2014-11-29 (Sat)

3つの「微小妄想」

未分類

030815Osore.jpgca3a0045.jpg
「うつ病」の症状の中に、ある3つの「妄想」があります。罪業妄想・心気妄想・貧困妄想と呼ばれる妄想で、これらは3つまとめて「微小妄想」と称されます。自らの価値や人格・財産を過小評価し、自分は世界に必要のない存在なんだ、と思い込む症状のため、こう名付けられているのです。
貧困妄想
「自分は貧乏で、明日の生活も困窮する状態なのではないか」と強く思い込むことを指します。自分の財産や金銭の価値を正しく理解することができず、そのため将来や今後に対して強い不安に駆られたり、いわゆる「どケチ」になってしまったり…。これは金銭的余裕のない人が「私は貧乏だ」と思うのとはまったく違い、金銭的に十分余裕のある人が「私はお金も財産も無いし、この先の人生まっくらだ…」などと思い悩むことを言います。経済的な不安は誰しも少なからず心のどこかで持っているものだけに、それが妄想やうつの一種だと気づかずに延々と思い悩んでしまう人が多くなっているようです。
罪業妄想
自分の行動や思考に罪悪感を抱き、過度な自責をする症状。うつ病の典型的な症状とされています。とても些細な自分の過去の行動や発言を、周囲の人に迷惑をかけた重大な過ちと捉えて自己を責めたり、とにかくネガティブでマイナスな方向へ思考がひきずられてしまったりしてしまいます。
心気妄想
自分が病気に罹っていると強く思い込む症状を指します。たとえ病院の検査で無傷または陽性反応であったという結果が出ても、それを受け入れずに思い込み・妄想をさらに強めてしまうんです。
  *  *  *  *  *  *
お金があるのに貧乏だと思いこむなんて、本物の貧乏人から見たらうらやましいくらいです。こちとら混じりっけ無しの貧乏だからね。妄想じゃなくて現実だから。これが妄想であって欲しいくらいです。
「罪業妄想」は私には全く無縁です。自分の行動、思考に罪悪感とか自責とか皆無ですな。誰にも文句は言わせない!私は正しいのだーーー!私の場合「反逆妄想」
心気妄想は自分は当てはまります。体はどこもなんともありません。全く問題ないのに。一度パニック障害を患ってからというもの、「根拠のない不安」が頭によぎると震えや過呼吸が止まらなくなるのです。まさに思いこみの病気です。なった人にしか理解できないと思うけど、やっかいな病気です。
80805yuno1.jpgimg_20070818T232958268_20100818174316.jpg
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2958-1f6b6ec3