2015-12-21 (Mon)

ブラック企業 夢・感動に注意

未分類

P1041279.gifP1041276.gif
就活に詳しい人材コンサルタントの常見陽平さんによると、採用ページなどで注意したいのは『夢・感動』などの表現です。楽しそうで、わくわくしちゃいますが、たいていはウソです。若くして活躍できるというのも要注意ですとのこと。
『夢・感動』と言えば・・・これってさぁ、あの会社だよねぇ。
私の以前いた会社は9年前、シニアでも働ける定年のない職場というふれこみで大勢のシニアの人を採用しました。ところが突然去年になって65才定年を決めたのです。今の65才は全然現役バリバリで若い人より仕事ができる人は大勢います。人手不足が大問題になっている昨今、企業も65才でもしっかりしたした人をどんどん採用しているのです。時代に逆行している会社です。
私の仲の良かった同僚たちも職場を去って行きました。「もう働く場所がないかも」としょんぼりしてたY子ちゃんは面接に行ったら引く手あまたで「是非うちに来てほしい」と懇願されました。
会社はスタッフの若返りを図ろうとしているようですが、この『夢・感動』で瞳をキラキラさせて入社してきた若者たちが速攻辞めて行く現状です。
初日から「入社辞退」「入社拒否」という文字が。まだ何もしてないのに辞退するの?私は『夢・感動』なんてどうでもよくて働かせてもらえるなら有り難いと思って入社しました。何しろ40過ぎたら電話で年齢言っただけで不採用ですから。
求人倍率が改善して売り手市場となり、就職希望者はますます大手志向を強めていると言われています。若い人は少しでも条件のいいところに寝返りますよ。
40過ぎのシニアに目を向けるべきだと思いますが。ちなみに転職した現在の職場はお爺ちゃんだけの職場です。平均年齢63才くらいです。
b0229138_12525912.gifimg_0.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3320-9ec929d2