2013-03-09 (Sat)

仕事ができない人は何ができない?

未分類

CIMG9659.gifCIMG9660.gif
「仕事ができない人の3つのタイプ」という記事をみつけました。
「第1に“コミュニケーション能力不足タイプ”。こういった人は『空気が読めず気が利かない』『人の気持ちがわからない』など、相手の考えや立場を察した行動ができません。」
正直言ってアニメーターにこのコミュニケーション能力は、あまり重要ではありません。とにかく絵が描けて仕事をこなせるかどうかが大事だから。でも、今の職場で働くようになって、これが大事だとヒシヒシと感じました。コミュニケーション能力不足の人は居心地が悪くなってしまい、結果的に仕事が続かず辞めていくことになります。中には、しがみついて辞めない人もいますが。
「第2に『仕事に優先順位がつけられない』『スケジュールが立てられず納期の管理ができない』『“自分がどれくらいでその仕事を処理できるか”が把握できてない』など、“事業内容を把握するのがヘタなタイプ”です。物事を客観的に見ることができないのが原因ですね」
これはどんな仕事でも一番重要だと思う。特にアニメーターにはこれが重要。締め切りが守れなかったら信用を失います。それでも、毎回締め切りを守らない人でも制作の人は仕事を依頼しちゃうんだけどね。私のアニメーター人生の唯一の自慢は「絶対締め切りを守る」でした。
「第3は“成長するという意識が低いタイプ”です。いわゆる“傷つきたくない症候群”で『怒られないように』だけを行動様式にしてしまう。結果、今できることにしかチャレンジできず、自ら学ぶチャンスを喪失。成長の“伸びしろ”がないと判断されてしまいます」
これも大事ですね。私の場合どんなに傷ついても怒られても「何クソっ!!」と挑戦するんだけど、残念なことに進歩もないし結果も出せないんだよなぁ。もともと「伸びしろ」というものが存在しないのかもね。もしくは、傷ついてもすぐ立ち直るのがいけないのかも。打たれ強い症候群も考えもの?
CIMG9661.gifCIMG9670.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2193-227d5b9f