Archives ( 2008-07 )

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!新島編其の4

旅&おでかけ

CIMG7738.jpg
去年も御世話になった黒根売店のおかみさん。
このお店の名前が不明だったのですが、たまたまお休みで閉まっている時に名前を発見。
「どんぶり屋」さんというお店だったのですね。
漬け丼がとても美味しいんです。だから「どんぶり屋」なのかな?
ここのおかみさんもとっても優しくて大大大好きです。
いつも一緒にお仕事しているご主人もまたいいの。
無口でね、クールポコじゃないけど「男は黙って・・・」という感じで黙々とお仕事していて、良い夫婦だなぁと感心して見ています。
それにしても島の女性はみんな気立てが良くて、旦那さんは有り難いですねぇ。
CIMG7756.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!新島編其の3

旅&おでかけ

CIMG7708.jpg
2日目くらいから海が荒れてきて、こんな感じになってました。
写真は間々下海岸で、とても遊泳できる状態ではありませんでした。
黒根の方はいくらかましだったので、こちらで少し泳ぎました。
3日目は黒根も荒れて、こんなのがどんどん打ち上がっていましたよ。
CIMG7763.jpg
この魚なんだろ?
図鑑で調べてみます。
CIMG7760.jpg
これはサバですよね。良い型だったのにもったいない。
打ち上がってすぐなら持って帰って「みかさ」のおかみさんにさばいてもらえのにねぇ。
他に打ち上がっていたサバもカラスにメチャクチャつつかれていました。

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!新島編其の2

旅&おでかけ

見よ!!この美しい海を!!これが東京都なんですよ、嘘みたいでしょ。
CIMG7726.jpg
到着して船から下りて宿泊先の温泉ロッジのお迎えを探します。
確か去年は温泉ロッジには3人の男性の従業員の方がいたので、男の人の姿を探しました。
ところが「温泉ロッジ」の目印を持っているのは可愛いお姉さんです。
こんな可愛いお姉さんがお迎えに?
声をかけてみたらやっぱり温泉ロッジの方でした。
菅野美穂似のすっごい美人でしたよ、これからどこかへバカンスに行こうと行き先に迷っている男性諸君!彼女は夏の間はお仕事しているそうなので必見です。
顔も可愛くて気立ても良いお嬢さんで、息子の嫁にいいなぁと思いました。
あっ、ちなみに息子11歳ですけど。
今時、歳の差なんてねぇ。
CIMG7749.jpg
こちらはロッジのレストラン「みかさ」の夕食。
毎度のご馳走で、食べ過ぎて体重増加まちがいなし。
魚の煮付けもあしたばの天ぷらが最高に美味しかったです。

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!新島編其の1

旅&おでかけ

ケータイロボ君もジェットホイールに乗りくつろいでおります。
「これからバカンスだぜぃ」
CIMG7695.jpg
ケータイロボ君「レインボーブリッジ閉鎖出来ません!!!」
CIMG7696.jpg
朝、2時30分起きで無事寝坊をせずに竹芝に向かいました。
6時過ぎに竹芝桟橋に着いたら、まだ施設が開いてなかったよ~。
仕方がないので6時30分まで外のベンチで暑さに耐えながらボ~と待ちました。
そしてイマイチ船体のデザインの色彩センスが悪いジェットホィールは時間通りに出航しました。
海は穏やかなのにも関わらず、息子は「ギモチ悪い・・」と言いだし、真っ青な顔でゲロ袋を抱えていました。
「吐いたら楽になるよ」と言っても「絶対、やだ!吐かない!」とがんばり通し、ついに到着まで耐えました。
winner!!よくやった息子よ、お前は吐き気に勝ったのだ!

第545回「泳ぎに行くなら海派?プール派?」

未分類

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです!今日のテーマは、「泳ぎに行くなら海派?プール派?」です。毎日暑くて暑くて、思わず泳ぎに行きたくなっちゃいます。いえ、泳ぐのはあまり得意ではないんですけどそれでも泳ぎたくなっちゃうくらい、茹だってます。私は泳ぎに行くなら断然、海よりプールです。...
FC2 トラックバックテーマ:「泳ぎに行くなら海派?プール派?」


CIMG5824.jpg
泳ぎに行くなら海派かプール派か・・と言えば、やっぱ海でしょ。
だって、プールに行っても水と人しかいないんですよ!つまらん!
海に行けば魚とかウミウシとかアメフラシとかカニとかうじゃうじゃいるんだから。
船からイルカの群を見ることもあるし、トビウオがビュンビュン飛んでいるのも見ることができるしね。
あっ、テーマは泳ぎに行くならでしたね。完全にテーマからズレてました。
泳ぐのは好きじゃないので泳ぎませ~ん。
海に行って海の中を観察するのが楽しみですぅ。
つ~わけで、私は明日から息子と二人で新島に行ってまいります。
3時起きで5時の電車に乗らないと船に間に合いません。
7時30分発のジェットホィールで何と!2時間半で島に着いちゃいます!
でも、寝坊したらアウトだよ~。
今年はクワガタ捕るために木から落ちたり、船が故障して海のど真ん中で止まったりしないと思います。たぶん・・・。
きっと私のことですから何かしらやらかして来ると思うので、旅のエピソードをお楽しみにぃ~。
CIMG7692.jpg

三(み)つ子(ご)の魂(たましい)百まで

子育て&学校

CIMG7235.jpg
子どもの小学校の個人面談がありました。
毎度のことながら「すべてのことが丁寧すぎて時間がかかり過ぎて遅い。家でも注意して下さい」と言われました。
ほんとにねぇ、どんなに注意されても、こればかりはなんともいえないんですよねぇ。

三(み)つ子(ご)の魂(たましい)百まで
幼いころの性格は、年をとっても変わらないということ。って言うでしょ。

私の場合、逆にせっかちで落ち着きがなくて、小中学校とずっとずっと注意を受けていて「少し落ち着きなさい!!!」と母に叱られたものです。
子どもの頃から口癖は「あぁ~時間がない、時間がない、急がなきゃ!!」で、大人になった今でも「時間がない、時間がない。急がなきゃ」とこまねずみのように動き回っています。
今は子ども達に「時間には限りがあるんだから、さっさとやっちゃいなさいよ!!」と怒る側になっています。
アニメーションの仕事に関してもバァ~っと一気にやるタイプで、作業が早かったので制作の人には重宝されたけど、早い=いい加減なとこもあったので監督の人によってはムッとしてたかもしれません。
早くていい加減と丁寧で時間がかかるのは、どちらがいいのでしょうかねぇ。
まっ、ほどよくこなすのが一番いいのかもしれませんが、そんな塩梅よくいかないから人間は悩むんですよね。難しいなぁ・・。

ニッカボッカって知っとるけ?

