなそう言ってくれると有り難いんですけど、きれいなものじゃないと嫌だと言う人がいますから、仕方ないですね』
生産者の方がポツリと言ってました。
頑張れ農家!!野菜を食べまくって応援してますよ!!
CIMG6488.jpg

選別を教わっている様子

笹倉鉄平展に行きました

文化&芸術&芸能

昨日に引き続き不二家のメニュー
CIMG6483.jpg

笹倉鉄平さんの絵が好きで、展示会に行きました。
鉄平さんの絵は優しくて暖かくて、見ているだけでウルウルしちゃいます。
絵画はあまりよく分からないので興味がないのですが、鉄平さんの絵は見ていると音が聞こえるてくる感じが好きです。
町の人の声や波の音や、レストランの食器の音や、ざわめきや、一枚の絵なのにそこから音が聞こえて来るんです。
24日の私の誕生日に息子と行ったのですが、
『お母さんこの人の絵好きだよね。僕も好きだよ。お母さんこの人の絵、欲しい?どの絵が欲しい?』
『このクリスマスの絵が欲しい』
『58万円かぁ・・・』↓
CIMG6484.jpg

不二家のクリスマスツリーが思い切りボケました

Read more

『僕がお金を貯めてお誕生日に買ってあげるから待っててね。今、貯金箱に3万円あるからあと55万円だね。明日から貯めよう』
お気持ちだけで結構です。
こんなことを言ってくれるのも今のうちだけでしょうね。
ちなみに鉄平さんの絵は家に3枚あります。
ジグソーパズルの絵ですけどね。

一つも二つも一緒だよ

未分類

CIMG6482.jpg

24日は私の誕生日でした。
娘に何が欲しい?と聞かれたので
『誕生日くらいは夕飯の支度をしたくない』と言うと
『私だって夕飯の支度なんかしたくない。それなら何かごちそうしてあげる』
ということで、娘が不二家でごちそうしてくれました。
ケーキは自分で買いました。
不二家は、あの問題があったので久しぶりに行きました。
永福町の不二家さんには、子供が誕生日の時など、ずっと利用していたので、お店を閉めてしまうんじゃないかと心配していましたが、ちゃんと営業していたので安心しました。
ペコちゃんも健在だったし↓
CIMG6485.jpg

Read more

先日、4月生まれの同い年の友人に『いいなぁ、やっと誕生日が来たの』と羨ましがられましたが、
『この年になったら年なんか一つ増えるも二つ増えるも一緒だよ。私なんか全然もう気にならない』
と言うと友人は
『えぇ~!冗談じゃないわよ!一つ増えるのは大問題よ!!』
と、鼻息も荒く怒っていました。
別に女を捨てたわけじゃないんですけど、後はお婆ちゃんへの道まっしぐらでしょ。
周りが引くくらい元気なくそばばぁになるのが目標ですよ、ガッハッハ

アニメーターはつらいよ58

アニメ

CIMG6011.jpg

杉並アニメーションミュージアムで11月27日~12月9日までアニメーーターの逢坂浩司さんの追悼展示会が行われます。
杉並区の区報を見ていたら驚きました。
『機動戦士Vガンダム』などを手がけた逢坂さんという方が9月に亡くなられたと言うことで追悼展示会のお知らせが載っていました。
面識はありませんが、私と同い年ということですから、たぶん同じ時代の作品を描いておられたのだと思いますし、もしかしたら同じ作品に関わっていたかもしれません。
まだお若いのにとても残念です。
やりたいことを沢山出来たのかな?人ごとながら、いろいろと考えてしまいました。↓
CIMG6056.jpg

Read more

以前にもこのブログで書きましたが、『ジャパニーズアニメは国際的に通用する文化的輸出産業』とか『アニメは儲かる!アニメ映画にはずれなし!産業労働省もアニメ産業を支持する!』なんて現場を知らない人は言ってますけど。
アニメーターやスタッフが低賃金と過酷な長時間労働を引き受ける熱心さ誠実さで日本のアニメは支えられてきたんですよ。
それで、大事な逸材を失ってるんだから虚しいばかりです。
現在、無理しているアニメーーターの皆さん、くれぐれも体を労って、こんな人材を大事にしない業界のために命を落とさないように、自分を大切にしてください。

娘の災難④

子育て&学校

CIMG6031.jpg

ママの顔に唾を吐きながら、顔を拳で殴るお嬢さん。
『叱らない教育だから』と怒らずにニコニコ殴られているママ。
目も当てられない状況に耐えられず、早々に帰ることにした。
すると、お嬢様の怒りは頂点に達して
『お前ら、もう二度と来るな!死ね死ね!包丁でバラバラのズタズタにしてやる!死ね死ね!二度と来るな!』
延々と呪いの呪文のように叫んでます。これ、4歳の子供の言うセリフじゃないですよ。
うちの娘は完全に怯えてしまって半べそです。
しか~し!!叱らない教育って何ですか?招いた客に娘かこんな悪態をついてもパパもママもニコニコしながら叱りません。
『ごめんなさいねぇ。うちの子わがままでぇ』
ってオイ!!わがまま通り越してるだろ!
そそくさと玄関に行き靴を履いて表に出ると、最後にお嬢様がやってくれました↓

