Archives ( 2009-08 )

まゆみの珍取材日記・福島県会津編・恐怖のローカル線危機一髪の巻

農業&ガーデニング

赤べこでがす!!
このキャラクターの名前は「あかべぇ」 磐越西線「あいづライナー」専用編成にペイントされている「あかべぇ」平成16年(2004年)ごろに登場した会津のマスコット。
P8281617.jpgCIMG9320.jpg
今回は福島・栃木に取材に行ってまいりましたよぉ~!!
家を出たのが8時で取材先に着いたのは2時頃でありました。長い道のりであった・・・。
中央線に乗り~の、東北新幹線に乗り~の、「ふふふ、スムーズにここまで来たぜ」と余裕で郡山に到着したが何か嫌~な雰囲気が。
「磐越西線は信号トラブルのため現在運転を見合わせております」というアナウンスが聞こえてきました。
そ、そんなぁ~、これに乗らないと会津若松に行けないじゃないのよ!
予定では磐越西線で郡山から会津若松に行き、更に只見線に乗り換えて会津若松から会津高田に行くつもりでした。
まゆみ大ピンチ!!駅員さんに聞くと高速バスで行くように薦められて急いで会津若松行きバス乗り場へ。
恐ろしいことに会津若松から出ている只見線が5時・7時・1時台の3本しか走っていない!!
いつものことながらローカル線本数少ない地獄であります。
1時8分発の只見線に絶対乗らないと取材先に行くことが出来ないぞ、「走れメロス」いや「走れまゆみ」なのだ!!
CIMG9318.jpgCIMG9317.jpg
そして高速バスに乗るも、今度は渋滞にはまる。
「ま、まずい。これ以上遅れたら只見線に乗れない・・・」
神に祈る気持ちで時計とにらめっこ。
1時間10分バスに揺られて、ギリギリ只見線に間に合いました。
駅に走りながらも会津若松駅と白虎隊の写真はしっかり撮ってきましたぜ。あっ、赤べこもね。
ホームでサンドイッチを立ち食いしました。2分で完食。
1時8分の只見線に乗った瞬間、24時間テレビのマラソンランナーの気分でした。
会津高田に到着して、迎えに来て下さっていた小島さんを見た時は小島さんが欽ちゃんに見えましたよ、BGMは「サライ」でね。
CIMG9323.jpgP8281601.jpg
無事到着した小島さんのリンゴ畑。

ガンダムプロジェクトに参上!!

アニメ

P8221514.jpgP8221569.jpg
遠くてお台場まで来られないという全国のガンダムファンのみんなのために、おばちゃんお台場まで行ってきたよぉ~!
三度の飯よりガンダムが好きな息子と二人でゆりかもめに乗ってお台場にやってきました。
何しろ暑かった。今年一番汗をかいたかもしれないほど暑かった。
全く日陰のない広場にド~ンと立っているので、炎天下の中で行列に並んだ時は倒れそうになりましたよ。
でも、実物大のガンダムを作っちゃうなんて夢があってワクワクしますね。
直接触ってきましたが、この夏休み期間中雨風にさらされて大夫お汚れになっておられました。
お疲れさまでございます。
P8221519.jpgP8221517.jpg
このガンダム像、一応頭が動きます。
首を左右に振る、上下にする、動くたびに来場者から「おぉ~!!」とどよめきが。
上空を見上げた時がなんとも絵になってました。
もっと進化したら手が動いたり歩いたりするかもしれませんね。
写真を見てお分かりの通り、ものすごい来場者の数でした。
フジテレビのイベントに来たついでの人もいるのかもしれないけど、中には私たち親子のようにガンダム像を見るためだけに来た人もいると思います。
夏休みを利用して地方から来た人もいるんでしょうし、本当にガンダムは愛され続けているんですねぇ。
P8221525.jpgP8221557.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!新島編海岸で骨拾うの巻⑨          

旅&おでかけ

こんな記事を発見↓
骨格標本魅力に“ホネ抜き”「なにわホネホネ団」 ホネを知れば世界が広がる-。大阪市立自然史博物館(東住吉区)で動物の骨格標本作りなどを進めてきた異色の団体「なにわホネホネ団」。「タヌキを1人で解剖できるか」が入団条件だが、結成以来6年で団員は130人を超えるまでに成長した。
CIMG7701.jpg
是非、うちの息子も入団させて下さい。
というのも息子は物心ついた時から骨が大好きでガイコツの絵を描いたりガイコツの工作をするのが大好きで、4才くらいの時に折り紙のガイコツを作るような変な子で保育園の先生もちょっと引いてました。
それにしても「タヌキを一人で解剖できるか」が入団条件というのがすごい凄すぎる。
息子に出来るか聞いてみたら「生きているのは無理だけど死んいるやつなら出来るかもしれない」そうです。
ちなみにメキシコの名物はガイコツだそうで、常々「お前の前世はメキシコ人だ」と息子に言っているので最近は本人も自分はメキシコ人だったと思っているみたいです。
CIMG7706.jpgCIMG7784.jpg
新島では海水が冷たくて海に入れなかったので毎日海岸をぶらぶらして何か面白いものはないか散策していました。
新島の海岸はほとんど貝が落ちていなくて、たまに魚の死骸が転がっていたり先日紹介したように海カメが打ち上げられていたりする感じ。
すると息子は「あっ、ここにもあった」・・・「ここにもある」と何かを拾っています。
見てみると魚の骨。
「どうすんのこれ?」と聞くと
「たくさん集めて合体してみる。変わった魚の形になるかもよ」
嬉しそうに一本一本骨を拾ってました。
んんんん~、だったら普通に食卓に出てくる魚の骨で標本つくればいいんじゃね。
宿に戻って窓のところで乾かしていたけど、生臭いこと生臭いこと。
「本当に持って帰るの?」「うん」
本当に持って帰りました。臭いので表に置いてあります。
CIMG8171.jpgCIMG8173.jpg
これは去年の間伐体験の時に恐竜博物館につれて行ってもらった時のもの。
左の写真は闘っている状態のまま化石になった恐竜のレプリカです。
群馬県の神流町中里地区というところで、ここでは肉食恐竜の背骨が発見され、その後恐竜の足跡化石も報告されました。私も発掘体験してみたい。

JAやさと農業体験・野菜コース収穫編⑦

農業&ガーデニング

P7311267.jpgP7311268.jpg
今回の「JAやさと農業体験野菜コース」ではカボチャと枝豆とトウモロコシの苗を5月に植えました。
それを8月に収穫にきたわけですが、カボチャと枝豆は豊作でしたが、トウモロコシはほぼ全滅。
というのも写真のように農家のお尋ね者カラスにやられてしまっていたのです。
前回来た時は収穫敵期が過ぎてしまい、やはりこの時もトウモロコシだけが収穫できなくて、トウモロコシには二度振られました。
なんとか食べられそうなものをもいでその場で茹でてご馳走になったけど甘くて美味しかった~。
カラスのバーロー!!!もしも出来ていたら腹一杯トウモロコシが食べられたのにぃ~!!
P8011300.jpgP8011299.jpg
このやさとの農業体験に来た時のお楽しみの一つに「やさと温泉ゆりの郷」があります。
息子はここが大好きで、どんなに疲れていてもクワガタ捕りを諦めても「ゆりの郷に行く」と言います。
ゆりの郷はJAが運営していて、男女日替わりの浴室はかなり広く、ゆったりしたつくりになっています。日帰り温泉にありがちなカラオケ舞台付大広間はなく、代わりに広いロビーとカラオケルームを備えていて、ゆっくり休むのにはぴったり。JAが運営しているので物産館では野菜などが売られています。露天風呂からは、筑波山を間近に眺めることができます。
この日は曇り空でしたが月が見えて、ずっと露天風呂で月を眺めていました。
ロビーの クレーンゲームに「ひこにゃん」(写真右)がいました。
茨城県やさとなのに「ひこにゃん」とはこれいかに。
ちなみに「ひこにゃん」と「ひこねのよいにゃんこ」 が酷似していて問題になっていますが、この写真のぬいぐるみはオリジナルの「ひこにゃん」でした。
P8011275.jpgP8041331.jpg
とても手に持って帰れる量ではないのでカボチャは宅配で送りました。
ひとつでも多く箱に入れたくて「テトリスだ」と、息子といろいろな向きに入れて試してみて、一番たくさん入ったのがこの形でした。

まゆみのディズニーリゾート天国・クールサービスを侮るなかれ!!

