2015-05-15 (Fri)

うかつに結婚しちゃダメよ!

未分類

一度くらいの結婚の失敗屁の突っ張りですよ。
P4192160.gifP4192161.gif
誰もが、幸せになりたくて結婚したはずなのに、離婚するカップルは3組に1組という現実。一体、どうして?
「厳しい言い方ですけど、うかつに結婚してしまうからです」 と断言するのは、自身も離婚の辛さを乗り越えた、夫婦問題研究家の岡野あつこさん。
「結婚への夢が膨らみすぎて、現実の彼と自分の関係をきちんと把握する前に踏み切ってしまうのが原因。そもそも結婚=幸せになれるという考えが間違っているんです。何が起こるかわからない世の中。将来において、例えば病気や失業などの状況になっても、彼と一緒にやっていけるかを想像してみることが大切。ピンチのときが一番重要。実際、幸せにしてもらおう、自分のすべてを受け入れてもらおうという相手任せの考え方で結婚した人が失敗してますからね。離婚は想像以上にハード。気力と体力を奪い、自暴自棄になってしまう人も多い。そんな辛い経験をしないためにも、結婚の決断は冷静かつ、慎重に」
そうは言ってもねぇ、うかつに結婚しても慎重に結婚しても離婚するものはするでしょう。
私は結婚=幸せになれるなんてビタ一文思ってなかったし、結婚への夢なんて膨らんでなかったよ。
私は「うかつに結婚」して失敗して離婚した人です。本当は結婚はするつもりはなかったのです。すごく好きだった人に逆プロポーズして玉砕して、この人以外に結婚は考えられないと思っていたから。
しかし、29の時に「結婚はともかく子孫を残したい」といDNAの最後の叫び症状が現れたのです。それで、ずっと求婚されていた元夫とうかつにも結婚してしまったわけです。岡野あつこさんが「彼と一緒にやっていけるか想像してみること」と言いますが、想像はあくまで想像。男の人は結婚した途端変貌しますからね。想像の域を越えてますよ。
ピンチの時が一番重要って言ったって、ピンチの時はもうアウトの時ですよ。試合終了。何しろこれだけ離婚が増えている昨今。母親に子供を押しつけて、養育費も払わずとんずらする亭主の多いこと。母子家庭のお母さんの中には仕事を3つ掛けもちしている人もいます。極貧の母子家庭に愛の手を・・・。
P4192221.gifP4192224.gif
ガラスの靴履く気マンマンですから。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3098-1c7803cf