Read more

『そりじゃ・・・』と挨拶をして通りに出ると、なにやら叫び声が
『ズドドドドト!死ね!撃ち殺してやる!ズドドドト!』
振り返ると、長いライフルのオモチャをこちらに向けて撃つポーズをとりまながら、叫んでいます。
ひゃ~!!!
あとは振り向かないで娘とダッシュでその場を去りました。
帰りの道々、娘が目に涙をいっぱい溜めて
『お母さん・・・お願い・・・もう二度と・・・○○ちゃん家に行かないで・・一生行きたくない・・・』
と言いました。
『って言うか、頼まれても、もう二度と行かないよ。お母さんはちょっと怖すぎると思うけど、子供を叱らないのってどう思う?』
と娘に聞くと、
『そりゃお母さんは怖いけど、あんなのおかしいよ。悪いことしたり悪いこと言ったら怒らなくっちゃ』
あれを見たら4歳の子供でも思うよねぇ。
あれから十年以上たちますが、あの方々に二度と会うことはありませんでした。
娘は今でもはっきりとそのときのことを覚えています。
『地獄を見た』と言ってます。トラウマじゃん。
私がこれまで出会った子供の中で最強のお嬢さんでした。

娘の災難③

子育て&学校

CIMG6277.jpg

パパにパシリをさせてCCレモンを飲んで納得したお嬢様は、今度は二階に行っておままごとをしたいと言いだした。
娘は怯えていて行きたくないと言ったが、行かなければならい空気を感じて仕方なく二階へ上がって行った。
ものの数分もすると『この子つまらない!!パパもママも来て!!』
と騒ぎだし『はいはい』待ってましたとばかりにパパとママは二階に上がって行った。
また私は一階の居間に取り残された。久しぶりに会ったママとまだ何も会話をしていないんだけど、私は何しに来たのだ。
そして今度は『階段でだるまさんが転んだをしたい!!』とお嬢様は騒ぎ出す。
それも、『おばさんも来ないと駄目!全員でやるの!』と私を呼ぶ。
大きなお腹で階段でだるまさんが転んだなんか出来るかボケっ!!と心の中で怒りながら『おばちゃんは今日はいいや』と言うとお嬢様の怒りは頂点に達した。↓


Read more

『つまんない!つまんない!つまんない!この人たちつまんない!』
自分を抱っこしているママを殴り出したのだ。
それでも収まらず、顔にツバを吐きかけている。
私がこのお宅に来て、たったの20分くらいの中の出来事である。
ところがパパもママもニコニコしながら絶対に叱らない。
『うちは叱らない教育をしているから』と言う。
正直、面くらいました。叱らないにもほどがあるだろう。
遊びに来てと言うから来てみれば、客をないがしろにして娘のご機嫌取りに必死な姿を見せられたこっちはどうすればいいのか?
『お母さん・・怖い・・帰ろう・・』
娘はすっかりお嬢様に怯えてしまった。
『なんだか○○ちゃんご機嫌斜めみたいだから帰るね』
と言うと、さらに恐怖な出来事が・・・。
明日に続く!!

娘の災難②

子育て&学校

CIMG5734.jpg

以前住んでいたアパートのお隣さんに町でばったり出会い、その方が引っ越した豪邸に招かれた娘4歳と私。
当時臨月に近かった私は大きなお腹を抱えながら、道々いろいろと考えていました。
お腹にいる時にモーツアルトを聴き、ママに絵本を読んで貰っていたグッドな胎教をされていたお隣のお嬢さんはさぞかし賢いのだろう。
それに比べて私ときたら胎教など全く気にしていなかった。
きっと育ちの違いは歴然なのだろう・・・。
お家に到着するとパパとママと娘さんが迎えてくれました。
3年ぶりにお互いに懐かしがっていたのもつかの間・・・。
お嬢さんが突然『私、縄跳びがしたい!!』といい出した。
『はいはい縄跳びね。お外でやりまょ』
と、私と娘をそっちのけにパパとママが表に出ていってしまった。↓

Read more

私も娘もリビングで必死にお嬢さんの相手をしているパパママをあきれて見ていた。
『つまんない!あの人たちも外に出てこないとイヤ!』
と今度は言い出した。
私は大きなお腹だし、娘はいきなり縄跳びなどしたくないと言うし、断ると『面白くないから、もう縄跳びやめた!』
と部屋に戻って来た。
やっと、ママがお茶を入れ始めると、『私、CCレモンが飲みたい!』とだだをこね始めた。
『でも、あそこの販売機にはないから別の飲み物にしようよ』とパパがなだめると
『CCレモンが飲みたいCCレモンじゃなきゃいやなの!!』
叫び出したら止まらない。
我が家は私が怖いので、娘はよほどのことがないと我が儘を言わない。
なので、我が儘言い放題のお嬢さんと腫れ物に触るように必死に言うことを聞いているパパとママを仰天して見ていた。
そして、彼女の暴君ぶりはエスカレートしていく。
明日に続く!!

