2013-12-11 (Wed)

新忍者衣装デザインコンテストで母、息子に完敗

未分類

img10412984863.gifitem-067.gif
私は忍者が好きだ。なので、毎日必ず伊賀上野観光協会のサイトをチェックしている。
今年のはじめに「新忍者衣装デザイン募集」というのが出ていて食いついた。
私よりも息子の方が絵が上手いので、息子も参加させようと、息子にも声をかけた。
しかし、これが想像以上に難しいということが分かった。
観光客が着てみたい新しい忍者衣装、簡単に着用できるタイプのデザイン。という趣旨なのだ。
忍者の衣装と言ったら、あの忍者の衣装しか思い浮かばない。忍者の衣装は定番なのである。どうやっても「新しい発想」というのが出てこないのだ。
通勤電車の中、仕事中、ずっと考えていたが、何も浮かんでこなかった。息子も「やっぱ新しいのなんて浮かばないよ」と匙を投げた。
どうせ締め切りまでまだ時間があるからと、のんきにしていたら、私が締め切り日を勘違いしていたことが判明。気がついたその日が締め切り日だった。
「もうだめだ・・・」と思っていたら、息子はちゃんと原稿を用意していた。それもとてもよく描けてている。私はたった30分くらいでやっつけでラフ画のような絵を描いてしまった。それでも思いつきのデザインのわりに面白いものが描けたと満足。2つの作品を描きあげた。
その後、何の音沙汰もなく。こりゃ完全に落選だったんだな・・・とあきらめていた。そしたら、先日、息子宛に伊賀上野観光協会から一通の封筒が届いた。中を見たら、息子の作品が入賞の知らせ。
やったぜーーーーー!!しかし、絵の仕事をしてきたプロの私は落選だった。そりゃそうだよな、あのラフ画はひどすぎる。母、息子に完敗。
来年は負けないぞ。本気出して絶対入選狙って賞金ゲットしてやる!!
P7203055.gifP7203057_2013080122042875c.gif
このお方は本物の忍者様だったのだぞ。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2875-a8671eb1