未分類

昭和40年代の気の荒い職人さんたちですぜ
現場5
日本の土木作業着が05年のバリコレに登場したことがあるって知ってた?
ドイツ人のデザイナーが採用したみたいだけど、外国の人には作業服がクールに見えたのかもしれませんね。
作業着のニッカボッカって知ってますか?
ひざのあたりがダボダボしていて足首のとこが締まっているあれです。
父親が土木関係の会社をやっていたので、強面の顔で腹巻きをして地下足袋にニッカボッカを履いているおっちゃんに囲まれて育ちました。
ニッカボッカにご飯を食べさせて貰ったと言っても過言ではないかも。
そのニッカボッカ様のデザインの理由がR25に載っていました。
ひざのふくらみは「猫のヒゲ」のような役割を果たしていて足元に突起物や障害物があると「触覚センサー」となって感知して危険を回避するそうです。
確かに、ピラピラして変なデザインだとは思っていたけど、そういう意味があるとは知りませんでした。
それにしてもニッカボッカって不思議な響きですよね。どういう意味なんでしょう?
道を歩いている時にニッカボッカを履いた職人さんを見かけると懐かしく思います。
暑い中での作業は大変でしょうが、職人の皆様ニッカボッカを履いてお仕事頑張って下さいね!!

FC2トラックバックテーマ 第536回「あなたの夏休みの予定は?」

未分類

CIMG5786.jpg


FC2トラックバックテーマ 第536回「あなたの夏休みの予定は?」


つ~ことで、私は来週息子と二人で新島に行きま~す。
思えば去年の夏は寒い夏だった・・・今年は暑そうでウレピイ。
日焼けが心配じゃないのかって?
あ~分かってるさ、この歳になって日焼けしたら全部見事に「しみ」になるよ。
さっき鏡を見たら目の横の大きなしみが四つ葉のクローバーの形になっているのに気が付きました。
「あぁ~私の顔に四つ葉のクローバーだぁ、ラッキー!!」って喜んでる場合か自分!!
もういいっス、王子様が現れてお城に招かれて幸せに暮らしました、めでたしめでたし・・・何てことないしさ。
まぁ、これから来るとしたらあの世からの招待状くらいなもんでしょうからねぇ。
だから、この際ガンガン息子と野山を駆け回ります。
あと8月には東都生協の「トマト学校」が当選したので長野に行きます。
それと東京都の「水のふるさと体験」も当たったので、鍾乳洞や恐竜博物館や化石探検に行ってきます。
遊ぶためにはしっかりバイトもしなくちゃね、今週はバイトが3日続けてありました。
夏休みだけにお客さんはいつもの倍です。キツかったぁ~!!

世界最高齢ブロガーに挑戦?てかっ

未分類

こちらは阿佐ヶ谷すずらん通りのご長寿のみーちゃん。
CIMG5630.jpg
108歳の世界最高齢ブロガーのおばあちゃんが亡くなったという記事を見ました。
すごいですねぇ、108歳とは恐れ入りました。
私が108歳まで続けるとしたらあと60年は書き続けなければいけません。
しかし60年続けるどころの騒ぎじゃありぁせんよ。
バイトをはじめてから時間に全く余裕がなくてやっとこブログを書いている有様です。
来年には収入のためにバイトを増やそうとも考えているのでブログはやめることになるかもしれません。
取りあえず月刊現代農業の連載と連動しているシナリオ公開が今年の12月までにあるので、それまでは続けるつもりです。
なので私のハナクソみたいなブログを申し訳ありませんが、もうしばらくご覧になって下さいませ。
でも、でも~、シナリオが採用になったら話しは別。意地でも続けます。
つ~ことはこのブログが60年続くか今年で終わるかは、私のシナリオにかかっているわけだね。
さてさてどうなるか!!乞うご期待!

アメリカ生まれ杉並育ち                 まゆみのアピオス実験栽培 

農業&ガーデニング

アピオスです。ボーボーに蔓がのびてます。
これは先月の様子で、花のつぼみがチラホラ。
CIMG7621.jpg
浜田山農園に雑草とりに行ってきました。
毎度のことながら雑草って何であんなに生えてくるのかねぇ。
汗、だらっだらかきながら黙々と1人で作業。
そのうち農園ににぎやかな子どもの声が・・。
私の畑の隣は近くの保育園の畑で、その日は収穫日だったようです。
じゃがいもを引き抜くたびに大歓声!!
「先生見て!!こんなに大きいの!」
次々に園児たちはじゃがいもを収穫して、先生もその感触を味わいたいようで「先生のぶんも残しておいて~先生もやっみた~い」と園児に懇願していました。
先生に伺ったところ、園児たちは苗植えから畑の世話もしてきたそうで、園に戻ったらさっそく調理して食べるということでした。
丹誠込めて育てた野菜を食べたら子どもたちは感激すること間違いなしですね。
子ども達に素晴らしい学習をしている保育園に大きなハナまるをあげましょう!!
CIMG7620.jpg

天才!ポチタマ奇想天外まゆみ動物園          ツバメは虫しか食べないのの巻

動物&昆虫

CIMG7671.jpg
燕・ツバメ
民家の軒先など人が住むにぎやかな環境に営巣するという習性がある。これは、天敵であるカラス等が近寄りにくいからだと考えられている。
人が住むにぎやかな環境に営巣するという習性から、地方によっては、人の出入りの多い家、商家の参考となり、商売繁盛の印ともなっている。

以前何かの記事で東京のビル街にツバメが巣を作っているというのを見ました。
確かに最近、えっ!!こんなところに?という場所にツバメが巣を作っています。
写真は近所の居酒屋の排気口の上のツバメの巣。
大人なら手を伸ばせば届くような場所です。
通りすぎる人たちは皆心配そうに様子を見ていて、ヒナが巣から落ちないかヒヤヒヤしてます。
だいぶ大きくなって羽根もしっかりしてきました。巣立ちはいつになるのか気になるところ。

ウィキペディアにこんな昔話が載ってました。
昔昔、燕と雀は姉妹であった。あるとき親の死に目に際して、雀はなりふり構わず駆けつけたので間に合った。しかし燕は紅をさしたりして着飾っていたので親の死に目に間に合わなかった。以来、神様は親孝行の雀には五穀を食べて暮らせるようにしたが、燕には虫しか食べられないようにした。--『雀孝行』
とっぴんぱらりのぷう

手・・・手が!!

未分類

CIMG5426.jpg
アニメーターが腱鞘炎になるのは避けては通れない道。
しかし、私はアニメーションの仕事をして28年間腱鞘炎になったことがありませんでした。
一日100枚描こうと150枚描こうと腕はピンピンしてました。
普通のアニメーターより筆圧も異常に強かったのにそれでも平気でした。
「腱鞘炎になるなんて、君たち軟弱だねぇ、ヒヒヒヒ」と男の子たちを嘲笑ったものです。
その私が生まれてはじめて腱鞘炎にやられたのは授乳の時でした。
2時間おきの授乳で完全に腕をやられて「手・・手首がぁ~!!!」
病院に行ったら「腱鞘炎だね」とあっさり言われました。
「むむむむ、はじめて知ったこの痛み。これがアニメーターたちが苦しんでいた痛みなのか・・・」
そしてまた16年の時を超えて、またまたあの痛みが私を襲いました。
先週のバイトで油のこびりついた皿を何十枚もゴシゴシゴシゴシ。
家に帰って夕飯の支度をしていると手に違和感が・・。
クソっ!!今度は皿洗って腱鞘炎かよ!
また明日には皿洗わなきゃいけないのに、治す暇がないじゃん。
一瞬で腱鞘炎を治す方法はないでしょうか?誰か教えてくりいぃ~!!