娘の災難

子育て&学校

CIMG0036.jpg

今から十六年前、小さなアパートの二階に住んでいました。
私は娘を妊娠していて、結婚してなかなか子供に恵まれなかったと言うお隣の奥様も私より四ヶ月遅れくらいに妊娠しました。
私と言えばロックややるきマンマンを聞きながら、一日中机に向かって絵を描いている毎日で、胎教のことなど気にかけていませんでした。
隣の奥様は、お腹の赤ちゃんのために毎日モーツァルトを聴いて、お腹に向かって絵本を読んであげたりして、偉いなぁと関心していました。
私も試しにモーツァルトを聴いてみたけど、すぐ寝てしまうので、仕事が滞っていけないのでやめました。
さて、この胎教、鬼と出るか蛇と出るか!↓

Read more

翌年、私は一月にお隣は五月に無事に出産しました。
お互いに女の子で、たまにお部屋に行って遊んだりしていました。
しばらくしてお隣は、大きな立派なお家を買ったので、隣町に引っ越していきました。
月日が流れ、3年後、その隣の奥様とばったり再会しました。
『一度、家に遊びにいらしてぇ。娘も喜ぶわ』
私もついつい懐かしくて、遊びに伺う約束をしてしまった。
お腹の中でモーツァルトを聴いて、絵本を読んでもらっていた子だ、きっとうちの娘とは大違いの賢いお嬢さんに育っているだろう。
・・・と思うよね普通。
続きは明日!!

MADE IN 足立 57

連載物語 MADE IN 足立

CIMG5182.jpg

サラ金の取り立てから逃げるために、2歳の長男を連れて行方不明になった姉。
置き去りにされた生まれて7日の次男と母と私の戦いが始まる。
朝も昼も夜も寝ない。ひたすら泣き続ける次男。
母親が恋しいのは分かるが、母も私もどうしていいか分からず、一ヶ月もすると育児ノイローゼに。
母の自慢は六人の子供をあっさり産んで、夜泣きや疳の虫に悩まされることもなく楽に育てたこと。
母 『ニュースで育児ノイローゼなんて聞くと、近頃の若い子は育て方が下手なんだよって思ってた。でも、こんな風にどうにもならないことってあるんだね。子供を置いていくなんて、ひどい娘だよ。私の育て方が悪かった。全部私のせいだ』
母は思い詰めた表情で赤ん坊を見て、爆弾発言した・・・↓

Read more

母 『・・・いっそ、殺しちゃおうか・・・』
疲れ果ててヘトヘトの私も、止めるどころか同感だと思った。
それほど、母も私も追いつめられてどうにもできなかったのだ。
寝たい・・・とにかく、寝たい・・・。
二人とも参っていた。
泣き叫ぶ甥っこを見て、なんとも切なくて自分もおいおいと泣いた。
結局、母も私も子殺しをすることなく、必死に耐えて世話をした。
甥っ子は今も元気で生きている。
殺人犯の親子にならなくて本当によかったとしみじみ・・。
それにしても母は6人の子供を育て上げて、7人目の孫で育児ノイローゼを知るとは夢にも思わなかっただろう。
子育ては奥が深いねぇ。

たいやきは頭からでしょ

未分類

CIMG6325.jpg

たまに食べる阿佐ヶ谷駅の近くにある鯛焼き屋さんの鯛焼き。
私のお薦めは小倉チーズ。
だいたいこれを注文します。
この間、新製品のマロン味を食べましたが、やっぱり小倉チーズにしておけば良かったと後悔しました。
よく、鯛焼きを頭から食べるか?シッポから食べるか?と言う話がありますが、私は頭派です。
あんまり具の入っていないシッポを最後に食べることで、口の中が落ち着くんですよ。↓
CIMG6324.jpg

Read more

それにカリっとした鯛焼きが好きです。
ぬら~としたたいやきはガッカリしますね。
そういうやつは家に帰って表面を焼いてみたりしてます。
写真のお店の鯛焼きは美味しいですよ。
店の名前は忘れちゃったけど、阿佐ヶ谷の北口の方にあります。
いろいろな種類があって美味しいので興味のある人は一度召し上がってみて下さい。

