2014-04-22 (Tue)

恋愛の相性、兄妹の数も関係!?

未分類

左から五女、四女、三女、次女、長女。
七五三七五三まゆみ2
心理学者の内藤誼人先生によるとパートナー探しの基準として「正解があるテーマではありませんが、ひとつの目安として、“兄弟の数”に注目することを提唱している心理学者がいますよ。人は同じ数の兄弟に囲まれて育った相手に、無意識にシンパシーを感じるものなんです」
ドイツの心理学者、アーノルド・ランゲンマイヤー氏が90人の夫婦を対象に、お互いの兄弟の数と結婚満足度を調査したところ、兄弟・姉妹の数が一致しているほど、互いの結婚満足度が高い傾向があることが判明したそうです。人は育った環境に大きな影響を受けているので、生活習慣など感覚面で共通するものが多く、安心感が得られるのではないかということでした。
極端な比較をすれば、7人兄弟の大家族と一人っ子では、人格形成期の環境が大きく異なるであろうことは想像に難くない。似た環境で育った人に安心感を見出すのは自然なことなのだと、内藤先生は補足しました。
この理論からすれば、兄弟姉妹の数が多い人ほど相性のいい相手を見つけるのに苦労することになる。
って、オイオイ。私がその相手を見つけるのに苦労する大家族の人ですよ。
まぁ、言ってることはわかるけどね。うちは6人姉弟で、はっきり言って戦争ですから。食事もしかり、お菓子もしかり、もたもたしていたら食いっぱぐれますから。洋服の色だって権力のある人から選ばせてもらえるし。私は喧嘩になるのが面倒だったから「残った色でいい」と言ってました。
だから、食事の早食いも小さいときから癖で治せません。そんなことを考えると、揉めることなくほのぼのまったり暮らしていた人とは根本的に相性が合わないかもしれません。
それにしても同じ数の兄弟に囲まれて育った相手って・・・。あっ、思い出した!いたよ。小学校の時の仲良しの男の子。お姉さんが4人で末っ子の男の子だった。確かに双子みたいに性格も似ていて仲が良いって言われてた。やっぱり相性が良かったってことなのかなぁ。
オカッパ三女2
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2697-291f4a7d