旅&おでかけ

P8161444.jpgP8161451.jpg
ディズニーランドの「クール・ザ・ヒート」にはまった私と息子は、ディズニーシーの「チップ゜とデールのクールサービス」も体感したくて、クソ暑い中ディズニーシーにやってまいりました。
キャストのお姉さんが「去年よりも水の量が増えています。前からも後ろからも水がかかります。たいへん濡れますのでご注意下さい」と繰り返し呼びかけていました。
息子は今回も濡れるために来たのでカッパは不要。
私と娘はカッパを着て準備していたけど、炎天下にカッパはサウナスーツ地獄。
ショーがはじまりミッキーやチップとデールたちを乗せた船がメディテレーニアンハーバーを一周してゲストに水をかけます。
キャストのお姉さんが注意を促していたわりに水はほんの少ししかかかりません。
「な~んだ。これならランドのクールザヒートの方がもっと凄かったよ」とちょっとガッカリ。
ところが・・・、ステージ台に乗ったお姉さんがおもむろにホースを持ったかと思うと、大量の水を放出。
P8161453.jpgP8161455.jpg
お姉さん、ニッコニコしながら容赦なくホースで水をかけまくっていました。
「ギャ~!!」娘と私が前を向けば前が濡れ、後ろを向けば後ろが濡れ、カッパを着ていても膝から下は無防備なためGパンはビショビショに。
ランドほどではないとか言ってゴペンナサイ。みくびっていました。
息子は全身ずぶ濡れで大満足な様子でした。
1時のショーは何か事情があったらしく一時間以上遅れて行われました。
息子はまたまたずぶ濡れになるために他のアトラクションに乗りもせず一時間以上メディテレーニアンハーバーでショーが始まるのをじっと待っていました。
その間、私と娘はゴンドラ近くのベンチで爆睡していて、目が覚めるとずぶ濡れの息子がニコニコしながら戻って来てました。
これは一度はまると病みつきですよ、今年のクールサービスも残すところ数日しかありません。
スカっとしたい人は急いでディズニーシーに行きましょう!!
P8171497.jpgP8171496.jpg

まゆみのディズニーリゾート天国・ディズニーシー最高!!

旅&おでかけ

P8171490.jpgP8161448.jpg
遂にディズニーシーにやって参りました。
今回はディズニーリゾートに全く興味がない娘も誘って息子と3人で行きました。
いつも裏側からしか見たことのないディズニーシー、夢にまで見たオンステージ・・・。
いやぁ~!すっぱらしい!景色は美しいし落ち着いていて私はランドよりシーの方が好きかも。
何しろベンチがたくさんあって、どこでもいつでも休めるのが良い!!
ガツガツ乗り物に乗りたいという希望もないし、途中疲れたのでゴンドラの近くのベンチで娘と二人で1時間くらい寝てました。
シーはどこにいてもだいたい水辺なので、風が爽やかでマイナスイオンで癒されました~。
ディズニーシーで昼寝なんて贅沢ですなぁ。
おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさんを招待したい人はディズニーシーの方が絶対喜ばれると思いますので、是非デイスニーシーへ遊びに来て下さいね。
P8171457.jpgP8171473.jpg
そう言えば、橋のたもとで案内をしていていたゴンドラのキャストの男性のところに、小さな女の子とお母さんがやってきて男性キャストにサインを頼んでいました。
えぇ~!!キャストにサインを求める人がいるんだ?とちょっと驚き。
なんて書いたのか気になり、なにげに見たらフルネームを漢字でカッチリと書いてました。
あぁいうのもマニュアルがあるんでしょうかね、キャストもサインを求められたら、取りあえず漢字で書け!とか。
彼はきっと家に帰って「俺、サイン下さいって言われちゃったよ~」と家族に話すことでしょう。
それにしてもキャストのサインを集めるマニアというのも、もしかしたらいるのかもしれないですね。
私もこの先オンステージのバイトをすることもあるかもしれないからサインの練習しておこうっと。
P8161439.jpgP8161443.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!漂流物編?⑧    

旅&おでかけ

こんな記事を発見↓
「漂着物に触らないで」各地の海岸に医療廃棄物や動物の死体、火薬類が含まれている発煙筒などの漂着物が流れ着くケースが相次いでいる。本格的な海水浴シーズンを迎え、水の事故だけでなく、漂着物に触れて感染症に感染したり、火薬類の暴発で思わぬ負傷をすることも考えられるため、国土交通省が注意を呼びかけている。
P7231134.jpgP7231138.jpg
写真を見てお分かりの通り、確かにいろいろな漂流物が流れついています。
左はウミガメの死骸。結構大きかったです。
カメが溺れるとは思えないんだけど、何で死んでしまったのでしょうか。
カメは万年て言うくらいだから万年目だったのかな?
右は韓国語の書かれたドレッシング?
P7231139.jpgCIMG5749.jpg
左はやはりウミガメの死骸。上のカメより小さいです。
右の上履きは写真では分かりにくいかもしれないけど中国語で書かれています。
CIMG5755.jpgCIMG5753.jpg
テレビのブラウン管は捨てられたものなのか漂流物なのか不明。
巨大な流木。
CIMG5754.jpgP7231140.jpg
これは中国語が書かれたペットボトル。この手の漂流物はめっちゃ多いです。
「ワァ!!なんでズゴックがこんなところに!!」と息子が思わず叫んだのが右のガンダムのズゴックの手。
一瞬、ズゴックって誰?息子の知り合い?焦りました。

JAやさと農業体験・野菜コース水車杉線香編⑥

旅&おでかけ

水車2
上の写真は数年前の建て替えの様子。
水車は365日回り続けますが、建て替えの時だけは水を止めてお休みします。
去年の秋と全く同じ写真を撮っているような気がする。デジャビュか?
「来年は息子も中学だし一緒に来なくなるだろう。これが最後の駒村清明堂だ」とちぎれるほどバスから手を振ったはずだったのだが、ま~たまたお世話になりま~す。
下右の写真は説明をしている駒村さんです。
駒村さんご一家が営む駒村清明堂は昔ながらの方法で100年作り続けてきたお線香です。
インターネットでも購入できるので是非ご購入宜しくお願いしま~す。
P8011317.jpgP8011320.jpg
箱に筑波山麓水車粉砕天然杉粉100%使用と書かれているように材料に杉の葉を使用しているわけですが、国産材が家などの建材に使われることがなくなり、副産物としてとれる杉の葉も手に入りにくくなってしまっているのが現状です。
駒村さんも杉の葉の調達に苦労しているとおっしゃっていました。
食料自給率が低いこと誰でも知っているかもしれないけど木の自給率は食料以下の20%だそうです。
森の国でありながら、海外の安い輸入材を使用しているために日本の森林は使われずに荒れています。耕作放棄地も問題になっていますが森林の放置も問題です。
私は間伐体験に二度行きましたが、林業も深刻な状況です。
山も海も川も森も全部全部私たちの大切な宝物ですからみんなで守っていきましょう。
CIMG8670.jpgCIMG8811.jpg
看板娘のお婆ちゃん。いつまでもお元気で、またお会いできる日を楽しみにしています。

