Archives ( 2008-12 )

サンクス2008!!                                  仕事編

未分類

CIMG8813.jpg
本日は大晦日であります。
今年も一年有り難うございました。
今日は「サンクス2008!!お仕事編」ということで、「月刊現代農業」さんには一年間お世話になりました。
せっかく連載した頂いたた『せたがやたがやせ』は映像化にこぎつけることは出来ませんでしたが、私はまだまだ諦めませんよ、来年もしぶとく売り込みに挑戦していくつもりであります。
新しい連載の仕事も下さって有り難い限りです。
全国の農家のみなさん、現代農業ファンのみなさん、私の「知恵くらべ根くらべ」ともども来年も月刊現代農業をよろしくお願いしま~す。
CIMG7453.jpg
こちらは某テーマパークであります。
私をバイトに雇ってくれてありがとう!!
とってもキツイけど、額に汗して働くのはやっぱり気持ちいいです。
大晦日も元旦も二日もバイトだけど、日本中から来る某テーマパーク好きな皆さんの笑顔のためにおばちゃん頑張るよ!!
バックステージで頑張ってるおばちゃんを応援してね!!
CIMG8231.jpgCIMG8673.jpg
今年一年、現代農業で連載した『シナリオ・せたがやたがやせ』を書くきっかけとなったのが、写真の茨城県やさとの農業体験です。
一年で多い時は5回くらい足を運ぶこともあり、今年は苗植えと収穫で2回お世話になりました。
自己紹介の時に「私の第二のふるさとです」と言ってる私だけど、マジで茨城より明らかに近い足立区の実家より多く足を運んでいます。
上の写真は今年の実習生で、下の写真はいつもお世話になっているJAやさとのSさんとKさんです。
Sさんの「LOVEやさと!やさと愛!」は半端ないですよ。自分のふるさとを大切にする心は見習いたいですね。
毎年新しい実習生に出会うたびに一人でも多くの若い人がやさとで農業を続けてくれますようにと心から願うオバちゃんなのです。
やさとのみなさん、来年もヨロピク!!
CIMG8228.jpg
それでは、みなさま、来年もよいお年を!!

サンクス2008!!                                  アーチスト編

未分類

CIMG8889.jpgCIMG8879.jpg
今年もたくさんの方に出会ってたくさん刺激を与えて頂きました。
息子の師匠である「カミロボ」の安居さんには先日はじめてお目に掛かりました。
息子はシャイで無口なので、なかなかカミロボに寄せる情熱が伝わらないかもしれませんが、本当に安居さんを尊敬しております。
来年もよろしくお願いしま~す。
CIMG8514.jpg
陶芸作家の原島先生の個展に今年も伺えてよかったです。
私の下手な写真では作品が分かりにくいのが悔しい。
原島先生の素晴らしい作品をみなさんにもご覧になって頂きたい!!
来年は個展の告知を忘れずにしますので、是非実際に手に取ってご覧になって下さいね!
CIMG8579.jpg
イラストレーターの高橋克也さんです。
私は高橋さんの絵の大ファンです。お金持ちになったら絶対買います!!
来年の吉祥寺での個展を楽しみにしています。
高橋さんの絵も「カミロボ」の安居さんの作品も「陶芸」の原島先生の作品も共通して感じるのは、作り手の手から伝わってくる暖かさです。
色鉛筆、紙、土、とそれぞれ素材は違うけれど作家さんの気持ちや人柄が作品に現れますね。
私もみなさんのように、みんなが暖かい優しい気持ちになれる物語をたくさん書いて、来年こそは映像化出来るように頑張ります。
来年もまた皆様のご活躍を心よりお祈りしています。

サンクス2008!!                                  学習編

未分類

CIMG6664.jpg
「取りあえず興味のあることは何でもやってみたい」ということで、今年もご覧のようにいろいろ挑戦してみました。
若いお兄さんと写ってる写真は「ボクササイズ」を体験した時の模様。
「ボクササイズ」はボクシングとエクササイズを合体したもので超ハードでしたね。
でも体とストレス解消には最高にいい運動でした。
亀梨君似の先生に教われたのも嬉しかったしね。
CIMG6673.jpg
そして、こちらは農芸高校で行われた「バラの接ぎ木講座」
先生ごめんなさい、早めに風よけの袋をとったら接ぎ木をダメにしてしまいました。
CIMG6859.jpg
そして最後はボウリング講座。
写真はJPB1期生優勝36回並木恵美子先生です。
生まれて初めてのボウリングで、私のメチャクチャぶりは先生や周りを驚かせました。
最後の大会では見事にどんけつだったし、私にボウリングは合わない・・・・としみじみ。
でも、と~ても楽しかったです。
ちなみにこれ全て教わっても、1000円しなかったと思います。
広報誌や情報誌を見ていると安くて面白い講座がたくさん載っているので、みなさんも挑戦してみて下さいね。
ボウリング講座の参加費ななななんと4回の講座で80円!!ボクササイズの講座も3回の講座で300円

サンクス2008!!                                学習編

未分類

CIMG7870.jpgCIMG7871.jpg
今年の夏に参加したナガノトマト学校。
ナガノトマトの方とユニオンソースのお姉さんにはお世話になりました。
下の写真は谷口シェフです。
お昼は谷口シェフのお料理をご馳走になりました。
そのお料理の写真は今年の8月のブログに載っていますので、興味のある方はご覧になってみて下さい。
CIMG7869.jpgCIMG7872.jpg
そして、下の写真はトーヨーライスの工場見学の様子。
丸富製紙の工場見学では我が家で長年利用しているトイレットペーパーが出来る課程を見られたと書きました。
このトーヨーライスさんもまた、我が家では「金芽米」を長年食していまして、毎日食べているお米の様子を見ることが出来て、我が子を見るような・・・嘘です。また言い過ぎました。
金芽米は自律神経に良いというのを聞いて、東都生協で販売された時からずっと食べています。
こうしていろいろな会社に訪問してみると、それぞれの会社のスタッフの方の自社の製品に対する愛と情熱がヒシヒシと感じられます。
自分の仕事に誇りを持てるというのは素晴らしいことですよね。
まだまだ、行ったことのない見たことのない場所がたくさんあるので、来年は更に見聞を広めていきたいと思っています。
CIMG6894.jpgCIMG6884.jpg

