2015-05-08 (Fri)

もっと人間らしい仕事がしたい――年収110万円「アニメーター」の実態をどう見るか

アニメ

ガンダムが生まれた年にアニメーターになりました。最初はサンライズの下請けスタジオにいました。
CIMG7075.jpgCIMG7081.jpg
こんな記事をみつけました。
若手アニメーターの平均年収は110万円――。アニメーターなどでつくる業界団体「日本アニメーター・演出協会が4月下旬に発表した「アニメーション制作者 実態調査報告書 2015」で、若手アニメーション制作者が厳しい労働環境に置かれていることがわかり、話題になっている。この調査は、日本のアニメーション制作者の実態を把握するために、文化庁がJAniCAに委託して実施した。仕事内容や就業形態、平均作業時間、年間収入などが項目にわけて調べられている。
●「アニメ業界は一度滅びたほうが良い」
報告書によると、回答者全体の年間平均収入(2013年)は332.8万円だった。若手が担当することが多い「動画」(原画と原画の間の動きを作画する担当)は平均111.3万円と低い水準だった。また全体で、1カ月あたりの作業時間は平均262.7時間にのぼり、うち15.9%が「350時間を超える」と回答した。過酷な労働環境を受け、自由記述欄には「もっと人間らしい仕事がしたいです」「とにかく忙しい。ごはんが食べれない(時間がなくて)」「アニメ業界は一度滅びたほうが良い」といった言葉が並んだ。こうした結果に対して、ネットでは「やりがいの搾取の典型だ」「『クールジャパン』とかいう前にアニメーターの劣悪な待遇を何とかすべきではないのか」といった声もあがっている。
   *  *  *  *  *  *  *
私がアニメーターになったのは35年前。はっきり言って35年前と全く変わっていないですね。
上記のことは大袈裟に言っているんじゃなくて本当なんですよ。忙し過ぎて食べる時間がない。買い物に行く時間も惜しいので買い物にも行かず水を飲んでしのいでいたら半透明の便が出て更に血も混じっていたことがありました。人間食べなくても透明の便が出るのだと感心している場合じゃない。慌てて病院に行ったら大腸炎と言われた。一日20時間仕事をするなんてあたり前。食べない、寝ないで自律神経が破壊されてパニック障害になりました。精神病んでも仕事は山積みなので仕事は永遠に続けました。
このブログでも何度も言っているように『クールジャパン』とか言ってる奴。絶対現場を知らないだろ。日本の絵描きは絶滅しますよ。「アニメ業界は一度滅びたほうが良い」と言う言葉はその通りだと思う。ピラミッドの頂点にいるお偉い人たちのポケットに銭に入らなくなってしまえば絵描きの有り難さを知ると思うよ。
CIMG7083.jpgCIMG7086.jpg
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3477-72a687e5