刺客請負人毎週金曜 よる8時00分放送決定:テレビ東京

シナリオ&映画&ドラマ

CIMG6331.jpg
昨日テレビ東京で放送された「刺客請負人」をみました。
勉強になるかな?と思いながら、ボ~と見ていたけど面白かったですねぇ。
息子は裏番組の「トトロ」を見たいと懇願してきました。
「トトロなんか家にビデオはあるし100回は見ているだろう。母にこれを見させてくれ」と言うと「100回も見ていない」と怒りましたが、この番組を最後まで見させて頂きました。
すまん息子よ、許してくりぃ~。
昔は萬屋錦之介さんの時代劇が好きで好きで大好きで、中学生の時に母に頼んで歌舞伎座まで錦之介さんの芝居を見に行くほど大好きでした。
「長崎犯科帳」「破れ傘刀舟」「鬼平犯科帳」なんか鳥肌もんで瞬きもしないで見てました。
なんかねぇ、どの役者さんも台詞を言ってるって気がしない、芝居をしてないみたいな自然な芝居。
細かい目の動きから指先の動きまで、完成されていましたね。
殺陣も格好いいのなんのって、キレがあって華があって最高でした。
このごろはもう時代劇どころかドラマは全く見なくなりました。
なんですかねぇ、物語よりも出演するスターさん優先な感じ?ヨイショしている感がちょっと。
局はひたすら旬の人気者を当てにしてヨイショして視聴率が悪いと次はポイ。
で、また旬の人気者を追いかけている感じがするのは私だけかな・・・。
話がそれたけど、昨日の放送に福本清三さんが出ていたと思うんですけど、見間違いでしょうか?
誰か教えて下さ~い!!

まゆみの事件簿

未分類

阿佐ヶ谷すずらん通りのほていやさんのトラ猫。気持ちよさそ~。
CIMG6622.jpg
夜、布団に入ってウトウトしていると女の人の怒鳴る声が聞こえるような・・・・。
耳栓を取って窓の外を見ると人の姿は見えないが、近くで声がします。
「おめ~が悪いんだよ!!おめ~が悪いんだよ!!」
夫婦喧嘩なのか、酔っぱらいなのか、深夜の住宅街に
「おめ~が悪いんだよ!!」
という怒鳴り声が繰り返し響き渡っています。
相手がいるのかいないのか、他の人の声はしません。
そして今度は「警察呼べよ!!」と繰り返し怒鳴りちらします。
ほどなくしてバトカーがやってきました。お巡りさんがなにやら説得しています。
家庭内のトラブルなのか、パトカーに乗せられて連れて行かれたみたいで、深夜の住宅街はまた静かになりました。
足立区じゃ、こんな騒ぎが起こると、おせっかいな近所の人や野次馬が「どうしたのよ」「大丈夫?」と湧いて出て来ます。
ところがこの辺りの人は関わり合いになりたくないみたいで、何が起きても絶対出て来ません。
これが土地がらというのでしょうね、きっと。

第540回「お給料・おこづかい日前にやっちゃう節約は!?」

未分類

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは、「お給料・おこづかい日前にやっちゃう節約は!?」です!外はこんなに暑いのに、お給料日やおこづかい日前になると、お財布の中がとっても涼しくなりますねー。なんとかやりくりするために、節約するって方も多いのでは?と思うのですがあなたはどんな・..
FC2 トラックバックテーマ:「お給料・おこづかい日前にやっちゃう節約は!?」


CIMG7153.jpg
「お給料・おこづかい日前にやっちゃう節約は!?」と言うお題が出ていたので乗っかりました。
私の場合、給料日前の節約なんてないです。
なぜなら、極貧の我が家は給料日前に関わらず、ずっとずっと一年中節約してますから。
バイトの日は、巨大おにぎりを自分で作り、水はペットボトルに入れて持って行くので、一円もお金を使いません。
雑誌も買わない洋服も買わない、煙草は吸わないお酒は飲まないカラオケにも行かない。
こんなにお金のかからない生活をしていても、まだ厳しいとは・・・辛いですなぁ。
先日友人がぼやいていました。
高校生の娘が、毎日ペットボトルのジュースを買い、お昼はコンビニのおにぎりを買うので「おにぎりなら私が作るし、ペットボトルのジュースももったいないから水筒を持ちなさい」と言ったら、「コンビニのおにぎりは美味しいし、水筒なんてダサイ」と言われたそうです。
友人は「たかがおにぎりとジュースって言っても、毎日買ってたら一ヶ月でそれなり額になるのよ!うちの娘は全然節約する気がないんだから!」とご立腹でした。
我が家の娘は「まずい」と言いながらも私が作った弁当を持っていきますが、やはり毎日ペットボトルのジュースを何本も飲みます。
本人がバイトして稼いだお金で買っているので何も言いませんが、ホントにもったいないと思います。
先日、テレビで「ホームレス中学生」を見ましたが、あのくらいどん底を知らないと、子どもに節約なんて言っても聞かないよねぇ。

地図の読めない女です

未分類

CIMG6216.jpg
阿佐ヶ谷のパールセンターの横道のペットショップのオウム?
たまにギャーギャー叫んでます。
このごろはインコでさえも自分の住所を話して家に帰って来るというのに、私は重度の方向オンチです。
たとえば、駅やデパートのトイレから出て来た瞬間いきなり固まります。
「あれ?私、右から来た?左から来た?」
方向オンチの人はビルや看板など最低限の目印を頭に入れろと言いますが、考え事をしていたり、どうでもいいものに見とれていたりするから目印なんて記憶にない。
東西南北が分からない、距離感が掴めない、地図と自分のいる場所が一致できない、方向オンチの要素全てをかね揃えているんですよ、エッヘン!
島に行くために毎年利用している浜松町駅も下に行かなくてはいけないのに、毎年必ず上に上がって行って駅員さんに「出口が違いますよ」と言われて、重い荷物を持ってまた階段を下りて行くのです。
こんな私と出掛けると娘も息子も恐がります。
「ホントにこの道あってるの?すぐ迷子になるから、お母さんは当てにならない」とぷんぷんです。
でも、そのおかげで、二人とも必死に道を覚えようとするので、この子たちは方向オンチにならなくてすみそうです。