まゆみのディズニーリゾート天国・おばちゃんクール・ザ・ヒートにハマるの巻

旅&おでかけ

P8141383.jpgP8141409.jpg
暑くて人が多いのはパスしたいので夏にディズニーランドに来たことはありませんでした。
気が付くと秋の陽気の良い時にいつも行っているので、息子に「ボクはハロウィンのディズニーランドにしか見たことがない。夏のランドにも行きたい」と言われて渋々行くことにしました。
今年は冷夏と言えども、この日は暑かった~。
そんな夏の暑さを吹き飛ばそう!!というわけで、シンデレラ城が水の噴水になりステージからゲストに水をジャージャーかけるという「クール・ザ・ヒート」というプログラムがあるのです。
最初は遠目に「なんでわざわざずぶ濡れになりに行くのだろう?」と冷めた目で見ていました。
今回の息子の目的はこの「クールザヒート」でビシャビシャになることで、実はわざわざ着替えを用意してきていたのです。バンツまで。
「風邪をひきそうだからやめとけば」と言っても、「絶対真ん中に行って思い切り水をかぶる」と聞きません。
P8141404.jpgP8141407.jpg
なぜか水をかぶるために一時間も前に一番前のど真ん中を確保して息子とK君はやる気満々。
私とK君のお母さんは、そんなに濡れたくはないので端の方で待機していました。
私はカッパを着て待機。K君のお母さんにもカッパを薦めましたが、「私はこのまま挑戦するわ!」と言って張り切ってました。
ショーが始まって、「あっ!ドナルド可愛い!」と呑気なことを言ってると、あれ?水が・・・み・・水が・・ギャー!水がぁ!!
つうわけで、下の左の写真の後はすごい水の嵐で写真を撮ることが出来ませんでした。
端っこにいてもこれだけビショビショなんだから集中攻撃のど真ん中はゲリラ豪雨なみの衝撃だったと思いますよ。
でも最高に楽しかった~。K君のお母さんと飛び跳ねてテンション上がりまくりました。
溜まりにたまったストレス解消にこれは効きますよ~。
ずぶ濡れになってニコニコしているゲストを見て、わざわざ水をかぶりに行く気持ちが分かりました。
これは一度体験したら癖になりますね。
P8141408.jpgP8141388.jpg

世にも奇妙な物語・まゆみ生き霊になって荒川土手に登場!!

未分類

CIMG6030.jpg
今日は私が生き霊になったお話をひとつ。
先日、妹(三女)から電話があり「まゆみ姉ちゃん荒川の花火大会に来てたの?」と聞かれた。
荒川の花火大会は7月23日に行われたんだけど、その時私は息子と新島に行っておりました。
このブログでも「伊豆七島に行こうよキャンペーン」として載せてるから知ってる人は知ってるよね。
「花火大会になんて行ってるわけないじゃん。その日私、新島にいたよ」と言うと
「えっ?・・・・・う・・・そ、じゃ、○○君は誰に挨拶したんだろ?」と妹沈黙。
詳しく話しを聞くと、一番下の妹(五女)の旦那が花火大会の会場で私と息子にバッタリ会って挨拶をしたというのです。
で、私と息子に会ったという婿さんの話を聞いて、妹(三女)と妹(五女)は花火大会の会場に来ているのになぜ姉ちゃんは実家に顔を出さないのか不思議に思っていたそうです。(実家は花火大会の会場に徒歩5分くらいのところなので)
そりゃ、そうだよ、だって私その時新島にいたもん。
それにその時刻なら息子とクワガタ捕りに行ってた時間帯だよ。
私一人なら婿さんの勘違いということもあるけど、息子も一緒にいたというのが摩訶不思議な話し。
あの時、体は新島の親水公園の街灯の下にあったけど、魂は土手で花火を見ていたのかもしれませんね。ふふふふふふ。
実は私、こういう体験をいっぱいしてます。体験してるけど信じていません。
私は疑い深い性格なのでそう簡単に信じませんよ~。
死んだ父が目の前に来て会話なんか出来たら信じると思うんだけどなぁ。
CIMG5424.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!リアルぼくのなつやすみ編⑦

旅&おでかけ

P7241189.jpgP7231188.jpg
このブログをご覧になっていて私のキャラクターをご存じの方なら分かると思いますが、私は大人になりきれていない「大人子ども」でキャッチフレーズは「体は大人頭脳の子ども」であります。
脳内メーカーで調べたら私の頭の中は「動物」「虫」「遊び」の文字がびっしりだと思う。
そんな私なので男の子を産んで本当に良かったとしみじみ思います。
女の子は基本的に虫や気持ち悪い生き物が大嫌いですから、娘などは「山や海は虫がいるから嫌!家にいた方が良い」と言ってついてきません。
最近は男の子でも虫が苦手という子もいますが、うちの息子も生き物大好きなので一緒になって遊んでくれて有り難いです。
朝五時半から活動開始。森にクワガタを探しに行き、昼間は海水浴と磯遊び、夕方森にクワガタ捕り、夜も森にクワガタ捕り。
大人になったら子どもの頃みたい網を持って走り回ることなんて出来ないと思っていたので、またあのころのように思う存分遊べてホントに幸せ。
来年は釣りにも挑戦しようと話しています。
「ぼくのなつやすみ」というゲームが流行っているらしいけど、やっぱリアルな体験をしたいですよね。
みんな是非伊豆七島に来てリアルぼくのなつやすみを体験して下さい。
P7231141.jpgP7241235.jpg
以前、息子と私の旅行中にカブトムシが逃走してしまいました。
帰宅すると玄関で仁王様のように怒り顔の娘が
「命がけで捕まえてケースに戻したんだからね!!今度逃げたら殺虫剤で殺す!!」
息子と私はこっぴどく叱られました。
CIMG5928.jpg

JAやさと農業体験・野菜コース水車杉線香編⑤

旅&おでかけ

P8011314.jpg水車1
去年の秋にこのブログで紹介した水車杉線香清明堂さんにま~たまた来ちゃいました。
実はこれで三回目です。
はじめて伺ったのが上の右の写真の時で、水車を新しく建て替えている時でした。
めったに見られる光景ではないので本当にラッキーでした。
それから月日が流れ・・・下の写真のように今はすっかり年期の入った水車になりました。
私も年をとったけどアンタも年をとったわねぇ。コケまで生えちゃって。
我が身を見るようで「ガンバレ水車!!」と心の中でエールを贈りました。
P8011309.jpgP8011308.jpg
八郷の急峻な斜面を流れる恋瀬川の水が水車を動かします。
この豊かな水のおかげで水車は365日休むこともなく働き続けます。
日本で水車でお線香を作っているのはとても珍しいと思うので、見学させて頂けるのは有り難いことで清明堂のご主人はお忙しいのにも関わらず文句も言わずに見学を受け入れて下さって感謝です。
この歯車も「ウリャ~!オラオラオラ~!!」と言ってるみたいにヤケクソで回り続けております。
ここで乾燥した杉の葉がきめの細かい粉に変身。
お線香と聞くと緑色を思い浮かべますが、あの緑色は実は着色料で「水車杉線香」は着色料を使用していないので茶色をしています。茶色が乾燥した杉の葉の自然な色なのです。
P8011306.jpgP8011303.jpg