サンクス2008!! 新島編

未分類

CIMG7766.jpg
今年もお世話になった伊豆七島新島の温泉ロッジのみなさんです。
この美しい景色をご覧下さい、これが東京都なんですよ!!
伊豆七島はめっきり観光客が減ってしまって大変なので、とくに東京都の方は同じ東京都民として是非遊びに行って頂きたい。
CIMG7776.jpg
仕事や人間関係でズタボロになった身も心も島の人の人情で癒されますよ。
温泉ロッジのマネージャーさんは親切でいつもニコニコ顔で声をかけてくれます。
歯切れのいいレストランの女将さんとおねえさんは大好き!大ファンです!
温泉のある宿泊施設なので文字通り身も心も癒されます。
東京砂漠の人間関係の中で何がそんなに不満なの?って感じで口をへの字にしてぶすっくれている人が多くて、気を使っているとこちらまで気疲れしてストレスたまるよね。
でも島の人はみ~んなニコニコしてほんとホッとします。
心に余裕が無くなって笑顔になれない人は島に行って心と体をリセットして下さい。
8月のブログにも載せていますが、この温泉ロッジは一年中料金が変わらない良心的なお宿です。
石原都知事も何度か来ていて、私が宿泊した時は芸能レポーターの石川さんが大勢で宿泊してました。
伊豆七島はどの島も、それぞれ特徴があって面白いので、皆様、来年の夏休みは伊豆七島へGO!
ちなみに昔は船で時間がかかりましたが、今はジェットホィールがあるので2時間ちょいで行けちゃいます。
CIMG7777.jpg

サンクス2008!!                                  学習編

未分類

CIMG8130.jpgCIMG8131.jpg
今年もあと残すところ5日間となりました。
ついこの間、餅食って七草粥食って梅見て桜を見ていたような気が・・・恐ろしいほど早く時が過ぎて、また正月が来てしまいます。
この場をおかりして今年お世話になった皆様にお礼をしたいと思います。
写真は「夏休み水のふるさと体験」の様子です。
間伐体験とダムの中の見学やボートでダム一周、鍾乳洞など盛りだくさんの最高のプログラムでした。
いくつになっても初体験というのはワクワクして脳に刺激になって、毎度のことながら息子よりも私の方が大はしゃぎでした。
群馬の職員の皆様、東京都の職員の皆様、貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
CIMG8144.jpg
そして下の写真は静岡県にある「丸富製紙」の工場見学の様子です。
この製紙工場の見学も初体験で、しかも我が家で長年利用しているトイレットペーパーが出来る課程が見ることが出来て感慨深かったぁ。
我が子が出来る様子を見るような・・・すみません嘘です、言い過ぎました。
緑茶の力・ティーフラボノ緑茶消臭成分というトイレットペーパーがグリーンの色と香りが好きで長年愛用していたけど、なぜ緑茶なのか?疑問が解けました。静岡だからなのね。
丸富製紙さんこれからもずっとティーフラボノを作って下さい、ヨロピク。
CIMG6966.jpg

またまたメリークリスマス!!!

未分類

CIMG8766.jpg
またまたメリークリスマス!!
クリスマスだけど、夢の国でバイトです。
今朝の京葉線も舞浜駅も8割方カップルでありました。
本日の来場者予想は四万人ということでしたが、とすると三万人くらいはカップルってこと?
羨ましいねぇ、みんなお幸せに・・・とは言っても。
夢の国にデートで来ると別れるというジンクスがあるのは有名。(確かに私もその一人)
でもさぁ、たいがいの人はデートで遊びに来るよねぇ、そしたら必然的に別れる確率は高くなるわけだから夢の国に罪はないわけだ。
まぁ、別れても新しい彼女彼氏とまた来てくれれば、こちらとしては喜ばしい限りなのですが、へへへ。
それにしても生きているうちにもう一回くらいデートで行ってみたいもんですね。
カンバック青春!!
夜ならシワやシミがごまかせていいかもしれない・・・・ううう悲しい。
でもいいです。タダ券で息子と遊びに行きます。
CIMG8764.jpg

メリークリスマス!!

未分類

CIMG8765.jpg
みなさん楽しいクリスマスをお過ごしですか?
私はクリスマスが大好きです。
家の周りに電飾をつけたり11月の終わり頃には狭い部屋の中をクリスマスの飾りでいっぱいにします。
ところが今年は夢の国のバイトをはじめてしまったので、全く時間がなくてツリーの一本も飾ることのできない悲しいクリスマスになりました。
いつもなら今頃は大掃除も年賀状も全て済ませているのに・・・
年賀状は意地で今日終わらせたけど、大掃除は来年に持ち越しになりました。
部屋の中が散らかっている年末年始はいやだよ~。
それと、やっちまいました!年賀状を逆に印刷しちゃいました!
友人の印刷はちゃんと出来たのに、よりによって会社関係の年賀状だけを・・・トホホホ。
私から年賀状の届いた会社関係の皆様ごめんなさい、時間がなくてそのまま投函しました。
今年もそそっかしくはじまり、そそっかしく終わりそうです。
来年は落ち着いて地に足の着いた大人になりたい・・・って、去年も言ったような気がするぞ。
CIMG8760.jpg

ゲゲゲの鬼太郎のチケット当たったどぉ~!!

