2015-03-25 (Wed)

「もし、あなたが今、いじめられていたら、とにかく逃げなさい」

未分類

寅さんをご覧なさいよ。北は北海道から南は沖縄まで旅してるんだよ。
P2183947.gifP2183948.gif
― 週刊SPA!連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―の記事を紹介します。
◆この世界ははるかに広く、戦うことより、逃げるほうが賢明なこともある
ここんとこ、僕が2006年に「いじめ」に関して書いた文章が激しくリツーイトされています。もともとは朝日新聞の求めに応じて書いた文章で、「もし、あなたが今、いじめられていたら、とにかく逃げなさい」という内容です。逃げる前に「遺書」を書き、台所に置いて、学校に行かず、一日中、ブラブラして、大人達に心配をかけて、「死に切れなかった」と言って戻ってきなさい。それでもダメなら、学校宛てに、あなたをいじめている人の名前書いて送って、そして、その学校から逃げなさい。大人だって、会社が嫌なら逃げているのです。逃げることは恥ずかしいことではありません。逃げて逃げて、逃げ続けるのです。大丈夫。この世界はあなたが思うよりはるかに広いのです。どこかの山にも南の島にも、あなたが生き延びられる場所はあるのです。とにかく逃げなさい――そんな内容です。それは、ブラック企業で必死に働いて精神を病むぐらいなら、とっとと逃げ出す方がどれほどましかということと同じです。ブラック企業は、追い込むことに反省もしないし、経営方針を変えることもないのです。社員本人が潰れることでしか、このサイクルを終わらせられないのなら、とっとと逃げるべきなのです。
  *  *  *  *  *
私も同感です。たとえ現実逃避と罵られても、死ぬくらいなら逃げるべきです。だから私も会社を辞めます。潰されて心が病むくらいならリセットします。
8年間戦ってきたけど、結局何も変わりませんでした。上記にあるように反論する者は追い込まれていきます。企業に都合の良いイエスマンだけが残って経営方針を変える気などないのです。
私は忍者が好きです。みんな忍者は手裏剣とかで戦うと思っているかもしれないけど戦いません。忍者はスパイ活動して任務を遂行して生きて帰らなければ意味がないのです。だから、追われたら戦わずに命がけで逃げるのです。
忍者の話しを持ってくるなんて不謹慎と思われるかもしれないけど、生きていなければ何の意味もないのです。即ち、生きること。命あって、なんぼなのです。
今、自分が生きている行動範囲はとても狭いものです。学生さんは特にそうです。その狭い行動範囲の中で死にたいくらい辛い状況だったらその行動範囲から逃げてしまえばいいのです。虐める連中はターゲットが一人いなくなった程度にしか捉えないでしょう。別のターゲットを探しますよ。いくら狭い日本と言っても、やはり北から南まで広ーーーいのですよ。パスポートも不要で好きなところに住めるんです。家庭の事情などでなかなかそういうわけにはいかないから、留まるしかないと言う人も多いと思う。現在の私もそう。だけど、必ず解放される時が来ると信じて息を凝らして耐えています。チャンスが来た時は光の早さで今の場所から逃げますよ。
P2183949.gifP2184039.gif
トイレットペーパーで手紙を書く。このくらい破天荒に生きられたら満点だね。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3419-9ebfb0ae