まゆみのディズニーリゾート天国・ジャック・スパロウで元をとるの巻

旅&おでかけ

P8141400.jpgP8141397.jpg
8月14日お盆休みまっただ中にディズニーランドに行って参りました。
息子は私と二人で行くのに飽き飽きしていると思い、息子の仲良しのお友達とそのお母さんを誘いました。
そのお母さんが14日しか休みが取れないということで混雑を心配していたけど・・・
「えぇ~!!14日は危険だよ、一番混むピークじゃん!入場制限出るかもよ!」とバイト仲間のKさんに言われた。
ゲートまで行って入場制限で入れなかったら子ども達が可哀想すぎる。
ところが腹をくくって行ってみたら全然OK。今年は帰省している人が多いせいか、べらぼうに混んでいませんでした。
今年の夏のディズニーリゾートは穴場ですよ~!!
まだ夏休みは残っているので遊びに来て下さいねぇ!!
P8141403.jpgP8141423.jpg
パークに入ってすぐにピノキオとゼペット爺さんとクリケットがいました。
本当はピノキオとクリケットと写真を撮りたかったのに、バックステージにお戻りの時間だったみたいで慌ただしく去って行ってしまいました。
ゼペット爺さんはなぜか戻らずにのんびりしていたのでゼペット爺さんと写真を撮りました。
「ゼペット爺さんとまゆみ婆さんのツーショットかよ。クリケットと写真を撮りたかった・・・」とブツブツ言いながらシアターオーリンズのところにあるトイレに入り出てきたら、なななんと!!目の前にジャックスパロウがいました!!
ジャックと一緒にいたキャストの人に「写真を撮ってもいいですか?」と聞くとにこにこしながら「ジャックに直接聞いてみてくださいね♪」と言うので、ジャックのところに行きカメラを指差し「カメラ、カメラ、写真、一緒、OK?」と意味不明な日本語で聞くと「OK!!」と答えてくれました。
それで撮った一枚です。
おぉ~!ジャックと写真を撮れただけで、十分元をとった気分だ。今日はこれだけで超ハッピイだ!!
と言いながら、本当は招待券で来たからタダなのさ!!
それにしても、誰も気が付きそうにない死角のような場所だったので、写真を撮ることができたのは数人だったと思います。
あんな所に出没するとは侮れませんなぁ。
P8131381.jpgP8131379.jpg

コックローチマンにはなりたくない!!

未分類

スパイダーマン1スパイダーマン
夜中の一時、爆睡する私・・。
いきなり何者かが近づき私の膝の後ろをガブリ!!!
「痛っ!!」
ガバっと飛び起きると暗闇に黒い塊が飛び上がるのが見えた!(月明かりでそれを見る事の出来た野獣の目を持つ自分に関心)
「何かいる!私の足をかじった!!」
部屋の明かりを付けて脱兎の如く階段を駆け下りて台所から殺虫剤を二本鷲掴み。
再び二階に戻り、そ~と自分の布団をめくってみると!あの、私が世界でいや宇宙で一番嫌いなゴキブリがいました!!
狙った獲物は絶対逃がさないぜぃ、殺虫剤は見事に命中。
敵さんは本棚の前でピクピクしてました。
大量の汗をかいて私がゴキブリを追いかけまわしているこの間、息子爆睡してました。ある意味大物だよ。
それにしても産まれて40うん年、ゴキブリに噛まれたのは初めてです。
っていうか、ゴキブリって噛むの?
いくら貧乏な我が家に食べ物がないって人を食べようとするか?
私の美脚がよほど美味しそうだったのでしょうか?
その時頭に浮かんだのがスパイダーマン。
平凡な男子学生、ピーター・パーカーが特殊なクモに噛まれたことによってスーパーパワーを得、スパイダーマンとして活躍するようになる物語。
ゴキブリに噛まれてスーパーパワーを得、コックローチマンになるの?・・・私。
やっだぁ~!!!慌てて噛まれたところに消毒液をぶっかけました。
宇宙で一番嫌いなものに変身するなんて絶対イ~ヤっ!!
P8061359.jpgP8061345.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!新島村温泉ロッジ編⑥

旅&おでかけ

いつも親切なマネージャーさん。今年もお世話になりました。
美人の従業員のお姉さんは写真を撮ろうとしたら逃げられました。
新島は美人が多いと思う。みかさの女将さんもお姉さんも美人だし、去年いたバイトのお姉さん二人も美人だったし今年のお姉さんも気立てが良くて美人でした。
P7251245.jpgP7221116.jpg
本日は新島村温泉ロッジの宣伝です。
この新島村温泉ロッジはお世話なるのが3回目になりました。
以前は式根島の貸し別荘を利用していましたが若い人の深夜のバカ騒ぎで酷い目にあって、静かに泊まれそうな宿を探していたら新島村温泉ロッジをみつけて試しに泊まってみることにしました。
そしたら温泉はあるわ、食事は豪華だわ、部屋は独立した建物で廊下でつながっている造りなので、とにかく静か。ちなみに全室トイレ・洗面・冷暖房完備。 
海で遊んで疲れているんだから夜はゆっくり休みたいよね。
私は布団が変わると寝られない女だけど、なぜかこのロッジではいつも爆睡してます。
CIMG7776.jpg
そして温泉ロッジのすごいところはシーズン料金をとらないこと!!
365日料金が変わらない良心的なお宿なんです。
お問い合わせ・・宿泊予約はこちら
温泉ロッジ 東京都新島村字瀬戸山116
TEL 04992-5-1199
FAX 04992-5-1977
宿泊料金
大人(中学生以上)1泊2食 9,450円(1人1部屋御利用の場合)
大人(中学生以上)1泊2食 8,925円(2人以上で御利用の場合)
子供(小学生)1泊2食 8,400円
幼児(満3才~6才)1泊2食 5,775円
乳児(満3才未満)食事なし 無料
私は杉並区の勤労福祉協会(ベネフィットワン)に入っているので更に割引してもらえた。
島内唯一の温泉宿で泉質はナトリウム塩化物強塩泉(なめるとしょっぱいよ)
朝風呂に入り、海から帰って入り、夜寝る前に入る。温泉入り放題だぜぃ。
P7231170.jpgP7241221.jpg
奥さん!!この料金でこのご馳走ですよ!!!イサキ丸ごと一匹!
レストランみかさの女将さんとお姉さん(写真)には感謝感謝!!
今年は帰りに挨拶ができなかったのが悔やまれます。
だから上の写真は去年のものなの、来年も行くのでまた宜しくお願いしま~す!!