ケロロ欲しさに

アニメ

CIMG6380.jpg

娘はファーストフードのお店を利用することが多いのですが、私も息子も基本的に外食はしないしファーストフードは利用しません。
しかし、今回は私も息子に付き合ってマクドナルドに行きました。
お目当てはハッピィセットについているケロロのお人形です。
今回ゲットはしたのはこの2つです。
66種類あるそうです。息子は全部欲しいと申しております。
66種類集めるために、いったいいくつのハンバーガーを食べればいいのでしょうか・・・。
ケロロ好きなコレクターは、みんなガンガン太ってメタボリックへの道一直線ですね。↓

Read more

ハンバーガーに入っているピクルスを
『なんでこんなものを入れるんだ!こんなものを食べる外人の気が知れない!』
と娘も息子もつまみ出して食べています。
たぶん、外国の方も梅干しや納豆に対して
『ニホンジンハ、ナンデコンナモノタベルノダ!キガシレナイ!』
と憤慨していることでしょう。
しばらくハンバーガーに付き合わせられそうです。
う~ん太るよぉ。

茨城のやさとにまた行っちゃいました

農業&ガーデニング

今回は東都生協の環境委員会の主催の環境に配慮した農業を知る交流訪問に参加しました。
いつもお世話になっているJAのSさんは『また来たな』と思っていたと思います。毎度お世話になります。
下の写真はゆめファーム研修生の若い夫婦です。
頑張っている若い夫婦には、後光が差しているように見えるのは私だけでしょうか。
私のようなギザ貪欲で汚れに満ちた人間には、眩し過ぎます。
奥様の方が農業を希望されたと言うことです。
頑張って研修を終えたらやさとの大地を耕して、やさとの農業を支えてあげて下さい。
マジで応援してます。↓
CIMG6448.jpg

やさとで採れたもので作られたお弁当!美味い!!CIMG6447.jpg

ガンバレ研修生!!

Read more

CIMG6444.jpg

これは生産者Iさんの堆肥場の視察です。
長い時間をかけて自分で勉強して堆肥作りをしてきたそうです。
有機野菜農場も視察しましたが、Iさんの畑の人参をその場で生で頂きましたが、甘い!!本当に甘かったです。
美味しい野菜作りを頑張って下さい!
意見交流では鳥ウィルスのお話など伺いました。
現場の方にちゃんとお話を伺わないと知らないことって沢山あるんだなぁと実感しました。
Sさん、忘れたころにまたひょっこり現れると思います。
やさとのストーカーではありません。私、やさとマニアなんです。

年に一度のお楽しみ

未分類

CIMG6441.jpg

陶芸家の友人の展示会に行ってきました。
年に一度、この時にしかお会いできないので、ついつい嬉しくてお茶を飲んで長居してしまいます。
写真を撮ってブログに載せようと思っていたのに、お喋りに夢中ですっかり写真を撮るのを忘れていました。
なのでこの写真は以前購入した友人の作品です。
素敵でしょう!!
家は100均の食器しかないので、友人の作品は我が家にとってお宝なんです。
やっぱりいい食器があると豊かな気分になれますね。
老後、身の回りの整理をする時でも、この食器だけは絶対手放さないです。↓
CIMG6442.jpg

Read more

どんなに遠くで暮らしていても、お友達は心の支えですね。
あの人も頑張っているんだから、私も腐らずに頑張ろうと歯を食いしばれるんですよね。
何年も会えない友人もいるけど、みんな幸せに暮らしているのなら、それだけで嬉しいです。



お化け屋敷の思い出

未分類

CIMG6270.jpg

川越祭の縁日にあったレトロな昭和の匂いのするお化け屋敷の写真。
幼稚園の時の遠足で遊園地に行った時に、生まれてはじめてお化け屋敷に入りました。
妊娠中の母親の代わりに父親が着いて来てくれていました。
ふだん地下足袋でランニング姿の父が背広を着て直立不動で写っている写真が今見ても笑えます。
その父とお化け屋敷に入り、とにかく意味も判らず怖くて最初から最後まで父親の背広の中に頭を隠して泣いていました。
それ以来、遊園地が嫌いになりましたね。
それこそ富士急ハイランドの世界一怖いお化け屋敷になんて入ったら気絶するかもしれませんね。↓
CIMG6267.jpg

Read more

ところがお化け屋敷は苦手だけど、本物の幽霊や怖い話は全く怖くないし平気なんです。
あのお化け屋敷は作り物で脅かすのが怖いんですよ。突然出て来て追いかけてくるとか。
本物のお化けは、あんなことしないですもん。
それにお化けより生きてる人間の方が何十倍も怖いと思いますけど。
うちの息子は恐がりで、お化けが出たら怖いと言って一人で寝ません。
『あんたお化けなんか怖くないよ!人間のがずっと怖いんだから!お化けとは仲良くしてあげな。でも人間には気を付けるんだよ!』
と言ってます。

