2014-05-29 (Thu)

「くり返し見ている映画や本はありますか?」

未分類

4750001058_09_LZZZZZZZ.gif20091001_2636792.gif

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です(^v^)/今日のテーマは「くり返し見ている映画や本はありますか?」です。
FC2 トラックバックテーマ:「くり返し見ている映画や本はありますか?」


一度見た映画を繰り返して観るということはあまりしませんが、「ブリジットジョーンズの日記」「リトルダンサー」「美女と野獣」この3本は何度見てもしびれます。
「ブリジットジョーンズの日記」は、モテ女には分からない映画です。我々ダサ女は感情移入しまくりの映画なのです。ブス、デブ、鈍くさい、何をやっても上手くいかない。この超ダメっぷりが、我が身を見ているようで本当に心が痛んで、なんだか自分が哀れにまで思えてきます。だけど、ラストはハッピィエンドなので救われます。もしかしたら私にも幸せが訪れるかもしれないと期待させてくれる映画なのです。
「リトルダンサー」は、もう圧巻です。この映画も感情移入しまくりの映画です。貧しい家庭に育ちながら夢を叶えたい少年。父親の葛藤。少年の気持ちも分かるし、親になった今は親の気持ちも分かるから両方に感情移入してしまって、両者の苦悩が感じかられずっと泣きっぱなし。こちらもラストはハッピィエンドなので好き。
チャップリンの映画も何度観てもいいですねぇ。以前に「街の灯」が好きだという話を書きました。散々笑わせてラストシーンの3分で号泣させるという名作です。ところがチャップリンは業界随一の完璧主義者と呼ばれていて、わずか数秒のシーンを納得のいくまで何百テイクと撮り直したそうです。特に『街の灯』における花売り娘との出会いのシーン(正味3分ほど)では、一年以上にわたって342回ものNGを出した(チャップリンが主演のヴァージニア・チェリルを根本的に好かなかったという理由がある)。この映画は完成までに534日かかっていて、たった一つの場面だけに368日が費やされているということです。
何も知らずに「えぇ、話やなぁ」と号泣していた私でした。まさかこんなにすごいことになっていたなんて知りませんでした。確かに342回NGを出したというだけあるラストシーンです。自分でもよくこんなに涙が出るなぁと関心するくらい号泣しますから。チャップリンの思惑通りだったわけですね。もしもまだご覧になったことのない方は是非一度ご覧になってみて下さい。
E38381E383A3E38383E38397E383AAE383B302_blg-2b839.gifAnnex - Chaplin, Charlie (City Lights)_NRFPT_16
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2830-27a671ae