未分類

CIMG8852.jpg
桃屋のキャンペーンでゲゲゲの鬼太郎劇場招待券が当たりました。
桃屋さんありがとう!桃屋大好きです!
何度も言うようですが、某パン会社のキャンペーンなんかホントに何枚出しても一度も当たらないんだから、当たってる人っているの?と疑いたくなります。
桃屋さんも先日チケットが当たったプリマハムさんもありがとう!!
息子がガンダムとカミロボと同じくらい大好きなゲゲゲの鬼太郎です。息子は大喜びです。
映画観賞は好きだけど、何せ貧乏人なものですから、出来れば招待券か試写会に行くのが理想的。
今年も一年「陰日向に咲く」「魔法にかけられて」etcタダで鑑賞させていただきました。
私「よし!鬼太郎のチケットを当てるために”ごはんですよ”を食べるのだ」
息子「ラジャー!!」
というわけで、息子は”ごはんですよ”をかけてモリモリご飯を食べました。
バーコードを貼ってハガキを送り→空き瓶はリサイクル→鑑賞券が当たる
おぉ、地球に優しい、我が家の家計にも優しい流れですねぇ。
年末年始は夢の国でバイトのため、息子をどこにも連れて行けそうにもないので、このチケットでゲゲゲの鬼太郎を鑑賞させてあげたいと思います。
CIMG6620.jpg
ちなみに、これは去年のキャンペーンで当てた、ゲゲゲの鬼太郎ランチセット。
もちろん、息子のお宝ですから使ってないです。
息子曰く、「大人になったら鑑定団で鑑定してもらう」そうです。

カミロボ展に行って参りました~

文化&芸術&芸能

CIMG8879.jpgCIMG8883.jpg
『カミロボ』ってみなさんご存じですか?
『カミロボ』とは紙で作られたロボットファイター。
そして世界でただ一人この『カミロボ』を作るのが安居智博さんです。
息子はこの『カミロボ』に2年前くらいにハマり安居さんを工作の神様のように崇めています。
勝どきにあるアートスペースでカミロボ展が行われたので、19日の日に息子と行って参りました。
安居さんが来場するのが18日と19日の4時から6時までと聞いていたので、絶対にこの日のこの時間帯に行くと決めていました。
実は、息子は自分が制作したカミロボを安居さんに直接見てもらいたかったのです。
学校の先生に「急用があるので授業が終わり次第帰宅させて下さい」と連絡帳に書いておいたので、息子は授業が終わるとダッシュで私と待ち合わせの東京駅に向かい、私は夢の国のバイトが終わってすぐに東京駅に直行。
なんとか時間までに勝どきまで辿り着けました。
エレベーターに乗ろうとしたら、たまたまバタフライストロークのスタッフの方が降りて来ました。
息子を見ると「あっ、安居さんの弟子の○○君。安居さん来てるよ」と声をかけて下さり、わざわざ我々と一緒にエレベーターに乗って会場の安居さんのところまで案内してくれました。
私は安居さんにお目に掛かるのは初めてでしたが、背が高くて二枚目のいい男でしたねぇ。
その上、才能に恵まれているんだから羨ましいったらありゃしない。
是非とも息子もあやかりたいたいもんです。
お客様が次々いらっしゃってお忙しいところを捕まえて、たくさん貴重なお話を聞くことが出来て本当にラッキーでした。
カミロボに興味のある方は、このブログのお薦めブログでも紹介している『カミロボ』をご覧になってみて下さいね。
CIMG8882.jpgCIMG8888.jpg

私がクマにキレた理由・其の十七           ホラー映画かよっ!!

動物&昆虫

CIMG5716.jpg
昨日のお話の続き。
天井裏の外した板を指でつまんで持ち上げると、チラリと白いシートが見えました。
私 「なんだぁ、ほら、ここにシートがあるじゃん!!」
息子「そんなところにあったのかぁ、気が付かなかったよ」
と・・次の瞬間、ギャーーーーー!!!!私の叫び声が響き渡った。
息子「お母さん!!大丈夫、どうしたの?何!?」
私に何が起きたのかというと、更に板を持ち上げてみたら、粘着シートに貼り付いた二匹の巨大なクマネズミが目の中に入ったのです。
その距離、なんと目ん玉から約20センチ!!
たいがいのことは驚かない私でさえ、心の準備が出来ていなかったので気絶しそうでしたね。
この間捕獲したネズミみたいに、もしまだ生きていて暴れたりしたら完全に気を失ってたかも。
こりゃ、ホラー映画だよ、ホント。
「あら、こんなところにあったわ」と主人公を安心させておいて、次に世にもおぞましいカット(ネズミの屍のドアップ)が入って来る。観客の悲鳴!!
気を取り直して、粘着シートを回収して下に降りました。
一枚のシートに二匹とは効率のいい捕獲でありました。
それにしても、これまで捕獲してきたクマネズミの中でも最大級のクマネズミでした。
シートから体を剥がせなくて悔しかったのでしょう、シートの端の紙をボロボロに噛んだ形跡がありました。
大きいやつと一回り小さいやつだったので、もしかしたら夫婦だったのかも・・・貼り付いてしまった相方を助けようとして自分も貼り付いたとか?
でも、本当の本当に謎なんですよ。シートがあったのは最初に設置した場所から離れているうえに、その間には天井の梁があったんですから。
梁を乗り越えるくらい暴れたのかもしれないけど、いゃぁ不思議。
CIMG8866.jpg
犯人確保!!これが証拠の事件現場写真だ。
でもすぐ、別のクマこうが侵入してきましたけど、悔しいですっ!!

私がクマにキレた理由・其の十六                         ホラー映画かよっ!!