受験生ガンバレ!!其の五

子育て&学校

息子のはまっているカミロボプロレス
CIMG4495.jpg

娘は無事に現在工芸高校に通っていますが、息子もこの高校に入りたいと言っています。
ただ、息子は勉強が大嫌いで頭があまりよろしくないので、今から心配しています。
しかし、そんな親の心配をよそに、息子は野望を持っているのです。
それは、卒業制作でガンダムを作ると言う野望なのです。
娘いわく『う~ん。頑張って先生にお願いしてみれば。たぶん断られると思うけどね』
そこで息子と策を練りました。
一に、もしも入学できた暁には、とにかく先生に好かれること。
二に、無遅刻無欠席で、イメージアップを図る。
三に・・・↓
CIMG6063.jpg

Read more

三に、入学した時点から『卒業制作でガンダムを作りたい!!』とひたすら言い続ける。もう分かったから勘弁してくれ!と先生が根を上げるまで言い続ける。
これれでバッチリだね!!ガッハッハ!
息子と小躍りしてると、
『ふん。○○はバカなんだから合格できないと思うよ』
と娘に冷たく言われました。
そうだった・・・ちゃんと勉強させよう・・・。

天才!ポチタマ奇想天外まゆみどうぶつ園10

動物&昆虫

へんな生き物じゃないよ。モルモットのボンちゃんさ!
CIMG6124.jpg

フジ子・ヘミングさんの特別展の広告が新聞に載っていました。

辛いときでも死ねないと思ったのは、猫がいたから。
残された生きものはどうなるかと思ったから。猫でも犬でも飼うべきよ。
そうすれば、自分はもうダメなんだって思わなくなるから。
フジ子・ヘミングさん画集より

これを見て、ごもっともと思いました。

私は小さい頃から生き物が大好きで、飼っていない時期がほとんどありませんね。
幼い頃の辛い時も現在も常に生き物に救われていました。↓

Read more

結婚して地獄のような日々を送っていた時は、毎日一人で号泣してました。
星飛馬ばりに嗚咽全開で『チクショー』とか言って号泣していると、当時飼っていたハムスターが、トコトコと私のところに歩いて来ました。私の足もとからどんどんよじ登って来て、肩まで上がってくると私の涙をペロペロなめてくれました。
あんなに小さなハムスターでも、みっともなく泣いている女が気の毒に見えたんでしょうねぇ。
あの時は本当に救われました。
犬の鳴き声や猫のエサやり糞問題などありますが、人に迷惑をかけないように動物と仲良く暮らしたいですね。

サンファームに行ってきました

農業&ガーデニング

CIMG6427.jpg

長野県須坂市にあるりんごの生産地サンファームに伺いました。
収穫体験と生産者との交流ということで、サンファームの生産者の方が二人(名前をお聞きするの忘れてました)いらっしゃってました。
お昼を食べながらりんごのお話をしました。
試食にたくさんりんごをご馳走になってお腹一杯幸せ。
手作りのおつけ物も美味しかったです。ご馳走様でした。
往復8時間かかってりんご畑の滞在時間は2時間もなくて、あっと言う間に帰りのバスに乗りました。↓
CIMG6436.jpg

Read more

家に帰ってさっそくりんごを剥いて頂きました。
最高に美味しい!!みつがたっぷり入ってましたよ。
サンファームのりんごはとっても美味しいですから、東都生協に入っている方は注文書を見たら是非注文して下さいね。
サンファームの生産者の方々、今日は本当にありがとうございました。

楽器を弾ける人を尊敬します

未分類

CIMG6411.jpg

今日は阿佐ヶ谷はイベントラッシュでした。
杉並区農業祭と区民センター祭とすずらん通りでは花巻観光イベントをやってました。
そこで、阿佐ヶ谷中学の生徒が演奏をしていました。
私、小さい頃から楽器が大嫌いでして楽器を弾ける人を尊敬しますね。
絵を描くのが好きなのに、なぜか幼稚園の時にオルガン教室というのに通わされて苦痛で仕方なかったです。
幼稚園のハーモニカの時間も大嫌いで、とりあえず吹かないでハーモニカに口を当てて吹いているふりをしていると、しっかり先生にバレていて、居残りさせられて出来るまで練習させられました。
もう、それがトラウマでずっと楽器が嫌で、小学校の笛の時間も吹いている振り専門でした。
CIMG6418.jpg

花巻観光イベントで野菜を買いました。
大きなカブでしょ。袋に入っているのは『アンデス』と言う名前の芋です。皮がサツマイモの色をしています。味は普通にじゃがいもらしいですが、珍しいので買ってみました。

