2014-09-23 (Tue)

昭和あるある・その1

未分類

P2184035.gifP2184029.gif
昭和あるあるが紹介されていたのを見て「あったーーーー!!!」と思わず声を上げてしまった。今日はその一部を紹介します。
■日常あるある
・カセットテープのテープがたるんだら、鉛筆を穴に突っ込んで回してたるみをとる。
・カセットテープには、ノーマル、ハイポジ、メタルがある。
・カセットテープなどのインデックスにレタリングシートでタイトル記入。
・上書き防止にカセットやビデオカセットの爪を折る。
・テレビの前にラジカセを置いて歌番組を録音。
・お風呂にすのこ。
・フリルのついた洋服を来て座布団に鎮座している黒電話。
・足が生えたテレビ。
・自転車のスポークの間にテニスボールや軟式野球のボールを挟んで乗っていた。
私はやったことはないのですか゛、このテニスボールを挟むというのはオシャレなんですか?
カセットテープはあるよねぇ。鉛筆を突っ込んでクルクル回したよ。今、思うとホントにアナログだったと思うよ。平成生まれの子には全く意味が分からないだろうね。
とにかく当時はお金もないし、同じテープを何度も再利用するから、仕舞いにテープが伸びでビロビロになってしまったり、機械に絡んでグチャグチャになってしまったり、蓋を開けて「ひぇーーーー!!」とか叫んでいた。
カセットの爪を折ったものの「やっぱ消していいや」と思うと、この折った爪のところにテープを貼って再録音するのです。見栄えとか一切気にしてない。
テレビの前にラジカセ置いて歌番組を録音とか、今じゃとても考えられないでしょ。家族に「みんな!録音するから静かにしてよ!」と睨み付けスイッチオン!しかし・・・我が家には黙っていない奴がいる。表にいる軍鶏です。「コケコッコーーー!!!!」と言う雄叫びが。もう、うなだれるしかなかったです。
P2184027.gifP2184025.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2942-72741b58