2015-01-25 (Sun)

「なんでこんな男と結婚しちゃったんだろう」と些細なことで後悔がよぎる瞬間9パターン

未分類

離婚届けだびょ~ん。後のいろいろな手続きは大変だけど、心の曇りがなくなるよ。
PA140031.gifPB010066.gif
『なんでこんな男と結婚しちゃったんだろう』と些細なことで後悔がよぎる瞬間」をご紹介します。
【1】やかんでお湯を湧かすことすら面倒がられたとき
【2】自分が家事をしていても、ふんぞり返ってテレビに夢中だったとき
【3】節約を訴えたら「誰の稼ぎだと思ってるんだ」と開き直られたとき
【4】歯磨きをしないで寝るなど、不潔さに耐えられなかったとき
【5】親しい友人が、かつて自分が理想としていたタイプの男性と結婚したとき
【6】姑とのトラブルで、「おまえが合わせろ」と我慢を強要されたとき
【7】平気でウソをつかれていたと気づいたとき
【8】「どうせ俺なんか」と卑屈な言葉を連発されたとき
【9】娘が超個性的な夫の顔に似てきたとき
先に言っておきますけど、私は離婚しちゃったので過去の話しなんですけどね。はっきり言って結婚してすぐに『なんでこんな男と結婚しちゃったんだろう』と後悔しました。
とにかくグータラで何もしない。仕事すらしなかったんだから「誰の稼ぎだと思ってるんだ」なんてセリフは一度も言いませんでした。というか言える立場の男じゃなかった。
娘が生まれて夜泣きがひどかった時は「疲れているのに眠れないじゃないか!泣きやませろ!」と言われたのは本当にムカついた。「お前よりこっちの方が働いてるし育児も家事やってんだバカ」と奥歯をかみしめてました。
卵巣の手術をして退院した時、先生に「退院はさせてあげるけど無理な家事はしちゃダメだよ」と言われました。まだ息子が小さかったので無理を言って3日で退院させて貰ったのです。退院後も夫は洗濯も掃除も何もしていなくて、風呂掃除もしてくれなかったので「お風呂の掃除してくれる?」と頼むと「俺、忙しいんだよね」と寝転がってテレビを見ていました。
カチンと来て「お前に頼んだ私がバカだった」と自分で掃除をしたら、手術したところ5カ所すべてから出血。(腹腔鏡手術だったので縫わずに切開したところを接着剤のようなもので貼り付けるのだ。その接着剤がピリピリ剥がれて出血した)病院に電話したら「だから動いちゃダメって言ったでしょ!!」と叱られました。
ホントに最悪の日々でした。今は解放されて気分爽快です。全国の主婦の諸君、我慢は体に毒だから無理しない方がいいよ。
hwchannel_20130905_2652805_0.gifo0510033612644542834.gif
倍返しどころじゃないよ。絶対、残りの人生は1000倍幸せになってやる!!
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2994-1b59b2a6