2014-03-17 (Mon)

疑似孤独死体験

未分類

CIMG9622.gifCIMG9624.gif
一昨日、いつものように目を覚まし、階段を下りて一階に行こうとした。いつも通りのはずが・・・。
「あっ!」と思った瞬間、滑り落ちた。しこたま頭と背中と腰と肘を打って、あまりの苦しさにしばらく動けずにいた。
隣の部屋にいた息子は「大丈夫ぅ?」とボソっと言っただけで様子を見に来てもくれない。
とにかくバイトに行くのだから支度をしなければと、必死に起きあがるも頭が痛くてうずくまって動けない。頭の中でジージーゼミが鳴いているようにジージー言って止まらない。吐き気もしてきた。
頭を打って吐き気は危険だ。どうしよう・・病院に行かなくちゃいけないかな。
でもでも、バイトがある。「大丈夫、なんてことない」と自分に言い聞かせて支度を始めた。
背中に湿布を貼って腰をさすりながら家を出た。取りあえず、節々が痛かったけど無事にバイトにいけた。
万物固有の老化現象には、さすがの゛もののけ婆まゆみ゛も勝てません。昔だったら軽い身のこなしで作業ができたのに、この頃はふらついたり、足がもつれたりする。
仕事をしながらしみじみ思った。打ち所が悪くて危険な状態だったら、さすがに変に思って息子が様子を見に来るだろう。そしたら救急車を呼んでもらえる。でも、もしも独り暮らしだったら孤独死しているところだった。
「お母さんと連絡がとれない」とか娘が言って、家に見に来たら階段の下で転がって死んでいる・・・そんな格好悪い死に方はご免だ。原稿用紙を広げた机でペンを握ったまま死んでてる・・・かっこいい。
「母は階段から落ちて死にました」より「最後までペンを放さずに亡くなりました」の方が断然美しいのだ。いや待てよ、「山で熊と戦って死んだ」もいいぞ。でも「悪の組織と戦って死んだ」もヒーローっぽくていい。いや、「黒の組織に子供にされて、黒の組織の陰謀を暴くために命をかける」?「宇宙戦争で赤い彗星と戦う・・・」?すみません。妄想癖があるもんで。
看板e0034633_19524018.gif
スポンサーサイト


Comment

>疑似孤独死体験

まゆみさん、大丈夫ですか?
いくら夢の国が忙しい時期だからって、そんな体で出勤なんて無謀です。
頭打ったら安静です。
ちょっとでも気持ち悪くなったら、診察受けてください。
まあ、転んでも想像(妄想)語れるから、大丈夫だと思いますが・・・・(汗)
  • ガジラママ #Uh9C3jU.
  • URL
  • 2014-03-17(Mon) 11:46:03
  • Edit

>疑似孤独死体験

今のところ大丈夫です。昨日も今日も仕事できました。ただ、背骨のどれかにヒビが入ったかも。たぶん折れてはいないと思います。今日、仕事の帰りにビタミン剤の注射を打ちに病院に行って、先生に「階段から落ちて背中をしこたま打ったので湿布下さい」と言ったら「えぇー落ちたの?気をつけるんだよ」と呆れられました。
  • - #-
  • URL
  • 2014-03-17(Mon) 20:11:05
  • Edit

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/2999-3b41e4ed