2014-07-18 (Fri)

稲荷山ぼや、参拝者が目撃した意外な「犯人」

未分類

P9230007.gifP9230008.gif
私はたま~にカラスの話題を書きますが、こんな事件がありました。
京都市伏見区の伏見稲荷大社近くの売店から「煙が出ている」と119番があった。直前に、カラスが火のついたろうそく2本をくわえて飛んでいるのを参拝者が目撃。煙が出たのが高さ約7メートルの場所だったことから、同署はこのろうそくの火が原因とみている。目撃証言では、ろうそくは売店近くのほこらに立ててあったもので、カラスは3本をくわえて1本をすぐそばに落としたという。
カラスを調べたことがある樋口広芳・慶応大特任教授は「カラスは、ろうそくの油脂分が好きでかじって食べることがあり、火種でぼやが起きる恐れがある。近づかないようてぐすを張るなど、本格的な対策をとらないと防げないだろう」と話たそうです。
私はカラスが嫌いです。鳩の雛や雀の雛を襲って雛を巣から落とすところを何度も目撃したし、子猫を襲ったというのも話題になりましたね。弱い者いじめで大嫌いです。
このカラスが阿佐ヶ谷のパールセンターのピーコックの前に止めてあった自転車のカゴから買い物した物を引っぱり出しているのを目撃しました。販売機の上でその取り出した油揚げ食べてました。とんびに油揚げさらわれると言うことわざはあるけど、東京ではカラスに油揚げさらわれます。たぶん買い物から戻った自転車の持ち主はビックリでしょうね。
カラスって奴はホントに頭が良い。保育園に迎えに来るお母さんは買い物を済ませて迎えに来たりします。それを知っているカラスは保育園の近くで待ち伏せしていて、子供を迎えに園に入っていたお母さんの自転車のカゴのレジ袋をあさるのです。食パン袋ごと持って行ったのを見たこともあります。
私の場合はカラスじゃなくて人間に自転車のカゴの物を置き引きされたけど、カゴに荷物を入れっぱなしは大変危険なのでみなさんくれぐれも注意しましょう。
030815Osore.jpgP6260959.jpg
右の写真は以前取材したカラス避けの仕掛け。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2893-be897dd4