2013-03-26 (Tue)

「経験不問求人」は、誰でもOK?

未分類

デスクスタジオ2
「経験不問」と書かれている求人を見かけますが、こういった募集には興味があれば誰でも応募してよいのでしょうか?(27歳・営業)という質問があった。
私も「未経験者可」という文字を見てアニメーターになった口だ。
30年も前のこと、コンビニでバイトをしながらマンガ家になるのを夢見ていた。
まだ10代だったけど、自分の実力の限界を感じていた。当時の私は吉田まゆみ先生の大ファンで、自分にはあんな上手に絵を描くことはできないし、あまりにも狭き門。到底マンガ家になるのは無理だろうと薄々気が付いていた。
そんな時、普段見ることのない読売新聞の求人欄に目が止まった。
スタジオ名、電話番号、アニメーション、未経験者可。書いてあるのはそれだけ。
当時の私はアニメーションのことなど全く知らなかったので、アニメは原作者が一人で描いているものだと思っていた。
なので絵を描く仕事でなくセルに色を塗る仕事だと思ったのだ。
色を塗るくらいなら確かに未経験でも出来るかもしれない。とにかく絵の世界でお金を貰えるなら何でもやりたいと思い、すぐに電話して面接に行った。
行ってみたら、それはそれは小さな汚いスタジオで、面接してみたら絵を描く仕事だと聞いて驚いた。
「未経験者可で求人出したけど、君、アニメのこと何も知らないの?!」と社長は呆れていた。
全くアニメの知識ゼロの状態でスタートし一つ一つ一から教わった。何も分からないけどいきなりカットを渡され描きはじめる。忘れもしないサンライズの「タンサー5」という作品。何も知らないのに初日からプロのアニメーターになった。
シートの書き方と動画の基本を覚えればなんということはない。3ヶ月もしたら立派なアニメーターになっていた。プロに教わりながら仕事もしてお金も貰える。願ったり叶ったりとはまさにこういうこと。
今は「未経験者可」という応募はない。専門学校を出た子しか受け入れていないと思う。高い授業料を払って何年もかかって勉強して、ご苦労なことだ。タダで教わった私は本当にラッキーだったと思う。
スタジオ3パラパラ
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2346-ca27b255