2014-01-16 (Thu)

天才!ポチタマ奇想天外まゆみ動物園 ・オードリー編

動物&昆虫

ハムスターハムスター3
メスのハムスターのオードリーは、オードリーヘプバーンから命名しました。
右の写真は左がメスのオードリーで右がオスのアーノルド。
買ってすぐに妊娠するとは、まさにねずみ算式。
大きな体でおっとりした性格で、見事に初産で7匹の子を生みました。
7匹のうち2匹は自分で育てることにして、残りの5匹の里親を捜すのはマジで大変でしたよ。
ハムスターの出産は私も初体験でドキドキ。
ハムスター自体がとても小さいですから、生まれた子はとても小さくて毛も生えていない肌色の物体で本当に育つのか不安でした。
でも、ご覧のように毛は生え揃い立派なハムスターに育ちました。
このハムスターの毛の模様は一匹として同じものはなくて微妙に違います。そして、すでに毛が生える前に皮膚に蒙古斑のように模様が描かれているのです。
7匹もいたら何がなんだかと思われるでしょうが、それぞれ毛の色、模様、目の色、顔つき、性格が違うので見分けがつくんだよねぇ。
7匹のうちの2匹の背中にイナズマ模様のあるメスを「イナズマ」母親のオードリーに似たオスを「スタローン」と名付けて残しました。
鳥の多くは卵の殻を破って、自分がはじめて目にする動くものを親だと思い込むと言いますが、スタローンも生まれてすぐに聞いている私の声や姿を把握しているようで、部屋の中に放していてどこかに隠れていても「スタローンおいで!!」と呼ぶとちゃ~んと私のところにやってきました。
これは他のハムスターではなかったことで、この子が飛び抜けて賢かったのかもしれません。
スタローンスタローン3
上の二枚はスタローン。胴回りが真っ白いのが特徴。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/1630-bf1e0e66