2016-02-17 (Wed)

家賃を抑えたいときに妥協できる点・できない点

未分類

前の家。狭くてボロだったけど、ジャングルのようなこの家がすぎだーーー!!
CIMG5351.gifCIMG5350.gif
住まい探しで妥協した点について、20代で一人暮らしをした経験のある男女200人にアンケートを行いました。
家賃を抑えるために、どんな条件を妥協したのか聞いてみました。
1位 駅からの距離……24.0%
2位 築年数……22.5%
3位 広さ……14.5%
妥協した点とは反対に、「家賃を抑えたくても絶対に譲れない条件」を聞いてみました。
1位 バス・トイレ別……38.5%
2位 居住するエリアや駅……23.5%
3位 駅からの距離……21.5%
私は見事に全部当てはまります。一人暮らししていたアパートは駅から歩いて20分くらい。古い木造。しかし、部屋は広かった!元、お相撲さんが住んでいたというだけあって、20畳くらいの板の間に和室。お風呂はデカイ。それで家賃5万円。
以前住んでいた貸家は駅から徒歩25分。築年数53年。木造のボロ家です。一軒家なのに2Kという恐ろしいほどの狭さ。杉並で一軒家を借りるとなると25~30万円の家賃は当たり前。それが98000円という激安家賃でした。22年住んで約12万まで家賃が上がりました。その家賃を払うのがしんどいので都営住宅に挑戦して去年当選して引っ越しました。もう、駅から遠くて不便でもボロでもなんでもいいです。家賃さえ安くなるのなら全て妥協します。あっでも、お風呂は付いてないと困るね。都営住宅でも風呂無しの物件があるから、それだけはさすがに避けました。
すっごいボロだけど、何しろ夜景が綺麗で東京タワーも見えます。星が良く見えて星の観察ができる。晴れた日は暖房不要、電気もつけなくても明るい。前の家は日当たりが悪くて朝から真っ暗で一日中電気をつけていたから今は節電になって嬉しいです。
P4242250.gifP3161880.gif
種から育てたカロライナジャスミン。右はさくら。サクランボになる木。残念だけど引っ越す時にみんな処分しました。都営住宅では育てられないから・・。身を切るような思いで処分しました。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3299-b7bb7d44