動物&昆虫

こいつはネズミはネズミでもネズミ男
CIMG5427.jpg
一週間ほど前のお話。
「昨日の夜、天井裏ですごい音がしてたね」と娘。
「あれは尋常じゃない音だった。叫び声も聞こえてた」と私。
二階で布団に入って寝ていた私でさえ、驚いて目が覚めた音だったのだ。
あっ、すみません。はじめてご覧になった方は分かりませんよね。
なんか、リングとかホラー映画みたいですけど、これ怪奇現象じゃありません。
我が家の天井裏に出没するクマネズミのことです。
というけで、その夕方、学校から帰ってきた息子に天井裏を見てもらうことにした。
懐中電灯で天井裏を確認する息子。
息子「お母さん、粘着シートがない。この間二枚敷いたはずなのに一枚しかない」
私 「んなわけないでしょうよ。シートがどこに消えるのよ」
息子「だって、本当に無いんだもん・・・(間があって)ワァー!!!」
私 「どうしたぁ~!」
息子「今、ネズミが走っていったよ!!」
私 「なっにぃ~!!」
息子を一端下ろして、私が天井裏を確認してみことに。
天井裏に頭を出して見てみると、確かに一枚だけしかない。
広い天井裏を見渡す限り、どこにも見あたらない。
「マジックじゃないんだからさぁ、シートが消えるわけないよねぇ」
しばし考えて、「でも待てよ・・・」一ヶ所だけ見ていないところに気が付きました。
天井裏を開ける時に外してよけておいた板の下。
「この下にあったりしてね」
この後世にも恐ろしいことが・・・ノーーーーーン!!!!続きは明日
CIMG8863.jpg

その執念に拍手!!

未分類

CIMG8745.jpg
12月8日のブログで私のネームタグが紛失して、不届き者がオークションで売ってしまう可能性があるという話題を載せました。
本当にネームタグなんて売買されているのかな?と思いオークションサイトを調べたら、実際ネームタグが売られているのを発見しました。
娘は「自分で買って買い戻せば」と言ったけど、名前の部分が隠してありました。
そりゃそうですよね、名前が出てたら人のものでも自分のものだったとしても、どちらにしろ契約違反になりますから。
自分で買い戻すと言えば、先日そういう事件がありました。
子どもの三輪車を盗まれた被害者がオークションサイトを見ていたら盗まれた三輪車が売られているのを発見して自分で落札して入手して盗まれた物と確認して被害届を出したそうです。
う~ん、その執念がエライ!!
警察はオークションの出品者データから容疑者を割り出して犯人を逮捕。
自宅にはほかにも18台の三輪車があったんですって。
三輪車に付けていたシールがポイントだったらしいです。
確かに、サンリオキャラの三輪車に乗っていた娘もシールをペタペタ張り付けてましたね。
私はシールを貼られるのは好きじゃないのではがしていたけど、こういう時は有効なのかもしれません。
それにしても人の物を盗んでオークションで売るのが大問題なんだけどね。
私のネームタグ返してくれぇ~!!
・・・でも、もう諦めて再発行頼んだけどね。

私がクマにキレた理由・其の十五

動物&昆虫

CIMG8744.jpg
ふふふふ、クマネズミ捕獲後の粘着シートの後始末は全然平気です。
なんつっても、生まれも育ちも超下品な足立区っ子ですから。
気持ち悪いのもグロいのも平気なので、シートについたネズミをしばらくマジマジと見て観察してから処分します。
本当は動物は何でも大好きで、齧歯類でいえばハムスターもハツカネズミも飼ったことあるし、現在はモルモットのボンちゃんが家にいるんだけど、さすがに人の健康に害を及ぼすとなると放ってはおけないです。
以前テレビでネズミ駆除業者の方が、「粘着シートを100枚敷いてもネズミは頭が良いから掛からないんですよ」と言ってましたが、我が家に来るネズミは家主に似て馬鹿なのか高い確率で粘着シートに掛かります。
いつも二枚しか設置しないのに、すでに何匹もシートで捕獲しています。
それでもぽにょさんの言う通り怪力で抜け出す奴がいて、夜中に暴れているので掛かったかと思って翌日見てみるとシートに毛が残っていて、「チッ!!掛かったと思ったのにバレたか!」と悔しがるわけです。
「バレた」は釣り用語で掛かった魚に逃げられた時に使うんだけど、我が家ではネズミに逃げられた時に「バレた」を使用します。
昨日もメチャ暴れていたので「おぉ!掛かったかもしれないぞ!」と子どもと様子を見ていました。
しかし、しばらくしてスタスタ逃げ去る音がしたので「チッ!バレたか!」とガッカリしました。
蚊取り線香作戦はやっぱりダメですね。焚いている時はいなくなるけど、焚いてないと普通に来てますから。
四六時中天袋で蚊取り線香を焚いて火事になったら困るし家の中が線香臭くていけません。
あと、悲しげな声や表情に騙されたりしません。こういう時の私は冷酷なので。
下の写真はこの間シートに付いてた犯人を新聞紙にくるんだもの。
シートの端っこに足だけ付いていてネズミがシートから取れたので粘着シートを再利用しました。
ところがです!!一昨日その再利用した粘着シートが消えていました!!
そんな馬鹿な・・・天井裏でいったい何が!!次回につづくっ!!
CIMG8572.jpg

みんなトマトに砂糖をかけて食べないの?

