2014-11-27 (Thu)

20・30代男子3割が弁当持参

未分類

右の写真はバイトを始めた頃のもの。朝、食べたらブレイク無しなので帰宅するまで10時間以上何も食べられない。帰りに空腹で死にそうになるのでおやつも持参してました。今はしてないです。おにぎり、お茶、コーヒー持参。交通費は出る。なのでお金は1円も使わない。このころは回数券でしたが、今は定期券です。
P2083910.gifP2080252_20101125163914.jpg
ビジネスパーソンのみなさん、ランチはどうしている? 弁当持参派、外食派、社食派など様々だと思うが、いずれにせよ気になるのは1回のランチ代。これについて、第一生命では、「ランチのとり方と、1 回のランチにかける金額」を調査した「働く男子と女子のランチレポート」を公開している。
20代~30代のビジネスパーソン5652名のランチ事情を調査したもの。結果、男女ともに、ランチのとり方としてもっとも多いのは、「手作り弁当」という実態が明らかに。男子32.3%、女子39.5%と、3人に一人が弁当持参派であるようだ。
ったくねぇ、アベノミクスだかなんだか知らないけど、どこが景気が良くなってるつうのかねぇ。
実際、私の職場でもお弁当持参の男子多いです。やっぱり圧倒的に買い食いするより安上がりですからね。節約してるんだろうなぁと思って、庶民は涙ぐましい努力をしてますよ。「これ自分で作ったの?」「お前スゲーな」とか言われて「いや~、炒めたの乗せただけですから」なんて会話が聞こえます。
でも、自宅から通っている人や生活に余裕のある人は買い食い派ですね。あれも毎日だと結構な出費だと思うけど、そんなこと思うのは貧民層だからか。
安倍さんが大雪の時に料亭で天ぷら会食が良いの悪いのって話しが出てましたが、馬鹿野郎、大雪だろうがなんだろうが、庶民の気持ちを知りたかったら料亭行ってないで質素な食事してろっての。つか、自分で弁当作って食べてみてごらんなさいよ。
私も今のバイトを初めてずっとおにぎり持参です。7年間飽きることなくひたすらおにぎり持参。お茶とコーヒーも家で入れていきますから、バイトに行って1円も使いません。まさに0円生活です。
月に一度、演芸場に行った時に十条の商店街でパンを買って食べると、ものすごく贅沢している気持ちになります。悪玉コレステロールを下げるためにパン断ちをしているので、この時は自分にご褒美でパンを食べるの解禁。月に一度の幸せ。浮き世を忘れた空間で座椅子に座ってまったり食べているとなんとも言えない幸福感に満たされます。
P2083908.gifP3200598.gif
ある日の昼食。左は麩で作った麩レンチトースト。確か賞味期限が切れていたやつ。右は人参2本。私は馬かっ!
スポンサーサイト


Comment

>20・30代男子3割が弁当持参

50代後半の私も弁当持参派です。飲み物はこぶ茶とコーヒーを職場に置いていますので基本お金がかかりません。たまに財布を忘れて行きますが大丈夫です。娘が32歳の今大学院の1年生なので徹底してお金をかけない生活をしてます。この生活に慣れて苦労ではありません。
  • haru3 #-
  • URL
  • 2014-11-28(Fri) 09:43:50
  • Edit

>20・30代男子3割が弁当持参

お久しぶりです。お元気ですか?お互いに慎ましやかな生活をしておりますねぇ。こぶ茶というところが渋い。私も財布を忘れても全く問題ありません。財布を開くのは休みの日の食料の買い出しの時くらいです。お嬢さんは大学院の1年生ですか。時の経つのは早いなぁ。お嬢さんも立派だけど、それを支えているお父さんとお母さんはもっと立派だと思います。無理しないでお互い健康に気をつけましょうね。
  • おだまゆみ #-
  • URL
  • 2014-11-28(Fri) 12:13:05
  • Edit

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2981-20339f53