2016-03-17 (Thu)

許可なく「牛」を解体したら逮捕された! ニワトリを自宅でさばくのもダメ?

未分類

牛や馬を勝手に解体しちゃダメですよ~って東京ではありえないか。
P8110792.gifP6240361.gif
許可された食肉解体場以外で牛を解体したとして、大阪府警と沖縄県警は1月中旬までに、男女5人を「屠畜場法」違反の容疑で逮捕。 5人は沖縄県石垣市の畜産会社で、食べるために牛1頭をハンマーで殴り殺し、解体した疑いがもたれている。このニュースについて、ネットでは「そんな法律あるなんて知らなかった」「牛を無許可でさばいたらだめなのか」と、疑問と驚きの声が上がった。 『屠畜場法』は、食肉の安全を確保するための法律で、食用となる動物が適切に処理されることを目的として、制定されているそうです。対象となっているのは、牛、馬、豚、ヒツジ、ヤギの5種類です。
たとえば、猪や鹿、クマなど、狩猟の対象となる動物は、屠畜場での解体が困難として、対象としていません。
このニュースを見た時に、じゃうちの親父逮捕されてたの?と驚いた。もう、死んでるし時効だと思うけど、うちの親父は田舎にいた頃は犬、猫、うさぎ、蛇なんでも食べてましたから。ニワトリなんかは普通で、東京の足立区の住宅の庭で普通にさばいてましたよ。軍鶏もね。ネットに掛かった鳩や雀も食べてたし。
記事によると家庭で家族にふるまうためにニワトリを解体する行為などは、規制の対象にはなっていないということです。
昭和40年代の頃は学校の校門の近くでカラーひよこ売りのおじちゃんがいて、私はそれが欲しくてお小遣いで買いました。「お父さん、これニワトリ」と自慢げに見せると「バカ、そりゃ雄鶏だよ。卵生まなねぇのに飼ったってしょうがねぇだろ」と言われ、大きくなったら見事にさばかれました。北野武さんの「たけし君、ハイ!」の中では武さんのお姉さんが可愛がっていた鶏がある日食卓に上がっていてショックで大泣きしたシーンがありますが、私は何とも思わなかった自分が怖い。アンド、唐揚げにしたそれがとても美味しかったのを覚えています。小さい頃から生き物全般に興味があって好奇心旺盛だったので父親が鶏をさぱくシーンを間近で瞬きもしないで見ていました。血がドバーとか「なるほど人間が食べるためにはこのような行程を経て肉になるのか」と学習しました。それを見ていたせいか免疫ができていたようで、たまたま鳥獣害の取材を引き受けることになりましたが、私はぴったりの人間だったようです。たぶん女性で左下のようなお亡くなりになったイノシシさんを見たら「無理ーー」とか思うでしょうが、私は興味津々で出来れば触って確かめたいくらいでした。猟師さんから頂いた仕留めた獣の写真(ちょっと残酷な)も全く平気です。まさか小さい時の経験がこんなところで役にたつとは思わなかった。
P2023830.gife0034633_19524018.gif
イノシシとクマは良いらしい。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3355-6b3d55d4