2015-02-15 (Sun)

花粉症、50年後にはなくなる!?

未分類

437ca55e29bd5269a7583e7f3a6c713e.gifpostcard1.gif
富山県農林水産総合技術センターの主任研究員・斎藤真己さんに、無花粉スギを誕生させることに成功した。
「もちろん、完全に植え替えられれば、スギ花粉症はなくなります。でも、花粉をゼロにするのは極めて困難な話です。とはいえ、植え替えが進めば花粉の量は確実に減っていきます。例えば、1シーズンで1000個以下(1平方cmあたり)の飛散量まで抑えられることができれば、花粉症の発症者は減ると予想されています。それでも、いまの植え替えペースで換算すると、あと50年くらいはかかると思われます」
50年ですか・・・・私、この世にいません。娘さえもおばあちゃんになってます。
アレルギーが遺伝だとすると、孫や曾孫も花粉症になる可能性があるわけで、私の玄孫の頃にはこの苦しみが楽になるということでしょうか。
ニュースで「来年の花粉の飛散は多いでしょう」と聞いただけで、まだ先のことでもテンション下がる。
だいぶ前にこのブログで加齢によって花粉症の症状は弱くなるという記事を書きました。要は加齢で鈍くなるからということでした。
重症の私はそんな話しは信じられず「年を取るだけで症状が軽くなるなら20年以上苦しんでないわ!!」と鼻で笑っていました。
ところが、どうもそれは事実のようです。年々、花粉を感じる時期が遅くなっているのです。4年くらい前までは、ものすごく花粉に対して鼻が過敏になっていたので1月の中旬頃には鼻がグスグスなっていました。本格的に飛散し始めた頃にはすでに鼻も目も喉も大炎症を起こしていてのたうち回っていました。
3年くらい前から1月はなんともなくなりました。そして「なんか目がかゆいしくしゃみが・・」と思っていると関東に花粉の飛散はじまるというニュースが流れるのです。すごい正確な体だ。
アレルギーの薬も1月から5月頃まで飲んでいたのが、去年は2月の中旬から3月の中旬までたった1ヶ月に激減しました。年は取りたくないものよのぉ~・・。と思っていたが、これだけはラッキー。この勢いで行くと無花粉スギを期待しなくても還暦の頃には鼻がバカになって花粉を感じなくなっているかもしれません。50年待たなくても大丈夫かもね。
umezu001.gifpict19.gif
と、書きながら鼻をかんでいます。鼻水ブシャーーーー!!!
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3371-e6712820