Read more

トラウマになるくらい嫌いになるなんて子どもによくないですよね。
親になって思うのは、なるべく早い段階で、子どものやりたいこと好きなことを酌み取ってあげて、出来るだけそれを伸ばしてあげられるように力を貸して上げるのが、子どもの才能や生涯の楽しみを見つける手助けになるのじゃないかと思います。
でもまぁ、写真を見てお分かりの通り、部屋の中にペンチやグルーカンや道具が散乱しているのは困りもんなんですけどね。
ちなみに息子がガンプラを作っている途中で散らかしたまま出掛けて行った部屋の中です。


杉並区農業祭

農業&ガーデニング

CIMG6400.jpg

杉並区農業祭に行ってきました。
あいにくの雨でお客様が少ないみたいで残念でした。
今年は農家の方の品評会の出品も少ないらしくて、杉並の農業は厳しいようですね。
確か10年くらい前に行った農業祭ではたくさんの農産物が展示されていた記憶がありますから、衰退しているのは確かなようです。
お天気が良ければもう少し活気があるのでしょうが、明日は晴れてほしいですね。
上の写真は野菜でできた宝船です。JAの方々が作りました。
下の写真はこのブログでも紹介しているアピオス実験栽培の展示です。
CIMG6399.jpg

Read more

CIMG6397.jpg

このナスと大きな柚子は、去年援農ボランティアの実習でお世話になった畑のKさんの品評会の出品作物です。
子どもの頭くらいある大きな柚子でしたよ。
実がこれだけ大きいと言うことは花もさぞかし大きいのでしょうねぇ。
CIMG6401.jpg

こんな感じで杉並区でも細々と農業は営まれているんです。
杉並区の農家のみなさん頑張って下さいね!!
CIMG6398.jpg


受験生ガンバレ!!其の四

子育て&学校

杉並区役所で10(土)11(日)と農業祭が行われます。
遊びに来て下さいねぇ!!
CIMG0479.jpg

工芸高校に興味のある方は11月17日に授業公開がありますから見学に来てみて下さ~い。
娘はブタとニワトリが大好きです。
小さい頃から、粘土細工を始めるとブタかニワトリしか作らない子でした。
先日の工芸祭でも鋳造作品にブタをデザインしたものを作って売っていました。
これがとても好評で、売り切れて慌てて追加して作ったそうです。
私も娘の作ったものを買おうと販売コーナーを見ていたら、隣にいた親子が娘の作品を手にとっています。
『可愛い!!これ欲しい!』と言う声を聞き逃しませんでしたよ。
『お目が高い!それ、うちの娘が作ったんです。可愛いでしょ!是非買って下さい!』売り込みました。
今年は売り上げが良くて、過去の先輩たちの借金返済出来たと言ってました。
借金と言うのは材料費がかかる割に売り上げが低いので、今までマイナスだったらしいです。↓
CIMG6293.jpg

ここで鋳造するんだよ

Read more

自分でデザインした物を作って、それが売れると言う気持ち良さを感じてくれれば将来に繋がると思います。
ちなみに、我が家のフリーマーケットではオーブン粘土で作った置物を売ります。
私が作ったものは売れなくて娘の作ったものは売れます。
小学校の頃から制作させていたので、すでに売れ筋というのを分かっているのかもしれません。
う~ん、しっかりしてる!お前はじゃりんこチエか!

防衛省がガンダム新装備?

未分類

息子の大切なガンプラを守るミッキーとチャーリー
CIMG6119.jpg

先日『防衛省ガンダム新装備公開』と言うニュースがありました。
その記事を見て息子は『いいぞ!防衛省!』と喜んでいました。
暗視機能やインターネット閲覧もできる超小型モニター付きヘルメットですって、昔のロボットアニメが実現しそうですよね。
体温を識別して隠れた敵兵士を探知するスコープとか、ターミネーターかプレデターかって感じ。
Zガンダムでニュータイプのパイロットが自在ニコントロールする兵器『ファンネル』を思わせる?
って、息子いわく『ファンネルとか言われてもガンダム好きな人じゃなきゃ分からないよね』と私にファンネルを説明してくれました。↓
CIMG6011.jpg

Read more

空中に静止するミサイルなんて、うっそぉ~!ありえな~い!
アニメじゃないんだからさぁ、どうして静止できるの?
それに偵察用小型ロボットとか、研究はどこまで行っちゃうんでしょうねぇ。


MADE IN 足立56

連載物語 MADE IN 足立

昭和40年代高度成長期真っ只中
20071107170517.jpg

ー昭和58年ー我が家はまたまた事件が起きていました。
母の名前を勝手に使ってサラ金からお金を借りていた長女が行方不明になったのです。
それも生後7日の次男を実家に置きざりにして。
当時勤めていたアニメーションスタジオに母から電話があり、自宅に帰った私は取りあえず自転車で回れる限り探し回りました。
日が暮れて夜になり、とうとう西新井警察に捜索願いを出しに行きました。
当時、2才の長男を連れての家出でした。
警察官『で、お嬢さんは産後、実家に帰って来ていたわけですね。生後一週間のお子さんを置いて、2才の長男は連れて行ったと言うことですね』
警察の方々に捜索して頂きましたが結局見つからず、捜索は打ち切られました。
しかし、姉はえげつないほど図太い女だったので、正直あまり心配はしていませんでした。
多分どこかの町でケロっとして暮らしていると確信してました。
それよりも大問題は置き去りにされた生後7日の次男のこと。
生まれて7日で母親が消えてしまったわけで、本能的に不安を感じていたようで、とにかく日がな一日ひたすら泣き続けていました。
当然、夜中もずっとずっと・・・↓
20071107170455.jpg

