2013-03-21 (Thu)

人間は赤ちゃんのころから顔色をうかがう。

未分類

アパートまゆみ
他者の表情に注目して行動パターンを学習するのは人間特有の能力である可能性があることを、京都大グループがチンパンジーとの比較実験から突き止めました。
人間の乳児30人と成人15人、チンパンジー6頭に、女性がコップにジュースを注ぐ行動の映像を見せ、視線検出装置でどこを見たか画面に表示。チンパンジーにはあらかじめ、コップにジュースを注ぐ行為を学習させた。すると、注ぐ前に動きを予測してコップに視線を集中させ、女性にほとんど視線を向けなかった。
一方、乳児は動きの予測はできず、女性の顔とコップを交互に追う特徴があった。成人の多くは顔を見ながら予測してコップに視線を移した。映像を予測不能な行動に置き換えても、人間は表情をうかがい、チンパンジーは物の動きに注目する傾向がみられました。
明和准教授は「人間が進化の過程で独自に得た学習能力と考えられる。複雑な社会環境に適応するため、他者の表情から次の展開を予測する能力を身につけたのではないか」と話しています。
これは分かるなぁ。家は姉妹は多いし母親はヒステリー持ちだったので、幼い頃から母親の表情を読みとるのに必死でした。この表情だと次はこんなことになるという予測も付くようになりました。
このままこの場にいると八つ当たりのターゲットになると感じたら、外に遊びに行くとか姿を消すのです。しかし、逃げ場の無いときは格好の獲物です。姉も妹も可愛がられていたので、ほとんど私が餌食になりました。
自分の身を守る防衛本能とでも申しましょうか「人の顔色を見る」という癖が今日まで続き、人の表情を観察するのがチョー得意です。まさに他者の表情から次の展開を予測する能力を身につけました。
読心術なんて大層なものではありませんが、これは学校生活でも社会人になっても結婚しても大事な武器になるので鍛えた方がいいですよ。
七五三まゆみ2車
右が姉。左のブサイなのが私。車がいけてるぅ~!!
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2223-10562cc8