未分類

これ、ぜ~んぶトマトだよ。
今年の夏に行った「ナガノトマト」トマトの学校で畑を見学した時の写真。
赤いトマトはナガノトマトの製品に使われている長野産のトマト。
CIMG7857.jpgCIMG7828.jpg
トマトに砂糖をかけて食べるか?という話題を発見しました。
我が家では、食卓に出てくるトマトには砂糖がかかっていたので、どの家庭でもこれが正しい食べ方だと疑わずに大人になりました。
ある時、スタジオの仲間とトマトの食べ方の話しになって「やっぱ、トマトに塩をかけて食べるのが最高だ」という男の子に「ゲっ、トマトに塩なんかかけるの?トマトには砂糖でしょ」と言ったら、一同沈黙・・・・。
「トマトに砂糖なんかかけないよ!!!」みんな口を揃えて突っ込みます。
その時、はじめて「トマトの砂糖がけ」が日本国民の正しいトマトの食べ方ではないのだと知りました。
ただ、その場にいた北海道出身の男の子が「僕の田舎でもトマトに砂糖をかけてたべます」と小さな声でつぶやきました。
私の両親は宮城県出身でして、どうも北の方で「トマトの砂糖かけ」は有りのところがあるようです。
そんなわけで、私が食卓にトマトの砂糖かけを出すので、うちの子ども達は「トマトに砂糖をかけて食べる」というのが当たり前に思っています。
私はトマトに塩をかけて食べたことがないけど、娘は時々塩をかけて食べているので一般的な食べ方の人たちと順応できることでしょう。
CIMG7878.jpgCIMG7831.jpg
このトマトが最高に美味しかったです。
持ち帰って痛んでしまったものは煮込んでトマトソースにしたけど、毎日食べてもあきないくらい美味しかったです。

私がクマにキレた理由・其の十四

動物&昆虫

ぽにょさん、アドバイスありがとうございます。
とても詳しいのでぽにょさんは動物博士なのかな~?と思っちゃいました。
私は的はずれなことをやっていることが多いので、またアドバイスお願いしま~す。
CIMG8863.jpg
つ~ことで、これは10日ほど前の話し。
「昨日の夜、レポートやってたら天井裏でネズミがすごく暴れてたよ。シートに付いたんじゃない?」と娘の報告。
その日の夕方、息子に天井裏を見てもらうことにしました。
「お母さん!いるいるシートに貼り付いてる!まだ生きてる!」
息子からネズミの貼り付いたシートを受け取ると、生きてるネズミが確かにくっ付いてます。
「なんか、可哀想・・・」と娘は言うが、私は「いんや、勝手に人の家に侵入して来るこいつらが悪いのだ。私は全身ダニに刺されて腫れ上がっているんだぞ」
新聞紙でくるんで袋に入れて表に出す時に「この家に来ると酷い目に遭うと、お前の仲間によく伝えておけ」とネズミに言っておいたのに・・・。
またぞろ、別のネズミが天井裏を走り回っている。
だめだ・・・これではきりがない・・・何か他に手はないのか・・・。
と、その時ヒラメキましたぞ!
蚊取り線香ですよ!天井裏に向かって蚊取り線香を焚けば、いくら殺鼠剤が効かないスーパーネズミでもさすがに煙くて耐えられないでしょう。
片付けてしまった蚊取り線香を引っぱり出して、さっそく天袋の上の板を外して天井裏に向けて蚊取り線香を焚いてみました。
そしたら、思った通り、ネズミが入って来ても出て行ってしまいます。
これで完全に退治出来るか、結末は次回!!

夢の画像化が可能なら・・・

未分類

ドラエもんがいたなら簡単なのにね。
CIMG8616.jpg
人の脳の血流変化を調べ、その人が見ている図形や文字を映像化することに国際電気通信基礎技術研究所などの研究チームが世界で初めて成功、11日付の米科学誌ニューロンに発表した。チームは「技術を発展させれば、寝ている人の夢を画像として取り出すことも可能だ」と話している。
と言う記事を発見。
夢って便利ですよね、好きな俳優に会えたり、行きたい場所に行けちゃうんだから。
でも、朝目覚めて「何でこんな夢を見たのだろう?」って思うこともしばしば。
ある時は、娘の大好きなビジュアル系バンド『ナイトメア』のメンバーが夢の中に出てきて、なぜか私に色紙にサインをしてくれとねだるのです。
「この人たち私のファンなの?しょうがないなぁ」と疑問に思いなからもサインをしてあげていたら目が覚めました。
朝、娘にこの夢の話しをしたら「私なんか見たくても夢に出てこないのに何でお母さんの夢に出てくるの!」と地団駄踏んでました。ヒヒヒヒ。
この間は、やはり娘の大好きな松山ケンイチが夢に出てきて、私に告白してくれました。
朝、「夢の中で松ケンが私に告ったぞ」と娘に言うと怒り爆発でした。ヒヒヒヒ。
で、昨日は何と私の大好きな織田裕二と婚約した夢を見ました。
いやぁ~、ホント夢って便利ですよね、これが画像化できたら最高なんだけどなぁ。
ちなみに今年の初夢は『とくダネ』の小倉智明さんでした。
朝、目覚めて「なぜ・・・初夢が小倉さんなの?」夢って意味不明。

せめて最期に迷惑をかけないように

未分類

CIMG8759.jpg
12日の日、舞浜駅での人身事故のために京葉線がストップしてしまい大変なことになりました。
私が通勤のころは電車が動きはじめていたので15分ほどの遅れで済みましたが、人によっては大遅刻でどのロケーションでも大変なことになっていたみたい。
ワートローブでは髪を振り乱してみんな右往左往してました。
自分で死を選ぶ動物は人間だけと言います。(ネズミ、イルカ、クジラにもあると言われてるようですが)
「生きていれば必ずよいことがある」、「死ぬ気になれば何でもできる」などの励ましは多くの自殺志願者にとって気休めになるどころか、かえって当事者を追い詰めがちになるという厳しい意見があり、特にうつ病等による心理的疾患から来る自殺願望を持つ人物に対しては、励ましの言葉を投げ掛けるのは禁忌とされ、むしろ自殺願望を増幅させてしまう。
このようにウィキペディアWikipediaに載っていました。
確かにねぇ、生きていてもちっとも良いことありゃしないから気休めにならないけどさ、人間小さいのから大きいのまで人に迷惑かけて生きてるわけで、せめて最期の時くらいは迷惑かけないようにしいたもんだよね。
で、この日の帰り、今度は京浜東北線田町駅で人身事故のため山手線と京浜東北線ストップ。
私は利用しないので影響なかったけど、大切な用事がある人も大勢いたでしょうからきっと大変でしたね。
先日は、夕方の突然の雷雨に電車が止まり、私も舞浜駅で電車が動くのを一時間待ちました。
振り替え輸送とかいろいろ考えたけど、諦めて缶コーヒー飲んで待つことにしました。
現代人は交通機関がストップするとホント大変ですね。