JAやさと農業体験・野菜コース料理交流編④

農業&ガーデニング

CIMG9261.jpgCIMG9266.jpg
野菜斑・鶏肉斑・タマゴ斑の3つのグループに分かれて料理しました。
私と息子は野菜斑の「ラタトゥーユ」と「カボチャスープ」で息子はカボチャの裏ごし担当。
今年のはじめの手作りかまぼこでも紹介したように、息子は何事も「適当を許さない」男。
なので、無駄に丁寧に完璧に仕上げていました。
生産者の奥様方にも「和菓子職人のような手さばきで裏ごしするのでビックリした」と絶賛。
「将来は和菓子職人になれる」とみんなに太鼓判を押して頂きました。
ヨシっ!将来は和菓子職人にもなれる、かまぼこ職人にもなれるし、カミロボ職人にもなれる。
息子よ、お前はなんて潰しのきく男だ!
この裏ごししたカボチャに牛乳とコンソメを加えるだけでカボチャスープ完成!!簡単美味しい!
そして息子と真反対な「お腹に入れば同じだから適当でもオールOK」な私はラタトゥーユ担当。
野菜を煮込むので結構大きく食材を刻んで、オリーブオイルとニンニクで炒めてホールトマトで煮込んでコンソメと塩コショウだけ。
以前カゴメの食育体験に参加した時にラタトゥーユを作りましたが、この時はご飯をニンジンジュースで炊いてそれにラタトゥーユをかけて食べました。
ご飯にニンジンの香りが付いたりすることもないので、ニンジン嫌いなお子さんでも大丈夫だし色がきれいで食欲をそそると思うので試してみて下さい。
CIMG9265.jpgCIMG9264.jpg
タマゴ斑はカボチャジャムのロールケーキを作ってくれました。
だいたい何でもそうだけど、見ていると簡単そうだけど実際やってみると難しいもんです。
このロールケーキを簀巻きで巻くのが難しいみたいで、上手く巻けずにひび割れてしまう人続出。
お爺ちゃん先生は完璧に巻いてました。お見事!!
鶏肉斑は上の写真の手羽先骨抜き詰め物を作ってくれました。
これが絶品で超美味かった。蒸した物とグリルで焼いた物が出てきましたが、私はグリルで焼いた方が好き。
とにかく食べて食べまくりました。多分1㎏は増えた気がする。体重計に乗るのが恐い。

食害、特産スイカをアライグマが2週間で160個

動物&昆虫

北海道共和町で、出荷シーズンを迎えた地元特産の「らいでんスイカ」が、アライグマに狙われている。
アライグマによる食害は、これまでもあったが、これほどの規模は今年が初めてで「スイカの味を知り、集中的に狙われているのでは」と農家は話している。
160個以上が被害を受けた、らいでんスイカ生産組合の神坂純一組合長(61)のハウスでは、スイカに丸い穴を開けて、中身をかきだして食べるアライグマ特有の“手口”による残骸(ざんがい)がゴロゴロ。
CIMG6989.jpg
イノシシにレンコンを食べ尽くされレンコン祭りが中止になったとか、シカの食害でラベンダー祭りが中止になったとか、次々に鳥獣害のニュースが流れてきますが今回はアライグマです。
食害というと食べ散らかした無惨な様子をイメージしますが、アライグマの場合自分の手が入る程度の小さな穴を開けて、そこに手を突っ込んで果肉を取り出して中身をきれいサッパリ食べてしまうそうです。
だからスイカは行儀よく並んだままで一見食害を受けた感じが全くしないんです。恐るべしアライグマ。
私は現代農業という雑誌で「知恵くらべ根くらべ」というページを担当していて、あちこちに鳥獣害の取材に行きます。
農家の方に話しを聞く「あいつらちゃんと美味しいものを分かっていて、食べ頃のやつから荒らしていく」と皆さん口を揃えておっしゃってます。
クッソー!!私でさえスイカを買って食べてないのに!畑を荒らして更に美味しいところから食べるなんて!この極悪人・・いや極悪アライグマめ!
北海道共和町のみなさん月刊現代農業を見てますか~!
農文協では農業だけではなく鳥獣害に関する本も出ていますから是非ご覧になってアライグマから大切なスイカを守って下さいませ!!
全国いたるところで農家の皆さんは被害を受けていて困っています。
そこで!またまたこのブログをご覧の農家の皆様に撃退方法を募集したいと思います!!
「俺はこんな方法でシカを追い払った」とか「これはイノシシ撃退に効果があった」とか、とにかく何か作物に害を及ぼす鳥獣に困って実際にやったら効果があったことなど何でもいいので情報を下さい。
農家の方に限らず「知り合いがこんなことをしていると聞いた」という情報でも0Kです。
編集者の方が「これは面白い」と採用してくれれば、もれなく私が取材に伺います。
今、嫌な顔をしたそこのあなた!ご要望があればミニスカ又はコスプレで行きますよ(嘘)
あっ、でも、最寄り駅まで迎えに来て頂けると助かります。経費浮くし。
情報お待ちしてますよぉ~!!
CIMG6916.jpg
うちの地域でもこのようなポスターが貼られています。
ハクビシンもスイカが大好物だそうです。ちなみに8月号の「知恵くらべ根くらべ」はハクビシンの撃退法ですよ!!

阿佐ヶ谷七夕に来られなかった全国のみなさんのために

未分類

P8061351.jpgP8061354.jpg
こちらのお店は毎年工夫をこらして作品を作っています。
ワイヤーに紙を貼った最初の状態を見て、今年はうさぎを作るんだなと思って、うさぎと言えば『不思議の国のアリス』なので先読みしていました。
丁寧で愛情を込めて作っているのが分かります。
毎年このお店の作品が一番気になります。
来年も楽しみにしていますよ!!
CIMG9274.jpgP8061360.jpg
不思議の国のアリスと連動しているのか、トランプの兵隊がいました。
下のハクション大魔王はずっと頭しかなくて「これ、頭しかない作品なのかな?だとしたら手抜きだね」と息子と話してました。
そしたらギリギリに首のしたに壺が取り付けられました。
なるほど、これならわざわざ大きな体を作らなくてもいいわけだ。
考えた人は偉い!!
実を言うと七夕の期間中の昼間は一度も商店街に行きませんでした。だって人が多いんだもん。
写真は人のいない早朝に撮ってきたものです。
今年も無事に終わって商店街のみなさんもホッとしていることでしょう。ご苦労様でした。
と、ホッとしたのもつかの間、阿佐谷ジャズストリート2009は10月23日(金)、24日(土)に開催いたします。
「ジャズで明るく元気なまちに」を合言葉にはじまった阿佐谷ジャズストリートも今年で15回目になります。 10月23日(金)、24日(土)の2日は今からキープしておいて下さいね。
P8061347.jpgP8061361.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!新島は今日も雨だったクワガタ捕り惨敗編⑤

旅&おでかけ

ふふふ・・これは一昨年クワガタを捕るために木から落ちた時のGパン。
鋭く割れた木に串差しになって思い切り裂けたのよ、全治一ヶ月のケガ名誉の負傷。
CIMG5868.jpg
ああああぁ~新島は~♪今日も雨だったぁ~♪
つうわけで、雨が降ったらクワガタも出てこないよ~。
今年は惨敗でありました。
去年は12匹(下の写真)捕まえたのに、今年の成果は5匹。
ロッジのマネージャーさんは「この天気でよく5匹も捕まえられたね」と関心してましたけど。
私としては悔しい~来年はリベンジだ!!
CIMG7774.jpg
夜の親水公園の街灯にクワガタが集まって来るんだけど、この街灯が高くて網が届かない。
そこで息子が新兵器の道具を発見しました。
それは何と釣り竿。「お母さん、釣り竿は長いからこれでクワガタを落とせばいいんだよ」
とりあえず釣り竿をもって公園に行ってみました。
そしたらアンタ!本当に釣り竿でチョンチョンやってるとクワガタが落ちてくるのよ!ブラボー!
結局、虫取り網を使うことなくクワガタをゲットすることができました。
こんな単純なことに早く気が付いていたら、木から落ちて大ケガすることも危険を侵して街灯によじ登ってクワガタを捕ることもなかった・・・。
夜な夜な釣り竿をもってでかけていると、帰宅する車を運転する女将さんとすれ違った。
怪しい親子をみかけたみかさの女将さんは翌朝のレストランで「昨日の夜、釣り竿持ってどこ行ってたの?」と聞かれました。
「親水公園にクワガタ捕りに行ってた。釣り竿でクワガタ落とすの」と言うと「釣り竿で~?釣りに行くのかなぁと思ったけど、海の方にじゃないからさぁ」
確かに夜な夜な釣り竿持って山の方に向かって行くのは変だね。
CIMG5799.jpg
この親水公園と新島ふれあい公園の近くにクワガタの好きな木があるんだよ。
CIMG7724.jpg
この街灯が高いのよ、自転車と比べても分かるでしょ。
私ゃ、去年までこの街灯の真ん中くらいまで裸足でよじ登ってたからね。

