Archives ( 2008-04 )

親を見て子は育つ!!アッパレ!!

子育て&学校

2度目のK君は上手かった。
CIMG7178.jpg

29日昭和の日に息子と息子の友人M君とK君を連れてボウリングに行きました。
このM君K君はガンダム大好き少年で、息子のガンダム仲間です。
息子は生まれてはじめて、M君は2回目、K君は何度かやったことがあるというメンバーです。
それにしても子どものフォームってメチャクチャで凄いですよね。
ボールが重いもんだから体の小さいK君は両手でボールを放り投げていました。
写真を見て分かるかな?驚いたのはガーターの出ない子ども用レーンがあるということ。
はじめての息子でもストライクもとれたしスペアもとれたし、それなりにポイントが取れて喜んでいました。
帰りにカウンターでお楽しみプレゼントの用紙を貰いました。
プレゼントの応募箱は5種類で、私と息子は名前と住所を書いてグルメカードの応募箱に用紙を入れました。
肉好きのK君はハムセット応募箱に、そしてM君は・・・なぜか吸入器応募箱に用紙を入れました。
意外に思った私が『M君どうして吸入器なんて欲しいの?』と聞くと
横にいたK君が『Mの弟は喘息なんだよね』
オーノー!!なんと言う心の優しいお兄ちゃん!!おばちゃん感動したよ!
M君のご両親は二人ともとてもいい人なのです。やはり親を見て子どもは育つのだねぇ。
M君もK君もとても気の優しいいい子なので、息子の友人で本当に良かったなぁと思いました。
家に帰って娘にこの感動の兄弟愛の話しをしていたら
『うちの姉ちゃんとは大違いだ。僕も優しいお姉ちゃんが欲しいっ!』と息子がぼやきました。
『私が性格が悪いのは生まれつきだから諦めなホ~ホホホ』と娘は高笑いでした。
M君に吸入器が当たるといいね。
CIMG6856.jpg

まゆみの事件簿                          危険な奴はマークしとけ!!

未分類

CIMG6031.jpg

昨日の話しは酔って暴れていた若い連中だと思うけど、今日の話しはマジで危ない奴。
昨日とは 別のアパートで、それは夜中0時頃から始まりました。
ガラスの割れる音や壁を何かで叩く音がずっとしています。
夫婦げんかとか家庭内暴力なのかと思いきや全ったく声がしないのが逆に不気味。
その音は1時間以上続いたでしょうか、普通じゃないと思うけど、近所の人は関わり合いになりたくないようで沈黙を守っていました。
それからしばらくたったある日、午後1時頃。その部屋の住人は窓から爆竹を投げ始めたのです。
やはり奇声をあげたりするわけではなく無言で、10分に何発かを延々繰り返していました。
何がすごいって、そのお隣ご近所の人々、お巡りさんを呼ぶこともなく家から出くることもなく、じっと耐えている様子。(2時間半も)
明らかに自分の家の敷地内に爆竹を投げられているのに。
私がいつも何かがあるたびに交番に電話をしていると私が変に思われそうなので、我慢していましたが、そのアパートの前を通って息子が学校から帰ってくるので結局私がお巡りさんを呼びました。
どうも、そのアパートの住民の間では有名な男だったみたいですが、お巡りさんが注意をしてやめたからお終いってことでした。
その後も当然野放しで、たま~に忘れた頃に窓から爆竹投げています。
やっぱ、大事件でもしないと警察は動いてはくれないのですね。
普段から様子のおかしい奴はお願いですから警察はマークしといて下さい、私は何があっても別にどうってこともないけど、狙われるのは弱い子どもですから。

まゆみの事件簿                      危ない奴はマークしとけ!!

未分類

CIMG4803.jpg

最近、通り魔的な物騒な事件が多いですね。
普通に暮らしている人が犯人ということもありますが、だいたい普段から様子がおかしいとか予兆があるんですよね。
いつか何かやると思った・・・って、犠牲者が出てから言っても後の祭りです。
この間、起きた事件の犯人の男のことを、 同じアパートに住む人が「『僕じゃないと思う』という奇声を2~3回聞いた」とか「朝7時半ごろ、扉をドンドンとたたく音を聞いた。夜遅くドアを激しく閉じる音を聞いたこともある」なんて証言もあったようです。
うちの近所は地主の人が多いと言いましたが、アパート経営をされている方が多いのです。
大家さん自身は郊外に住居を構えて、土地活用ということでアパート経営なのでしょうが、これが問題。
大家さんがいないのをいいことに、若いアパート暮らしの人はやりたい放題だったりするのですよ。
ちょっと前の話しですが、我が家から一件挟んだアパートの住人が夜中の2時頃に道路でスケボーをやって大騒ぎしたあげく、今度は部屋でトランス音楽を大音量でかけて大勢で暴れはじめました。
でもねぇ、この近所の人は面倒に巻き込まれるのがお嫌いなようで、誰一人として出て来ないし沈黙を守っているようでした。
いやぁ~、よく平気でいられますよね。そういうのを放っておいたら事件を起こすかもしれないに。
うるさくて眠れないのもあったけど奇声を上げているのが気持ち悪く、薬物でもやってんじゃないかと心配になり交番に電話しました。
するとお巡りさんが「丁度今、『うるさくて眠れないから助けて下さい』とその部屋の上に住んでいる女の子が交番に駆け込んで来たんですよ」
確かに、上に住んでる子は災難だねぇ。
結局、お巡りさんに注意されて静かになりましたけど。
この間は、別のアパートでもっと危ない奴が登場しました。この話しは明日に続く。

自己防衛、護身に子どもに空手を!!

子育て&学校

これは息子の作ったカミロボ
CIMG5545.jpg

ちょっと前に現役女子高生アイドルの女の子が空手で痴漢を撃退したという記事を見ました。
記事↓
「走って逃げようとしたので、事務所でマネージャーさんに習っている空手を使うのは今だ!と思い、『正拳突き』からの『下段回し蹴り』を打たせていただきました。そうしたら、100キロ以上ありそうな人が、下段が効いたらしく倒れてしまいました」
その後、周りにいた人たちが助けてくれ、痴漢を連れて警察に向かったという。結香さんは日記で、「この痴漢さんは常習者で、警察も捕まえようと考えていたそうで、誉めていただきました」「空手がこんなところで役立つとは!! 」と振り返っている。
この記事を見て、娘と息子に空手を習わせて良かったなぁと改めて思いました。
娘は小学校1年から習いはじめ二段、息子は保育園の時からはじめて現在初段をもっています。
何かあった時に、全く何も持っていないと恐怖とパニックしかありませんが、腕に覚えがあるとなれば、少しは落ち着いて対処できるかもしれませんから。
娘は『正当防衛なら相手にケガをさせても罪にならないでしょ』と自信満々ですが、息子の方は気が弱いので、もしもの時はオシッコちびって泣いているかもしれません。
お子さまをお持ちの方は是非、自己防衛、護身に空手をお薦めします。
『助けて~!!』と叫んでも、誰も助けてくれなかったと言う事件もありましたし、世知辛い世の中になりましたからね。

 