私がクマにキレた理由・其の十三                     ダニは肉眼で見えるぞ

動物&昆虫

阿佐ヶ谷パールセンターのメガネドラックの桃太郎人形。
クリスマスの演出なのでしょうが、スポッとかぶしてあるだけの適当具合がいいです。
CIMG8825.jpg
おかげさまでバルサンを焚いてダニはいなくなりました。
ダニに全身を刺されまくっていた時、「ダニって肉眼で見られないのかな~?」っと、とても気になったので、あちこち目を凝らして注意して見ていました。
「ダニなんて小さくて見えるわけないじゃん」と娘は言うが、あの噛み具合腫れ具合を考えると肉眼で見える気がする。
そしたらアナタ!とうとう見ましたよ、普通に見えました!
たまたま手の上を走っているのを発見。凄い勢いで無限大の方向に走ってました。
「わっわっ、ダニだ、つぶさなくっちゃ」と指でプチっとやってもまた走り出す。
ノミほど強くないけど、思い切りつぶさないとくたばらないみたい。
さっそくマイクロスコープで見てみたら、全然元気に足をバタバタさせてました。ダニ恐るべし。
そう言えば、娘のお友達の家でもクマネズミが出て、我が家同様、天井をバンバン叩いていたらダニが降ってきて、家族でダニに刺されまくったそうです。
全国のみなさん、もしクマネズミが出ても決して天井をバンバンやっちゃダメだよ~!ダニが降ってくるからね!
バルサン焚いたらネズミも来なくなるのではと期待したけど、しばらくして普通にやってきました。
むむむむ、何とかやっつける方法を考えなければ。

第630回「猫舌ですか?」

未分類

CIMG6656.jpg

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは、「猫舌ですか?」です。ほうじょうは、多分猫舌じゃありません。スープはできるなら熱いほうがいいし、温かいジュースもあんまり冷めないほうがいいです。ただやっぱり熱いのを無理して食べるのでそれなりに口の中を火傷はしてしまいます。でも美味し...
FC2 トラックバックテーマ:「猫舌ですか?」


私は猫舌ではありません。
熱い物は熱いうちに食べるから美味しいのであって、やけどしても意地でも食べます。
娘と息子は私に似ず二人とも「猫舌」
ちょっと熱いものでも「これ熱い~こんな熱いの食べられないよ」と言って二人して冷めるまで皿を眺めています。
そんな二人を後目に私は「こんなの熱いうちに入らないだろ~がぁ!!」とガツガツ食べます。
猫舌の息子がラーメン屋に行くと悲惨です。
冷めるまで待っていると、どんどん麺が汁を吸って量が増えます。
元々食の細い息子は食べても食べても減らない麺と格闘。
お残しはいけないので、食べきれず冷め切った麺を私が食べるはめになります。
私が熱い物が平気で早食いなのは姉弟が多かったせいでしょうね。
ウチの子ども達みたいにボンヤリ皿を眺めてモタモタしていると好物を食べられてしまうので早い者勝ちでしたから。
家庭環境が私を猫舌にしなかったみたい。
そう考えると家庭環境と猫舌・早食いは関係あるのかも。
最近食べるのが遅い子が多いのも、子どもの数が少なくて争って食べる必要がないから慌てて食べないのかもしれませんね。
まぁ、早食いは体に悪いのでゆっくり食べた方がいいんですけど。

私がクマにキレた理由・其の十二

動物&昆虫

CIMG8812.jpg
昨日の続きのお話
天井裏にクマネズミ来る→頭にきて力任せに天井を叩く
これってよくある光景でしょ。
私もクマネズミが来ると腹を立てて天井をバンバン叩いてました。
どうもそれがマズかった・・・叩くたびに天井からダニが降ってきていたみたいです。
「あれ?体がかゆい」
最初に刺されはじめたのは私。
そのうち全身にブツブツが出てきて、みるみる腫れ上がってきました。
次に刺されはじめたのは娘。
「私もお母さんと同じところを刺された」
ダニの刺すところはある程度決まっているみたいですね。
息子は一ヶ所だけ刺されました。
『私、全身』『息子、一ヶ所』この違いは何だ?
自分なりに分析してみた結果、三人の中で一番厚着の私が大量に刺されていて、冬でも超薄着の息子は一ヶ所しか刺されていません。
ということは、厚着が悪いのかもね。
病院に行ったら先生のところでもネズミによるダニの発生で酷い目にあったそうです。
「バルサンみたいの炊かないとダメだね」と三人分の塗り薬をたんまり出してくれました。
で、さっそく写真のバルサンを炊いたというわけです。

