2013-02-16 (Sat)

「あなたの第二の夢」

未分類

改めてチャップリン作品を観てチャップリンってこんな瞳が綺麗だったんだと気づいた。とてもチャーミングで久しぶりに胸キュンしました。
A5C1A5E3A5C3A5D7A5EAA5F32.gifimg_684881_49009461_1.gif

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の藤本です。今日のテーマは「あなたの第二の夢」です今夢はかなえられてますか?夢に向かって走ってますか?
FC2 トラックバックテーマ:「あなたの第二の夢」


私の第二の夢・・・・フフフフ・・・そりは、第二の橋田壽賀子。2匹目の橋田壽賀子です。
この世に生を受けて半世紀。人生の前半戦は極貧アニメーター生活で終わってしまった。
小さい頃の夢は「漫画家になりたい」だったから、「絵を描いてお金を貰う」という意味では一応夢は叶ったということになるのでしょうか。やや30年、一生分の絵を描いたのでもう結構です。
そして第二の夢は、後半戦の人生です。とにかく残りの人生を賭けてシナリオを書きまくって映像化に漕ぎ着けたい。全国、いや世界中の人たちを笑わせたい。ウケたい。それが私の第二の夢。
この間、録画していた映画を片っ端から観たんだけど、悲しい映画を観るとホントに切なくなって観てるこっちまで落ち込む。救いのないオチの映画を観ると「結局、人間は夢も希望も叶わないのだ」と気分が腐る。
ある映画の中に「希望がないのは飢えよりも辛い」というセリフがあった。全くその通り。真っ暗闇の中ではどちらに行っていいのか分からない。けど、もしも光が見えたなら例えどんなに小さな灯りでもそれを頼りに歩いて行ける。それこそが希望なのだ。
私にとってコメディ映画は希望なのだ。チャップリンとミスタービーンの映画を観て改めて笑うって素晴らしいと思った。「結局、人間は滑稽でとても格好悪い。だけど、愛すべき生き物なのだ」と思わせてくれる。人間嫌いの私にそう思わせてしまうのだからチャップリンマジックなのだ。
江頭さんが「芸のためなら死んでもいい」と言ったらしいけど、私も、紙の上に文字を書くだけじゃ終われない。みんなを笑わせなくちゃ死ねないね。
で、もしも夢が叶った暁には、某有名脚本家橋田壽賀子さんのように田舎に家を建て、獣やもののけたちと仲良く暮らします。そして、たまに東京に行くという田舎と都会を行き来するアグレッシブな生活をしたい。
そのために日夜新作を書いてます。今年は函館イルミナシオン映画祭に応募します。待ってろ函館!!
img2_1197008350.gifimg3_1197008350.gif
さすがミスタービーン。この映画も傑作でした。でもごめん。ミスタービーンには胸キュンしなかった。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2046-0daf242b