2013-07-22 (Mon)

2・こんにゃく作りの講習会と野菜の収穫体験

農業&ガーデニング

P7132960.gifP7132961.gif
さぁ!!手作りこんにゃく体験の開始だぞ~!
去年、生協で「こんにゃく作りキット」を買って自宅で作ってみたのです。その模様はブログでも紹介しましたが、そりゃもうひどいもんでした。
できあがった物を見て「何この気持ち悪いの」と息子に言われ、仕方なく鍋いっぱいに出来たこんにゃくを私一人で完食した苦い経験があったのです。
いったい私の何が悪かったのか、プロに教わればまともなものが出来るのか検証するための参加でもありました。
まず第一に芋は冷めている状態をミキサーにかけるのが正しいというのに驚いた。作り方の説明には熱々の状態のものでないと固まらないと書いてあったのだ。我が家のミキサーが壊れているのがその場で発覚して、すぐに下ろし金で手ですりました。熱々の芋を「あつっ!あつっ!!」と言いながら必死にすったのに。冷めてていいのかよ。
そして、説明書には「芋の皮をむく」と書いてあったので皮をむきました。でも食べるところがなくなっちゃうじゃん。って感じだったのです。実際は写真では分かりづらいかもしれないけど、皮はむかないでそのまま全部利用するのが正しいそうです。
P7132962.gifP7132963.gif
これをミキサーにかけて、トロトロにしてボールに入れたものをまぜまぜします。作業テーブルは6個あったんだけど、お爺ちゃんとお婆ちゃんと息子さんの3人家族。なぜか、お婆ちゃんと息子さんは別のテーブルに行ってしまい、お爺ちゃんだけが私たちのテーブルに。結局、私ともう一人の女性とお爺ちゃん3人の作業になりました。
お爺ちゃんは凝固剤がえらく気になっていたみたいで、「いつ入れるんだ」「まだ入れないのか」と何度も聞くので、「お爺ちゃん、せっかちだねぇ。江戸っ子かい?これはねぇ、最後に入れるの」と言うと待ちきれない様子。
そして遂に凝固剤を入れる段階になった時に「お待ちかねの凝固剤だよ。お爺ちゃん思い切り入れていいからね」と言うと本当に嬉しそうに流し込んでいました。
そこからは順番にひたすら練りまくりました。ここでよく練ると堅いこんにゃくが出来、練りを少なくすると柔らかめのこんにゃくが出来るそうです。
写真は必死にかきまぜるお爺ちゃん。「お爺ちゃん!ブログって知ってる?お爺ちゃんの写真載せてもいい?」と聞くと「あぁ、いいよ!」と即答。ホントに分かってんのかなぁ・・謎ですが。
ご覧下さい。完璧な世にも美しいこんにゃくが出来上がりました。つるつるのピカピカですよ。
「上出来だ!!」とお爺ちゃんも嬉しそうでした。
P7132966.gifP7132967.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2734-cce0f6e6