伊豆七島劇場・大島の話

旅&おでかけ

大島に沈む夕日
CIMG5850.jpg

みなさんは伊豆七島の島に行ったことがありますか?
私は伊豆七島は大島、新島、式根、神津、八丈の五つの島に行きました。
一番最初に行ったのが大島でした。
18才のギャル二人で、なぜか夏ではなく師走の押し迫った時期に行きました。
当然、観光客がいないいない。民宿も宿泊客は私たち二人だけでした。
食事は部屋ということになっていたけど
『二人だけで部屋で食べるんじゃ寂しいでしょ。みんなで食べるか?』
と民宿のおばちゃんが勧めてくれて、私と友人は喜んでご一緒させてもらいました。
お爺ちゃんもお婆ちゃんも子どもも全員揃った家族の食卓に招かれて、前日の残りのカレーまでご馳走になってしまいました。
客用のご馳走も美味しかったけど、そのカレーの味は忘れられない味です。
1986年に三原山が噴火しましたが、この時はまだ全くそのような気配はなく、三原山の火口の観光ができました。
だ~れもいない三原山までの道を友人とトボトボ歩き、三原山山頂の土産物屋さんに到着。
土産物屋のおばちゃんが笑顔で向かえてくれて『寒かったろう』と言って、お茶をご馳走してくれました。
いや~、どこに行っても島の人の人情に触れてウルウルでしたね。
この大島で島の人の温かさに触れて、伊豆七島の大ファンになり次々に伊豆七島を制覇していったのであります。
この旅は東京→大島→熱海→東京というプランで、大島の後で熱海に一泊しました。
そしたら忘年会の時期だったため、酔っぱらいの客に絡まれるは一晩中酔ったオッサンの騒ぐ声や下手なカラオケを聞かされて一睡も出来ず最悪でした。
大島でウルウル体験をした後に、このギャップは大きく、友人と怒り心頭で東京に帰って来ました。
のんびり落ち着いた旅をしたい人は忘年会の時期は避けた方が無難ですね。
CIMG5848.jpg

大島の港の土産物屋さん

MADE IN足立65

連載物語 MADE IN 足立

現場

スタジオに母から『お父さんが死んだかもしれない』という連絡をもらった私は、疑いながらも梅島の実家に向かった。
実家に向かう日比谷線の中で思っていました。
『もし本当にお父さんが死んだとなると、これは大変な騒ぎになるぞ。覚悟して掛からなければ・・・』
というのも、父は10年ほど前から愛人と別宅で暮らしていていました。
なので、亡くなったのはその別宅なわけです。
母は愛人宅に電話をする勇気がなく、父が本当に死んだのかどうか確認がとれないでいたのです。
母からスタジオに電話が来た時に
『フン!こっちは本妻なんだから遠慮しないで電話して聞きなさいよ!』
と私は怒ったのですが、なんせ相手は気の強い愛人で、こちらは気の弱い本妻。
『そんな・・・電話なんか出来るわけないじゃない。お願いだから早く帰って来てまゆみが電話して聞いてみてよ』
こんな調子。実家に帰ってすぐに私は愛人宅に連絡をしてみました。
電話に出たのは何と叔父さん(父の兄)で、亡くなったと言う知らせを受けて宮城に住む叔父叔母が新幹線で飛んで来たというのです。
叔父さんの話は、こうでした。
その朝、近所に住む親戚の大工が父に挨拶しようと、家に上がると父は布団の中で、様子がおかしいと思い触ってみたらすでに死んでいたということでした。
とりあえず、この目で確認しないといけないし、父の遺体をこちらに返して貰わないといけません。
『叔父さん、父の遺体を引き取りに行きたいのですが、どうすればいいでしょうか?』
私の問いに、叔父さんはこう答えました。
『遺体は動かさない。ここに置いて置く。ここで葬式をする』
私は声が出ませんでした。      続く




今、宮城仙台が熱い!!

未分類

CIMG7133.jpg

MONKEY MAJIK、GReeeeNに続く、仙台の新星がデビュー
MONKEY MAJIK、GReeeeNが在籍することで知られる、仙台に拠点を置くマネジメント会社エドワードリミテッドが新たに送り出す大型新人、Hi-Fi CAMP(ハイファイキャンプ)。
このアーティストを獲得するために、レコード会社十数社の争奪戦が繰り広げられた結果、フォーライフミュージックと契約、6月4日にシングル「キズナ」でメジャー・デビューする。
という記事をみつけました。今、仙台のバンドが熱いらしい。
しかし待てよ、『仙台貨物』は仙台の新星じゃないの?
娘が憤慨していました。
『仙台と言ったら仙台貨物じゃん。お母さん、仙台貨物の宣伝しといてよ!!』
と言われたので宣伝しておきます。
言うと娘に怒られるけど、このバンド、ビジュアル系バンド『ナイトメア』がやっているもう一つのバンドです。
本当は秘密らしいけど、みんな知ってます。
ちなみに最近テレビでよく見かける『狩野英孝』ラーメン、つけメン、僕イケメンってネタ。
彼も宮城県出身になってました。
とりあえず、宮城県出身の人は例外なく応援します。
もちろん、東北楽天ゴールデンイーグルスも応援してるよ!!
連敗してもいんだよ~。たとえ20連敗しても30連敗しても、う~ん・・この際全部負けてもいいや!応援してるから頑張ってねぇ~!
CIMG7134.jpg

30人であみだくじ

子育て&学校

娘の高校です。
CIMG7141.jpg

今年の私は悲惨です。息子の学校のPTAと娘の高校のPTAが回って来てしまったのです。
昨日もお話したように正直言ってPTAは苦手です。
先日、高校のPTAの総会に行ったら、100人以上の保護者の方がいらっしゃっていました。
やはり生徒数が多いとすごいですね。
私が担当の文化委員だけでも30人はいたと思います。
その30人の中から委員長と副委員長を選ばなければいけないのですが、当然誰も手を挙げません。
結局、30人であみだくじをして決めることになりました。昨年も決まらなくてあみだくじだったそうです。
まったくねぇ、みんながそんなに嫌ならやめちゃえばいいのに・・・。
そして、息子の学校の総会も先日ありました。
こちらは娘の高校と違い、学年にクラスは1クラスしかありませんから役員も当然少ないわけで、私の担当の委員は7人。
その上、欠席者3名。結局、出席していた4名の中から部長、副部長、書記を決めなくてはならなくて私が副部長になってしまいました。
私が副部長で大丈夫なのだろうか?この日も、委員総会が行われる特活室がどこにあるのか分からずお母様方の後ろに着いていく始末だし。PTA室がどこにあるのか知らないし。
これまでずっと仕事に追われていたので、先生のことも子どもの担任くらいしか知らないんですよね。学校のことを全く知らないんですけど・・・。
ところであみだくじの「あみだ」は、阿弥陀如来に由来するそうです。
あみだくじは、室町時代から行われていたが、今日のくじと違い、真ん中から外に向かって放射線状に人数分の線を書いて、それを引いたものであった。そして、これが阿弥陀仏の後光に似ていた事から、この名がついた。今日のあみだくじとは違っているが、名は今でも継承されている。
だそうです。ひとつお利口になっちゃったねぇ。
CIMG7142.jpg

