2015-11-06 (Fri)

「あなたに起こった奇跡、見た奇跡」

未分類

PA071215.gifPA181221.gif

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の河本です今日のテーマは「身の回りで起こった奇跡、見た奇跡」です。
FC2 トラックバックテーマ:「あなたに起こった奇跡、見た奇跡」


生きているといろいろなことがあるもんで、絶対絶命の危機とか絶望的な時ってありますよね。
私の身の回りで起きた奇跡その1は「今は亡きコンボイ捜査官奇跡的に病気が治る事件」です。モルモットはホントに腫瘍が出来やすくて初代、二代目とも腫瘍が出来て4年で天に召されました。コンボイ捜査官は、腫瘍ではなくお腹の中に膿のようなものが溜まってお腹がパンパンに腫れ上がりご飯も食べなくなり動かなくなりました。病院に連れて行っても「どうすることもできません」と言われ、死ぬのを待つような状態でした。無茶ブリと分かっていても我が家のナンバー1パワースポット山口観音さんにお願いに行きました。
そしたらなななななんと、お腹に突然穴が開いてそこから膿がドロドロと流れ出し、全ての膿が出て元のお腹に戻ったのです。出血もひどくて心配しましたが自然治癒で完治しました。マジでこの時は奇跡を信じました。
奇跡その2は「就活失敗した娘がなぜか時間差で就職出来た事件」です。娘が就活していた時にどうしても入りたい会社がありましたが不採用でした。「もうどこでもいい」とヤケクソになっていた娘に「別に就職なんかしなくていいじゃん」と勧めて、入りたくもない会社に入ろうとする娘を阻止しました。で、卒業して高校の時から続けていたバイトをそのまま続けてフリーターになりました。そして、5月に不採用になった会社から連絡があり人手が足りないから入社しないかと誘いがあり、あっさり入社することが出来たのです。
田植えから帰宅する道すがら息子にその報告を聞いて、家に帰る道々、涙が溢れて止まりませんでした。「これって奇跡だよ。こんなことってあるんだ・・」と、このときも奇跡を信じました。
奇跡その3「息子が空手で入賞」。うちは娘は小1、息子は保育園の時から空手を習わせていました。二人ともおっとりした正確なので、全く闘争心がなくて空手の大会は一回戦負けが当たり前でした。息子の中学の最後の試合。中学生くらいになると見ていて痛々しくて耐えられないほど激しい蹴りと突きの応酬です。あの闘争心ゼロの息子が必死に食い下がって戦っています。見ていられなくて、ただ手を合わせて「八百万の神様、息子を勝たせてあげて下さい」と祈りました。時間切れのベルが鳴り息子が勝ちました。これは本当の奇跡です。ホントに気の弱い子だったので絶対無理と本人も思っていたと思います。息子自身も顔を伏せてしばらく立ちあがれない状況でした。
まぁ、結局、諦めない心が奇跡を起こす。信念が大事ということですね。
PA233052.gifPA233086.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3217-14d4f000