Read more

これには本当に参りました。
何をしてもどうしても泣きやんでくれないのです。
夜中は母と私で交代で、抱いたりあやしたりして寝させようとしましたが全く寝てくれません。
一ヶ月、母も私もほとんど眠らず次男の面倒を見ていました。
それにしても、赤ん坊の体力には脱帽でした。
大人二人がフラフラなのに、ずっと泣いているんですから。
でも、それは赤ちゃんなりの不安と哀しみの自己表現だったんですよねきっと。
もしも世の中に赤ちゃんを捨てようなんて人がいたら、本当にやめて下さい!
赤ちゃんは捨てられたことをちゃ~んと分かっているんですよ。
どんな事情があろうとも赤ちゃんに不安で孤独な思いをさせては絶対いけません。

受験生ガンバレ!!其の三

子育て&学校

工芸高校8階から見た景色
CIMG6283.jpg

前回話た通り、去年の今ごろ娘の中学の担任に『お前の成績では工芸は受からないから別の高校を探せ』と言われていました。
そこで工芸祭に行った時に、中学生相談の先生に伺ってみました。
工芸の先生は『そのくらいの成績なら大丈夫受けなさい』と言って下さいました。
そして後日、中学の三者面談で『高校の先生にはそう言われましたがここの高校を受験するのは無理なのでしょうか?』と担任に聞きました。
『高校の先生なんて無責任だ。そんなことを言って受けさせたいだけなんだから。落ちたらどうする』
担任にしてみれば、その子の進みたい道など本当にどうでもいいと思っているようです。
落ちたときの保護者からのクレームを避けたいのでしょうし、自分の生徒が、とにかく安全パイの高校に受かってくれさえすれば自分の身を守ることにもなるんですから。↓
CIMG6298.jpg

工芸高校1階ロビー

Read more

娘は『あの時、担任の言う通りにランクを下げて、行きたくもない高校にもし今通っていたら学校辞めていたと思う』と話しています。
我が家の場合は結果オーライでしたが、現在進行形の受験生はみんな不安でいっぱいですよね。
ガンバレ受験生!!

見せ物小屋って知ってる?

未分類

CIMG6264.jpg

川越祭の夜、射的や輪投げなど出店が集まっているお寺に息子と入って行きました。
なんだか昭和に戻ったような不思議な空間でワクワク。
奥に行くと何やら悲鳴が聞こえます。
気になったので、どんどん進んで行ってたまげましたねぇ。
見せ物小屋があったんですよ!現代っ子は知らないかもしれないけど、私の小さい頃は、あったんですよ。
へびを食べる女とかろくろっ首とかゲテモノってやつ。
今、平成ですよ!本当にタイムスリップしちゃったのかと焦りました。
私の小さい頃、浅草だったか宮城のお祭りだったか、記憶はさだかではありませんが、父親に連れられて入った覚えがあります。
かなりグロテスクだったと思います。↓
CIMG6263.jpg

Read more

入り口のとこでは、若いお姉ちゃんが本物のヘビをみせながら呼び込みをしていました。
もうとっくに消えてしまったものだと思っていたけど、懐かしくて昔のことを思い出してしみじみしてしまいました。
息子は絶対入らないと言うので入りませんでしたが、果たして中で何が行われていたのでしょうか?興味津々。

東京のマンション街に戦国が!!

旅&おでかけ

CIMG6339.jpg

3日土曜日に杉並区の桃井にある桃井原っぱ広場で『相馬野馬追』と言うイベントがありました。
見て下さい!!もう大興奮でしたよ!!
この桃井原っぱ広場はマンションに囲まれた広場です。
そこに十頭の馬と武者が勢揃いしたのです。圧巻でしたよ。
見知らぬ土地に来させられた馬たちは興奮してしまって、特に伊達の馬が興奮して暴れて武者を振り落としてしまいヒヤっとしました。
福島から高速に乗って朝着いたと言うことですから、馬たちも疲れたでしょうね。ご苦労様です。
下の写真は杉並区の山田区長です。大将の出で立ちで騎馬行列してました。
CIMG6348.jpg

Read more

白い馬を見るとどうしても暴れん坊将軍が頭に浮かんでしまいます。
それにしてもカッコイイ!!馬も大大大好きだし鎧兜も大好物ですから最高のイベントでした。
息子がアクション俳優になって、あの白馬に乗って『○代目暴れん坊将軍』になってくれたらいいのに・・・心の中で思う母なのでした。

