2015-09-06 (Sun)

人生に幸を運んでくれる! 絶対友人にすべきはこの6タイプ

未分類

毎年誕生日を祝ってくれる友人に感謝感謝です。
PB220207.gifPC031508.gif
長い人生において友人は大切な存在。けれど、幸を運んでくる友人がいるように、不幸を運んでくる友人がいるのも事実。友人の質が人生を左右すると言っても過言ではありません。友達選びに失敗しないためにも、今日は幸を運んでくれる友人を6タイプにまとめてみました。
1.素の自分を受け入れてくれる人
2.チャレンジ精神が旺盛なアドベンチャー
3.本音でぶつかってくる正直者
4.賢い助言者
5.柔軟性のある異文化人
6.親切なご近所さん
   *  *  *  *  *  *
この1~6ですが、残念ながら若い人には少ないんだよねぇ。j前の職場の若い子はなぜか無表情で話しをしない。感情がないのでは?と疑ってしまうくらい表情がない。お面かぶってるみたいなんだよな。
チャレンジ精神が旺盛なアドベンチャー、本音でぶつかってくる正直者、柔軟性のある異文化人。松岡修造が大好きそうなフレーズですが、私も熱い奴が大好きです。
そんな熱い人は、私より上のアラ還の人に多い。留学したいとか、英語を勉強しているとか、定年後ピアノを習い始めたとか、チャレンジ精神が半端ないのだ。もちろん、私も含めおばちゃんが今更見栄を張ってもしょうがないから、正直に本音でぶつかってくる。
そして何よりも「賢い助言者」。人生の荒波を越えて来た先輩たちなので、言葉に重みがある。私のような変わり者を受け入れてくれる器の広さ。
「あんなおばさんにはなりたくない」と言う例はたくさんあるが、彼女たちを見て自分もあんな60代になりたいと憧れる。そういう格好いいアラ還の女性が周りにいて私は幸運だ。
友達ではないけど娘も私にとって「賢い助言者」です。「本音でぶつかってくる正直者」です。普通、親が夢見がちな子供に向かって「そんなのやっても無駄だよ。やめな」とか「普通の生活しなよ(呆れる)」などと叱る。しかし、親の私の方が娘に注意されてます。滅多切りです。たまには落ち込むけど、そんなことを言ってくれるのは娘くらいなので素直に認めます。一応認めるけど、諦めてないもんねぇーーテヘヘヘ。アカデミー賞獲るまで続けるよーーん。
PC041551.gifPC041553.gif
Y子ちゃんはわざわざ巣鴨まで行って赤パンを買って来てくれました。ここぞと言う時にはいてます。勝負パンツ。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3150-1ec62766