娘の高校の目の前は東京ドームです。

三つ子の魂百まで

子育て&学校

銀のぶどうの季節限定の『春咲き苺のシフォンケーキ』
CIMG7130.jpg

地域的なものだと思うけど、うちの子の通っている学校は専業主婦率が高くて有名な学校です。
この辺りは地主さんが多くてセレブなんですよね。
クラスの大半が専業主婦で働くお母さんは片手くらいだったでしょうか。
PTA活動が活発というのも有名な学校で、それを敬遠した保護者が学校選択制になって、うちの学校を避けているという噂を聞きました。
PTA活動の緩い学校は人気で生徒数が多いのに対して、うちの学校は毎年生徒が減る一方です。
ですから専業主婦のみなさんに『仕事が忙しくて・・』などどPTAの役員を断ると『仕事は理由にならない。仕事をしているのが偉いわけ?』と毎回槍玉に上げられました。
杉並区の和田中がPTA廃止という記事を見ましたが、みんなが断るPTAなら無理して続けない方が本当にいいと思います。
話しは変わりますが、ある時、ピーナッツバターのサンドイッチを息子のお弁当に入れました。
すると翌日、セレブなお嬢様のMちゃんに息子がこう言われました。
『○○君がピーナッツバターのサンドイッチを持って来ていたとママに言ったら、そんなものを入れるなんて気持ち悪いってママが言ってたよ』
えぇ~!!この辺りの人はピーナッツバターのサンドイッチを弁当に入れないのかよ!!
パンにフォアグラとかフカヒレとか挟むのか?
カルチャーショックでした。
最近はそういうことにずいぶん慣れましたが、三つ子の魂百まで言われるように、野蛮で下品な私には一生馴染めないでしょうねぇ。




福本さんがCMに

文化&芸術&芸能

CIMG6334.jpg

現在放送中のサントリーB0SSのCMをご覧になりましたか?
地球調査をはじめて2年のトミー・リー・ジョーンズ。
今回は何と時代劇篇で大部屋俳優役ですよ。
そこに競演しているのが大部屋俳優の福本清三さんです。
『あっ!!福本さんがCMに出てる!!』思わず声を上げてしまいました。
以前から大部屋俳優や脇役というのに興味があって、たまたま福本さんの本を読んで大ファンになり福本さんを主役にしたシナリオを去年書き上げました。
ブログに掲載しようと思って福本さんの本の出版もとの集英社に問い合わせたら梨のつぶて。
どうしようかな・・・と思っていた時、来月締め切りの映画シナリオのコンクールを発見したので応募してみようと思って現在準備中です。
もし、ボツだったらブログで公開します。
私の書くシナリオの主役は全然格好良くありません。
『せたがやたがせ』の満作もそうだし、大部屋俳優や寂れた商店街の人々とか。
格好悪くても歯を食いしばって必死に生きている人が好きだし、そういう人を作品の中で応援したいと思っています。
というか、世の中の人々の大半は脇役なんだけどね。





シネマ・魔法にかけられて

シナリオ&映画&ドラマ

CIMG7157.jpg

武蔵野リビングで映画のチケット当たりました。今回は吉祥寺バウスシアターで『魔法にかけられて』を息子と観てきました。
バウスシアターには20年ぶりくらいに行きました。吉祥寺に少し住んでいた頃は時々通っていたのですが、あのチンマリした感じがあまり変わっていなくてとても良いです。
『魔法にかけられて』最高に面白かったですよ!!是非お薦めします!
アニメーションから実写に変わって、プリンセスが居候する最初のほうのシーンはひっくり返りそうになりました。
気になる人は是非映画館でご覧になって下さい、ギャ~!!そんなのあり~!!という目を覆いたくなるようなすごいパロディですから。
監督がディズニーのプリンセスアニメを1本の映画に集約したと言う通り、シンデレラ・白雪姫・眠る森の美女がパロディとして登場してきます。ラストシーンは美女と野獣かな?
それがもう可笑しくて可笑しくて、6年生の息子は映画館というのを忘れているみたいに大声で笑っていました。
去年エイベックスの映画のシナリオ募集があった時に、この物語とは少し違いますが、ディズニープリンセスとディズニーランドを設定にしたシナリオを書いて送りました。ボツでしたけどね。
ボツになったけど、私の狙いはまんざらではなかったんだな、とプチ自信がつきました。
だけど、あのギャグには恐れ入りました。そうきたかぁ~やられたぁ~って感じです。
武蔵野リビングさん面白かったです。チケットありがとうございました。
CIMG7143.jpg


理解してない観客・・・それはワ・タ・シ

文化&芸術&芸能

CIMG2961.jpg

ふるさとキャラバンのミュージカルをサミットの招待券で7年連続で観に行ったという話題を去年の10月に書きました。
そのミュージカルの一つに『みちぶしん』という作品があります。
何年前か覚えていませんが、息子と二人で観に行きました。
今年に入って道路特定財団関連のニュースでそのミュージカルが槍玉に上げられました。
5億円かけて85回の公演。道路建設の必要性を啓蒙するミュージカル。
「道路ミュージカル」はもうやめます。冬柴国土交通相が国交省地方整備局が行っている道路整備への啓発ミュージカル上演を、08年度からやめると表明。
このニュースを娘と息子と見ていて私は思わず声を上げました。
私『道路建設の必要性を啓発するミュージカル?そんなミュージカルだったっけ?!!』
娘『お母さん、見てたんでしょ?そういう物語じゃなかったの?』
私『いや・・・森を壊して道路を作るな~みたいな。自然を守ろうとかそんな内容だと思って見ていたような気がする・・・』
娘『あんたは覚えてないの?』
息子『僕も森を壊すなって話しだったと思うよ・・・(自信がない)』
娘『はぁ~?二人とも何見てたの?こういう物語を全く理解してない観客もいるからね~。道路建設の必要性の啓発に全然なってないじゃん』
おかしいなぁ~、道路反対のミュージカルだと思ってたのになぁ。
何はともあれ、きな臭い問題は別にして、上の子は9才、下の子は6才の時から観覧させて頂いてふるさとキャラバンのミュージカルです。
演じている人々には落ち度はないのですから、皆様、活動頑張って下さいね。


呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン

アニメ

CIMG7136.jpg

先日、阿佐ヶ谷駅方面に向かって歩いていると、道ばたに何か赤いものが転がっていました。
何だろ?近づいて見てみたら魔法の壺が落ちていました。
少しかけて色も大夫はげてるし、なんだか可哀想だし、魔法の壺だし、願い事が叶うかもしれないし・・・家に持ち帰り修復してあげたのがこの写真。
下の写真が拾ってきた時の様子。
仏壇に飾って、願いが叶うように毎日撫でてます。
知らない人のために説明しますと、これは私が小さい頃に見ていたアニメ『ハクション大魔王』の魔法の壺です。
ストーリー
カンちゃんが自宅の屋根裏部屋で偶然見つけた魔法の壷には、ジンである魔王の一族が住んでいた。くしゃみをすると魔王が、あくびをすると魔王の娘のジニーであるアクビが飛び出してきて、毎回珍騒動をまきおこす。もう1回くしゃみやあくびをすると壷に戻る。
掛け声・呪文
壷から飛び出してきたときの掛け声。
呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン(魔王)
出まして来ましてアクビちゃ~ん(アクビ)
壺の中へ戻る際の決め台詞
ハイチャラバーイ(魔王)
掛け声とは趣が違うが、魔王は時間と労力のかかる作業を続ける時に「えんやとっと」を連呼する。また、魔王が痛い目をみた時のオチに「スカンタコメラホゲチョメラ」などと言う場合があった。「ほえ~」「ダメなのよ~ダメなのよ~」「わしゃもうかなわんよ」
呪文
アラビン・ドビン・ハゲチャビン(魔王)
アラピン・カラビン・スカンピン(アクビ)
タンバリンを叩きながら唱える。
CIMG7128.jpg