MADE IN 足立70・死人のいない葬式の巻

連載物語 MADE IN 足立

20070401023329.jpg

葬式当日は戦争だった。
まさか父が突然死ぬなんて予想外のことで、娘5人と母1人計6枚の喪服がない!!
一番下の妹が「お母さ~ん、これ~、私にはきついよ~」と訴える。
「あんたが食べ過ぎ!太り過ぎなんだよ!!じゃこれ着なさい!!」母怒る。
「これ~お母さんのじゃない。オバサン臭くていやだ~」妹訴える。
「はぁ~?オバサン臭い~?!黒い服なんか何着たって同じだよ!!!」母メチャクチャ怒る。
「お母さ~ん、黒い靴がな~い!」四女訴える。
「はぁ~?!今度は靴かい。プカブカでもきつくてもその辺にあるもの履きなさいよ!!」母爆発。
たった1人男の翌年中学に上がる弟は、おろし立ての制服を入学式に着る前に父親の葬式で着ることになった。
女達の騒ぎとは無縁のぶかぶかの制服を着た弟は、のんきにコタツに入ってテレビを見ている。
二階でバタバタと右往左往していると、テレビを見ていた弟が何か下で叫んでいる。
「何?何か言った?」
「お姉ちゃんの会社の社長さんが来たよ~」
何と、五女の会社の社長が来てしまったのだ。二階の女達、固まる・・。
「社長が来たって~、どうしよう!!ここで葬式なんかしてないのに~、何て言えばいいの?ねぇ何て言えばいの?」妹パニック。
「とにかく行け行け!」
ドタバタと階段を下りて行くと、葬儀屋もいない花輪も祭壇も何もないことをいぶかしげにキョロキョロ見ている社長がいた。
「このたびは・・・・・」と社長。
顔が引きつる母と妹。
「あぁ・・・ええぇ・・と・・・せっかくいらして頂いたのに・・・いろいろと事情がありまして別の場所でやっておりまして・・・」
まさか、愛人の家で葬式します何て口が裂けても言えないよねぇ、ホント。
                     続く

漫画は年をとらなくていいねぇ~

アニメ

CIMG7125.jpg

いつものことながらR25の受け売りでごめんちゃい。
漫画の主人公の年齢についての記事が載っていました。
「サザエさん」のマスオさんが28歳でサザエさんが24歳というのは結構有名な話しですよね。
ルパンⅢ世を追いかける銭形警部が連載当時29歳でルパンの年齢設定は20歳~25歳ということです。
もしルパンが20歳なんてことなら、彼はまだ子ちゃまじゃないですかぁ。
「ブラックジャック」の作中年齢は30歳前後、「ゴルゴ13」のデューク東郷はアメリカ国防情報局の情報で28歳~32歳くらい。
ガンダムのシャアが20歳(わっ若い!)、星一徹が33歳(嘘だろ、わっ若い!)、両津勘吉が35歳などなど・・。
バカボンのパパは41歳という設定らしいです。
バカボンのパパより私の方がお姉さんだよ、トホホホ。
それにしても漫画のキャラは年を取らなくて羨ましいですなぁ。
鼻垂らして見ていた小学生の私は、今やキャラクターたちよりずっと年寄りになっちまいました。
時の流れとは恐ろしい・・。

昭和生まれと平成生まれ

未分類

CIMG7204.jpg

先日、たまたま1989年頃の情報が知りたくていろいろ調べていました。
それで、驚いたことが一つありました。

1989年(せん きゅうひゃく はちじゅう きゅう ねん)は、日曜日から始まる平年。
和暦では年始から1月7日までの7日間が昭和64年、翌1月8日以降年末までの358日間が平成元年である。

確かに言われてみればそうなんですけど、昭和64年が7日間だったとはねぇ。
ここでふと思ったことが・・・。
すると、この年に生まれた子は、昭和生まれと平成生まれが分かれて、同じ学年の中でも昭和生まれと平成生まれがいるということですね。
それにしても1月1日から1月7日に生また昭和64年生まれの子は貴重な存在ですね。
私は昭和のど真ん中辺りに生まれた生粋のザ・昭和の女です。
娘は平成4年生まれで、バイト先で「平成4ね~ん!!ついこの間生まれたばっかりじゃない!若い若い羨ましい!」と驚かれるらしいです。
ふふふふふ、若い若いと言われているのも今のうちさ、あっという間に年をとるのだよ、ちみ~。
CIMG7348.jpg

これは青梅のお土産。
これって、ケムンパスとベシでしたよね、なかなか名前が思い出せなくて必死に思い出しました。

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン・今年はこれで挑戦だ!!

旅&おでかけ

CIMG5783.jpg

昨日も書いたように去年の新島ではクワガタ捕りに夢中になりえらいことになりました。
*詳しいことは去年の8月のブログに書いてあるよ。
5mくらいある街灯に登ってみたり、登った木が折れて落下して大けがしたりして・・・。
鋭い裂けた木にジーパンが刺さって、お気に入りのジーパンが写真のように無惨な姿になりました。
夜の公園に行くと、たまたま道ばたに落ちているなんて奇跡のようなこともあるけど、基本高い街灯の電気の周りにうじゃうじゃいるんですよ。
それもこれも、虫取り網の持ち手が短いからいけなかったのよ!!
CIMG5868.jpg

つ~わけで、高円寺の上州屋に行ってこの網をゲットしてきました。
最長で160㎝までのびます。本当はもっと長くなる網があったのですが、なんせ釣り用で網の部分が50㎝くらいあるバカデカイやつでして荷物になるので諦めました。
体は大人!頭脳は子ども!がキャッチフレーズの私は今年も息子よりも夢中で虫を追いかけたいと思います。
でもねぇ、夜の島の道をチャリで走るのは恐いですよ~。
街灯を目指している巨大な蛾やカナブンがガンガン体にぶつかってきますからね~。
いつも悲鳴を上げながらチャリこいでます。
ちなみに去年捕まえたクワガタが昨日の写真のものです。
CIMG7630.jpg

なんすかこりわぁ~!!

動物&昆虫

CIMG5196.jpg

一昨年のやさとの田植え体験の時に捕まえたカブトムシが卵を産んで、写真のように大きく幼虫に育てました。
しかし、せっかくここまで育てたのに二匹のうちの一匹はさなぎになれませんでした。
その結果、成虫まで育ったのが写真のピカピカのカブトムシの「あさがや(名前)」です。
先週の土曜日、今年はどうかとカブトムシの飼育ケースの土を確認しましたが悲しいことにゼロでした。
CIMG5581.jpg

そして、新島で捕まえたクワガタたちの飼育ケースを確認してみることに・・・・。
息子も私もクワガタの卵が孵っているはずがないと、何も考えずに朽ち木を持ち上げてみました。
そしたらあなた見たこともない白い虫がウニャウニャしているではないですか!!
「ギャー!!」と息子と尻餅つきました。
「こりは~!クワガタの幼虫ですよ!!」私が興奮して言うと、
「クワガタの幼虫って、こういうの?何か変な虫の幼虫かもよ」息子は疑っています。
取りあえずケースに戻して、様子を見ることにしました。
写真では分からないかもしれませんが、こりは~クワガタの幼虫なのでしょうか?
誰か教えてくだ~い!!
CIMG7629.jpg

で、これが去年新島で捕まえたクワガタたち。
こいつを捕まえるために、木から落ちて一ヶ月の名誉の負傷?をしたのさ。
CIMG5934.jpg

LOVE & PEACE!!

未分類

CIMG7251.jpg

ピース!!

