2014-06-01 (Sun)

橘小竜丸劇団に惚れ込みました

文化&芸術&芸能

あ~た、この子男の子よ。信じられないないでしょ。右はお姉ちゃんの鈴丸さん。
P5300820.gifP5300830.gif
私が今年に入って急に大衆演芸を見始めたのは、今年のイルミナシオン映画祭に応募するシナリオの設定を大衆演芸にしたからです。「本物を見て勉強しなくちゃ」と最初は月イチで一つの劇団を見てきました。
これまで3つの劇団を見て来て「フムフム、なるほどねぇ。私の思った通り大衆演芸はすごいパワーを秘めている」とどの劇団も素晴らしい個性と演技に感激してきました。
そして5月公演の橘小竜丸劇団。この劇団というより座長である龍丸君に惚れ込みました。
この若さで自分で台本を書いて演じているなんてスゲーーーー!!!!
口上の時は、この台本と歴史について熱弁しておりました。ジジ、ババは全く興味がなく無関心なのに、一生懸命熱く語るその姿にオバちゃん感動しました。
P5300836.gifP5300841.gif
シナリオを書く私としてはすごいシンパシーを感じたわけです。私なんざ、こんな情けない状況ですが、彼はこの若さでちゃんと芝居にして更に演じているのです。恐れ入谷の鬼子母神だよ。
左は弟の座長の龍丸君の女形。右が副座長のお姉ちゃんの鈴丸さん。姉弟で女形も男役も両方できるという神のような姉弟ですよ。
P5300854.gifP5300855.gif
ショーの歌の切り替え。なぜか「千の風になって」のイントロが流れてきました。客席はざわつき、私も「音だし間違ったんじゃねぇの?」と思いました。「失礼しました」というアナウンスの後、またこの千の風になってのイントロが流れはじめて、客席は爆笑。更に舞台の下手から登場した龍丸君がマイクを持ってこの歌を歌っています。会場爆笑の渦。そして花道と通路から死人に扮した鈴丸姉ちゃんと役者さんが登場。そしてなぜか龍丸君がハリセンで叩かれるは、カツラ取られるはいじられ続けていました。久しぶりに涙が出るほど笑いました。涙が出るほど可笑しいというのは滅多にあるもんじゃありません。
たった1600円でこんなに楽しんでいいの?申し訳ない気持ちになります。楽しいひとときをありがとう!!
P5300813.gifP5300816.gif
今回の下足箱は「ちノ五番」
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3106-41dbfa63