私がクマにキレた理由・其の十一

動物&昆虫

写っているのはクマネズミじゃないよ、モルモットのボンちゃんだよ。
豊富な食べ物と冷暖房完備の家の中でぬくぬくしているペットのモルモットと、方や人間に家から追い出されるクマネズミ・・・動物の世界にも格差?
CIMG8793.jpg
私がキレたのは「クマはクマでもクマネズミ」のこのコーナー、お久しぶりです。
そこのあなた、このところ全然記事を載せていないからネズミ退治に成功したと思った?
チッチッチ、甘いな、そう簡単に奴らは退治出来ないのですよ。
ドラッグストアで新しい殺鼠剤を見つければ試してみたり、役所でネズミ取りを貰ってきたり、様々な手段を取ってきたけど人間の惨敗でした。
写真の「逃亡チュー」はネーミングは誉めてやるけど効きませんでした。
説明書には「これをネズミの来るところに置くとネズミが来なくなります」とありましたが、アンタ!!仕掛けて一時間もしないでいつも通りにネズミが天井裏を走り回ってましたよ!!
また、このラチノッカーという殺鼠剤の説明には「これを食べたネズミは内臓出血して死にます」と書いてありました。
子どもは「ひぇ~、なんだか可哀想」と言うけど、可哀想なもんかい!
ネズミのせいで私の体に異変が!!!
可哀想などと言ってる場合じゃない恐ろしい状況になってしまったのですよ。
みなさん!クマネズミには気を付けなはれよ!
明日に続く
CIMG8587.jpg

祝・6年連続出品達成!!

子育て&学校

CIMG8819.jpgCIMG8818.jpg
先に謝っておきます。
今日の私は親ばかです、ごめんなさい。
区の小学校図画工作作品展に今年も息子の作品が出品さました。
息子の作る、この何ともいえない不思議な世界が私は好きです。
ちなみにこれは貯金箱でして、授業の焼き物のテーマが貯金箱だったそうです。
写真を見てお分かりの通り、口からお金を入れます。
作品タイトルが『恐怖の貯金箱』だったと思います。
これで一年生から六年生まで6年間連続で作品展に選ばれました。
運動会でかけっこがビリでも、漢字テストで毎回居残りでも、成績が少しばかり悪くても、図工が得意であってくれれば全く問題ないです。
私にとって息子が図画工作作品展で選ばれることが誇りで名誉で、最高の親孝行だと思っています。
下の右の写真は去年選ばれたシーサーです。
シーサーの隣の作品は図工クラブで作った作品だったと思います。
一応土鈴です。土鈴は古くから魔よけとされていたということで、いかにも魔よけな不気味な世界がいいと思いうんですけど・・・
CIMG8816.jpgCIMG8827.jpg

誰か私のネームタグ返してくださ~い!!

未分類

CIMG8763.jpg
こんな記事を発見↓
落し物が見つかる確率って何%ぐらいなの?
遺失者返還された(=持ち主に返った)落としものはたったの15.5%程度。
「落とし物が無事戻ってきたらラッキー」というのが現実。

と言うわけで、私もネームタグをなくしました。無事戻ってきません。
いつも一番最初にネームタグを外して着替えをするのに、その日はポッカリ抜けていました。
コスチュームにネームタグを付けたまま返却してしまったのです。
遺失物で戻っていないか毎日受付に寄っているけど出てきません。
「たぶん出てこないと思うよ。売られちゃったかもしれないね」と先輩に言われました。
そういう取り忘れたネームタグを失敬してオークションで売る不届き者がいるらしい。
最終的に出てこなければ弁償。弁償といっても何百円か払うだけらしいけど、自分の不注意に腹が立つし、もし売られているなら腹が立つし気分が悪いぞ。
娘が「オークションにお母さんの名前のネームタグが出てたら自分で買えばいいじゃん」ですって。
何でわざわざオークションで買うんだよ!!アホっ!
もう二週間以上たつし、諦めて再発行して貰います。
私のネームタグ返してくれ~!!

月刊現代農業一月号

農業&ガーデニング

CIMG8813.jpg
明けましておめでとうございま~す・・・って早いかッ!!
全国の農家のみなさん現代農業ファンのみなさん、月刊現代農業一月号が発売になりました。
昨年は「シナリオせたがやたがやせ」を読み物として連載させて頂き、先月発売された12月号で無事に終了しました。
2009年度も「知恵くらべ根くらべ」という企画を任せて頂けることになり、この一月号から連載になります。
子どもの落書きのような下手な絵をみなさまに発表するのはお恥ずかしい限りですが、勇気のある編集者のYさんが私に依頼して下さったので、Yさんの期待に応えられるようにベストをつくします。
この「知恵くらべ根くらべ」は鳥獣害で困っている全国の農家のみなさんのために、実際に行って成功した、農家の方の実践方法をイラストで紹介しています。
我が家も「クマネズミ」との長い長い苦しい戦いが現在も続いていますから、すくなからずとも農家の方々のお怒りは分かります。
打ち合わせの時に聞いて驚いたのは、イノシシは全国にいるものだと思っていたけど元々寒い地方にはいないんですって。
昨今は温暖化の影響でイノシシは少しずつ北上しているということです。迷惑な話ですね。
ちなみに2月号は特集号なので「知恵くらべ根くらべ」のコーナーはありませ~ん。

プリマハム最高!!                            夢の国のチケット当たったどぉ~!!

未分類

CIMG8814.jpg
イェ~い!!「プリハム・サミット夢いっぱいのキャンペーン」に応募して当たりました。
プリマハムさんサミットさんありがとう!!
ディズニーリゾートのチケットを確かに頂きましたよぉ。
自慢じゃないけどディズニーシーには一度も行ったことないからね。
いつも裏側しか見たことないから、これでやっと表で何が行われているのか知ることが出来ます。
それにしてもパスポート券が5800円もするなんて知りませんでした。
二人分で11600円とはサンタさんから早めのクリスマスプレゼントを贈られた気分です。
娘は「ディズニーランドはもうあきた。一生行かなくていい」と言っていたので「じゃ、お母さんと○○(息子)と二人で行くね」と言うと、
「でも~、パンフレットを見たら行きたくなった。やっぱその時行きたい気分だったら一緒に行く」
って、お前はいま時のワガママ女子高生かっ!!
某パン屋さんが毎年やってるキャンペーンは何枚出しても当たったことがないのに、プリマハムさん大好きです。
CIMG8503.jpg
で、このTシャツはベビースターラーメンで当てました。
私、ベビースターラーメンは好きなお菓子ランキングベスト5の中に入るくらい好きです。
んで、なんとなく応募したら当たったんですけど、届いたものを見てビックリ。
「か、顔がない・・・・」
まさか自分で描けってことではないですよね。

