2014-05-02 (Fri)

「働かないアリ」にネット民喜ぶ

未分類

好きなことをして生き抜く。そのために全身から血が吹き出るまで働くのさ。うぉーーーーー!!!
071001gungho_01_300x.gifh-505_68777_01_jpg.gif
琉球大学農学部の辻和希教授と日本学術振興会の土畑重人特別研究員の研究チームは、働きアリよりも、その助け合いの利益にただ乗りする、働かないアリの生存率の方が高いことを発見。
「ネットユーザー=ニート」というイメージの強い2ちゃんねらーたちからは、下記のような歓喜の声が上がった。
「おまいら大勝利ww」
「また勝ってしまったか」
「働いたら負けは名言だな」
さらに研究では、働きアリは働かないアリの分まで労働するため「過労死」し、 生存率が下がることも明らかに。すると、
「確かに数十年働きづめだった親や親戚は早死にしてるな」
「たしかに、まじめで頑張り屋さんな人ほどはやく死んでるよな」
のように、研究結果を後押しするような書き込みも目立った。しかし、
「むしろ苦しみが長くなるだけの悲惨な末路しか見えない」
「ただ生きることだけが人生の目的になったら つまらない人生だろうな…」
など、「働かず長生き=勝利」という解釈に疑問を呈する意見も。「細く長く生きた所で何の意味があるんだw」というように、長生きすることだけが人生の勝ち組とはいえないという冷静な声も上がった。
確かに「頑張って働くなんてアホ~」「俺らの分も働け~」と思ってる仕事もしないで怠けてる奴が周囲にゴロゴロいます。「悪い奴ほどよく眠る」とか「嫌な奴ほど長生きする」とか言うしね。
まぁ、生き方は自由だから勝手に無駄に長生きすれば~って感じですよね。私はそんなのイヤ。働いて働いて、好きなことをして、行きたい場所に行く。長生きなんかしなくていいから全身の毛穴から血が吹き出るまで頑張って、そして夢を叶えて潔く死ぬ。弁慶の立ち往生言いますが、私も「うぉーーーー」とか言って立ったまま死後硬直してみたいもんです。
1223567048_photo.gifnews_large_muso006.gif
イメージとしてはこんな感じ。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2813-6da5c055