一挙両得とは一つの事を行って、同時に二つの利益を得ること

未分類

CIMG6978.jpg

1月からバイトを探している私。花屋二件、米の検査一件不採用。
4月末まで登録されているディズニーランドのバイトもダメっぽいけど、とりあえず連絡を待っている状況です。
仕事選びは『テーマパーク』『花屋』『ペットショップ』『ホビー関連』にこだわっています。
娘は『すぐ近くにこんなにたくさんスーパーがあるんだからそこでいいじゃん』と言います。
それは百も承知だし別にプライドとかあるわけじゃないけど、どうも後ろ髪ひかれるのです。
そこで、昨日の話し(私の好きな言葉は『一石二鳥』『一挙両得』『おまけ』『付加価値』『メリット』)に繋がるわけですよ。
自分がこだわる理由が分かりました。
なぜ花屋なのか、働きながら花の勉強ができるから。
なぜペットショップなのか、家で犬や猫や鳥を飼えないが、お金を貰って動物の世話が出来るから。
なぜ、米の検査員を受けたのか、働きながら米の勉強が出来るから。
そして、そして、以前から一度でいいから働きたいと思っていたのは『東映太秦村』『日光江戸村』でした。
仕事をしながら時代劇や忍者を勉強できるなんて、何て素晴らしいことだと思ってずっと憧れていました。でも、ここは遠いから断念。
ディズニーランドは最高のエンターテイメントの世界です。
本来お金を払ってエンターテイメントを勉強している人もいるわけで、そこで仕事をしながらエンターティメントを勉強出来るなんて夢のようですよね。
私がアニメーターになった時は全くアニメのことを知らないで飛び込んで、仕事をしてお金を貰いながら勉強してプロになりました。
今は学校に入って大金を払って勉強するんだから、私は本当にラッキーでした。
アニメーションもエンターテイメントです。28年エンターテイメントの仕事に関わって来たのだし、死ぬまでテンターテイメントに関わって行きたいと改めて確信しました。
まぁ、本当はシナリオで食べていけたら最高なんですけどね。誰か使って下さい。ヨロピク。


私の好きな言葉

農業&ガーデニング

グミの花
CIMG7106.jpg

私の好きな言葉は『一石二鳥』『一挙両得』『おまけ』『付加価値』『メリット』です。
誰よりも一番長い付き合いのはずの自分自信のことを結構知らないものなんですよね。
最近、そのことに気が付きました。
私は実の生る木が大好きで、実の生る木の苗を見ると異常に反応します。
そして、どうしても欲しくなり購入して、気が付くと庭は果樹園のようになっていました。
グミ・アケビ・ブルーベリー・すぐり・カキ・サクランボ・キュウィ・ゆず・ザクロ・いちぢく・ビワ・ぶどう・オリーブ・アピオス・木イチゴ、そして実はならないけど食べられる明日葉・ゴーヤ・しそ。
こんなにあったっけ・・・表に出て調べて自分で驚きました。
だからいつも娘に『ジャングルみたいで気持ち悪いからやめて!!』と叱られるのか。
この他に大量の花もひしめいているので杉並ディズニーランドプチジャングルクルーズができそうです。
話しが元に戻りますが、自分なぜ実の生る木が好きか理由がずっと分からなかったんです。
そこで出てくるのが、上に書いた私の好きな言葉。
普通、花は咲いたら枯れてしまうけど実の生る木は花が終わったら実が生って、その上食べられるとうダブルのおまけがあるんですよ。
はぁ~、だから無意識のうちに反応していたんだな。ちなみにこの半数は渋くて食べられないという結果が出ています。・・・・残念至極。
白いのはブルーベリーの花でワインレッドの花はあけびの花
CIMG7102.jpg

祝アクセス20000ありがとう!!

未分類

CIMG6219.jpg

ブログをはじめたのは一昨年の9月からで、アクセスカウンターをつけたのは去年の5月頃でした。
アクセスカウンターを付けて約一年、昨日20000を超えました。
どこぞのどなたか分かりませんが、こんなしょうもない鼻くそみたいなブログを覗いて下さってありがとうございます。(つ~か、10000の時も同じこと書きましたけど)
『自分の日記を人に見せて何が楽しいのか?』と言う人もいるし、テリー伊藤さんは『人間としてダメになるぞ。こんなの見てたら!。自分の居・食・住なんか、人に見せるものではない。人生の何の役にも立たない!!』と言ったみたいだし。
確かに、私もブログを始める前は『自分の生活を人に話て何か楽しいのか?』と思っている側でした。
しかし、娘にシナリオをアピールしたいんだったらブログも手段として使った方が絶対イイヨ!と勧められて、渋々はじめました。
ところが、これがやっているうちに物を書くということの訓練になるということが分かりました。
妄想癖のある私は、有名ライターになった時のことを考えました。
有名ライターは、打てば響くような書き手でいないといけない!!ということは書くことが思い浮かばない時でも絶対書けるようにならなくてはいけない。
即ち、毎日意地でも書くのだ!!ネタがなくても頭をひねる!
ブログをやっているおかげで、連載している『せたがやたがせ』の完全版も載せることが出来ているわけだし、やって損はなかったと思っています。
最低学歴の女シナリオライターのダメっぷりを見て、自分はまだましだと思って元気を出してもらうのも望みの一つです。
これからも吾輩の落ちこぼれっぷりに請うご期待!!

アニメーターはつらいよ62

アニメ

1982年8月15日TBS放送『オバケ』セル画
CIMG7124.jpg

今ではすっかり貴重になってしまったセル画です。
写真のセル画は確か宣伝用だったと思います。
昔はねぇ、セル画なんかスタジオのあちこちに山積みになって放置されていてゴミ扱いでしたから、今思うと片っ端から貰っておけばよかったなぁと後悔してます。
下請けにいた時も制作会社にいた時も、周りはおじさんばっかりだったから、だ~れもセル画に興味なんかないんですよ。
このセル画も処分されるところを、唯一若かった私が『記念に下さい』と言って引き取りました。
それでも、押し入れの奥の方にずっと突っ込んだままになっていました。
川内康範先生がお亡くなりなりになったということで、先生の関わったこの作品を見て頂こうと思って26年ぶりに引っぱり出してみたけです。
放置していたわりには綺麗に残っていて本当に良かった。
鉄腕アトムのセル画なんか保存の仕方が悪くてベタベタにセル同士がくっついて悲惨な状況になってます。
何度も言うようですが、あれもこれもセル画を貰っておけば、今頃売りさばいて少しは食いつなぐことができたかもしれないのに・・・・無念です。
もしもタイムマシーンがあったら、あの時代に戻って全部回収してきたいです。

トランスフォーマー?