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン

旅&おでかけ

CIMG5838.jpg

去年、新島に行った時に土産物屋のおばちゃんがご馳走してくれた魚だよ~。
最高に美味かったぜぃ!!
で、土曜日に高円寺のオリンピックに行ってこれを買ってきました。
さっそく息子はお風呂で練習していましたが、うまく出来なくてゲホゲホしてました。
息子も私も海は好きだけど海の中は苦手で、足がつかないとパニックになります。
藻がウニャウニャ生えているところでも二人ともパニックになります。
「足に何か触ってる!!キモイ!ギャー!ギャー!」
そんな私も小さい頃は海は全然平気で、深くてもどこまでも潜ったし、浮き輪を付けて沖までプカプカ漂ったりしていました。
ところが、海の近くの伯父さんの家に遊びに行った時に、ヨットハーバーみたいなところで姉と二人で船の下に潜って遊んでいました。
そしたら、得体の知れない大きな生き物が泳いでいるのを発見!!
恐くて姉と二人で死に物狂いで泳いで桟橋に上がりました。
姉と「海には魔物がいる~」と震え上がりました。
そして、その後すぐに公開された映画「ジョーズ」を見て更に海が恐くなり、海の中が苦手になったというわけです。
伊豆七島の海は少し沖に行くだけで綺麗な魚がいっぱい泳いでいたりするのに残念。
今年も二人で足のつく浅瀬でウロウロしていることでしょう。
CIMG7628.jpg

今日は悲しい日

子育て&学校

CIMG7549.jpg

今から13年前の今日、こどもを亡くしました。
お腹の中でたった3ヶ月の短い一生でした。
この時、私は「キャプテン翼」か「ぼのぼの」の締め切りに追われていて、お腹のことを気にしながらも深夜まで仕事を続けていました。
足はパンパンにむくんで、体が悲鳴を上げているのが分かりました。
でも、仕事は山積みで手元の仕事を終わらせなければと必死でした。
そのうちお腹が痛くなり出血をしはじめたのです。
病院に電話すると「病院に来られてもどうにも出来ません。横になって休んでいれば落ち着くこともあるので様子を見て下さい」と言われました。
お腹のこどもに「これが終わったら休むから待っててね、苦しいかもしれないけど待っててね」と繰り返して詫びながら仕事を終わらせました。
全ての仕事を片づけて、短冊に「元気な赤ちゃんが生まれますように」と書いて娘が保育園で頂いた笹に飾りました。
でも、願いは聞いてもらえませんでした。
七夕の翌朝、目が覚めるとお腹の痛みが無くなったので安定したのだと大喜びしました。
しかし、その時すでにお腹のこどもは亡くなっていました。
ショックで1ヶ月くらいは放心状態でボ~としていました。
その時は電話をしても対処してくれなかった病院を恨んだり、次々押し込んで来る仕事を恨んだりしましたが、結局全て自分のミスですから自分を責めるしかなかったし、今もずっと自分を責め続けています。
働く女性が増えて、妊婦になってもギリギリまで働いている女性も本当に多いです。
責任や仕事を休める状態でないのは理解できるけど、失ってしまったら取り返せません。
絶対無理をしないで元気な赤ちゃんを産んで下さいね。

何をお願いした?

未分類

CIMG6007.jpg

今日は七夕です。
お天気が悪いから牽牛(けんぎゅう)星・織女星は出会えないみたいですね。
ここ数十年、お願い事は毎年全く同じことを書いています。
子ども達がケガや病気をしませんように・・・
私のシナリオが映画になりますように・・・
お金持ちになれますように・・・
ううううううう・・子ども達はケガや病気を全然しないので有り難いけど、他のお願いは叶いませんの~
笹に飾らないのがいけないのでしょうか?
以前は笹を買って飾っていたのですが、結局ゴミになってしまうのでエコじゃないと思って止めました。
笹をやめてプルーンの木に飾っていたけど、そのプルーンの木が枯れたので、現在はアケビの木に飾りをつけているのです。
やっぱ、これじゃ~だめ?
つ~か、何に飾っても叶わない時は叶わないから、まぁいっか。
今はこんなお願い事を書いているけど、もうしばらくして婆さんになったら、
ボケませんように・・・
嫁がバチに当たりますように・・・
良いお墓がみつかりますように・・・
こんな感じになるのかもしれませんね。

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン

旅&おでかけ

見て下さい、この美しい海を。沖縄でもハワイでもありませんよ、伊豆七島の新島です。
東京から船で2時間チョイで行けちゃいますよ!
今年の夏休みはお子さまを連れてどうっすか、お母さん!
CIMG5785.jpg

去年の夏休みに新島に行った時に、着いてすぐに近くの海岸に散策に行ってみました。
すると、海岸のいたるところに大量の鰯が打ち上がっていました。
今や鰯は高級魚ですから、あれだけ大量の鰯を魚屋さんが仕入れたらたいへんなもんですよ。
「なんで鰯がたくさん打ち上げられているのかな?家の近くでこんなにたくさん打ち上げられていたら夕飯のおかずになるのにね」
と息子と話していました。
そして温泉ロッジでの夕飯時、食事を作ってくれたおばちゃんにそのことを話しました。
「やだ!早く言ってくれればよかったのに!取りに行ったのにさ。おかずになったのにねぇ。刺身が美味いのよ。それはね、イカに追い立てられた鰯が逃げ回って打ち上げられちゃうのよ。たまに沢山打ち上げられて聞きつけると島の人は取りに行くのよ。偶然あうなんてあんたたち運がいいねぇ」
と言われました。
イカに追い立てられてとはねぇ。
以前、式根島の港で、やはりカモメに追い立てられた鰯が逃げ回ってパニックになって打ち上がっているのを見ました。
すぐに死んでしまうので、息子と二人で跳ね回っているのを次々に海に戻してあげました。
今年も打ち上がっていたら袋につめておばちゃんに調理してもらいましょう。
CIMG5748.jpg

シナリオ*せたがやたがやせ完全版7話

シナリオせたがやたがやせ完全版

CIMG7626.jpg

全国の月刊現代農業の読者のみなさ~ん、8月号が発売になりましたよ~。
今月の表紙はこちらです。
特集は光合成細菌&納豆菌・乳酸菌・酵母菌。そして町の人が田舎で暮らす時の11ヶ条・空き家活用などためになる話題が満載です。
『シナリオ せたがやたがやせ』は350ページに載っているので興味のある方は是非ご購入なさってみて下さいね!
今月の話しは幼稚園の園児たちが茨城の八郷(現石岡)にファームスティします。茨城の八郷は私が農業体験などでたびたび御世話になっている大好きな場所です。
先日のテレビ東京の『自給自足物語』でも八郷で時給自足している脱サラの男性が取り上げられていました。というわけで、先月の7話の完全版を公開しま~す。
せたがやたがやせ第7話
○白薔薇幼稚園・ランチルーム
  食事の済んだ教室。
満作「太陽!さぁ飯だぞ!」 
太陽「(親指を立てる)」
満作「(鍋を見る)カラッポだ!米がない!」
太陽「!」
  そこに調理のおばさんがお膳を持って入って来る。
調理のおばさん「はい、ご飯」
満作「おばちゃん、どうして?」
調理のおばさん「満作先生、あんたすごい人だよ。まだおかずの食べ残しはあるけど確実にへってるのよ。毎日、畑や田んぼで体を動かしているからやっぱりお腹がすくんだね。ご飯は残るどころか、お代わりが出て、今日は余計に炊いて良かったよ。二人の分は無くなる前によけといたんだ」
  三人、顔を見合わせハイタッチ。 
○堤下家・畑
  真夏の炎天下。
  畑に集まる園児と満作。
満作「今月に入って全然雨が降らない!そこで!みんなで雨乞いを行う!」
福太郎「雨乞い?」
満作「頭の上に皿をのせて、こんな感じで踊るんだ(妙な踊りを披露する)」
健人「それ、やらなくちゃいけませんか?」
彩 「彩、恥ずかしい」
満作「君たち、畑の野菜の命が懸かってるんだぞ」
福太郎「枝豆を見殺しにはできん!」
園児たち「・・・(渋々、頭に皿をのせる)」
続きは追記をご覧下さい↓

