2015-11-09 (Mon)

「年をとると涙腺が緩くなる」は嘘?

未分類

brijit2.gifshowPhoto.gif
「年をとると涙もろくなる」という話はよく耳にするけれど、加齢によって涙腺がゆるむのは本当なのでしょうか? 東邦大学名誉教授で医師の有田秀穂氏によれば「身体的には“老化で涙腺が緩くなる”という現象は考えられない」とのこと。
私は年をとって本当に涙もろくなりましたねぇ。作業服を着て汗まみれで働いている女の子を見ただけで涙がポロポロ出てくることもあります。老化で涙腺が緩くなったんじゃないのかぁ。
教授の言うことには「年をとって様々な経験や苦労を重ねれば、それだけ他者へ共感する引き出しも増えてきます。加齢によって涙もろくなるのは、それだけ多くの経験や思い出が増えてきた証ですね」
あぁ・・これで謎が解けました。確かに半世紀も生きてくると、様々な経験や苦労がありましたからねぇ。ふっとした瞬間に自分と重なったり、共感したりして思い出し泣きしてしまう。
「おおかみこども雨と雪」という映画を観ましたが、あれを若い時に観たら「つまんねぇ映画」と思ったと思う。今、親になったから共感できて号泣してしまったのだ。「リトルダンサー」は若い時に観ても感動したと思うけど、やはり親の立場と子の立場と両方に共感できるからダブルで号泣できたのだ。
「ブリジットジョーンズの日記」に至っては、映画がはじまってすぐに号泣。デブで醜女でダサイ三重苦のブリジットがパジャマ姿でAll By Myselfを熱唱する姿は我が身を見るようで、可笑しくて悲しくて哀れで泣けてきます。この映画を観ているとブリジットが自分に見えてくる錯覚に陥ります。三重苦で自分に自信のない女性は一度ご覧になってみて下さい。不思議体験できますよ。
感動した時に流れる涙を医学的には“情動の涙”と言うそうです。この情動の涙には、溜め込んだストレスを解放し心身をリラックスさせる作用があるそう。つらいことがあっても簡単には涙を見せられない大人だからこそ、緩んだ涙腺はそのままに、感動の涙を流してリフレッシュしよう!
235071view005.gif01_201406042107225c2.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3201-d89275ca