子育て&学校

CIMG7002.jpg

すみません。トランスフォーマーなんかじゃありません。これプチロボットです。
以前から二足歩行ロボットが欲しいと言っていた息子。
小学生には無理だと思うからやめておきなさいと説得していましたが、号泣しながら
『自分の貯金で買うから買わせて下さい』と言うので承知しました。
うちの子は私に似てケチで、貰ったお年玉はほとんど使わずに貯金して一度もおろしたことがありませんでした。
そのケチな息子が号泣して欲しいと言うのであれば仕方ありません。
それに本人の貯金なので、私の懐は痛まないし。
秋葉原で買ってきたのが、このロボットです。
なんと29988円!!
これをパソコンに繋いで操作をするのですが、全然分からないのでロボットを作っただけで終わりました。
たぶん本人は動かしてみたいのでしょうが、とりあえず作ってみたかったロボットが完成したので、それだけで9割方満足したようです。
号泣して大事な貯金をはたいて29988円も払ったロボットだけど、今はほったらかしで部屋の隅でボ~と立っています。
その息子、先日、『トランスフォーマー』のDVDを借りて観ていました。
『今度はこんなやつを作ってみたい!!』と鼻息を荒くして熱く語っていました。
息子よ・・あれは、29988円じゃ作れないと思うぜ。

伊豆七島劇場・新島の話

未分類

CIMG5744.jpg

伊豆七島に行くとあちこちで見られる「モヤイ像」。
写真は昨年の夏休みに、息子と二人で行った新島の新島村温泉ロッジの敷地内にあったものです。
イースター島の「モアイ像」をヒントにされた「渋谷モヤイ像」は、1980年に、新島の東京都移管100年を記念して贈られたもので、新島特産の坑火石が原料だそうです。
全く知りませんでしたねぇ。新島の人は知っているのかなぁ?
たまに渋谷に出かけた時に見かけるけど、特に気に掛けていませんでした。
でも、新島の東京都移管100年の記念の像と聞いたら、次に見かけた時は有り難く拝見しようと思います。
恥ずかしいけど写真も撮って来てみよう。
それにしてもこの新島の旅は事件と冒険の連続でした。
興味のある方は昨年の8月のブログをご覧下さい。
新島の人々の暖かい人柄と最高に美しい海もご覧になれますよ。
「モヤイ」とは新島の地元の言葉で「共同作業をする」という意味があるそうです。
CIMG5745.jpg

天才!ポチタマ奇想天外まゆみ動物園

動物&昆虫

CIMG6916.jpg

杉並税務署に申告書を提出に行った時、近くにこんなのが貼ってありました。
以前、娘が、近所のおじさんが飼っているのを見かけたことがあると言っていたので、そいつが逃げたのかもしれません。
そう言えば、埼玉に住んでいる妹に会った時にこんな話しをしていた。
妹 『大家さんにさ、一階の部屋の人が○○さんは猫を飼っているみたいで、夜になると走り回ってうるさいから注意してくれと言われたんだけど、うち、猫なんか飼ってないんだよ!!』
妹は猫など飼っていないので、逆ギレしてメチャクチャ怒ったらしい。
それでも毎晩何かが走り回る音がするので、犯人をつきとめるために夜になり、アパートの周りを監視をしていた。
一階の人が出て来て『やっぱり何かが走っている』と言うので天井裏を捜索したら、猫みたいだけど猫じゃない生き物が飛び出して来た。
妹 『顔の真ん中に白い線があるへんな生き物だった。猫にも似てるけど猫じゃなかった』
私 『あんた、それハクビシンだよ』
妹 『ハクビシン?何それ?聞いたことないよ!』
犯人がハクビシンということで、妹の汚名は晴れたが、その濡れ衣の一件で腹を立てアパートを引っ越した。

ハクビシンは、中国南部や東南アジア、台湾、ジャワ島、ボルネオ島など、暖かい地域に生息しています。
また、日本国内に分布するハクビシンは地域ごとに、大きさや、斑紋(はんもん)、尾の長さ等が違うため、様々な国から移入されたか、または混血によって産まれたハクビシンが分布しているのではないかと考えられています。



あさがやたがやせ                     まゆみのアピオス実験栽培

農業&ガーデニング

アメリカ生まれ杉並育ちのアピオスをヨロピク
20071009163634.jpg

今年もアピオスの実験栽培がはじまりました。
昨年、杉並区産業経済課都市農業から実験栽培のボランティアのお話を頂いて参加しました。
区民農園の一区画で2年間の実験栽培ということで、去年の今頃から始めて1年たちました。
で、残りの1年の予定が都市農業係りの担当者が変わったために実験栽培は今年はなくなるかもしれないという風の噂が耳に入りました。
『夏の炎天下の草むしりは辛かった。レポートを作るのも得意じゃないから大変だった。2年間はしんどいなぁ・・』と思っていたのに、人間て不思議ですよねぇ、出来ないかもしれないと言われると無性に畑を手放したくなくなるんですよ。
忙しい合間に通った私の可愛い大切な畑に行けなくなるなんて・・・ショック!と思ってたら、アピオス実験栽培打ち合わせの連絡が来ました。
先日、JA東京中央すぎなみグリーンセンターに行って、アピオス会の師匠たちと実験栽培のメンバーに久しぶりにお会いしました。
一見するとヤ○ザにしか見えないセンター長さんもいらっしゃったけど、定年で新しい若いセンター長さんに代わっていました。
強面のセンター長がやめてしまうのはとても残念と思っていたけど、引き続き関わって下さるということで安心しました。
CIMG7110.jpg

4月7日に種芋を植えて来ました。

川内康範先生の訃報

アニメ

1982年8月15日TBS放送『オバケ』セル画
CIMG7120.jpg

川内康範先生がお亡くなりになりました。
つい最近もテレビに出ておられたので、お元気そうで何よりと思っていたので驚きました。
『日本昔ばなし』や『ドリモグ』など川内先生はアニメにも関わっておられました。
『日本昔ばなし』はたまたま入った制作会社が受けていた仕事だったのでアニメーター1年生から作画に関わりました。
DVDの『日本昔ばなし』は去年まで描いていました。
『ドリモグ』はフリーになった時に一話から作画に関わり、最終話まで仕事をさせて頂きました。
写真のセル画は『オバケ』という夏休みのスペシャルアニメ番組のものです。
ほとんど資料が残っていなくて、調べて分かったのは『オバケ 1982/8/15 愛企画センター TBS 川内康範』というデータだけでした。
この仕事はオバケと言っても愛嬌があるキャラクターで描いていて楽しかったです。
この作品の打ち上げがプリンスホテル(確か)であって、そこに川内先生がいらっしゃいました。
いつも鬼のようなスタジオの社長が川内先生に作り笑顔でペコペコしているのを見て、『なんで社長はあのお爺さんにペコペコしているんだろう?』と不思議に思っていました。
まさか、そんな有名な先生と知らず、当時、21才の貧乏アニメーターの私は高級中華をひたすらガツガツ食べていました。
今思えばサインの一つも頂いておけば良かった・・・残念!
たまたまですが、川内先生の作品に関わることが出来たことを名誉に思います。
ご冥福をお祈り致します。



