2015-03-16 (Mon)

篠原演芸場に行ったどぉ~!!劇団翔龍 

文化&芸術&芸能

P3121303.gifP3121290.gif
会場前に並んでいた時に私の前に並んでいたおばちゃんはこの劇団のファンで、わざわざ茨城から来たそうです。
本当にファンあっての劇団だよね。私もはるばる茨城の温泉センターまで行きますが、2時間30分かかけてローカル線に揺られて行くのよ。茨城まで行く人あれば、茨城から来る人あり。
おばちゃんは「来月は神栖だから近い」と言って喜んでいました。私は神栖はあまりにも不便なのでパスした。うーーーん。ひきこもごも。
P3121291.gifP3121295.gif
これまでいろいろな劇団さんを拝見してきました。
人気のある劇団は予約でほとんど席が埋まっていて、仕舞いにはお客さんの座るところがなくなって廊下や階段まで座れるところはあらゆるところに座るという大盛況です。
今回の劇団さんはなかなか厳しいようで、たぶん私が観た中で一番入りが悪かったかもしれません。本当に人気商売なんだなぁとこの格差を実感しました。これもまた勉強になります。
それでも役者さんは精一杯自分たちの芝居と舞踊をやるのみですよね。頑張れ!!
P3121296.gifP3121300.gif
この劇団は10人の座員の劇団だそうです。これが多いのか少ないのか新参者の私にはよく分からないのですが、座長は役者が足りないので一人二役していたと言ってました。
結構平均年齢の高い劇団で、唯一若手の男の子が二人いました。若手の男の子の舞踊をみていたら龍丸君のことを思いだして仕方なかった。こちらの劇団に失礼だと思いながらも、やっぱり私が観て来た中で小竜丸劇団がダントツです。劇団さんは他の劇団と比べられるのが不愉快だと言います。まぁ比べると言うかこれは好みの問題ですから、ファンの皆さんは劇団翔龍を応援して下さい。知らないおばちゃんキラキラ棒貸して頂いてありかどうござました。春川ふじお座長ファンの人を大切にこれからも頑張って下さい!!
P3121302.gifP3121306.gif
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3405-01088d3d