2016-09-09 (Fri)

わが子が容姿でイジメられたらどうする?

未分類

左のブサイクな子が私です。右は姉。幼稚園の学芸会の写真。ブスだろぅ~。
七五三まゆみ2学芸会
東京学芸大学教育学部准教授・松尾直博先生は「子どもがなぜ“容姿”でからかうのか? というのは、簡単に言えば子どもは発達の早い段階では、目に見えないものより目に見えるものの理解のほうが強いからなのです。もう少し年齢が上がってくると言動や立ち居振る舞い、価値観、その人の考え方に対して拒絶するということになってくるのですが、それは目に見えにくく抽象度が高いですよね? それに対して容姿というのは目に見えるものなので、幼い頃から違いがわかり、それに対するボキャブラリーも早くに獲得されるんですね。つまり、周りの子の理解力も同じですから、性格的なことを攻撃するよりも容姿で言ったほうが周りの子もノッてくるし、何より相手に対するダメージも大きいわけです。その後も意地悪する子の文化のなかでは容姿を攻撃することが多少残っていくものの、年齢が上がっていくにつれて、自然に容姿で攻撃するなんてカッコ悪いとなっていくのです」
ということです。
うちの子たちは、このわたくしめが美しく産んだので(親バカ)容姿で虐められたことはありません。
ても、私自身はからかわれた記憶があります。寅さんのように顔が四角くいので「ホームベース」とからかわれました。目がつり目なので「キツネ」なんて言われましたね。勝ち気だったので笑い飛ばしてからかった男子に蹴りを入れたりしてましたけど、本当はすごく傷ついてました。一応女子ですから容姿のことはキツイ。だから今でも自分の顔は大嫌いです。鏡を見るのが嫌で一日で鏡を見る時間は仕事に行く時化粧する10分くらいです。後は絶対に見ません。休みの日はすっぴんなので1秒も鏡を見ません。
阿佐ヶ谷の商店街には鏡になっている柱が続いていますが、やたと何度も立ち止まって髪の毛をいじったり自分を見ている男の人とか見ると「よほど自分の容姿が好きなんだなぁ」と関心します。
上記にも「年齢が上がっていくにつれて、自然に容姿で攻撃するなんてカッコ悪いとなっていくのです」とあります。年を取ればとるほど思いますよ。顔なんて目と鼻と口がついてればいいじゃん。やっぱ女は気立ての良さ、心根の美しさが一番大事。たまに顔がブスで性格もっとブスな女がいるけど、そうなると手の施しようがないよね。
「どうせ私なんかブスだから」とひがんでいる暇があったら全力で性格や特技(料理とか)でカバーする努力をしましょう。
七五三モルモット2
我ながら完璧な娘と息子を生んだと自負しております。
スポンサーサイト


Comment

Comment form

管理者しか読めないようにします


Trackback

このエントリーのトラックバックURI
http://odamayumi.blog74.fc2.com/tb.php/3555-37a5e277