MADE IN 足立64

連載物語 MADE IN 足立

現場9

昭和60年12月2日
私はこれから起きる大騒動を知るよしもなく、制作スタッフが出払っているのをいいことにスタジオのベランダで夕日を見てくつろいでいた。
電話が鳴ったので、慌てて制作のデスクの受話器を取った。
電話に出ると、何と電話の相手は母だ。
嫌な予感。母からスタジオに電話が掛かって来る時は、いつも事件が起きた時なのだ。
姉が行方不明になった時、四女が行方不明になった時、五女が危篤になった時、そして父が危篤になった時。
ここは七曲署か?ボスとジーパンは?山さんは廊下で立ち聞きしてるのかよ?
母『あのね、まゆみ・・・・お父さんが・・お父さんが・・死んだみたいなんだよ!!!』
って、この『みたいなんだよ』が癖者なんだよ。
私『これで何回目だと思う?もう騙されないよ!それってどこ情報なのよ!』
実は父は危篤常習犯なのだ。
つい半年前も、たまたま滞在していた仙台で倒れて危篤になったという連絡があった。
母と私たちは着のみ着のまま上野に向かった。駅に着くと最終の新幹線が我々の前を通り過ぎてしまった。
仕方なく、東北本線に乗り五時間かけて午前三時十分に仙台に到着。
病院に行ってみると面会謝絶。ロビーで待つこと5時間。やっと面会の許可が下りて扉が開く、ベットに横たわる父、死んでいるのか?姉弟6人がワッと父を囲む。
『お父さん!!』
そしてそこには元気そうな父の笑顔?って、いい加減にしろ!
父『なんだぁ?こんなとこまで、お前たち何しに来たんだ?』
こう言われた時は、点滴グイグイやって私が永遠の眠りにつかせてやろうかと思ったものです。
しかし、今回の電話はどうもマジな情報らしい。なんだか嵐の予感がする。   ー続くー

ガンバレ!サンライズ!

アニメ

CIMG7086.jpg

ガンダムオブジェの写真を撮るために下井草までママチャリで行って来たという話しを書きましたが、その時、帰り道についでにサンライズの前を通って来ました。
まぁ、立派なビルを建てましたねぇ。驚きました。
日本アニメ狂乱の日々が着々と近づきつつある1972年、東京は杉並下井草に電話1本、人員十名の小さなアニメ制作会社が創映社が生まれた。
そして1979年、創映社から独立した日本サンライズが一階が自転車屋の小さなビルの二階で『機動戦士ガンダム』の制作に奮闘していた。
というのが何かの本に出ていました。
私がアニメーターになったは、そのサンライズが誕生した年と同じ1979年でしたから、なんだか不思議な感じがします。
最初に仕事していた下井草のスタジオはサンライズの下請けだったので、ロボットばかり描いていた記憶があります。
当時は実家のある足立区から通っていましたが、しばらくして杉並で暮らすようになって、今もずっと杉並にいるわけで、何か縁があったのかもしれませんね。
CIMG7089.jpg

情熱!宮崎フェアで当たったどぉ~!!

未分類

CIMG7038.jpg

サミットの情熱!宮崎フェアキャンペーンに応募してまごころギフトを当てました。
選べるギフトで、宮崎和牛や骨付きハムなどいろいろありましたが、ハマユウポークしゃぶしゃぶ用1㎏を選びました。
本当は、東国原知事がいつも宣伝している宮崎地鶏を食べてみたかったけど、カタログにありませんでした。
でも、届いたハマユウポークを早速冷しゃぶサラダにして食べましたが、柔らかくて美味しかったですよ~。
普段、100グラム60円という激安肉を食べているので、ありがたく味わっていただきました。
ありがとう宮崎県農産物、ありがとうサミット。
それにしても結構くじ運がいいのかも。
トーヨーライスさんのキュウィフルーツ当てたし、つい先日にはサミットの2000円分の商品券当たったし、東都さんの醤油も当たった。
最近観た7本の映画は、当たった試写会か当たった映画館招待券で見てるし。
ココリコの黄金伝説で言うなら、元手はハガキの懸賞生活ってとこでしょうか。
この勢いで今度の映画のシナリオコンクールもズバっとグランプリを当てたいものですな。
って、コンクールは抽選じゃないか・・・。抽選だったら当てる自信あるんだけどなぁ・・・。

シナリオ*せたがやたがやせ完全版4話

シナリオせたがやたがやせ完全版

CIMG7095.jpg

全国の月刊現代農業ファンの皆様、5月号が発売になりました。
今月の表紙はこちらですよぉ~。
農家のみなさんは忙しくなる時期ですが、忘れずに購入してくださいね。
今月の特集は『肥料代が安い人の技』です。
はじめて見た方は、なんのこと?と思われるでしょうが、この月刊現代農業という雑誌で現在私のシナリオを読み物として連載しているのです。
ページの都合上、内容をかなり削っているので、編集していないものを一月遅れでブログで公開しています。
というわけで、5月号が発売になりましたので、『せたがやたがやせ』の4話の完全版を載せます。
せたがやたがやせ完全版4話
○白薔薇幼稚園・ホール
  母親たちの前に立つ香織。
香織の横に愛子と満作が座っている。
  ボロボロのTシャツ&ジャージ姿の満作を見てザワつく母親たち。
翼の母「何?あの方」
潤の母「匂ってきそうですわ」
香織「それでは説明会をはじめます。共同通信が実施したアンケートによると、一〇〇%近くの人が食育が必要だと考えていて、60%の人が食育をはじめる年代は幼児からと答えています」
満作「(居心地悪そうで落ち着かない)」
香織「そこで年長クラスのダイヤ組を対象に4月からクラインガルデンという新しい学習をはじめたいと思います」
翼の母「クラインガルデンて何ですか?」
香織「クラインガルデンというのはドイツのシュレイバー博士が創設した市民農園のことです」
彩の母「シュレイバー博士ってどなたかしら?(怪訝な顔)」
続きをどうぞ↓