JAやさと農業体験・野菜コース料理交流編③

農業&ガーデニング

CIMG9259.jpgP8021322.jpg
二日目は中央公民館でJAやさと女性生産者のみなさんと料理交流会が行われました。
写真のみなさんはプロの農家を目指してやさとの新規就農者研修制度を利用して県外からやってきた新規就農者の奥様です。
一番右が去年のやさとに参加した時に(ブログでも紹介した)お腹に赤ちゃんがいた奥様。
去年の11月に男の子を出産したということです。オメデトウゥース!!
右から2番目は今年の5月の苗植えの時にブログで紹介した世田谷から新規就農してきた奥様。
ちなみにマスクをしているのは風邪ではなく寝ている間に唇をブヨかアブに刺されて腫れ上がってしまったため。可哀想~!!
そして左から2番目の奥様はかなり前にやさとに来た時に新規就農の新人さんでいらしていて、その時、お腹にいたのが一緒に写っているお嬢さんです。
その時上のお兄ちゃんはまだ小さくて、いきなり畑に生えているカブを引き抜いてそのままガブガブ食べはじめたのを見て「なんてワイルドボーイなんだ」と感心したもんです。時の流れを感じますねぇ。
そしてまた、私がいかにしつこくやさとに出没しているかということが分かります。
一番左の就農者の奥様は初めてお会いしました。
5年前に就農ということなので、その年はやさとの体験田の方に参加した年だったのだと思います。
やさとでは毎年「農業交流」と「体験田交流」があって交互に参加していた時期がありましたが、体力に自信がなくなったので体験田に参加しなくなりました。
ご覧になってお分かりの通りベッピンさんばっかりでょ。
これからは美人の嫁さん欲しかったら農家をやらなくゃだめだね。
この美人の女性生産者のみなさんを先生に野菜斑・鶏肉斑・たまご斑の三つのグループに分かれてお料理開始。
私と息子は野菜斑でこのやさとで穫れたピッカピカの野菜で「ラタトゥーユ」と「カボチャのスープ」を作りました。
CIMG9263.jpgCIMG9267.jpg
カボチャジャムのロールケーキ用の生地を焼いているところ。
このロールケーキはたまご農家のお爺ちゃん先生が指導してくれました。
ふくらし粉を使わないでこんなにふっくら焼き上がるなんて凄い!!

まゆみの珍取材日記・千葉県成田市松子編

農業&ガーデニング

10月号は特集号なので『知恵くらべ根くらべ』のページはお休みです。
P5270844.jpg
現代農業9月号が発売になったので、先月8月号の取材の様子を公開しますねぇ。
先月の『知恵くらべ根くらべ』のテーマはハクビシンでした。
ハクビシンは果樹園に入り込みミカン、桃、なし、柿などを食べ荒らすことで深刻な農業被害を与え「鳥獣保護法」により狩猟獣に指定されています。
取材に伺った成田市松子の山倉さんのお宅でも去年被害にあいました。
「明日には食べ頃だ」と楽しみにしていたトマトが深夜のうちにハクビシンに食べられていたのです。
それも一番食べ頃のものだけを選んで。
そこで山倉さんが思いついたのが写真の愛犬ベルちゃんの匂い作戦。
ベルちゃんを撫でくりまわした軍手を写真のように被害のあるトマトの支柱に下げておいたら今年は被害にあわなくなったそうです。
8月号の記事にも書きましたが、被害のある畑の周辺にベルちゃんの毛を蒔いたり、お散歩の時は必ず畑の回りをコースに入れてベルちゃんの足跡や匂いを残しておくというのもポイント。
P5270849.jpg
犬を飼っていないというお宅は近所のワンちゃんを借りて軍手でグリグリしてみて下さい。
山倉さん曰く、「あんまり綺麗にしているワンちゃんだと効果がないかもしれないねぇ。うちのベルは汚いから」だそうです。
ベルちゃんと一緒に写真に写ってほしいと頼みましたが「やだやだ」と山倉さんに断られてしまったので今回はベルちゃんだけの登場になりました。顔は写ってないけどベルちゃんと一緒にいるのは取材を受けて下さった山倉さんです。
ハクビシンは熟した果実や野菜を見つけると毎夜同じ路をたどって侵入します。ネットなども頭部が潜れれば侵入するので小さな穴も補修する必要があるということです。
右下の写真は現在発売中の現代農業9月号です。
阿佐ヶ谷のみなさ~ん、阿佐ヶ谷駅前書楽さんでもこの表紙が並んでいますのでご購入宜しくお願いしま~す。
今回のハクビシン編に興味があって8月号が欲しいという方は本屋さん又はコンビニ又は農文協に注文して下さい。ヨロピク。
P5270851.jpgP8041332.jpg

阿佐ヶ谷七夕に来られなかった全国のみなさんのために

未分類

今年の金賞はお花屋さんの作った下の作品です。
P8061337.jpgCIMG9276.jpg
阿佐ヶ谷の七夕も無事に終了しました。
開催中は写真を公開したら営業妨害になるかと思ったので控えていましたが、終了したので来られなかった全国の皆さんに作品を紹介しますね。
この阿佐ヶ谷の七夕は何と第56回だそうです。歴史があるんですねぇ。
私がこの街で暮らすようになって26年ほどたつので、56回のうちの26回は見ているはず。
商店街のみなさんはお店を営業している合間にコツコツ作品を作っているんですよ。
夜の商店街でワイヤーにペタペタ紙を貼り付けているのを見かけると「がんばれ!!」と心の中でエールを贈ってしまいます。
P8061349.jpgP8061363.jpg
得意な人は作品に磨きが掛かっていますが、中には苦手な人もいると思います。
でもみなさん商店街を盛り上げるために一生懸命作っています。
お店では七夕セールをやっていますし、お店それぞれが焼きそばを焼いたり、かき氷を出しているので良心的な値段でお祭りを楽しむことができます。
このイベントは毎年8月上旬に行われていますので、まだ来たことのない方は来年是非遊びにきてあげて下さいね。
P8061335.jpgP8061336.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!式根島編温泉の巻④

