2013-03-04 (Mon)

私は永遠の少年病?

未分類

釣りもするぜ。                     山の手入れだってするぜ。
P7300638.gifP9291074.gif
娘が高校生の頃「あいつは中二病だよ、ダサっ」とか使っていましたが、実のところ私は「中二病」の意味をよく知りませんでした。
調べてみたところこんな解説を発見しました。【「中二病」とは何なのか。諸説をまとめると、「中学二年生の時にありがちな自意識過剰かつイタい行動」といったものになる。行動の例として「洋楽を聞き始める」「うまくもないコーヒーを飲み始める」「母親に『どこ行くの?』と聞かれて、『外』」「サングラスを買う」 などがあがっている。】
これを見て笑った。「中学二年生の時のありがちな自意識過剰かつイタい行動」というのは納得だけど、「洋楽を聞き始める」「うまくもないコーヒーを飲み始める」「サングラスを買う」とかは昭和のニオイがプンプンするのは私だけ?平成っ子は、小学生でも洋楽は聞くし、コーヒーも普通に飲むと思うけど。
ネット上では、一つの言葉からの派生語もよく生まれるものだが、「中二病」に関しても以下のような言葉が存在する。()内の例ははてなキーワードより。
小二病:子どもの単純思考によってもたらされる妙な行動(トンネルでは大声で話す)
小六病:女子版の中二病ともいえるもの(料理好きでもないのにケーキを焼く)
高二病:中二病を過度に嫌うこと。結局中二病がさらにこじれた様子(徹夜などの苦労を自慢する)
大二病:高二病を過度に嫌うこと。結局高二病がこじれた様子(下北沢を聖地だと思い込みそのまま永住する ※アンサイクロペディアより)
中二病がさらにこじれた様子って言うのが可笑しい。こうなると重症ってことかね。
私に関しては当てはまるところがない。しいて言うなら小二病かもしれない。
虫捕りが好き、汚いことが好き、どろんこ大好き、釣りが好き、危ないと言われるとやりたくなる、人の話を聞かない、落ち着きがない。
こう上げてみると、これ小二病というよりは「少年病」だな。少年の心を持ったオバサンです。たぶんこの先も永遠に少年病。70歳になっても虫取り網を振り回していてもボケたのではありませんのでお間違いないように。
P2161928.gifP2161934.gif
セレブな奥様講座には参加しないがチェーンソー講座には参加する。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2230-f1fd6724