Read more

CIMG6402.jpg

香織「ドイツの産業革命の後で、都市に人が集まり、土地を持たないアパート生活者が一気に増えるのと癸を一して、子供中心に情緒傷害が増えました。そこで、シュレイバー博士がその治療のために菜園を作って花や野菜を育てて土いじりをさせたら大変な効果があったそうです」
潤の母「土地を持たないアパート生活者の方、この幼稚園にいらっしゃいました?」
翼の母「それにうちの子は情緒障害なんてございませんし」
香織「(拒絶反応を示す親たちに困惑)こ、これは遊びではありません。学習です。社会科であり理科であり、技術、家庭科でもあるのです」
彩の母「お受験に関係あるのですか?」
満作「(突然立ち上がり熱く演説)俺は、あんた達親に何も期待していない!子ども達に農業を教えに来たんだ!子ども達もいずれ親になる。その時に、次の世代に農業を伝えてもらうために教えるんだ!」
彩の母「あんたたちって・・・」
満作「子どもが農業を面白がって取り組めば、その副産物として親の関心も生み出せるかと思ったけど、あんたたちは無理みたいだ。大地を耕すことによって自然との一体感が子どもたちを育みます!農業の世界は無限大!宇宙!コスモスなんです!」
母親たち「???・・・・・」
  支離滅裂な満作に引き気味の母親たち。
翼の母「(何か思い出したように)この人!ニュースに出ていた変な人!」
彩の母「土地があったら耕すって叫んでた人ですわ!」
  ざわつくホール内。
愛子「(立ち上がり)私が、この荒木満作先生にご依頼いたしました」
  静まりかえるホール。
母親たち「異議なし!(拍手)」
満作「(あっけにとられ)何で?」
香織「(小声で満作に耳打ち)カ・リ・スマだから(少々面白くないがホッとする)」
愛子「(微笑んで)満作先生続けて下さい」
満作「この幼稚園の横にある畑でキューリとトマトとナス、枝豆とピーマンとトウモロコシの苗を植えます。でも苗植えの前に裏にある田んぼで田植えをします」
翼の母「田植えですか?」
満作「はい。日本人ならまず米です!最近では世界でも離乳食としてお米が注目されているんですよ。ご存知ですか?」
彩の母「どうして離乳食なんですか?」
満作「赤ちゃんは消化吸収、腸の免疫力が未発達のために、脂肪を最初に与えると下痢を起こしやすく、たんぱく質を与えると食物アレルギーの原因になりやすいんです。そこで、米を主食としてこなかった米国でも米の消費が拡大しているんです」
潤の母「お米が大事なことは分かりますが、田植えということは泥の中に入るということですよね。不潔じゃないですか?バイ菌が心配です。その田んぼは消毒とかしてあるんですか?」
  他の母親たちも大きく頷く。
満作「(呆れて)消毒してどうするんですか!田んぼの中にはミジンコ」
母親たち「ミジンコ!(顔がゆがむ)」
満作「イトミミズ!」
母親たち「ミミズ!(手で顔を覆う)」
満作「血吸いヒル!」
  悲鳴。気絶する翼の母。
母親たち「できません!」
香織「(困り顔で愛子を見る)」
愛子「(再び立ち上がり)私は一人でもやります!血吸いヒルが何ですか。そんなものより恐いのは食に関心のない親たちです。輸入に頼っているこの国が、もしも相手国から『売らない』と言 われたら死ぬしかないんですよ!みなさんに、もっと危機意識をもってもらいたいんです!」
母親たち「異議なし!」
満作「(香織を見て)カリスマだから?」
香織「(苦笑い)」
満作N「こりゃ先が思いやられる・・・」
○同・ランチルーム(給食)
子供たちと一緒に小さなテーブルの前に座る満作が滑稽。
  ダイヤ組の担任珠美が満作を気遣う。
珠美「満作先生、やっぱりテーブルは高いものにした方が」
満作「ここでいいんです。みんなと一緒がいいから」
福太郎「珠美先生!満作先生の給食がないのはなぜですか?」
満作の前には箸だけが用意されている。
満作「僕はみんなが残したものを食べるよ」
翼 「げ~!残り物?!」
満作「さっき調理のおばさんに聞いたらとても食べ残しが多いって聞いたんだ」
珠美「食べ残しは仕方ありませんわ。最近の子供は偏食や好き嫌いが多いですから」
満作「(怒って)先生が仕方ない何て言ってどうするんですか!」
珠美「(引く)え?」
満作「いいですか!日本では一年間に約二千万トンもの売れ残りや調理くずが、食べ残しとして捨てられているんですよ!世界で8億人が飢餓や栄養不足で苦しんでいると言うのに、こんなに食品ロスが多いんです!食べ残したり捨てたりしてはいけない、もったいないという気持ちを子供たちに伝えるのが大人の役割でしょう」
JpgFile44.jpg

配膳台を下げに来た調理のおばさん。
満作「みんな毎日、調理のおばちゃんに感謝して食べているのかな?」
調理のおばさん「(突然ふらけて戸惑って)感謝なんて・・・そんな・・・でも、食べ残しを見ると何て言ったらいいのか・・・すごく悲しいというかゴミ箱に入れる時、罪悪感で胸が痛い感じは・・・します」
園児たち「・・・」
調理のおばさん「私の子どもの頃は、粗末な食べ物しかなかったし、母さんに食べ物を捨てたらバチが当たるって教わったから」
健人「僕、なるべく残さないように食べます」
彩 「私も頑張る」
福太郎「僕も頑張る!」
健人「福ちゃん、お残ししたことないじゃん」
翼 「野菜意外はね」
園児たち「(笑い)」
調理のおばさん「(嬉しそうに)みんなたくさん食べて大きくなってね。おばさんも美味しい給食作るから。それから満作先生、食べ残しはいけません。衛生上問題がありますから。お鍋に残った物を食べて下さい」
満作「はい分かりました」
○残ったパンやおかずの山
○同・給食後
  冷めきった残りものを嬉しそうに食べている満作。
  その様子を太陽がじっと見ている。
香織N「心なしか、この日の食べ残しはいつもより少ない気がした。愛子の気まぐれで現れたこの人は本当に変人だった・・」
○堤下家・田んぼ(日替わり)
  体操着を着た園児たちが園芸用のスコップを持ってあぜに並ぶ。
満作「今日はさっそく田おこしをします」
福太郎「田おこしって何ですか?」
満作「田おこしは去年の稲刈りが終わってそのままだった田んぼの堅くなった土を掘り返して柔らかくすることです。じゃさっそくみんな田んぼの中に入ろう!キャホッ!」
  嬉しそうに田んぼに入る満作。
園児たち「・・・・」
  振り返る満作、誰も入ってこない。
満作「どうしたみんな」
潤 「だって、ママに泥の中にはバイ菌がいっぱい入っているから触っちゃだめって、いつも言われているから・・・」
彩 「こんな汚い泥の中に入ったら死ぬかもしれないわ」
満作「そんな分けないだろう。田んぼの泥で死ぬなら、そこで出来てるお米をどうして人間が食べることができるんだよ」
太陽「(思い切って泥の中に飛び込む)」
福太郎「僕も行くよ!お米のためだ!(飛び込む)」
太陽と福太郎、楽しそうに泥を踏む。
福太郎「みんな~!ぐにゅぐにゅしておもしろいよ!」
  その言葉に促されて園児達が次々と入って来る。
健人「僕、ずっとこの田んぼを見て育ったのに入るのは初めてだよ。不思議な感触だね」
太陽「(健人を見て、にっこり笑う。もくもくと土を掘り返す)」
翼 「うへぇ~。すごい泥んこだぁ!」
満作「みんな、デロデロビンだ!!」
福太郎「デロデロビンって何?」
満作「茨城の言葉で田んぼでドロドロになった状況をデロデロビンって言うんだよ」
園児たち「デロデロビン!デロデロビン!」
  近所に住んでいる伊藤が園児たちの様子を嬉しそうに眺めている。
○同・園庭の水道場
  泥を落とす園児たち。
福太郎「お腹ぺこぺこだよ」
健人「僕もぺこぺこ」
翼 「今日はお残し、しないような気がする」
潤 「僕も」
CIMG6377.jpg

