2014-05-06 (Tue)

時間はお金と違って溜めることもできなければ移動させることも取り戻すこともできない

未分類

PC081203.gifPC081204.gif
ブログメディア「Medium」のKevin Ashton氏が書いた最近のエッセイに、自分の時間を出し惜しみすることが、クリエイティブで生産的な人生に導くひとつの道とありました。Ashton氏はマネジメントの権威であるPeter Druckerや、小説家のCharles Dickens、写真家のRichard Avedonなどに共通するものを見つけました。彼らはみんな、自分の時間をとても大事に守っていたのです。当たり前の話ですが、自分の仕事を進めるためには時間が必要なのです。「ほとんどのクリエイターは、自分の時間の大半を何かをつくり出す仕事に費やしています。」
・時間は極めて限定的
人生の最初の数十年は未熟。人生の終わりにはどんどん健康が衰えていく
・時間は比類なく限定的
時間はお金と違って、溜めることもできなければ、移動させることも、取り戻すこともできない
・時間は平等に限定的
平均寿命まで生きるかもしれないが、お金のようにその資源は平等ではない
  *  *  *  *  *
これは思い切り同感です。私もこのブログで常々話ていますが、時間はお金で買えません。どんなお金持ちも貧乏人にも容赦なく時間は刻々と過ぎていくのです。
若い時は時間が永遠のような気がしていたけど、恐ろしいほど時間が経つのは早いです。ボケっとしてたらすぐ墓場行きですよ。
我々のようなシニアは、墓場に片足突っ込んでますから、マジで時間と体力との戦いです。
時間を管理するにはきちんと誘いを断る、いいえと言える必要があるとも書いてありました。私は本当に大事なことは優先するけど、時間の無駄と判断したものは断ります。付き合いが悪いと言われようとも関係ありません。だって、私の時間はレアアースよりダイヤモンドより貴重だから。
有名店に並んで食事する時間があるなら家で面白い文章を考えることに時間を割きます。まぁ、時間の使い方も価値観の違いがあるってことですね。
P5160070.gifP5160068.gif
一時間が99分もあったら有り難いんだけどねぇ。たまに狂う電子時計。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2705-fe3321ff