いま茨城がオニ(古っ)熱いぜ!!其の6

農業&ガーデニング

水車2
写真の駒村さんは駒村清明堂の五代目です。
テレビや取材などしょっちゅう受けているだけあって、説明がとっても上手で楽しかったです。
東都生協で水車杉線香の販売をしなくなってしまたっのにも関わらず、見学を受け入れて下さる懐の深さ!ありがとうございました!
右の写真は作業をしていたお婆ちゃんが販売員に変身!これぞ看板娘ですね。
温暖化の影響で東京ではゲリラ豪雨が問題になっていますが、やはり茨城の石岡でも突然の豪雨で水路が大変なことになってしまうと聞き水車が心配になりました。
水車がいつまでも元気に働けることを心からお祈りしています。
そう言えば裏山に地主の方がレモン畑を作るということで造成中でした。
もしも今度伺うことがあったら、水車小屋の向こう側にレモン畑が広がっているかもしれませんね、楽しみ~。
CIMG8669.jpgCIMG8670.jpg
この頃は大半が輸入品のお線香ですが、これは筑波山周辺で伐採された杉で作られています。
香りがとてもよくて昔ながらの懐かしいお線香の香りがしますよ。
バソコンで「駒村清明堂」と検索すれば情報が得られると思いますので、ご注文をしてみて下さい。
CIMG8811.jpg

いま茨城がオニ(古っ)熱いぜ!!其の5

農業&ガーデニング

水車1CIMG8663.jpg
やさと農業体験の野菜の収穫後、納豆工場見学や精米センターの見学をしました。
そして現在は国内でほとんど見ることの出来ない水車を利用してお線香を作っている「駒村清明堂」さんの見学に伺いました。
水車が一生懸命働いていましたよ。
実を言うと、何年か前のやさと農業体験で「駒村清明堂」さんに伺ったことがあるのです。
その時は新しい水車に建て直しているところで、確かその日NHKが取材に来ると言ってました。
駒村清明堂さんは100年間の間、水車でお線香を作っています。
先日もテレビで水車職人さんを取り上げていましたが、水車職人さんは本当に少なくなってしまったそうで、写真に写っている職人はとても貴重な職人さんですよね。
左の写真が建てているところで、右の写真が現在の様子です。
すっかり年期が入って渋い色になっているのが分かりますか?うちのデジカメの調子が悪くて暗くて分かりにくいのが残念。
下の右の写真はお婆ちゃんがお線香を束ねている作業しているところ。
日本中が燃料の値上がりで困っている時も、全く燃料の必要のない水車は悠々とお線香を作り、作業は手作業という地球に優しいお線香屋さんです。
注文すれば送って下さるとご主人が言ってましたので、みなさん是非「駒村清明堂」さんのお線香を購入して下さ~い。ヨロピク。
CIMG8671.jpgCIMG8668.jpg

第608回「コスプレをしたことありますか?」

未分類

忍者1
というテーマを見つけたので載せました。
「は~い!やったことありま~す!」
これはコスプレというのかな?阿佐ヶ谷のハロウィンの仮装コンテストに参加した時の写真です。
以前にもブログでお話したことがありますが、私、忍者大好きなんです。
一生に一度でいいから日光江戸村か東映太秦村で忍者の格好で仕事がしてみたいです。
私の忍者好きが息子にも遺伝して息子も忍者大好きで、恥ずかしがり屋の息子が「忍者ならやる!!」と言って参加に同意してくれました。
衣装はモチ手作りです。生地屋さんで黒い布をたんまり買って作りました。
顔が隠れて見えないので近所の人に会っても恥ずかしくなかったし。
親子でホントに馬鹿でしょう。でも外国の人には馬鹿ウケでしたよ。
「ワォ!!ニンジャ!ニンジャ!!」ってね。
娘の高校の卒業式は生徒が「コスプレ」をして来るらしいので、「じゃ、私はこの忍者の格好で出席する」と娘に宣言したら却下されました。
ちぇッ、ウケると思ったのになぁ。
忍者2
完全に忍者になりきっている息子。
将来はアクション俳優になって真田広之みたいにハリウッド映画とか出てほしいです。
ふふふ・・・息子のコネで現場に行ってみたいのさ。

ありがた迷惑らしいです

農業&ガーデニング

CIMG8706.jpgCIMG8648.jpg
やさとの農業体験でこんなにたくさんの野菜を収穫しました。
ケータイロボ君も喜んでおります。
穫りたての新鮮な野菜を近所の方にも食べて頂きたいのと、やさとの宣伝がてらおすそわけに伺います。
ところが一軒のお宅で
「こういうものを貰ってもあまり食べないのよねぇ。私はあまり出掛けないから何もお返しが出来ないんだけど・・・・」
フムフム、こういうのを『ありがた迷惑』というんだな、と妙に納得。
奥様は、なにしろ『貸しを作るのが嫌』という感じです。
確かに大根やキャベツはスーパーに行けば一個200円も払えば買えるわけで、それで貸しを作るのが嫌なのかなぁ?
この辺りの人はセレブなので大根やキャベツで庶民に借りを作りたくないのかもしれませんね。
他のお宅も実は迷惑なのかもしれない・・・と疑心暗鬼になってしまい渡せなくなってしまいました。
自分がお隣のおばちゃんや知り合いに野菜をわけて頂くと「あぁ、福島の匂いがする」「青森の野菜たちだ」と感激するけど、誰もがみんな有りがたがるとは限らないんだなぁ。
う~む。近所づきあいって難しいですね。
CIMG8654.jpg