2016-06-23 (Thu)

ホントに!? 「夫婦仲が悪いと女の子が生まれる」米研究者が発表

未分類

はい。左から五女、四女、三女、二女、長女だよ~。
七五三七五三まゆみ2
デューク大学の研究者らが、最初に生まれる子どもが女の子の場合、その夫婦にはある特徴があるという調査結果を発表しました。それは、夫婦関係がよくないということ。一体、どういうことなのでしょうか?
■女の子が生まれると離婚率が高くなる?
アメリカではよく、最初に生まれる子どもが女の子の場合、その夫婦が離婚する確率が高くなるといいます。それは、夫や周囲が男の子の誕生を願うものの、結果生まれてきたのが女の子であるため、それが原因で不仲になるから、と考えられてきました。ですが、研究チームがアメリカ全土で長期的におこなわれた「National Longitudinal Survey of Youth」という調査データを分析したところ、女の子が生まれて夫婦仲が悪くなったのではなく、誕生する前からすでによくなかったということが分かりました。つまり、女の子が生まれたから夫婦関係が悪化したのではなく、夫婦関係が悪化していると女の子が生まれる傾向があるというわけなんです。
■どうして女の子が生まれるのか
関係が悪化している夫婦から女の子が生まれる理由として、研究チームは胎児が“自分の誕生を守っている”のだといいます。夫婦関係が悪化していると母体は大きなストレスにさらされます。そして、妊娠を維持するのに必要な女性ホルモンが低下。ストレスに弱い男の子の胎児では妊娠を維持できない場合があり、結果としてストレス耐性の強い女の子が生まれる確率が高くなるのだといいます。
 *  *  *  * *
ぬぅわ~んと!!!そんなデータが・・!!
確かに・・・うちの両親は365日喧嘩の絶えない夫婦でした。しかし、跡継ぎ欲しさに子供を産み続け気が付けば女5人。これこそ仲の悪い証拠。
私も夫に嫌気がさして離婚しようと思っていたところでご懐妊。溺愛していたハムスターの死のショックで排卵異常が起こり神様のいたずらでご懐妊。そして、娘が生まれました。娘スゲー強いです。ストレスに弱い男の子の胎児では妊娠を維持できない場合があると書いてあるのを見て納得。二人目は流産しています。男女の区別がつかないくらい早期でしたが、私は男の子だったと確信してます。それを考えると無事に生まれた息子はストレス耐性の強い男の子だったのでしょうね。
私も妹のとこも最初が女の子で離婚してるし、友人で離婚している人は最初が女の子の人が多い。この研究あながち間違ってないかもね。
変顔4変顔3
おーーーい○○(三女の妹)見てるかぁ。変顔投稿させて貰ったよ~。私も妹も一姫二太郎なのよ。んで離婚したの。でも、明るく楽しく生きてるからいいんだよーー。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3426-e28e481b