2013-11-09 (Sat)

昆虫を食材として考える

動物&昆虫

01.gifhachi1.gif
食料難になった時は昆虫を食べなければならないかもしれないという話題は時々出ますね。では、どんな昆虫が食べられているのか?というと
【イナゴ】日本では珍味のイナゴの佃煮として食べられています。
【ハチ】巣ごと燻して無力化したスズメバチは、成虫を佃煮に、幼虫を蜂の子にして食されています。
【ざざむし】長野県では、トビゲラ・カワゲラを捕らえて佃煮にしたものを「ざざむし」と呼んでいます。
【タガメ】主に東南アジアで食用とされています。タガメには独特の芳香があり、タガメを漬け込んだ醤油は一度使ったらやみつきになるほどと言われています。
【アリ】アリの中には蜜を体内に蓄積する種類もいて、デザートに食べられることがあります。
【クモ】一説にはチョコレートのような味がすると言われています。
【サソリ】油で素揚げしたサソリは、スナック菓子のような食感を持ちおやつ代わりに食べられています。
【ミミズ】食材としては牛肉にも負けないほどの栄養価を持っています。ミミズは釣り餌や漢方薬にも使われています。
【ハエ】食用になるのは成虫ではなく幼虫とされています。
ある研究では「1キロの牛肉を食べるより1キロのバッタを食べる方が、栄養価が高い」という結果があるように、昆虫は栄養価に優れた食材であるといわれています。
みんな食料難になったら食べられるかな?1㎏のバッタを食べるねぇ・・・。うちの娘は虫が大嫌い。虫の嫌いな女性は多いよね。私は小さい頃から虫に親しんできたので免疫はある。免疫はあるけど・・・。食べるとなると想像しただけでゾワゾワする。
20100814143939.gifblog_import_4f48d1f45f0b8.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2667-8331dada