Read more

CIMG5598.jpg

頭に皿をのせ、輪になって踊りだす一同。
珠美「満作先生、本当に雨が降るんですか?」
満作「まぁ見ていて下さい」
  急に風が吹いてきて黒い雲が流れて来る。
  雨がポツポツと降り出す。
翼 「雨だ!」
潤 「ほんとに雨が降って来た!」
  雨が強くなり、建物に逃げ込む園児たち」
珠美「なぜ雨が降るのが分かったんですか?」
満作「長年の感ですよ。風と空気の湿り具合、あと時期かな。きっとこの雨で梅雨明けになりますよ」
○堤下家・畑(休日)
  高く伸びたトウモロコシの畑の中に隠れて座り込んでいる健人と太陽と福太郎。
福太郎「(黙々とシュークリームを食べている。はみ出したクリームで手がベトベト)」
健人「僕、喘息の発作が出ると苦しくて苦しくて本当に死にたくなっちゃうんだ。死んだら楽になれるのにって思うよ・・・」
福太郎「その気持ち僕にもわかる。糖尿病になったらどうするの!って食べ物取り上げられた時、死にたくなる」
太陽「(無言で首を振って健人と福太郎を止めるジェスチャー)」
健人「(そんな太陽を見て)僕ね、太陽が大好きだよ。親友だ。他の子なんかにこんな話しをしたらすぐ親に喋っちゃうけど、太陽は嫌な顔しないで聞いてくれる」
福太郎「じゃ僕は?」
健人「もちろん、福ちゃんもだよ」
福太郎「僕たち永遠の友達だね(健人と太陽の手を握る)」
  福太郎の手のクリームで健人と太陽の手もベトベトになり顔がゆがむ。
福太郎「ごめ~ん」
  三人笑い出す。
○同・大輔の部屋
  ドアが開き満作が入って来る。
満作「よぉ!大ちゃん!(テレビゲームの画面を見て)なんじゃこりゃ!!」
○ゲームの画面
  農業ゲーム。畑に野菜が豊作。
○堤下家・大輔の部屋
満作「お前、ゲームの中で畑を耕していたのか?」  
大輔「(頷いて)・・・母さんはお前の好きな道に進みなさいと言ってくれた。でも、親父は農大なんてふざけるなって、勝手に裏口入学の手続きしていたよ。一度も出席しないで引きこもって抵抗したけどね」
満作「実は、俺も反対されたんだ。包丁を自分の首に当てて『農大に行けないくらいなら死んでやるっ!』親父に言ったら、『そんな脅しにのらないぞ』って言われて」
大輔「言われて?」
満作「(首の傷を見せて)切れた。親父の言う通り、脅しのつもりだったんだよ。うちの包丁切れないの分かってたから平気だと思って、首に当てたら切れた。なんと前の晩にお袋が包丁をといてたんだなこれが」
大輔「(顔がゆがむ)」
満作「幸い、深い傷にはならなかったけど、医者に『今度親を脅す時は包丁を研いだか確認してからにしなさい』って怒られた」
大輔「俺にはそんな勇気ないよ。いい年して反抗して引きこもる程度のちっこい男だよ」
満作「でも、よく農大に入れてくれたな」
大輔「さすがに体裁が悪いからね、次の年に受験させてくれた。でも卒業したら親父の会社に就職しろって言われた。けどそれも無視して自分で就農を決めると、ことごとく親父が手を回してきて全部駄目にされた」
満作「なんてひでぇ親父だ」
大輔「お終いだよ。俺に未来なんてないんだ。農業が出来ないくらいなら生きている意味なんかないんだ」
満作「俺は農業を愛する同士を救うぞ。お前を畑にカムバックさせてやる。俺の情熱はデゴイチのように止まらないんだウォー!」
○同・愛子の部屋
  向かい合って座る満作と愛子。
満作「(深刻な表情)」
愛子N「私に相談したいことがあるなんて・・・プロポーズかもしれませんわ」
満作「今まで子どもに興味なんか全くありませんでした。しかしこの幼稚園の子どもたちに出逢って将来の自分の子どものことを思うようになりました」
愛子N「きた~!ですわ~!」
満作「僕にできることは何なのか?」
愛子「もちろんお手伝いします!産みましょうとも!あと二人くらいは産めます!」
満作「は?産む?」
愛子「満作さんと私の愛の結晶では?」
満作「白薔薇幼稚園の子どもたちのことです」
愛子「やだぁ、私ったら、はしたない・・」
満作「子どもたちの心と体が心配なんです。夏休みに子どもたちを農村体験させたいんです!協力して下さい!」
愛子「農村体験ですか?」
満作「はい。たぶんお母さん方からは却下されるでしょう。一筋縄ではいかないみなさんなので、愛子さんからも説得していただきたいんです」
愛子「分かりました。満作さんの提案を無駄にはいたしません」
○白薔薇幼稚園・ホール