○同・ランチルーム(給食)
  空腹の園児たちガツガツと給食を食べる。
○拳を握りうつむく太陽
○困り顔の珠美
○同・ランチルーム
珠美「(太陽の給食のお膳を持って困り顔)太陽君、ちゃんとこれを食べてくれないと先生困ります」
太陽「(首を振る)」
珠美「満作先生と同じことをしたいという気持ちはとても素晴らしいけれど、残り物をたべさせたりしたら太陽君のお母様に先生が叱られてしまいます」
  満作の横に座った太陽、頑なに首を振る。
  ドアが開き、呼び出された太陽の母親が香織と共に教室に入ってくる。
太陽の母「(心配そうに太陽を見て、そして満作を見る)あなたが満作先生ですか」
満作「はい!はじめまして荒木満作です」
太陽の母「(じっと満作を見る)・・・・。あなたが来てから太陽の様子が変なんです」
香織「(これはまずいという感じで)残り物なんてとんでもございません!お母様からも太陽君に説得していただきたいんです」
太陽の母「満作先生のお考えは?」
太陽「(満作の腕を掴む)」
満作「俺は太陽君の主張に賛成です。食べ物を粗末にする奴には反対ですが。大切に思うことのど こが悪いことなんでしょうか」
香織「でも、冷めて美味しくないものを・・」
太陽の母「冷めたものでも結構です」
香織「えっ?」
太陽の母「認めてあげて下さい」
香織「と申しますと・・」
太陽の母「これまで園長先生も知っての通り、何にも興味を示さない子で、欲しい、いらない、嫌だ、嬉しい、全く感情を示してくれませんでした。もちろん誰かを慕ったり尊敬するなんて考えられませんでした」
太陽「(満作の腕を掴んだまま)」
太陽の母「太陽の心を動かすなんて、どんな先生なのかと思っていたら(思わず笑う)本当に純朴な面白い方ですね。お母様方の間だでは満作先生の噂でもちきりですよ」
満作「俺の噂ですか?」
太陽の母「いつもボロボロの汚い格好をしている。変人の青年だと」 
満作「いやぁ、そんなに噂になっているとは照れますよ」
翼 「先生、誉められてるわけじゃないよ」
園児たち「(笑い)」
太陽の母「満作先生。太陽のこと、何とぞ、何とぞ、よろしくお願いします」
満作「分かりました。いいか太陽?」
太陽「(頷く)」
満作「お前が俺の意見に賛同してくれるのは嬉しいが、園長先生の言う通り、これはいいことではないんだ。しかし、俺は食べ残しが無くなるまで続ける。食べ残しが無くなった時、この任務は遂行される。お前にその覚悟は出来ているか?」
太陽「(大きく頷く)」
続く

シネマ・ジェインオースティンの読書会

シナリオ&映画&ドラマ

CIMG5718.jpg

ヤクルトホールで行われた『ジェインオースティンの読書会』の試写会を娘と観てきました。
アメリカでは今、読書会が大流行しているということで、その読書会通じて、それぞれ事情を抱えた女達が想いや悩みを分かち合うというストーリー。
女優さんたちが個性的で、とっても良かったのですが、イギリスの『ジェインオースティン』という女流作家の本6冊の本が物語に織り込まれているために、この本を読んでいないと正直言って意味が分からないところがたくさんありました。
ジェインオースティンを読んだことのある方には、きっと最高に面白い映画でしょうし、もしも観に行かれる方は出来れば読んでから行った方がいいかも。
私は観た後に図書館に行って借りてきました。これから読んでみるつもり。
娘は映画に登場した離婚歴6回のおばちゃんが気になったみたいで、映画を見終わった後に
『あのおばちゃんがすごかった。お母さんも何回も結婚してみれば』と言ってました。
新橋駅までの道々、試写会を観た20代後半の女のグループが感想を大声で話していました。
『私はあの男が良かった』『えぇ~私はあっちの俳優が良かったわ』
ストーリーじゃなくて男の話ばかり。終いに
『私だったらあの男を抱くわ!!』大声で宣言していました。
最近の女は強くなったし言いますが、ここまできたか。

花よりどぶすくい

子育て&学校

CIMG7021.jpg

どうですか、きれいでしょ。我が家の近くには善福寺川が流れていて、川沿いには毎年満開の桜が咲き乱れます。
今年は暖かくて週末が雨や嵐にならなくて、良い花見が出来たでしょうね。
息子と二人で花見ということで、弁当を買って善福寺緑地公園に行きました。
ところがどっこい、ほとんど花見なんかしやしませんよ。
ぼちぼち生き物たちが活動し始めたひょうたん池を見たら桜どころじゃなくなり、毎度の見事な網さばきでいきなりどじょうをゲット!!
他にザリガニやエビ、小魚やヤゴも捕まえました。(どじょうとザリガニは持ち帰り、あとのは池に返しました)
そのへんの鈍くさいお父さんより全然腕には自信があります。昔とった杵柄ってやつ。
最近の若いお父さんは『クサイ』『汚いから帰ろう』とか言ってまるでやる気がないんですよ。
あれじゃ、子どもが可哀想。
はっきり言って私、息子より真剣にムキになって狩りをしています。
通りすがりの人に『お母さんも大変ねぇ』と言われますが、すみません。私が大好きでやっているのです。
気が付くと2時間もヘドロの中に手を突っ込み、どぶさらいをしていました。
全身にヘドロのしぶきを浴びた帰りに、ついでに善福寺川沿いを歩いて、とりあえず写真を撮ってきました。
結局、花よりどぶすくいでした。
CIMG7019.jpg

ガンダムオブジェ撮ってきたどぉ~

アニメ

CIMG7075.jpg

人気アニメ「機動戦士ガンダム」の記念オブジェが23日、東京都杉並区の西武新宿線上井草駅前に登場。
というわけで、昨日は突風の中、息子とチャリに乗って上井草まで行ってまいりました。
遠くて下井草に来られないガンダムファンのみなさん、撮ってきましたよぉ~!!
上井草にはアニメーターになってすぐに、サンライズから呼び出しを食らって行った時以来なので27年ぶりくらいかも。
平日だし全然人がいなくて写真が撮りやすくて良かったです。
うちは杉並でも南寄りなので下井草までは結構距離があって、40分くらい掛かったでしょうか。いいダイエットになりました。
息子は本物を見て納得して喜んでいました。
往復1時間30分も自転車をこぎ続け、下井草滞在10分。写真を撮るだけ撮って、またせっせとママチャリをこいで帰って来ました。
CIMG7077.jpg

まゆみのバイトへの道・10                実験動物管理スタッフの巻

未分類

CIMG5716.jpg

世の中には、こんな求人もあるのだと驚きました。
求人の内容はこうです。
実験動物飼育管理スタッフ募集
仕事内容・マウス・ラット等の状態観察、給餌、飼育装置の洗浄他

飼育をさせて頂けるのは嬉しいけど、毎日世話をしている生き物たちが実験に使われるのを目の当たりにしたら
『この子達を実験に使わないで下さい!!』
ゲージの前で号泣して訴えてしまいそうです。
じゃ、なんで働きに来たんだよって話しですよね。
これまで齧歯類というとハムスター、ハツカネズミ、リス、ウサギを飼ってきました。
どんなに小さくとも、どんなに寿命が短くとも、愛すべき家族でした。
現在はモルモットのボンちゃんが家族の一員です。
こう考えると実験に使われる齧歯類を一通り飼ったことがあるということでしょうか。
私がボンちゃんに向かって言う口癖は
『お前は実験に使われなくて本当に良かったね』です。
どこかでボンちゃんの親戚が人間のために実験に使われているかもしれません。
難病で苦しんでいる人や新薬の研究のためには、可哀想だからやめて下さいと簡単に言えないですよね。
人間のために犠牲になっている動物たちの冥福を心からお祈りします。