アピオス収穫終了

農業&ガーデニング

*まゆみのアメリカ生まれ杉並育ちアピオス実験栽培*
CIMG6310.jpg

4月に種芋を植えて7ヶ月、先日ついに収穫をしてきました。
芋を掘って取り出すだけなら簡単だろうと思ったのが甘かった!
グリーンセンターの所長さんのアドバイスによると『蔓をなるべく切らないように収穫して下さい』とのこと。
サツマイモやジャガイモのようにガーと掘ってモリモリ出てくるのとは大違い。
小指の先から親指の先程度の小さい芋が土の四方八方に這いずり回って伸びているので、蔓を切らずに傷つけずに収穫するのは至難の業。
浜田山農園担当のTさんと二人で必死に掘りましたが、1時間かけてやっと2メートルくらい掘り進めるのがやっとでした。
9時に開始して12時には撤収するつもりでいた私たちは、終いに↓

Read more

『こんな丁寧にやっていたら日が暮れちゃう。こうなったら鍬でガンガン掘って穫りましょうよ』
となって、とにかく鍬を振り回し掘り捲りました。
結局、3時間かかって、だいたいの芋を掘りだしました。
かごに二つ分の芋を収穫。
Tさんと私は思い切り腰を痛めました。
あまりにも必死に掘っていたので、収穫したカゴに入った芋の写真を取り忘れて、一番大事な収穫量をレポートに出せませんでした。
それに気が付いたTさんと私は更にヘロヘロになりました。
家に持ち帰ってさっそく油で素揚げして頂きました。
ホクホクして美味しかったですよ。
CIMG6109.jpg

収穫前↑
CIMG6309.jpg

収穫後、畑はカラッポになりました。来年の3月まで自由に使用していいそうなので、小松菜の種を蒔いてみます。↑

天才!ポチタマ奇想天外まゆみどうぶつ園⑨川越の眠り猫の巻

未分類

CIMG6259.jpg

この写真の猫は川越の眠り猫です。
先日、川越祭に行った時に街をブラブラと歩いていたら、ある一角にすごい人だかりが出来ていました。
何だろう?ちょっと興味があったので覗いて見ました。
すると住宅のブロック塀の上に子猫二匹と親らしき猫が寝ています。
みんなカメラや携帯をその子猫に向けて必死に撮影しています。
猫がそんなに珍しいのか?
好奇心わきわの私は、その子猫の真下まで行って、しっかり見てみることに。
そしたら、塀に新聞記事が貼り付けてありました↓

Read more

記事によると、この猫たちは、どんなに人が大勢いても、逃げずにこの塀の上でひたすら寝ている眠り猫だそうです。
子猫と一緒にいる猫は親ではなくて、三匹とも野良猫らしい。
確かに、ものすごい人に囲まれ、フラッシュの嵐を浴びても、動じることなく三匹ともずっと寝ていました。
もともと井の頭公園にいた猫とも書いてありましたが、なんで川越にいるの?謎は深まるばかり。
可愛い猫ちゃんだから、虐めたりかまったりしないで、そっとしておいてあげましょうね。

受験生ガンバレ!!其の二

子育て&学校

先日の工芸祭で展示されていた娘が尊敬している先輩の作品↓
CIMG6294.jpg

Pintaの母さんコメントありがとうございます。
実はうちの娘も去年の今頃、全日制を受けて落ちても定時制を受けて意地でもこの高校に入ってやる!と言ってました。
全日と定時の違いと言っても私も詳しくは分からないのですが、実習内容はそんなに違わないと思いますよ。
それと、今年は男子が多かったと言ってましたから、その辺もあまり心配しなくていいと思います。
やはり、志の同じ人は男も女も関係ないですからね。
娘いわく、定時の生徒は全日よりさらに個性的で一軒見ると怖いけど、実際話してみると、とてもいい人たちばかりと言うことです。
先日の工芸祭でも定時制の生徒さんと少し話をしましたが、みんなとても良い子でしたよ。
でも通いきれない子や途中で辞めてしまう子も多いようですね。
『頑張って卒業してね!!』とエールを送ってきました。↓
CIMG6288.jpg

工芸高校卒業制作

Read more

それと、意味があるかどうか分かりませんが、あしげく通って先生に顔を覚えて頂くというのも大事だと思います。
我が家は、何回学校に行ったか分からないくらい通いました。
公開授業、体験授業、説明会など取りあえず行けるものは全て行きました。
娘は引っ込み思案なので、私がとにかくアピールしました。
『こいつ、よほどうちの高校に入りたいんだな』
と思ってもらえればラッキーってなもんでしょ。
母親にできることと言えばそんなことくらいですからねぇ。