CIMG5595.jpg

  ファームステイ説明会の垂れ幕。
満作「(愛子に小声で)愛子さん、ファームスティって何ですか?」
愛子「(小声で)農村体験なんて言うと途端に拒絶反応示しますでしょ。お母様方は横文字に弱いですから」
満作「なるほど」
香織「(立ち上がり)夏休みにダイヤ組さんのファームスティを行いたいと思います」
満作「僕の住んでいる、茨城の八郷というところです」
翼の母「農業学習は、ここでやっているんですから充分じゃないですか!」
満作「本物に触れさせてやりたい!見せてやりたいんです!切り身じゃない魚が泳ぎ、キャベツとレタスが違うって触って食べてみる。そして満点の星を見せてやりたい!」
彩の母「そういうことはやりたい方が個人的にやればよろしいんじゃないですか?」
満作「個人的な問題じゃない!この幼稚園の子ども達は生きる力が弱まっています!僕は毎日彼らを見ていて感じるんだ!」
○回想ー同・園庭(放課後)
  子どもの手を引いて帰って行く保護者。
満作「郊外学習に畑に行くぞぉ~!」
園児たち「イエ~イ!!」
  畑に向かって走って行く園児たち。
翼 「ママ、僕も行きたい・・」
翼の母「あなたはお稽古があるのよ?放課後暇な人たちと同じことをしていたら御受験で不合格になるのよ?それでもいいの?」
満作N「僕も随分お稽古ごとをさせられたけど今の子どもたちの比じゃない」
○回想ー同・畑
虫を追いかける園児。
  興味津々に満作の話しを聞く園児。 
そこへ潤の母の車が止まる。
潤の母「潤ちゃん、お時間よ急いで頂だい」
潤 「あと、ちょっとだけ!」
潤の母「いけません!そんな汚らしい手でピアノに触るなんてママは許しませんよ!」
潤 「(しょんぼり)は~い(仕方なく母親の車に乗る)満作先生バイバ~イ・・・」
満作「おう!また明日!」
  車を見送る満作。
○回想ー田んぼ 
  雑草をとっている園児たち。
翼 「疲れたぁ~」
彩 「休みたい・・・」
潤 「座りたい・・」
満作「おいおい、今はじめたばかりだぞ。何でそんなに疲れるんだよ」
潤 「だって僕たち毎日お稽古があるんだよ」
翼 「プールにピアノに英語に塾」
福太郎「辞めればいいじゃん」
潤 「そうはいかないよ。パパもママも優秀でいい大学を出ているんだ。僕はあまり勉強が得意じゃないから頑張らないと」
満作N「この子たちは小さな体で必死にスケジュールをこなしているんです」
○白薔薇幼稚園・ホール(戻る)
険悪な雰囲気のホール内。
翼の母「それは保護者に対する批判ですか?」
愛子「(立ち上がり)満作先生は批判しているのではありません。子ども達を心配しておられるのです。そこで、本日は、体育科学博士の指宿先生に来ていただきました」
指宿、立ち上がる。
指宿「満作さんが言った通り、小中学校の先生たちは、今の子どもたちは『疲れた』と訴えることが増えたと感じています。理由として考えられるのは自律神経の発達と不調の問題が考えられます。1956年の時点では子どもたちの自立神経が年齢とともに順調に発達していたというデータがあります。ところが・・・・」
  話しに興味を示す保護者達。
指宿「八十年代になると発達の傾向がみられなくなり、九十年代以降はさらに悪い状況に進行しています。自律神経の調子が悪くなると当然全身の倦怠感や腹痛などの症状が現れ疲れやすくなります。自律神経が発達しないと、ずっと時差ボケのような状態で生きていることになるわけです」
母親たち「(ため息)」
指宿「そしてもう一つ気になるのは脳の問題です。脳科学的に前頭葉機能の低下が子どもたちの  『キレる』原因を作っているということは科学的にもすでに分かっています」
翼の母「確かゲームも前頭葉を働かせない原因になっているとか。ゲーム脳とか言われていますよ ね」
指宿「はい。この前頭葉も69年のデータと比べ、90年代以降の子どもの発達が遅れている傾向にあります」
母親たち「(ため息)」
愛子「キレる子、問題行動を起こす子の場合生活リズムが乱れているのは確かですが、食べる力というのも大切です。小学校で、給食の残菜量が少ないほど運動会の成績がいいという話しがあります。逆に残菜量が多いクラスは授業が成立しにくく、学級崩壊に近い状態になっていたそうです」
彩の母「おっしゃっていることは分かります。でも、御受験のためのお稽古をやめさせることはできません!ここで躓いたらこの先ずっと落ちこぼれの負け犬なんです!」
満作「俺はみなさんの生活や価値観を否定したりしません。ただ、心が置き去りになっている子ども達に2日でも3日でも子どもの心を取り戻してやりたいだけなんです。小川で遊び、虫を追いかけて、夕日が落ちるところをゆっくりと見せてやりたい」
母親たち「・・・」
指宿「ちなみに、子どもの頃、虫捕りを好んでしていた人に科学者が多いんですよ。あの養老孟司 先生も東京大学名誉教授の和田昭充先生もそうですしね」
母親たち「まぁ!(大きく食いつく)」
○同・応接室
  ソファに座る満作、愛子、香織、指宿。
愛子「やはり指宿先生をお呼びしておいて良かった。何とかお母様方を説得することができましたわ」
満作「すみません。僕が話すと逆効果で、お母さん方を怒らせてしまうばかりで」
指宿「愛子さんが僕に満作さんの話しを熱心に薦めてきたんです。僕も満作さんにとても興味が湧いて助っ人にきたんです」
香織「先生のお話、とても勉強になりました。私も園長なんて名ばかりで勉強不足で無知でした。お恥ずかしいです」
指宿「僕は満作さんの取り組みを応援します。子ども達の変化にも注目したいし」 

CIMG6560.jpg

○秀次の家・居間
  村の仲間たちが集まっている。
秀次「みんなすまねぇなぁ。いづも満作が無茶を言って」
泰造「幼稚園の親子を預かるって急に言われてもなぁ」
亮太「交流というど聞こえはいいが、三度三度飯食わして金にもならねぇ都市との交流ってやつだっぺ」
秀次「でもよ、農業・農村が良ぐなるには、食べでくれる人たちに、農業の良さを知って来でもらい、一緒に飯を食っで教えでやることが何年、何十年かがっても、結局は一番の近道だっぺ」
  沈黙。
雅治「満作が来で、秀じい変わっだな。悪い意味じゃなぐで、いい意味でだよ」
秀次「あぁ、俺はあいづにインスパイヤーされだよ。こんな老いぼれでも農業のためにやぐにたぢでぇ。こごろからそう思っでる」
泰造「よがっぺ!俺だちも満作のためにインスパイヤーして人肌ぬぐべ」
○農道
  泰造、雅治、亮太歩いている。
泰造「でよ、秀じいの言ってたインスパイヤーって意味、おめしってっけ?」
亮太「千葉の暴走族にもそんな名前あっだような気がすんだけど」
雅治「あぁあっだがもしんねぇ・・・」
○白薔薇幼稚園・前
  止まっているバスに乗り込む親子。
彩の父「いつも満作先生の噂は彩から聞いてますよ。よろしくお願いします」
満作「こちらこそ宜しくお願いします。しかし今まで田植えの時も草刈りでも父親不在でしたけどやっぱり今回も二十五人中、父親は三人ですか・・」
翼の父「僕も本当は忙しくて来られる状況じゃなかったんですよ。家内がうるさくて仕方なく参加したんですから」
潤の父「うちもです。子どもと、どこへ行って何をしたって受験の面接の時に答えられない父親が多いからって、何もしなくていいから黙って同行しなさいと言われました」
満作「はぁ・・なるほど・・・」  
○バス・車中
  前の方はゲームをしている園児たち。
  後部座席ではセレブな会話をしている母親のグループ。
  ひたすら携帯をいじる親たち。
愛子「そういえば満作先生は携帯をお持ちにならないですね」
満作「いつも手が泥だらけですから。それに畑にいる間は作業に没頭したいし、俺の時間を邪魔されたくないんです。というより俺の時間は俺のものでなくて野菜たちのものですから」
愛子「本当に農業を愛しているんですね」 
翼の父「好きなのは勝手だけど、人に押しつけるのは、どうなんですかねぇ。それも子どもにですよ」
翼 「人に押しつけるのはママの方だよ。英語とかピアノとか塾とか僕はちっとも行きたくないのに」
翼の父「そのことについてはパパはノーコメントだな。翼のことはママに全部任せているから」
翼 「でも満作先生は押しつけてなんかないよ。僕たち本当に田んぼと畑が好きなんだ」
翼の父「あ~あ、すっかり満作教祖様になってる。あんまり変な宗教みたいに子どもを洗脳しないでくださいよ」
香織N「胃が痛いわ。この人たちと農家の人達がうまくやれるのかしら・・・」
○同・後部座席
彩の母「そう言えば私立小学校の今年の倍率が出ていましたわよ!」
翼の母「知ってますわよ。何だか心配なので塾のワンランク高いコースに替えようかと思ってますのよ」
潤の母「じゃ、うちもそうしようかしら」
○常磐自動車道
千代田石岡ICの標識。
○八郷・○○スーパー駐車場
満作「この駐車場で松浦泰造という生産者と合流する予定になっているんですけど、まだ来ていないみたいですね」
健人「農家の人達ってどういう人なんだろ。ドキドキするね」
福太郎「僕は昔話みたいに、お爺さんとお婆さんしかいないと思う」
満作「茨城県人は怒りっぽい、飽きっぽい、忘れっぽいという性質から茨城の三ぽいなんて言葉があります。話し方が怖いとか、喧嘩売ってるのか?なんて言われますが、この村の人達はとても穏やかです」  
○バスの横
  二人の男が凄い剣幕で喧嘩をはじめる。
男3「俺のどごは、おがめ派なんだよ!」
男4「デレスケ野郎!くめのを食ってがら言えってんだよ!」
男5「おどげっな!やさとに住んでる人間がやさと納豆食わねぇとは情けねぇなぁ!」
男3「なんだとコノヤロー」
○バス・車中
窓からそれを見ている一同。
愛子「おがめ派、くめ派って何ですの?」
満作「納豆です」
香織「茨城ということで?」
満作「はい」
○狭い道路
  今度は道路で車同士が喧嘩。
男6「(窓から体を乗り出し)この野郎!おめぇ~が譲れ!」
男7「俺はジョイフル本田に用があんだよ!おめぇが譲れ!」
男6「俺は『ばんどう次郎』に行ぐんだ!」
男7「知るが!!」
  結局、どちらも譲らず正面衝突。
その横を通る泰造の車が止まる。
○バス・車中
  園児と母親たち唖然。
泰造がバスに乗り込んで来る。
泰造「おぐれで、すみません」
泰造を見て舞い上がる香織。
香織「あのあの、泰造さんとおっしゃるんですか、先日は名前もしらなくて」
泰造「どうも、どうも」
愛子「あの車の方たち、放っておいてよろしいんですか?」
泰造「あいつらバガですがら」
満作「茨城の人は、意地っ張りでどちらも道を譲らないので、譲るより衝突を選ぶんです・・・ハハ」
泰造「(笑顔で)気にしねぇでいがっぺ。正面衝突は日常茶飯事ですから」
満作「あれは一部の短気な人たちで、本当に穏やかな人が多いんですよ」
愛子「先生、説得力ありませんよ・・・」
満作「めんぼくない・・・」
泰造「じゃ行ぐべが?俺の車に着いで来でくだせぇ」
運転手「(頷く)」
  香織、泰造に見とれている。
                         続く

