2014-06-18 (Wed)

ママチャリで4時間疾走 青森・浅虫で「B級レース」

未分類

ツールドフランスも行けるか?
パリ9パリ4
青森市浅虫地区で、「B級ママチャリグランプリレース」が開かれた。小学4年以上の参加者約70人が前かご付き自転車にまたがり、浅虫ダムを囲うように指定された特設コースを4時間にわたり軽やかに疾走した。
これにうちの息子を出場させたらぶっちきりで優勝だったと思います。
つい最近のこのブログで書きましたが、去年の暮れから胃を壊して体調を崩している息子。
原因は分かっています。寝ない。食事時間がバラバラ。帰宅してすぐに食事をすればいいものを、お菓子をバカ食いして、真夜中にご飯を食べたりしている。寝不足のまま何も食べずにバイトに行く。
これで体を壊さないわけがない。医者から貰った薬も飲まないし、症状は良くなるわけもなく。「胃が気持ち悪いから電車にのれない」と言って年末は学校を1週間ほど休んだ。
冬休みが終わり新学期「電車に乗れなくてどうするの?」と聞くと「自転車で通う」と言う。阿佐ヶ谷から水道橋往復3時間。とうとう6ヶ月が経っていた。
で、先日、ライブに行くと言うので聞くと幕張だと言う。オイオイ、幕張まで自転車でどんだけかかるんだよ~!と心配していたら案の定、片道6時間、往復12時間をママチャリで走って来た。
ですものママチャリグランプリレース4時間なんて、息子にとっては屁みたいなもんですよ。
そんな息子に試練の時が来た。学校の課外授業があるのだ。電車移動である。「みんなと一緒に行きたい。なんとか電車に乗れなくては」そこで私の掛かり付けの先生に相談して見た。「電車以外の乗り物に乗れるのに電車がダメというのは精神的なものだと思うのですが、私の飲んでいる薬を試しに飲ませていいですか?」と聞いた。すると、先生は「あぁ、それは完全に精神的なものだね。それでやってみなさい」とOKをくれた。
さっそく、「取りあえず飲んで電車に乗ってごらん。絶対大丈夫だから」と言って送り出した。帰宅した息子に聞くと「全然乗れた。薬飲まなくても、もう乗れるわ」・・・・うーーーん単純な奴。なんだったんだこの6ヶ月。そして12時間の幕張。
後日、先生に言うと「病は気からって言うもんだよね。でも、電車に乗れてよかったよかった。6ヶ月も自転車で通って脚力ついてよかったね」と笑っていた。
パリ1パリ??
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3135-3711da99