2016-07-24 (Sun)

「一人暮らしは寂しい…」どんなときに、そう思う?

未分類

30年前に一人暮らししていたアパートの部屋。
机部屋
春を迎えて、新生活をスタートする人の中には、あらたに一人暮らしを始める人も多いのではないだろうか。ところで、一人暮らしを実際にしてみて、「寂しい」と感じる人も多いのでは? 一人暮らしをしている人、349人にアンケートを実施した。
Q.一人暮らしをしていて寂しいと感じるときはどんなときですか?
1位 寂しいと感じるときはない 18.4%
2位 体調をくずしたとき 16.8%
3位 実家から戻ったとき 10.6%
4位 楽しい時間を過ごしたあと 8.1%
5位 誰もいない家に帰るとき 7.3%
6位 ひとりで食事するとき 6.5%
6位 地震があったとき 6.5%
8位 誕生日などのイベント時 6.2%
9位 SNSなどで友人の幸せそうなコメントを見たとき 3.9%
10位 友人に恋人ができたとき 3.4%
  *  *  *  *  *
ハハハハハハハッ!!私は一人暮らしをして寂しいと思ったことは一度もないよ。一人暮らしはパラダイスだからね。
私は大家族で育ちました。姉妹は多いし、職人さんは大勢いたし、毎日が大騒ぎでした。
しかし、私は根暗で引きこもりの絵を描くのが好きな少女だった。騒々しいのが苦痛で仕方なかった。静かに自分の世界に浸って絵を描いていたいといつも思っていました。
22才の時に家を出て一人暮らしをはじめて感動したことがあります。無音ということ。
布団とわずかな着替えくらいしかなかったのでテレビもラジオも電話も音のするものが何もなかったのです。
自分が歩く足音か、独り言を言わない限り、部屋は無音です。
「なんて静かなんだ。誰もごちゃごちゃ言わないし、姉妹喧嘩も勃発しない。無音の世界は生まれて初めてかもしれない。もう家には帰りたくない」としみじみ思いました。
こうしてブログを書いている今もテレビもつけていないし無音です。聞こえてくるのは水槽のろ過機の音だけです。前に住んでいた家では天井裏のクマネズミの走る音がしてたけど、ここはクマネズミが出ないから幸せ。
スタローンスタローン4
やっぱり動物のいない生活は耐えられなくてハムスターを飼った。フリーのアニメーターになって電話が必要になったので取り付けた。この電話飾りじゃないのよ。使えます。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3439-1f7b0c85