2013-10-19 (Sat)

街が変わる

未分類

昔の阿佐ヶ谷の駅前は味のある渋いお店があってレトロでいい感じだったんだけどねぇ。
CIMG9084.jpgCIMG9083.jpg
私は生まれも育ちも足立区です。23歳の時に杉並で一人暮らしをはじめました。同じアニメスタジオで働いていた友人が阿佐ヶ谷に住んでいて、友人のところに遊びに阿佐ヶ谷に訪れたのがきっかけです。
季節は秋で、中杉通りはまるで芸術の街パリという感じでした。「なんてオシャレな街なんだろう。私が住むにふ
さわしい街だわ。オーホホホホ」というわけで阿佐ヶ谷で暮らすことを決めたのです。
何しろ下品な下町から山の手での暮らしですから、最初はカルチャーショックもありました。三つ子の魂百までとはよく言ったもんで、正直言って今だに馴染めてません。
吉祥寺は若者の住みたい街№1と取り上げられます。吉祥寺に2年ほど暮らした時期がありましたが、駅前が賑やかで確かに学生や若い人が多く、仕事帰りに酔っぱらいの学生に絡まれるのがすごく不愉快でした。その点、阿佐ヶ谷は地味でお年寄りの多い街なので駅前も商店街も夜はひっそりしています。
CIMG9182_2013092422275047a.jpgCIMG9385.jpg
生まれも育ちも阿佐ヶ谷の娘に言わせると「阿佐ヶ谷は年寄りばかりで地味でつまらない街」
ところが就職して会社の寮に入ることになり某区に住むようになった娘が、「阿佐ヶ谷を出てみて阿佐ヶ谷がすごくいいところだったと分かった」と言います。ヤンキーとギャルが多く治安の悪さに辟易としている様子。「やっぱり阿佐ヶ谷は静かで落ち着いていて良い」と外に出て初めて生まれ育った街の良さが分かったようです。
この30年間の間、街変わりに変わりまくりました。たぶん30年前の阿佐ヶ谷しか知らない人は驚くと思います。
駅前のパールセンター商店街は、古いお店は次々に撤退して新しい店舗が出来ます。その新しい店舗もすぐにつぶれてまた別の店ができる繰り返しです。
CIMG9181.jpgP1012918.gif
駅前には大きなマンションが次々建ちました。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2618-c8935749