旅&おでかけ

P7241192.jpgP7241199.jpg
式根島も温泉が有名で、ちょっと前に「鉄腕DASH!」のソーラーカーの旅で登場していました。
清掃中の看板が置いてあったので諦めて帰ろうとしたところ、奥の方から清掃のおじさんが現れて「こっちはお湯がたまったからいいよ!!」と声をかけてくれたので入ることができました。
式根島に来る時はこの温泉に必ず寄るのですが、日焼けで真っ赤な体にこの温泉の熱さは拷問です。
バツゲームを受ける芸人の気分を味わいたい方はメッチャ日焼けして入ってみてね。
今年は天気が悪くて日焼けしていないので普通に温泉してきました。
左の写真が「松が下雅湯温泉」で右はその先にある「足付温泉」で海中に沸く天然露天風呂。
この足付温泉は松が下温泉よりも更に熱湯風呂でいつも触っただけで「無理無理」とバスしてました。
でも清掃のおじさんが「潮が引いてる時はぬるいから入れるよ。行ってごらん」と教えてくれたので半信半疑で行ってみると確かにぬるかったです。
なんでも地元の人に聞いてみるもんだね。
P7241210.jpgP7241218.jpg
左の写真は土産物屋おくやまの生乳アイス。
私   「きにゅう(生乳)アイス下さい」
店のお兄さん「きにゅうアイス?・・・あぁ、なまにゅう(生乳)アイスね!」
私   「これ、なまにゅう(生乳)アイスって言うんだ」
・・・そして、家に帰って調べたら生乳は「せいにゅう」と読むのでした。せいにゅうアイスが正解。
右は乗ってきたジェットホィール。いつも思うのだけど何でこのデザインにしたの?センスを疑う。
連絡船は往復840円でジェットホィールは往復1080円。たいして運賃に差がないことが分かりました。
1040円で快適に往復できちゃうなんて最高だね、みんなもジェットホィールで新島←→式根島を往復してみてね。
P7231184.jpgP7231188.jpg
引き潮で取り残された「なまこ」がウ○コのようにあちこちに転がっていました。
息子とレスキューして海に戻してやりました。
娘がこの場にいたら「キモっ!!ムリ~絶対ムリ~!!」と半狂乱で逃げていたことでしょう。

JAやさと農業体験・野菜コース収穫編②

農業&ガーデニング

P8011278.jpgP8011290.jpg
ゆめファームでの野菜の収穫を終えて、もろもろの見学の後、JAやさと直売所の駐車場ですいか割りをしました。
三半規管の弱い息子は「スイカ割りをする時は目隠しをするんだからグルグル回る必要がないですよね。だから回さないで」とお願いしてましたが、結局3回まわされました。
スイカが美味かった。家では冷蔵庫にスイカが入らないので買うことはありませんが、こんな風に東都生協の産地訪問で食べられるからこれで満足です。
ちなみにこれは今年二度目のスイカ。一回目は東都生協の企画の高秀牧場のバーベQで食べたのさ。夏にスイカを食べるなら東都生協の産地訪問で・・・。
P8011296.jpgCIMG9248.jpg
お泊まりは毎年国民宿舎「つくばね」にお世話にります。
左の写真のお料理はほとんどがやさとで穫れた食材で、右の写真の田んぼは参加された生産者の方の田んぼです。稲穂が美しいでしょ。
今回は稲作部会生産者・農協職員のみなさんと夕食交流会。
生産者の方の状況報告では、やはり稲作農家の現実は厳しいというお話でした。
今はパッケージに萌えキャラを採用したり、戦国武将を採用してバカ売れしているらしいので「やさとで誰か有名人や偉人はいないんですか?」と聞くと私の前にいた生産者の方が「う~ん」としばらく考えて「そういえばこの辺には誰もいねぇなぁ」しかし隣に座っていた生産者の方が「無理やり言うなら水戸黄門かなぁ。も~しかしたらやさと通ったかもしんねぇし」
それ頂き!!!『黄門米』でいいんじゃない?家に帰って娘に話すと「お米だけじゃなくて納豆も有名なんだから納豆とセットにすればいいんだよ」
「グットアイディア!!じゃ、『黄門米』に『黄門納豆』でいいじゃん。JAやさとに連絡しようかな」
「でもそれ、漢字で見るといいけど耳で聞くとちょっと変かも」
『こうもんまい』と『こうもんなっとう』がですか?
P8011293.jpgP8011301.jpg
新島でも絵を描く息子を紹介しましたが、ここ茨城やさとでも絵を描く息子。
絵描きバカ二代目であります。
朝食は納豆だ!!これがやさとの納豆です。やさとの納豆は地元で穫れた大豆しか使用しないんですよ。
JAやさと様『黄門納豆』を是非お薦めします。
隣に座っていた品川区から参加したご主人があじの頭からシッポまで何も残さず全部食べていたのにみんな感心していました。

硫黄島に眠る五郎さんへ

未分類

CIMG9204.jpg
うちの爺ちゃん五郎さんは(母の父)は戦争で亡くなりました。
あの硫黄島の戦いで島に向かう船が硫黄島沖で撃沈されて海に沈みました。
だからお盆に婆ちゃんのところに行ってお墓参りに行くと婆ちゃんが
「この中には骨はないよ。入ってるのは紙切れ一枚だ」と寂しそうにつぶやきます。
紙切れ一枚というのは「戦死の死亡通知書」のこと。
昭和20年3月17日硫黄島戦死と書かれていたらしいです。
宮城県の山の中で生まれ育ち海を見たこともないような人が召集されて、船に乗せられて遠い島の海に沈むとは無念だったと思います。
P7121075.jpg
婆ちゃん家の仏壇にはオードリーの春日みたいに七三にきっちり髪を分けて丸いメガネをかけた五郎さんの写真が飾ってあって、戦争だとか硫黄島なんて全く理解していない小さい頃は「加藤茶みたいだ!」と姉妹でゲラゲラ笑っていました。
写真はまだ20代そこそこの若い男性なので「この人がお前たちのお爺ちゃんだよ」と言われてもピンとこなくて私たち姉妹は「お爺ちゃん」ではなく「五郎さん」と呼んでいました。
P7121076.jpg
五郎さんが戦死して婆ちゃんは4人の子どもを女手一つで育てました。
当時7才くらいだった母は産まれたばかりの弟をおんぶして学校に行ったとか貧乏話しをよくしてくれます。
婆ちゃんも随分苦労したみたいだけど、五郎さんは小さな子どもを残してさぞかし心残りだったと思うし子どもの成長や孫の姿を見たかったでしょうね。
硫黄島の衛星写真を見るとあの戦争で沈んだ船が残されてままになって写っています。
もしかしたらあの船に五郎さんがいるかもしれないと本気で思ってしまいます。
載せている写真は富士学校の資料館にあったものです。
五郎さんがいてくれたからこそ、今ここに私が存在しているわけで、五郎さんから頂いた命を燃やし尽くして生きていこうと改めて思いました。
CIMG9210.jpg
日本側の戦死者約21,900人のうち遺骨が回収されたのは2008年3月時点で8,638人である。

月刊現代農業9月号が発売になりました!!

農業&ガーデニング

P8041332.jpgCIMG8292.jpg
全国の農家のみなさ~ん、農業に関心のあるみなさ~ん、月刊現代農業9月号が発売中です。
今月の特集は『捨てるなタネ』
タネでボケ防止、糖尿病防止、高血圧改善、ダイエットなどなど農家の方でなくても興味津々な情報が満載ですよぉ。
そして、タネ農家のビジネスチャンス、タネ肥料、タネ農薬など本来捨ててしまうタネを活かすお得な情報が目白押し。
先日行った茨城やさとの稲作部会の方々も稲作農家の悩みの種と話ていた農機具問題。
こちらも340ページに『農機は借りる時代!?いまどきの農機リース・レンタル事情』が載っているのでやさと稲作部会のみなさんは是非ご覧になって下さいませ。
私の『知恵くらべ根くらべ』は今回はカラス・鳥避けで36ページに載っています。
タネと言えば、上の写真の花は綿花で下の写真はそばの花。
最初に綿のタネを手に入れたのは千葉県高秀牧場の酪農教室に参加した時に牛のエサに混じっていた綿のタネを発見して貰って来て蒔いてみたのがきっかけ。
綿は発芽しやすくて育てやすいので、それ以来毎年タネを蒔いています。
そばのタネは去年の秋に茨城県やさとの収穫に行った時に、畑に大量そばが植わっていて、「欲しければ好きなだけそばの実を持って行っていいよ」と言われたので頂いて行きました。
今年になって蒔いたら、何をやっても上手く育たない劣悪な条件の我が家の庭で見事にいっぱい花が咲いて実が出来ました。
これで日当たりの悪い東京の住宅地でも綿とそばは育つということが実証されましたな。
P6160925.jpg

