2012-10-26 (Fri)

4水源地域の植林体験・厚着もほどほどに・・

旅&おでかけ

この子たちが私が植えた苗木。
P9291078.gifP9291079.gif
植林を終えて、小型バスで再びホテルに移動。
夕食の時間まで自由行動。部屋割りは私同様お一人様で参加していた女性3人で相部屋になりました。
お一人様も板について、相部屋も全く気になりません。というか、全く見ず知らずの人と相部屋になったというのも何かの縁。そういう人と話しをするというのも面白いもんです。
多分、この旅が終わったらもう一生会うことはない人たちなんだよね。長い人生の中でたった2日間しか会わない人ってロマンだよなぁ。
お一人様で来ている人は、事情もいろいろ。得に生活に不満もない幸せな主婦もいれば、私同様、辛く厳しい過去をお持ちの女性もいます。み~んな、それぞれドラマがあって、頑張って生きてるわけだ。
ご覧下さい。豪華な夕飯であります。みんな初対面とは思えない和気藹々楽しいお食事です。大学生のお兄ちゃんは卒業後、青年海外協力隊でパナマに行くそうです。大したもんだ。「少年よ大志を抱け」じゃなく「青年よ大志を抱け」だね。
P9291091.gifP9291092.gif
私も息子が「行きたい」と言ったら喜んで送り出してやりたいと思うけど、あまりにも治安の悪い地域だと止めるかも。この青年の親御さんも「○○○○(某国)だったら反対だけどパナマなら・・・」と納得してくれたそうです。
食事を済ませて温泉に入りに行った。いや~日本人はやっぱ温泉でしょ。最高!!
翌日は早起きなので、早めに布団に入ることに。寒さ対策に靴下3枚。長袖2枚を着る。毛布がなく掛け布団しかなかったので、掛け布団2枚掛けて寝た。
ところが温泉に入ったし、厚着してるし、暑かったんだろうね。夜中に「暑いなバカヤロウ!!」と思わず掛け布団をはいだ。「暑いなバカヤロウ!!」という自分の声で目が覚めた。
んで、両脇を見て、「知らない人が寝てる!!!」と一瞬パニック。「あっ、ここ家じゃなかった。私、旅行に来てたんだ」と気が付いてまた寝た。
翌朝、両脇に寝ていた二人が「夜中に、暑いなバカヤロウって言ったでしょ」と笑っていた。
P9291082.gifP9291083.gif
左は植林して6年目の苗木。まだまだか細い。右のような大木になるには100年から200年かかるのです。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2487-686a1adc