2015-01-12 (Mon)

まゆみの龍丸中毒・正月早々自分のすごさに呆れる

文化&芸術&芸能

P1100965.gifP1100966.gif
10日がお練りということで、前日から興奮気味でわくわくしてました。
当日、早めに本川越に到着して、果たしてお練りというものはどうやって鑑賞するものかがわからず、とりあえず湯游ランドホテル三光に行ってみることに。「本川越駅から3分。メッチャ近いじゃん」
このブログをご覧の方は知ってると思うけ、私はスーパースペシャル方向音痴なんだよ~。
まず一本目の道を間違えて歩き出す。どんどんどんどん歩く。「えぇーーーーホテルなんてどこにあるの~」
それもそのはず全く違う道を進んでいたのだ。
P1100969.gifP1100972.gif
歩けども歩けども人気の少ない場所に進む。道を聞くにも村人がいないのだ。30分くらい歩いて、やっと酒屋のおばちゃん発見。「すみません。ホテル三光」はどちらになりますか?」「はぁ?ホテル三光?全然違うよ。ずいぶん歩いてきちやったねぇ」と言われた。おばちゃんに道を聞くも右に曲がって左に曲がってまた分からなくなる。
仕方なくカメラ屋さんの店内に入り道を尋ねる。親切なお店の人はパソコンから地図を出して「今、ここにいます。ホテルはここです。かなり遠いですね」
またまた、右に曲がって左に曲がって・・・また分からなくなる。本川越から徒歩3分のところを私はすでに1時間さまよっていた。
P1100974.gifP1100976.gif
時計を見るとすでに11時過ぎていて御練りがすでに開始しています。
うぉーーーーーーー!!!!いったい私はどこにいるんだよ~!!!誰か助けて~!!!!
もう、この際御練りどころの騒ぎじゃない。ホテルにたどり着けるかどうかも怪しくなってきた。
半ベソをかきながらトボトボ歩いていると、角を曲がって一台の人力車がこちらに向かってきます。
「もしや・・・・・。あの人力車は・・・御練りですか?」
母を訪ねて三千里のマルコの気持ちが分かったよ。偶然にもこんなところで出会えるなんて・・・。
「お父さん・・・」と思わず心で叫んでいた。別に私のお父さんじゃない、龍丸君の父小竜丸座長だけとね。
神は私を見放さなかった。ホッとして力抜けた。
P1100924.gifP1100927.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3342-1f07b166