天才!ポチタマ奇想天外まゆみ動物園

動物&昆虫

阿佐ヶ谷すずらん通りのほていやの猫
で・・でかい顔だ
CIMG6323.jpg

ネコの飼い主は心臓発作リスクが低いという記事をみつけました。
米脳卒中研究所の博士が、家でネコを飼っている人心臓発作リスクが30%低下すると報告。
ペットから得られる愛情と喜びがストレス解消なることは知られており、心不全の患者が1回、12分間イヌとともに過ごすだけで心臓および肺の機能に改善がみられたらしいです。
米国人4,435人を対象とした調査データでは調査参加者のうち2,435人がネコを飼っているか過去に飼ったことがあり、残りの2,000人はネコを飼った経験がなかった。心疾患および脳卒中をはじめとするあらゆる原因による死亡率を10年間追跡した結果、ネコを飼ったことのある人は心臓発作による死亡率が低いことが判明。
どのような動物でも、飼い主がその動物を大切に思っていれば、健康によい効果をもたらすはずだと博士は言っています。
なるほどねぇ、私もネコも犬も20年くらい飼っていましたから、ペットがストレス解消になるというのはなんとなく分かります。
現在は貸家なので犬もネコも飼ってはいけないのが残念ですが、老後はどこか田舎で犬、ネコ、馬、山羊、羊なんか飼って暮らしたいと思ってます。
CIMG7116.jpg

今はこのモルモットのボンちゃんに家族みんな癒されています。
臭い・汚い・食い意地がはってる3Kの我が家のアイドルです。

口ぐせのはなし

未分類

CIMG6834.jpg

口ぐせで性格分類が出来るそうです。
「やっぱり」を多用する人は自己主張タイプ。
「とにかく」を多用する人は自己中心的。
「もちろん」を多用する人は自信家。
「ていうか」を多用する人は回避タイプ。
「とりあえず」を多用する人はごまかしタイプ。
「すみません」を多用する人は摩擦回避タイプ。
で、私はと言うと、取りあえず「すみません」と言っておくタイプですね。
この「すみません」とよく言う人は、周囲との摩擦を減らすために使い、これで様々な局面をくぐり抜けられたという経験により、成功体験の積み重ねにより口ぐせ化しているらしいです。
本心は別として「すみません」と言っておけば相手はとりあえず安心すると、心理学の専門家は言ってます。
専門家の言う通り、本心は全然別で、「コンチクショー」と思いながらもヘラヘラして「すみません」と言っておきます。
今のバイト先のすっごく意地悪な上司の人にも、内心はアンパンチしたいほどはらわた煮えくり返っているけど、作り笑顔で「すみません」と言って耐えています。
今日もガマンした「エライぞ自分!」と帰りの中央線で奥歯かみしめてます。

MADE IN 足立69・愛人は女子プロレスラーの巻

連載物語 MADE IN 足立

西新井大師で有名な「かどや」さんの店内
CIMG5172.jpg

姉と妹は何度か愛人に会ったことがあり、その第一印象を「女子プロレスラー」と口を揃えて言った。
当時、女子プロレスがブームで、その中のアジャコングに似ているとも言っていた。
私は父が亡くなったこの日、はじめてその女人を見て「噂どおりの女子プロレスラーだ・・」とつぶやいた。
愛人=色白・細い・影・病弱というイメージがある。
しかし、現実は違かった。
その女人は色が浅黒くスポーツ刈りで肩幅が広く骨太で男らしい愛人だった。
今流行りの男前の女?口が裂けても美人とは言えないタイプ。
父のプロレス好きが女の趣味にも反映しているのかな?
「恋人はサンタクロース」は許せるけど「愛人は女子プロレスラー」はいただないでしょ。
父の死因も不明だったが、女の趣味も不明だった。
父は大工さんが言った通り、寝ている間に亡くなったらしく死因は不明。
ゴミ箱に入っていた柿の皮も疑われたたが(透析を受けていた父はスイカや柿を食べるのは御法度と言われていたのだ)結局、原因は分からなかった。
深夜、自宅に戻って母に葬式に行くことを説得した。
「なんで本妻の私が愛人の家で葬式しまきゃいけないの!絶対嫌!行かない!」
怒るのも無理はないが、伯父さんの言うことは絶対なのだ。
「じゃもう行かなくていい!!二度とお父さんに会えないだからね!勝手にしろ!」
私も逆ギレすると、母は観念して葬式に出席することを承諾した。
これぞドリームマッチ!本妻vs愛人!さぁ、どうなる葬式!!!  続く