2013-07-06 (Sat)

富士山がみえないので・・・

旅&おでかけ

P7022789.gifP7022791.gif
こちらが富士山とともに登録された三保の松原なわけです。
第一希望だった7月1日は富士山の山開きで、さぞかし混雑したでしょうに。テレビを見る限りでは曇り空。しかし、2日はXメンのメンバーまゆみが見参しただけに晴れであります。なのになのに・・・。やっぱり富士山は雲がかかって裾ののあたりがチラっと見えるだけ。
正直な感想を言わせて頂けば、富士山が見えなければ、何のへんてつもない海岸です。
左下の写真がそれです。ホントは左に富士山が写っている予定。しばらくずっと雲がとれるのを待ちましたが、無理でした。たぶんもう二度と来ることはないと思います。絶景を見たかった。残念です。
P7022798.gifP7022790.gif
バスの中で添乗員さんが「羽衣の松が見られるのは今日までで、明日伐採されてしまいます」と言っていた。
で、現地に行くと最初に目に付いた松。右上、右下の写真。「可哀想にこの子が切られてしまうんだ」と写真を撮っていると、いやいや、その先にも松が・・。「あれ?ここに羽衣の松って書いてある。じゃ、この子が切られてしまうんだ。可哀想に」と、またまた写真を撮っていると、地元のおじちゃんが「切られるのはこれじゃないよ」って。えええええーーーじゃどれが切られちゃう子なのよ~!
結局、一番奥にあった左下の写真の松が3日に伐採されてしまうそうです。立ち枯れが進んで倒れるおそれがあるためだそうです。
P7022796.gifP7022792.gif
羽衣伝説の舞台でもあり、浜には天女が舞い降りて羽衣をかけたとされる「羽衣の松」と呼ばれる樹齢650年の老松があり、付近の御穂神社には羽衣の切れ端が保存されている。「羽衣の松」は立ち枯れが進んだため、2010年に近くにある別の松を新たな「羽衣の松」(左下の写真)に認定し、先代「羽衣の松」(左上の写真)は2013年(平成25年)7月3日に伐採された。
650年の勇姿を最後に見られて本当にラッキーでした。先代の羽衣の松さんお疲れさまでした。
P7022794.gifP7022793.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2723-0a1a4ab8