伊豆七島劇場・島に行こうよキャンペーン!!式根島編猫神様の巻③

旅&おでかけ

潮が引いて泳げない・・・(左)満ちてきた様子(右)
P7241191.jpgP7241211.jpg
二日目に連絡船で式根島行きを断念しましたが、ジェットホールで往復出来るという情報をゲット。
温泉ロッジの親切なマネージャーさんが東海汽船に問い合わせてくれてチケットを取ることができました。
4年ぶりの式根に感動!
勝手知ったる式根島なので地図がなくても大丈夫。
式根島はとても小さな島なので端から端までのんびり歩いても30分くらいしか掛かりません。
石白川海水浴場に行ったら写真を見ての通り超引き潮で海の水がない・・・。
どっちにしろ海水は冷たくて入れないので潮だまりで遊んでました。
P7241207.jpgP7241208.jpg
白石川海水浴場の近くにある「まいまいず井戸」には猫神様がいます。
いつもまいまいず井戸のところで寝ているので私と子どもたちはこの猫ちゃんのことをまいまいず井戸を守る猫神様と呼んでいたのです。
あれから4年、まいまいず井戸の猫神様はお元気かずっと気になってしましたが猫神様発見!!
すっかりお年を召して痩せて小さくなって毛はボサボサで、その上ご病気だったようであおっ鼻を垂らしておりました。
民家の軒下で雨宿りをしていた猫神様でしたが、おもむろに歩き出したので何事かと思いきや!!
草むらで用を足してました。(写真右)
用を足した後、まいまいず井戸をチェックしてまた軒下に戻ってぐったりしてました。
猫神様、早く病気を治していつまでもお元気でね。
P7241209.jpgCIMG4788.jpg
右の写真は4年前のもの。まだ毛並みが良くお元気だった時。
こうして「まいまいず井戸」を守っているのです。

JAやさと農業体験・野菜コース収穫編①

農業&ガーデニング

P5160772.jpgP7311264.jpg
ま~たまた、茨城県やさとに行ってきましたよぉ~!!
今回は5月に植えたトウモロコシ・枝豆・かぼちゃの収穫・交流編であります。
私のシナリオ『せたがやたがやせ』の中にも登場する『ゆめファームやさと』に到着。
左の写真が5月の苗植えの様子で右は見事に実った枝豆ちゃんです。
枝豆は豊作だったので好きなだけ持っていっていいと言われたけど、私はビールを飲まないしそんなに枝豆を欲張って貰って無駄にしてはいけないので程々に頂いてきました。
P7311262.jpgP7311259.jpg
カボチャも100個以上穫れました。
みんなで山分けしてもまだ余るくらい穫れて、カボチャは大好物なので12個をダンボールに詰めて宅配で送りました。
みんながそれほど貰っても、まだラックの中に残っていたので手に提げて持って帰ろうと思ったけど荷物で手一杯だったので諦めました。
中には根性で手に提げて持って帰る人もいました。体力勝負!!
右の写真は畑のカボチャの様子ですが、なぜ新聞紙があるかと言うと、カボチャの日よけの役目を果たしていた葉が枯れてしまってカボチャが直射日光に当たってやけどしないようにJAやさとの職員の方が新聞紙で保護していてくれたのです。
お世話をして頂いた上にこのような気配りをして下さってJAやさとのみなさんに感謝感謝であります。
P7311258.jpgCIMG9246.jpg
3つの野菜とも農薬は無散布なので安全安心。
だからもちろん虫が付いてます。私は全然平気だけど、ここに娘がいたら気絶するかもしれません。
芋虫・毛虫・クモ・かめ虫などなど、毛虫は触ったらヤバそうな毛虫だったので気を付けてサヤを取りました。
右の写真の袋に入っているのが取り除いたサヤでラックに入っているのが残った葉と茎です。この葉と茎は畑に戻して肥料になります。

「七夕!短冊に書くお願い事は?」

未分類

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「七夕!短冊に書くお願い事は?」です。
FC2 トラックバックテーマ:「七夕!短冊に書くお願い事は?」


CIMG7816.jpg
七夕の短冊に書くお願い事は10年以上毎年同じことを書いているような気がする。
子どもが小さい頃は保育園で笹の葉を貰ってきたので笹に願い事をかけていたけど、それがなくなって笹の葉をわざわざ買うのももったいのでプルーンの木に飾りと願い事を飾っていました。
プルーンの木がだめになって、今はあげびの木に飾りをつけてます。
これだから願い事が叶わないの?
願い事は一人三つまでと決めていて、短冊を三枚ずつ配ります。
*私のシナリオが映像化されますように
*ごともたちが病気やケガをしませんように
*お金持ちになりますように
これが毎年書いてるお願い。
お陰様で子ども達が大きな病気やケガをしたことがないので、これは唯一叶っているお願い。
お金持ちにはなれませんねぇ、言っときますけど、私のお金持ちの基準は人並みに生活できることですからね。
そんなに無理なお願いじゃないと思うんだけど。
ちなみに子ども達の願い事も毎年あまり変わりません。
*お金持ちになれますように
*自分の部屋がほしい
*空手が強くなりますように
みたいな感じで、恥ずかしながら3人ともお金持ちになりたいをずっとずっと書いてます。
ただ、今年の娘の短冊の一枚は「就職できますように」でした。切実です。
CIMG7807.jpg
これは去年の作品
CIMG9245.jpgCIMG9244.jpg
今年も阿佐ヶ谷の七夕が8月5日から8月9日まで行われますよ。
商店街の皆さんは忙しい合間に頑張って作品を作っているので、是非遊びに来て下さいねぇ。

「カキ氷は何味が好き?」

未分類

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「カキ氷は何味が好き?」です。そろそろ夏休みにも入り、お祭りが増えてくる季節でしょうか。
FC2 トラックバックテーマ:「カキ氷は何味が好き?」


P7241212.jpgP7241226.jpg
「かき氷は何味が好き?」と言えばやっぱイチゴかなぁ。
最近のかき氷はいろんなシロップが並んでいて自分で好きなだけシロップをかけられるようになっていますね、息子は5種類くらいかけます。
最後はすんごい変な色になるんだよね。
やっぱ海と言えばかき氷でしょう。
式根島の石白川海水浴場に行った時は必ず一度は入るかき氷のお店に行くのを楽しみにしていました。
・・・が、この日お店はお休みでおじさんもおばさんもお留守。
残念。仕方ないので写真だけ撮りました。
下の写真は4年前に行った時に食べている様子。
このお店は味の種類がとにかく多くていつも迷ってしまい、とりあえず食べたことのない味を片っ端から試してみたものです。
とっても優しいおじさんとおばさんで、サービスでスイカもご馳走になりました。
来年は営業していて欲しいなぁ。
そう言えば、この4年前に行った時、丁度この店を使ってグラビアの撮影をしていて、真夏の海水浴場のかき氷屋さんに全く不似合いな制服姿の女の子がいて(だいたい式根島には高校がないので制服姿のギャルがいないはずなの)娘と息子と3人で不思議に思っていたらカメラマンが写真を撮り始めて事情がのみこめました。
CIMG4790.jpgCIMG7817.jpg
そしてかき氷と言えばお祭りです。
今年も阿佐ヶ谷の七夕が行われますよぉ~。
8月5日から8月9日までやっていますから、遊びに来て下さいねぇ。